FC2ブログ
   
02
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

一直線の道~兼題「逃水」


今週のNHK俳句の兼題は、「陽炎」と「逃水」。
今月から、第3週の兼題は、類似の2つの季題となった。今回は、先月第4週で「陽炎」を兼題として扱ったので、今回は「逃水」を採用してみたい。

熊本では、余震というにはあまりに大きな地震が続き、いっこうに収束に向かう気配がない。冷え込む夜間に屋外や車の中で避難を続ける過酷な環境に置かれ、エコノミークラス症候群による死者まで出る状況に、何も出来ない歯痒さとむなしさだけがつのる。

過酷な自然の隣では、山々の緑が萌え始めており、深くえぐられた茶色の山肌と対照的で、自然の営みの普遍性、人知のいかに小さいかを思い知らされる。

4月も下旬に入り、陽の強さは、一段と強くなっている。
昨日は、この時期としては、久しぶりの好天となり、我が家から望む大阪湾も、うららかな春の陽に包まれ、穏やかな春の海を見せていた。
沖の関空島へと渡る、関空連絡橋も、若干霞んではいるものの、その姿をくっきりと見せていた。
s-480IMG_1605.jpg
この橋は全長3,750m、世界最長のトラス橋で、上段に6車線の道路、下段に複線の鉄道橋となっており、陸地側のりんくうタウンと関空島を一直線で結んでいる。

さて、兼題の「逃水(にげみず)」である。

「逃水」、今回の兼題で初めて知った言葉である。
調べてみると、
よく晴れた日、舗装道路や草原などの先に、実際にはない水面のようなものが見え、その場所に近づこうとすると、その水面もまた先の方へ移り、まるで逃げられているような感覚になる現象だと言う。
古くから「逃水」は、平坦な土地の広がる武蔵野の名物とされ、古歌にも詠まれてきたそうだが、季語として用いられ始めたのは昭和に入ってからのことのようだ。選者の夏井さんは、舗装道路の普及が影響しているのではと解説されている。
陽炎も逃水も、北海道や武蔵野といった大平原に、まっすぐ続く一本道のずっと先で現れる現象なのかなと思う。

逃水の後先となり車輪過ぐ .....akira

逃水に振り廻されし我がいのち .....kumiko

いくら追っても追いつかない逃水は、やるせない心の表現としても用いられるようだ。(akira)

スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

No title

逃げ水の向うに未知の国の有り   朝顔
・・そんな気がするのです。

「逃げ水」という季語、おしえていただきありがとうございます。
お二人とも、サラリと詠まれているようにみうけられますが、・・
私はとってもむずかしかったです。

俳句~逃水、陽炎…

こんばんは!一日の寒暖の差が厳しい毎日ですが、被災地の
皆さんの事を思うとお気の毒で心が痛みます…

未だ安否不明の方がおられる現実にもどかしさでいっぱい
ですね!

 探し人陽炎見えてまた消える…seiko

俳句になりませんね…すみません…

今朝、早くから救急車で隣人が運ばれました…
大事には至りませんでしたが、色々手伝うこともあり~
お互い様…の精神が生きていることに誇りを持ちたいと
思える一日でした!

朝顔 さんへ

「逃水」、確かに、その向こうには「不思議の国のアリス」の世界があるのかも知れません。

馴染みのない季題で詠むのは、なかなか難しいですね。
イマジネーションの世界では、どうしても、上っ面な句になってしまいます。。。

北摂seiko さんへ

被災地の窮状を目の当たりにすると心が痛みます。

山のような土砂をひたすらかき分け捜索する隊員のもくもくと動く傍で、山の新緑が萌え始めている様子を見ていると、人知の微力さに言葉を失います。

「遠くの親戚より近くの他人」、普段は煩わしい事もある近所づきあいも、いざとなれば、心強い絆となりますね。

akirapapaさん、こんばんわ~。

日差しがどんどん強まって来ましたね~。。
日増しに緑たちも色濃さを増して…

一方、熊本の被災地では、長期化する避難所暮らしに、
エコノミー症候群など、二次的な健康被害も出始めています。

今後、暑さが厳しくなる前には、
一定の衣食住が確保されることを祈るものです。

penpen_1go さんへ

こちらは、雲の拡がる朝となりました。
天気は下り坂で、熊本ではもう雨となっているようです。
強い雨が降るようで、2次被害が出なければいいのですが。。。

一雨ごとに、草木の緑は色を増し、今年は、遅霜の終焉も早くなりそうです。
Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR