FC2ブログ
   
01
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

名残りの秋


今日は、二十四節気の「小雪(しょうせつ)」。北国から初雪の便りが届く頃で、陽射しが弱くなり、紅葉が散り始め、寒さが一段と進むという。
それでも、昨日から小春日となっており、この連休中は、穏やかな日和になるという。京都や奈良の紅葉もちょうど見頃となり紅葉狩りの人々で混雑することだろう。

我が家の庭でも、秋は深くなっており、季節の過ぎ往くのはあっという間だ。
心地よい秋の陽射しのなか、名残りの秋を追ってみた。

斜面地のシンボルツリー、ムサシノケヤキも、褐色となった葉を次々と落葉させ、葉数も半分ほどになった。
sl-480-006_20141121195233516.jpg
斜面地の裾で咲く皇帝ダリアの大振りの花も、そろそろピークを過ぎた。

斜面地の擁壁を覆うように育ち、今もまだ元気にピンクの花を咲かせる、蔓バラ「アンジェラ」。その足元では、対照的にユーパトリウムが、花の愕を残し、ドライフラワーのようになり、淡いセピア色の世界となっている。
sl-480-008_20141121195233acb.jpg

フロントガーデンでは、シンボルツリーのアカメソロがほとんど葉を落とし、褐色となった実の房だけが残った。
sl-480-019_2014112119523696e.jpg

ジューベリーの木でも、少なくなった色づいた葉が、淡い秋の陽光を透かしていた。
sl-480-023_201411211952593c5.jpg

ハナミズキの葉も残すところ2枚となり、赤褐色となったこの葉が落葉してしまうのも、もう間もなくだ。
sl-480-015_2014112119523503d.jpg

シャドーガーデンでは、縁取りとして植えられた、オタフクナンテンの葉が、艶やかに赤味を増した。
sl-480-003_20141121195231206.jpg

庭の落葉樹たちは、間もなく葉を落としてしまうが、その枝には、しっかりと来春に備えて新芽を蓄えている。
ただ、新芽は小さくて固い。冬の厳しい寒さに耐えた新芽は、春の温もりに呼応し新たな息吹となる。(akira)

スポンサーサイト



theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

No title

今日は小春日和になりましたね~。こんな日は何をしても気持ちがいいですね~。
雨が降らないから、うっかりしていると、乾燥して、花が枯れかかっています。慌てて、水やりをしました。温かいから、水やりも楽ですねぇ!

・・・秋もいよいよ深まって、紅葉がきれいですねぇ!
(俳句の世界ではとっくに冬ですが、・・小雪ですか、)

(@^^)/~~~

朝顔さんへ

こんにちは~(^^♪

我が家は、今日は鬼がいません~鬼の居ぬ間に、一仕事もふた仕事もと、欲張りますが・・・膝がいたくって~今日は、花柚子にて、ゆず味噌を作ってみました。

柚子みたいな香りが、今一かな?

庭には、昨日整理した、ハンギングの器が転がっていますが、鬼の居ぬ間に、何をしましょうか?

束の間の息抜きですよ~実は、鬼さんは、高島屋まで、使いに出しました。時には、都会の空気を吸って帰って欲しいですものね~

秋の深まり~

今日は少し動いたら、汗ばむ程の穏やかな一日でしたね!

そうですか~「小雪」なんですね…月初めの頃の「寒さ」が
嘘みたいな日々が続いていますが、寒くなる時期ですものね…

落葉樹はちゃんと季節を教えてくれていますね!
数少なくなった葉にも優しい眼差しを向けられて~
花木も喜んでいますねー!きっと…

我が家は手入れが行き届かず~繁っていた葉が枯れて~
毎日、落ち葉がすごく、掃いても掃いても...で、
お手上げ状態ですよ~!(^◇^)

皇帝ダリアだけが、で~ん…と咲きほこって見事!!です。

akirapapaさん、こんばんわ~。

写真の様子だけ見ると、
こちら以上に秋が進んでいるように見えてしまいますね~。

葉を落とした後に、小さな芽が付いているのを発見すると、
ほんと嬉しくなっちゃいますね~♪

北摂seiko さんへ

ここ数日の陽気、過ごし易くていいのですが、寒くなったときの反動が恐いですよね。

落葉樹に限らず植物は休眠期に入るのですが、休眠することによって春の芽吹きのエネルギーを蓄えているのでしょうね。

落ち葉の掃除は大変ですよね。昔は、落ち葉焚きをして、焼き芋などを楽しんだのですが・・・

皇帝ダリア元気に育ってなによりでした。我が家はそろそろピークを過ぎました。

penpen_1go さんへ

進んだ秋ばかりを写真に収めたので少し誇張になってしまいましたね(^_^;)

落ち葉の跡の新芽を見ると、自然のサイクルが着実に進行していることを感じますね。
Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR