FC2ブログ
   
06
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
   

節分~兼題「室咲」


今週のNHK俳句の兼題は、「室咲(むろざき)」。

早いもので、今日で1月も終わり、そして週末は節分。暦は、次々と春に向かって動いているのに、年末から続く寒さは一向に収まる気配がない。週明けには、強い寒波が再度襲来するようで、終わりの見えない寒波に、外に出かけるのも気鬱になる。

そんな気鬱な思いで出かけた先日の点描画教室で、先輩の生徒さんから思わぬものを頂いた。
表裏2色の色紙を2種使いドーナツ状に折り込んだもので、中心部から繰り出すように回転するようなっていて、次々と中心部から違う色が湧くように現れ、まるで万華鏡のようで、暫く回転しながら見入ってしまった。
s-480IMG_4523.jpg

さて、兼題の「室咲」である。

寒さを遮断したなかで、温度管理された植物は、一足先に春の知らせを運んでくれるようだ。

室咲の匂いほのかに古希祝い .....akira

室咲のカトレア競う北新地 .....kumiko

寒さの底は見えないものの、冬の雲間から差す陽の光は少しづつ暖かさを増していて、陽だまりに春の気配を探す、今日この頃である。(akira)
スポンサーサイト

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

室咲~

こんばんは!数日前の事を思うと、少し寒さも和らぎましたが
それでも朝晩の冷え込みは厳しいです…
今夜の「皆既月食」~今のところ、はっきり見えそうですね~!

折り紙で万華鏡…色んな折り方があるんですね!器用な方が
折られたんでしょうね…孫の簡単な折り方でも四苦八苦している
私にはとても真似できないことです…(^^♪

室咲...正月の来客に梅、三月の文化展には桃...寒いこの地では
早めに伐って、日の当たる部屋で蕾が膨らむのを待ちます...

 室咲や空き部屋淡い香を育て...seiko

No title

冷え込み、風が収まった関係で、こちらも幾分ましのような気がします。
月、半分ほど欠けてきましたが、少し薄雲が出てきたようで、朧月のようになっています。

冬の陽の入る場所で、季節を先取りするように咲く花たち、なんと素敵なおもてなしでしょう。
Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR