FC2ブログ
   
06
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
   

春の空~兼題「囀」


今週のNHK俳句の兼題は、「囀(さえずり)」。

昨夜から未明にかけての暴風雨は、まさに春の嵐であった。季節を先取りして咲き進む庭の草花たちには過酷な風となり、背の高いジギタリスなどは、台風に打たれた稲穂のように、巻き吹く風に倒れ、無残な姿を呈してしまった。
その嵐も今は去り、吹き戻しの北寄りの風が、新緑を蓄えた木々を揺らしている。

今年は、季節が進むのが1週間から10日程早いように思う。庭の薔薇の花も蕾を色づかせ、例年5月に芳香を放つカロライナジャスミンの花も、既に芳香を放ち始めている。
野鳥たちの恋の季節も、今は、巣作りに励む季節へと移ってきているようで、軒下では、燕が忙しく飛び交い、巣作りに励んでいる。
先日、小鈴の散歩の途中で見かけた草むらでは、ムクドリが巣作り用の枯れ草を物色中で、近づいても気が付かないようであった。
s-480IMG_1935_20180425080236a0a.jpg

さて、兼題の「囀」である。

「ピーピーピーと囀るひばり♪」、誰でも一度は口ずさんだ、唱歌「ひばり」の最初の一節である。
ほのかに霞んだ春の空に響く鳥のさえずりは、春を象徴する音の調べである。

囀を包みて渕のこぬか雨 .....akira

畑を鋤く耳に囀風に止む .....kumiko

週末からはゴールデンウィーク、この辺りでは、この頃には遅霜も無くなり露地物夏野菜の植え付けシーズンに入る。(akira)
スポンサーサイト

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

囀り~

こんばんは!「春の風」には参りましたねぇ~!
こちらは山に囲まれての地形ですので、ジキタリスが
倒れるほどではありませんでしたが、洗濯物は飛んでいきそうで~
部屋干しになりました…(昼からは出せましたが...)

囀り~鳥さんたちも春を謳歌していますねー!若いって素晴らしい!!
と、この歳になり、羨ましいような、頼もしいような~(^_-)-☆

我が家のジイヤも数年前までは野鳥をいろいろ飼っていました…
日照時間を長くして早く鳴かせるために照明に気を遣ったり~
笛で競争(?)したりしていました…(威嚇...??)
今、思い出しますと笛の吹き方も力強く、勇ましかった
気がします…

今は優しく愛おしむみたいに、そ~っと吹いています!

 囀りに聞き入る老父笛浅し…seiko

北摂seiko さんへ

返信遅くなりました。
春の嵐の後は、遅霜の降りるような肌寒い朝となりました。
これで平年並みとのことですが、寒暖差の大きさには、身体がついていけません。

年長者の優しい笛の音を、傍で見守る作者の優しさが、伝わってきます。
Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR