FC2ブログ
   
03
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

霜降~兼題「桃」


今週のNHK俳句の兼題は、「桃」。

昨日は、二十四節気の「霜降」。秋が一段と深まり、朝露が霜になる頃だという。実際には、最低気温が3~4℃を下回るようになると霜に変わるのだそうだ。また、紅葉のたよりが届き始める時期でもあり、北国からは初冠雪の便りが届き始めている。

小鈴の散歩道でも、木々が色づき始め、秋の深まりを感じさせる。
庭の草木も秋色を深めている。
斜面地の擁壁沿いに育った薔薇の木には、今年初めて沢山の赤いローズヒップを付けた。
s-480IMG_2006.jpg

さて、兼題の「桃」である。

実りの秋の一番手として、梨や柿に先駆けて登場するのが、桃である。
柿などと比べて季節感が薄いのは、初秋まだ暑さが残る頃、冷やして食べる食感のイメージが、夏を引き摺るからか。

あら川の桃の届きて狭き庵 .....akira

新妻の恐々と剥く桃ひとつ .....kumiko

実りの秋も、そろそろ終盤、畑では、冬野菜がすくすくと緑を育んでいる。(akira)
スポンサーサイト

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR