FC2ブログ
   
01
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

日本古来の遊び~兼題「独楽」


今週のNHK俳句の兼題は、「独楽」。

蓮池が凍るような寒さも一段落だが、大寒を迎え寒さの本番はこれからだ。
小正月から1週間が過ぎ、すっかり正月気分も消え去った。
独楽廻し、凧上げ、羽根つきなどの日本古来の遊びは、現在ではほとんど見られなくなった。
凧上げも、奴凧などの和凧ではなく、洋凧がたまに空に舞う位いだ。
こうした遊びの道具は、飾りとして和の演出によく合う。
特に、正月の華やかな雰囲気の演出には、今でも活躍する。
羽子板も、羽子板市で売られているような飾り羽子板として変貌し、
我が家の庭では、追羽根や、奴凧が、寄せ植え鉢の飾りピックとして活躍した。
sl-480-001-2.jpg
sl-480-008-2.jpg

さて、兼題の「独楽」である。

小さいころ独楽をうまく廻せるのは、ある意味ステータスでもあった。先日、朝の情報番組で、独楽を廻すことが出来る人が、若い人では半数以下とのこと・・・
独楽自体を見ることも最近ではほとんど無くなった。

鄙(ひな)の宿擦れ独楽一対飾りおり.....akira

おの子等の囲みの中の暴れ独楽.....kumiko

寄せ植え鉢の飾りピックもかたずけられ、鉢植えの紅梅の蕾も赤味を増し、冬ざれた庭も、少しづつ春の息吹を見せ始めている。(akira)
スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

No title

羽根や凧の飾られた新年の寄せ植え、とっても素敵ですねぇ!松の内が過ぎたから、片付けられましたか!
独楽の俳句も素敵です。
おの子等の囲みの中の暴れ独楽・・・子どもの頃、男の子達は上手にまわしていたことを思い出しました。
そうですか、最近はまわせない人が多いのですね。

朝顔さんへ

こんばんは!

有難うございます

晴れ晴れしい、お正月のお飾りも鏡開きで、役目を終えました・・・

私は兄4人、男の子の遊びの仲間には入れて貰えず、一人おままごとが多かったように思います・・・少し悔しかった・・・情景はありありと焼きついております

昔は、賑やかでしたね・・・

kumikomamaさん、はじめまして~♪

最近は、めっきり独楽回しや凧揚げを見る機会が減りましたね~。
自分が子供の頃は、どちらもやりましたよ~♪

さすがに、誰しもやっているという時代でもありませんでしたが、
正月らしい雰囲気が好きで、あえてやっていた感じでした。。

息子が小さい時も、凧揚げ、やりましたよ~。
ただ、最近は、安心して凧揚げが出来る場所を探すのも大変ですよね。

こういう伝統的な遊び、大切にしたいですよね~♪

penpen_1go さんへ

こんばんは!

コメントありがとうございます・・・

親としての姿勢・・・子育てでも、人生でも先輩なのに(ー_ー)!!ご立派ですよね・・・

penpen_1go のお年に返って、子育てのやり直しが出来たら・・・
いろいろと反省点があります

こちらは、堀江健一さんが最初の太平洋横断に出発された、淡輪海岸があり、そこで凧揚げの様子が見られます

おっしゃる通り、我が国の素晴らしい伝統、文化、ずっと引き継がれて欲しいですね♪♪♪

独楽廻し

男の子たちの、独楽廻し競争を見るのも楽しみでした。

小さな手から、はみだしそうな大きな独楽を、しっかり握り、
真剣な顔つきで投げ飛ばす。
そして紐を引く。

いつものガキ大将が、かっこよく見えたり・・・(^_-)-☆

独楽廻し紐引くときの得意顔 ---句美---

ピンポン久美さんへ

コメントありがとうございます。

うまく廻せたときの達成感、寒さもものともせず走り回っていた昔をなつかしく思い出しました。
Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR