FC2ブログ
   
01
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

彩り~兼題「手毬」


今週のNHK俳句の兼題は、「手毬」。

明日は、二十四節気の「大寒」。暦のうえでは、これから立春(2月4日)迄が、一年で寒さが最も厳しい時期となる。
暦に合わせたかのように、暖冬だった気候は一変、凍える寒さとなっている。
今朝も、依然として冷たい西風が強く吹いており、気温以上に寒く感じられる。

昨日は、時折晴れ間も覗くものの、黒い雪雲の垂れ込め、時折雪の舞う生憎の天気だった。
紀泉山脈がちょうど雪雲の通り道になっていたようで、蓮池の上も、時折遠くが見えなくなるくらいの、吹き降りとなった。
s-480IMG_0261.jpg

物皆、モノトーンとなる冬ざれた季節。色鮮やかな物は、心を和ませ、温めてくれる。
庭に咲く色とりどりのパンジーや、赤い実の彩も、心和む。
少し違うが、厄除けに贈られる七色の小物。謂れは諸説あるようだが、これも、彩りによる同様の心の演出ではないかと思う。

さて、兼題の「手毬」である。

年中女の子の遊びの小道具として存在する手毬であるが、江戸時代から、正月の季題として用いられていたという。
手毬は、本来綿糸を巻いて作られたものだが、正月の飾りとしては、絹糸を巻いた光沢のあるものが、華やかで好まれる。
色とりどりに巻かれた手毬、その彩りも、寒い冬に心和ませ温める役割を果たしているように思われる。

七色の鈍き光の手毬吊る .....akira

嫁ぎ往く桐の箪笥に手毬添え .....kumiko

手毬には、華やかで鮮やかな反面、どこか手毬唄に込められた因習や、歴史の重さを感じずにはいられない。(akira)
スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

手毬~

大雪の予報に心配していましたが~積雪、5センチ…
昼過ぎには殆ど溶けて~陸の孤島にならずに一安心しています。

兼題~手毬…
昔、正月前になると~ゴム毬を買って貰うのが、楽しみ
だったことを思い出しています…

季語の手毬は綺麗に糸でかがられた装飾品としての「手毬」
ですよね…
この手毬にも思い出があります…
持病が一番辛かった頃~離れて住む友達から、箱にきれいに
詰められて送られてきました。
「あなたの事を想いながら、ひと針ひと針かがりました...」
「病気は罹った時間だけ治るのにも罹ると言いますから~焦らない
で、ゆっくり養生して下さい…」と手紙が添えられていました…

 伏せる身に友より届く手毬箱…seiko

すごく励まされ、想いは深いのですが~句にしますと、
「そのまま句…」で、かる~くなってしまいました…
お二人のように、深い句を詠みたいんですが…

No title

>七色の鈍き光の手毬吊る .....akira

>嫁ぎ往く桐の箪笥に手毬添え .....kumiko

>手毬には、華やかで鮮やかな反面、どこか手毬唄に込められた因習や、歴史の重さを感じずにはいられない

全く、同感です。お句もとても素敵だとおもいます。


うちの教会に、ノルウェー人の宣教師のかたが、しばらく、きておられました。任期を終えて、帰られる時に、お茶の道具(携帯用の小さなもの)といっしょに、私は、手まりを差し上げました。手まりには「まりと殿様」の楽譜もつけて、・・ついでに、オカリナで、メロディーをふき、歌もお教しました。ノルウェーの子どもたちに日本の歌として、教えてあげて欲しい、・・とお願いしましたよ。

異国へのお土産となる手毬かな  朝顔
・・・お粗末です。

北摂seiko さんへ

雪、とりあえずは大事に至らず良かったですね。
こちらも雪は舞いましたが、積もりませんでした。

思いのこもった手作りの手毬、素敵なお見舞いとなりましたね。
それに、思いの込められた言葉が添えられ、さぞ、励みになったことでしょう。

友から届いた思いやり溢れる手毬、心遣いまでが箱に詰められていたのでしょうか。

朝顔 さんへ

華やかに彩られた手毬は、日本の土産としては相応しい物だったに違いありません。
添えられた歌のメロディも、手毬をより一層引き立てたことでしょう。

異国への土産となった手毬、きっと、異国の地で、日本の親善大使として活躍しているものの思いますね。

かつて、アメリカから日本に渡った「青い目をしたお人形」を連想してしまいました。

akirapapaさん、こんばんわ~。

明日は、いよいよ大寒でしたかぁ。
道理で寒い訳ですね~♪

雪も降って、庭がモノトーンになっているだけに、
自然に華やかなものに目が行きます。

早く、立春にやって来て欲しいものです。。

penpen_1go さんへ

今朝は、凍える寒さは変わらないものの、風も収まり、黒い雲もほとんど消え、日差しの温かな朝となりました。

自然の世界では、着々と春への準備が進んでいますね。

あと半月で立春ですが、この時期が寒さのピーク。週末から、また一段と寒さが厳しくなるようですね。。
Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR