FC2ブログ
   
01
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

落ち葉の絨毯~兼題「木の葉」


間もなく「師走」。季節の移ろいは早く、心地よい秋の日は足早に過ぎ、初冬の寒さが続くようになってきた。
澄んだ青空に映えていた紅葉も、そろそろピークを過ぎ、冷たくなった風に落ち葉が舞う季節の到来である。

小鈴の散歩道にある公園の桜の木も、赤く紅葉した葉を、次々と落とし、その葉数を減らせている。
s-480IMG_5551.jpg

さて、今週のNHK俳句の兼題「木の葉」である。

「木の葉」の舞い散る様は、シャンソンの題材にもなるように、万国共通した、悲しさ侘しさを象徴するもののようだ。

山寺や木の葉散り積む石畳 .....akira

山や里を彩った紅葉もそろそろ終わり、裸木となった足元を木枯らしに舞う木の葉が躍る季節もすぐそこだ。(akira)
スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR