FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

立夏~兼題「雨蛙」


今週のNHK俳句の兼題は、「雨蛙」。

去る5日は、端午の節句と共に、二十四節気の「立夏」だった。本来この時期は、五月晴れの爽やかな天候が続くのだが、今年は、どうも様子が違うようで、春の嵐が過ぎたと思うと、週明けからの雨が今朝も残り、まるで梅雨空のような空模様となっている。
日差しが無い分、気温も低めとなっていて、梅雨寒のような気温の変化には、身体がついていけない。

庭の草木も、少しづつ初夏の装いに変わりつつある。
最近我が家にやってきたブルーアジサイも、若葉の間で、小さな花芽を育んでいる。
s-480IMG_2858.jpg

さて、兼題の「雨蛙」である。

蛙の鳴き声が響くのは、水田に水が引かれる5月末から6月に掛けてだが、早いものは、桜の時期から、時折その小さな体に似合わない大きな鳴き声を発する。
庭に居る時間の長い家内は、そんな蛙に出会う機会が多いようで、今年も何度も蛙を見たと言う。

雨蛙かろきに揺れぬハランの葉 .....akira

草引きを監視するよな雨蛙 .....kumiko

奄美、沖縄では梅雨入りしたという。季節の進むのが早い今年は、意外と梅雨入りが早いのかもしれない。(akira)
スポンサーサイト

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

雨蛙~

こんばんは!お天気さんの気まぐれには泣かされている山里です…
田植え用の苗が暑さに伸びすぎ、そして覆いを取った後は
寒さで弱り…翻弄されています"(-""-)"

さて、雨蛙…寒さの為か、あまり見かけない気がします…

睡蓮鉢に入り込んで大きな目玉を出したり引っ込めたりして
楽しませてくれる雨蛙なんですけどねぇ~
孫たちも大きな蛙は苦手でも雨蛙は手に乗せて遊んでいます!

 雨蛙浮草揺らし身は潜め…seiko

北摂seiko さんへ

今朝は、また一段と冷え冷えとした朝となりました。
目まぐるしい気温の変化に戸惑う日々が続いています。

夏のような日射しの頃、葉陰からけたたましい鳴き声を届けていた雨蛙。ここ数日は、鳴りを潜めているようです。

田んぼに水が張られるまでのこの時期、睡蓮鉢は格好の住処なのでしょうね。
Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR