FC2ブログ
   
01
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

佳作句に選定頂いた


今週のNHK俳句は、第5週のためお休みである。

台風に翻弄されている間に、もう10月。そろそろ、秋晴れの続く日和となる頃なのだが、一向に秋雨前線が退く気配がない。
週末には、またもや台風が襲来の気配を見せていて、未だ21号の被害から癒えない周辺の状況に追い打ちとならないか心が痛む。

それでも、季節は着実に進んでいて、秋雨の間の束の間の晴れ間には、羊雲が延々と群れ成している。
今朝の小鈴の散歩道では、どこからともなく金木犀のほのかな香りが漂い、深まりゆく秋の風情に彩りを添えていた。

ところで、私ごとで恐縮だが、久々に嬉しい知らせが届いた。
先月20日に発売されたテキスト「NHK俳句」10月号に、8月放送の兼題「盆」、及び「秋蝶」に応募した私の句が、佳作として選定頂き、掲載された。私としては、昨年夏以来の入選、かつ、二人の選者からの選定に、喜びもひとしおだ。
s-480IMG_20181003_0001.jpg

< 選定句 >
佳 作
岸本 尚毅 選
「盆の蚊帳少し撓(たわ)みて薄明かり」 .....akira

この投句の記事は → こちら

佳 作
星野 高士 選
「廃線の先は海なり秋の蝶」 .....akira

この投句の記事は → こちら

昨日今日と、少し雲の多いものの、この時期らしい爽やかな晴れ間となっている。それでも、今夕からは、また雲の多い天気が戻ってくるようで、いつまでも発生する台風と合わせ、憂鬱な日々が続く。(akira)
スポンサーサイト

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR