FC2ブログ
   
12
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

秋分~兼題「芒」


一昨日は、二十四節気の「秋分」。暑さ寒さも彼岸までと昔から言われるように、この頃から一気に秋の気配が濃くなるようだ。蝉の声はいつのまにか聞こえなくなり、めっきり涼しくなった朝晩には、虫の声が耳に届く。

蓮池に昇る朝日も、この頃になると蓮池のほぼ中央部から昇るようになる。
s-480IMG_4108.jpg

さて、今週のNHK俳句の兼題「芒(すすき)」である。

十五夜だった13日頃にはまだ殆ど穂が出ていない状態だった芒の穂も、銀色になびくようになりつつある。少しづつ色づき始めた緑の草木の中、柔らかくなった日差しの中で、いぶし銀の光の波を描き始めている。

芒野を往く銀色の風となり .....akira

台風が日本海を抜けた後、一気に秋になるかと思いきや、日中は汗ばむ暑さが続いている。本格的な爽やかな秋空は、10月になつてからか。(akira)

スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR