FC2ブログ
   
03
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

春本番?~兼題「梅見」


今週のNHK俳句の兼題は、「梅見」。

早いもので、2月も今日で終わり。極寒の日々が続いたこの冬もやっと春への歩みを始めたようで、ここ数日は平年並み以上の日が続くようだ。ただ、このまま春に向かうわけはなく、三寒四温を繰り返しながら桜のシーズンを迎えることになるのだろう。

近隣の梅の名所も、そろそろ見頃を迎えているようで、新聞の「梅だより」欄には、満開の場所が日に日に増えている。
先日の家内が教わる絵手紙教室で、先生が描かれた梅を題材とした作品。
s-480IMG_5787.jpg

寒風の中で咲き始める梅は、春の訪れを知らせてくれる使者のようでもある。

さて、兼題の「梅見」である。

梅見の季節は、まだ風も冷たくコートの襟を立てて梅見を楽しむことが多い。
「梅に鶯」と言われるが、鶯のあの美しい鳴き声が聞こえるのはもう少し先の事で、梅見の季節によく訪れる鳥は、うぐいす色をしたメジロだ。

風を呼ぶ梅見の里の目白かな .....akira

留守に来て梅見し庭の風静か .....kumiko

期せずして、お互い風を詠む句となった。(akira)

スポンサーサイト

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

梅見~

こんばんは!忘れないで、やっと春がやってきてくれましたね!
トントン...とは行かないでしょうが、少しの寒さぐらいなら
楽しめる気がしますね~!

梅見~
ハイ、我が家の梅にも「目白」の群れが飛び交っています~
梅の花の時期はまだ寒くて「風」を感じますよね…
お二人の句は熟練の方の句~そのもので情景描写に感動です!

では、周りに梅の木が沢山あり、わざわざ「梅見」に出かけない
私が北野天満宮の「天神さんの市」に誘われて、市より梅の
見事さに感激した日の事を思い出して詠んでみます…
何年か前で防日外国人が増えだした頃でした…

 天神の市に多国語梅見かな…seiko

北摂seiko さんへ

いつまで続くのやらと冬空を仰いだのがもう随分前の事のようで、身も心も春の心地よさに緩んでいます。

梅の花の間を見え隠れしながら飛び交う目白、その愛らしい目と相まって微笑ましいですね。

観光地のみならず、思わぬ場所に外人の方が群がる光景を見るにつけ、ネット社会の凄まじさには、戸惑いさえ覚えてしまいます。
ただ、天神さんの梅は別格ですよね。
Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR