FC2ブログ
   
01
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

まだまだ夏野菜~兼題「西瓜」


今週のNHK俳句の兼題は、「西瓜」。

二十四節気の「処暑」を過ぎ、昨日は七十二候の「天地始粛(てんちはじめてさむし)」、暑さもそろそろ収まってくるころなのに、一向にその気配がない。
今日も朝から刺すような強い日射しが照らす日向は、じっと立って居られない程で、風もほとんどなく、昼を過ぎても、夕立の気配すらない。
天気予報では、週末の雨を境に、季節は一気に進むということで、この暑さももう暫くの辛抱か...

暑さは、真夏の様相を呈したままだが、季節は少しづつ進んでいて、煩いほどだった蝉しぐれもいつの間にか聞こえなくなり、日暮れと共に赤とんぼが飛び交うようになっている。
庭の菜園でも、トマトやキュウリは終わり、替わって、ズッキーニやおくら、ピーマンなどが最盛期を迎えている。
s-480IMG_9236.jpg
夏野菜の終わった後には、既に冬野菜の準備に入っていて、今朝も、トマトの後に、大根の種まきをした。

さて、兼題の「西瓜」である。

夏の季語と思いがちな「西瓜」、もちろん秋の季語なのだが、「西瓜割り」は、夏の季語とかで実にまぎらわしい。同様の季語としては、「朝顔」が有名だが、同様に四季を通じて、どうもなじめない季題は結構ある。立春、立夏、立秋、立冬により四季を分ける暦に依っている以上やむをえないことなのだが、どうもしっくりこないと思う。

葉を分けて熟れて嬉しや西瓜打つ .....akira

南の海上にまた、新たな台風が発生したようだ。来週には接近しそうで、風水害の恐れが予報されていて、心配される。(akira)
スポンサーサイト

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR