FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

梅雨晴れ間~兼題「蝸牛」


6月もそろそろ終わろうとしているにもかかわらず、当地の梅雨入りはまだ発表されない。今日明日にも梅雨入りの予報だが、観測史上最も遅い梅雨入りとなったようだ。
それでも、6月入ってからは、雲の多い、湿度の高い気候の日が比較的多く、空梅雨と言われる年よりも、梅雨らしい天候が続いている。

蓮池下がりの田んぼも、田植えされたばかりの時期はか弱かった稲の苗もすくすくと育ち、青田へと変身しつつある。
小鈴の散歩道にあるそんな青田に、カモが2羽飛来して、忙しく稲株の間を泳ぎ回り、餌を漁っていた。
s-480IMG_1691_20190626093722338.jpg

さて、今週のNHK俳句の兼題「蝸牛」である。

紫陽花とお似合いのカタツムリ、我が家の玄関の季節額も、この時期、この取り合わせが飾られる。

蝸牛往く当てもなく暮れにけり .....akira

都会暮らしになって以降、蝸牛を見かけることが無くなった。ゆったりと進む蝸牛の角を突いてへこむ様子を楽しんだ小さいころの記憶が懐かしくよみがえる。(akira)


スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR