FC2ブログ
   
06
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
   

小雪~兼題「鹿」


今週のNHK俳句の兼題は、「鹿」。

今日は、二十四節気の「小雪」、北国から雪の便りが届く頃で、初冠雪の便りの届く頃でもある。陽射しが弱くなり、 次第に冷え込みが厳しくなってきて、昔から冬支度の目安とされたのだという。
だが、このところの冷え込みは12月下旬のような寒さとなっており、冬の訪れの速さに体が追いつかず、数年ぶりに風をひいてしまった。

蓮池の上空にも、時雨を齎すような雲が流れ、青い空を映す蓮池の水面も、いかにも冷たそうにその青さだけを返していた。
s-480IMG_1675_2017112208284993a.jpg

さて、兼題の「鹿」である。

立冬を過ぎ、暦の上では冬に入っているわけだから、兼題は冬の季語かとおもいきや、秋の季語だという。
冬といっても、当地ではまだ紅葉の盛りで、秋の季語に違和感を覚えるわけでもないから、まあいいとしても、年中いる鹿を秋の季語とするには、若干違和感をがある。
選者の夏井さんも、秋櫻子編の「俳句歳時記」を引用し、「鹿の声や妻恋う鹿を詠む場合は季語となるが、ただ単に鹿という場合は、月とか秋草とかの季語を配する用意が望ましい。」としている。

どことなく鹿鳴く里に吾子生まる .....akira

奈良町に鹿を待ちたる傘の花 .....kumiko

上の説からいうと、kumikomamaの句は無季の句となるのだが、選者の夏井さんも「鹿臭き指をまた鹿嗅ぎに来る」と、無季の句を例句として詠まれている。(akira)
スポンサーサイト

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

鹿~

こんばんは!寒さも本格的に厳しくなりましたね。
蓮池も晩秋の落ち着いた雰囲気を醸し出して、凛とした
景色ですね!

さて、鹿...こちらもイノシシほどではありませんが、時々
田畑を荒らされる「困ったさん」と、なっています…
野辺の石鹿に蹴られて転げ落ち…そんな光景に何度か
遭遇しました。向こうも必死ですものね…

では山里の光景を…

 奥山に鹿の鳴き声闇を駆け…seiko

あまり鹿の鳴き声って、馴染みがないですよね…
夏と秋では鳴き声が違うって、初めて知りました。
そう言われれば、耳にするのは、いつも秋で、何となく
物悲しい気がしますね…

明日は新名神高速道路の一部開通に先立ち~ウォークや
イベントが開催され、我が家の四世代も参加の予定です。
開発が進み、動物も追いやられて可哀想ですよね…!!

北摂seiko さんへ

急速な冬の訪れ、蓮池も一気に冬の装いへと変化し、水位を落とした水面は、水鳥の楽園となりつつあります。

最近鹿の食害が各地で問題となっていますね。
姿は見えないのに、何処からとなく聞こえ来る鹿の鳴き声、高度の低い太陽の光に透く、鹿の白い息と重なり、秋の物悲しさと相まって一層の秋の深さが思われます。

Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR