FC2ブログ
   
01
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

土用の丑~夏の盛り


今日は「土用の丑」、一年で一番熱い時期である。
本来「土用」は、立春、立夏、立秋、立冬の前のおよそ18日間をさし、年に4回あるのだが、近年、夏の土用をさすことが多くなったのだという。
夏の土用は、二十四節気の大暑に重なり、非常に暑い時期で、厳しい暑さを乗り切るために体にいいものを食べる「食い養生」の風習がうまれたそうだ。
土用の丑に食べるものといえば、鰻、今朝の新聞折り込みのチラシは、こってりと油の乗った鰻の蒲焼の写真が踊っていた。御多分に漏れず我が家でも、大振りの鰻の蒲焼が切り分けられ、昼食の丼となった。
元来、土用の丑にちなんで「う」のつくものを食する習慣があったようで、「うなぎ」はもとより、「うり」「うめぼし」「うどん」など、暑さに食欲も減退する季節を乗り切る、先人の知恵だったのだろう。
他にも、土用餅、土用卵、土用しじみなど、どれも、この季節を乗り越える「食い養生」である。

話が長くなったが、蓮池の上空に浮かぶ真っ白な積乱雲と、どこまでも青い空。これぞ、日本の夏といわんばかりの、まばゆい空だ。
s-480IMG_1689.jpg

小鈴も、少々夏バテ気味で、どことなく精彩を欠いている。
s-480IMG_1693.jpg
持病のアレルギー症状で、食制限を受けている身としては、食養生と称し、旨いものを気ままに食す飼い主が、うらめしそうである。

酷暑の夏は、草木にとっても、厳しい夏だが、空気の爽やかな早朝は、精気を取り戻している。

早朝のコリウスガーデン、夜露を吸った葉は、どこまでも瑞々しく、葉色も冴えている。
s-480IMG_1661_20160729153222bdd.jpg
s-480IMG_1662.jpg
s-480IMG_1677.jpg

そして、先日もアップした葉げいとう。中心部からの彩色が一段と拡がりを見せ、鮮やかさを増している。
s-480IMG_1675_20160729153227264.jpg
バラのアーチの手前からも、目立つようになって来て、コリウスとの競演も楽しみだ。
s-480IMG_1669.jpg

kumikomamaが、寄せ植え教室に通うようになり、種々の花々が庭を賑わすようになったが、今月はまたぐっと趣の違う「和テイストの寄せ植え」が仲間入りした。
s-480IMG_1685.jpg
洋風ガーデンのフロントガーデンには居場所がなく、リビング沿いのテラスで取りあえず様子見となった。

「暑中」は、あと1週間ほどで終わるが、その後も長い「残暑」が綿々と続き、酷暑との闘いは、まだ先が見えない。それでも庭の草木は、日々変化する季節の移ろいに順応し、季節を謳歌している。(akira)



スポンサーサイト



theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

No title

真夏とは思えない暑さを感じない、涼し気で、美しいお庭ですね~、・・♪
>和テイストの寄せ植えも、とっても素敵です。

お世話をされているご夫妻のお人柄がよくわかる、素晴らしいお庭だと思います~、・・

住宅街を歩いていて、素敵なお庭に出会うと嬉しくて、立ち止まって眺めたくなりますよね。そして、住んでいる方を、想像したりいたしますが、その反対に、がっかりとするお庭に出会うと、ここの家主さん、お忙しいのでしょうか、・・それとも、どこか、具合でも悪いのでしょうか、・・と心配になりますよね。

・・立ち止まって、見たくなるようなお庭を、私もつくりたいと思っています。

朝顔 さんへ

夜露を吸った庭は、一時生気を取り戻したように、瑞々しい美しさを見せます。
和の趣、葉色の配色、全て家内の独壇場です(^-^;

確かに、手入れのよく行き届いた庭を発見すると、何故か嬉しくなりますね。
そんな庭でありたいと思う気持ちはありますが、この暑さ、どうしても後手後手になってしまいます。
Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR