FC2ブログ
   
03
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

寒中~兼題「冬の空」


今週のNHK俳句の兼題は、「冬の空」。

「小正月」を過ぎて、凍えるような寒さも一段落、と思っていると今日は菜種梅雨のような暖かな雨、このまま春になるわけもなく、目まぐるしい気温の変化に風邪気味の人も多いようだ。
暦の上でも、寒中の真っ只中、「大寒」の週末過ぎにはまた寒さが戻るようだ。

先日の凍えるように寒い日、我が家から大阪湾を望むと、関空を包み込んだように雪雲で覆い尽くされていた。
s-480IMG_3637.jpg

さて、兼題の「冬の空」である。

雪を齎す黒雲拡がる空も冬の空であるが、凍てつく空気の澄んだ空も、また冬の空である。

冬空に昴抱(いだ)きし茅渟の海 .....akira

冬空に綿飴のよな雲留め .....kumiko

近くに掲げられていた「十日戎」の幟旗が「節分祭」のものに変わり、寒さはまだまだ続くものの、暦の上とはいえ、「立春」がもうそこまで来ていると思うと、心なしか嬉しく思ったりするのは、少し気が早いかも。。。それほど春を心待ちさせる今年の寒さである。(akira)
スポンサーサイト

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

冬の空~

寒さのも少し和らぎ、一息ついています…
遅ればせの「親戚新年会」を日曜日にしましたので疲れた身体を
休めています~

冬の空~
新年早々、親戚の不幸がが続き、今の葬儀~(我が家は25年前)に
参列して感じたことを詠んでみました…

 おくりびと配慮の極み冬の空…seiko
 
別世界に迷い込んだ心理状態の遺族に対して、冷静にそつなく
進行して下さる~葬儀社の方、納棺師の方…
深い気遣いを頂き無事葬儀を終えることが出来ました。
冬の空のように凛とした澄みきった空気感が漂って
いました…
昔は隣組と当屋で決めなければならず、本当に大変でした。
四日間殆ど寝なかったのを思い出しています…

北摂seiko さんへ

時折強い南風を伴う、春の嵐にも似た一日でした。
蓮池の奥山も、春霞がかかったようで、幽玄な世界が拡がっていました。
来週には、また凍える寒さが戻ってくるとか、くれぐれもご自愛ください。

澄みきった冬の空と、凛とした冴えわたる空気、おくりびとの礼節をわきまえた所作、身の引き締まるような世界ですね。

葬儀の形も随分と変わってきましたね。
Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR