FC2ブログ
   
10
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

入梅~兼題「黴」


今週のNHK俳句の兼題は、「黴(かび)」。

暦の雑節に、「節分」や「八十八夜」と並んで、「入梅」がある。今年は、明後日の6月10日が入梅である。
気象情報が発達していない昔は、この日を基準にして、田植えの準備をしたのだという。
最近は、気象庁から地方ごとに梅雨入りの情報がもたらされる。ただ、以前ははっきりと「梅雨入り宣言」されていたと記憶するが、いつのころからか、「梅雨に入った模様」と曖昧な表現となっている。

近畿地方も、4日に「梅雨入りした模様」で、発表通り、それ以降は、陽の差すことがほとんど無い、雲の多い梅雨空となっている。
蓮池下がりの田んぼも、きれいに耕され、あとは、水を引き込むばかりとなっており、一部の田んぼは、既に引水を始めているものも見られる。
s-480IMG_2262.jpg

さて、兼題の「黴」である。

「梅雨」は、梅の実が熟す頃の長雨からというのが定説だが、昔は、「黴雨」と書いて「ばいう」と呼ばれたが、「ばい」に「梅」が当て字され、「梅雨」となったのだとも言われているそうだ。
黴は、年中存在するが、特に湿度の高いこの時期、食物や、大切な衣類、書物などに黴を齎す厄介者だ。

黴の書の埃の嵩の想い出よ .....akira

ひとり身の黴退治とて暮れにけり .....kumiko

梅雨には、しとしとと降る長雨と、時折強く降る「男性的」と形容されるものとがある。梅雨は始まったばかり、自然の移ろいは、人知の知らざるところだが、黴の時期の後には、土用の虫干しと、先人は、季節に順応して生きるすべを教えてくれている。(akira)
スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

No title

梅雨入りしたこの前の日曜日の運動会が今日に延期になった孫の小学校、・・今日は朝から、いいお天気で、ほっとしました。
子どもが命の息子、この前の日曜日は休みにくい中、お休みをとっていたので、がっかりしたであろうと可哀想にと思っていましたが、今日はたまたま、息子の休みで、ラッキーだったと喜んでいます。♪

運動会が6月になって、季語としては、微妙になりました。(;^ω^)
運動会は、やはり、秋がいいように思うのですが、・・・

梅雨の晴れ間の今日ですが、・・気温が上がってきましたね~、・・・
洗濯物など、片づけなくっちゃ~、

「黴」ですか、難しいですね~

>黴の書の埃の嵩の想い出よ .....akira

>ひとり身の黴退治とて暮れにけり .....kumiko

・・・そうですか、今日も、なるほど、と納得です。
お二人とも、いつもお上手ですね~、・・
私は、うかびませんよ~、・・(>_<)
無理やりい、・・
黴臭き聖書を開く雨の午後  朝顔(-_-;)


黴~

こんばんは!束の間の晴れ…洗濯物が乾いて、嬉しい一日でした!

兼題の”黴”…カビ!って聞いただけで身体が反応してしまいます"(-""-)"

免疫調整剤を使用しているため~目に見えない程の菌にも反応してしまい、
衣替えの時の服は再度洗わないと着られません…ちゃんと洗ってしまって
いるのですが~健康体には何でもない程の事が弱い身体には切実です…

特に代々住んでいる我が家みたいな広いだけの、和の家は
”開かずの間”(うちの場合は開けずの間かな…?)があり~
掃除も行き届かない状態です…

すみません…前置きが長くなりました…

 忘れられ黴に捉われ奥潜む…seiko

大事な物…と、預かっていても、近年は虫干しも億劫になり、気がつけば
シミがちらほら~と、なってしまっています…

この時期は何となく気分も沈みがちになりますが、丹精込められた
お庭や菜園を拝見しますと、清涼剤となり~元気が貰えます!!
有難うございます。絵手紙のドクダミも素敵で、いつもなら、すぐ
引いてしまっていましたが、描いたり、飾ったり~楽しみが
増えました。

朝顔さんへ

久しぶりに太陽が顔を出し、息子さん、お孫さん共々、楽しい運動会を満喫されたことでしょうね。
スポーツの秋と言われ、天高く晴れ渡った青空の下で行われる運動会、今の世代には通用しなくなっているのでしょうね。
季語も時代と共に移り変わるものなのですね。

黴、厄介者ですが、どこか歴史の重さと同居している存在で、聖書のような綿々と継がれてきた書物には、その歴史の長さだけ住み続けた黴がいるのでしょう。

北摂seiko さんへ

「梅雨晴れ間」我が家でも、有効に活用しましたよ。

黴、お体に障るとなると、余計に厄介ですね。
大きな旧家には、必ず長年手つかずのスペースがあるようですね。
かつては大切にされたものが、歴史の経過と共に忘れられる、そしてそれと共に生きる黴は、全ての歴史を見てきたのでしょう。

家内の丹精の甲斐があり、草花たちも見事に答えてくれています(^-^)
ドクダミの花も、意外と清楚で、気品があります。
Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR