FC2ブログ
   
01
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

目白~兼題「鶯餅」


今週のNHK俳句の兼題は、「鶯餅」。

2月も明日で終わり。昔から「1月はいく、2月はにげる、3月はさる」と言われた、年月の特に年度末の過ぎることの早さを喩えたものだが、季節の営みは、行きつ戻りつで、なかなか進まない。
今朝も、雲の多い割には、薄霜の降りた寒い朝となっている。

それでも、季節は着実に進み、梅の花の盛りもそろそろ過ぎようとしている。
昔から、「梅に鶯」と言われる。だが、この時期梅林に花の蜜を求めてやってくるのは、目白のことが多いようだ。
いや、地味な鶯は、目立たないだけかも知れない。
これは、昨年末に、庭のムサシノケヤキにやって来た目白の群れ。
s-480IMG_3751.jpg
その色から、鶯と間違われることの多い、目白である。

さて、兼題の「鶯餅」である。

鶯色をした餅だから鶯餅と思っていた。
鶯色をウィキペディアで調べてみると、
「鶯色(うぐいすいろ)とは灰色がかった緑褐色を言う。しかし、抹茶色に近い柔らかな黄緑色を連想する人もいる。前者はウグイスの羽に忠実に取材した色であり、英語のオリーヴグリーン(olive-green未成熟のオリーブの果実の色)に近い。色名として正式に定義・分類されている名称としての「鶯色」。後者はウグイスと同じく春先によく見かけられる野鳥のメジロの羽の色との混同が元。春らしい名前と色の組み合わせのため、商品名などで使用されている「鶯をイメージした色」とある。
また、実際の鶯の色は、鶯色よりもう少し茶色っぽく、「鶯茶」色と言われているそうだ。

風共に鶯餅を頬張りぬ .....akira

貰い来し鶯餅を夫(つま)と分け .....kumiko

鶯餅や草餅、いづれも春の若緑の鮮やかさが目にもお腹にも優しい食べ物である。(akira)
スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR