FC2ブログ
   
01
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

日溜り~兼題「冬日」


今週のNHK俳句の兼題は、「冬日」。

週末22日は、二十四節気の「冬至」。太陽が軌道上の最も南に来るときで、夜が最も長く、昼が短い日だという。
空模様も、一気にこの季節らしくなり、天気予報では晴れのはずなのに、時折時雨模様となったりする。

この時期、庭の吹き溜まりに集まった落葉の上は、相当に心地よいとみえて、野良猫がやってきては、くつろいでいる。
s-480IMG_3526.jpg

猫は、心地よい所を見つける名人である。

さて、兼題の「冬日」である。

高度の低くなった太陽から届く冬の日は、弱々しいが、包み込むような暖かさもある。

かもめ来てまた来て啼きぬ冬日なり .....akira

老い猫の耳伏せ眠る冬日かな .....kumiko

冬至を過ぎると、大みそかまで残り僅か、何かと気忙しい日が続く。(akira)
スポンサーサイト

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR