FC2ブログ
   
01
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

正月の準備~兼題「宝船」


昨日は、二十四節気の「冬至」。一年で昼間が最も短い日で、柚子湯や南瓜を食べる風習が今も受け継がれている。
太陽の南中の高さも1年で最も低くなることから、中国では古くから 「一陽来復(いちようらいふく)」と言われ、太陽の力の一番衰えるこの日から、衰えていた太陽の力が再び勢いを増すことから、悪いことが続いた後に、幸運に転じる節目となる日とされたそうだ。

冬至を終え、クリスマスを終えると、一気に年末の雰囲気が街に溢れる。
近くのスーパーでは、既に、鏡餅やしめ飾りなどの正月用品が山積みされ販売が始まっている。

我が家の庭でも、種から育てた葉ボタンの寄せ植えが、いい感じに育っており、後は、水引やピックの飾り付けを待つばかりとなっている。
s-480IMG_0695.jpg

さて、兼題の「宝船」である。

ウィキペディアによると、
「宝船(たからぶね)とは、七福神が乗る宝物を積み込んだ帆船、または、その様子を描いた図のこと。(中略)正月の2日にその絵を枕の下に入れて寝ると良い初夢を見ることができると言われている。」
とある。
まさしく、新年の季語であり、年末に、いささか早い気もするが、年末の正月準備としてとらえれば、これも有りか。

七彩(いろ)の夢乗せ墨の宝船 .....akira

幾年(いくとせ)を波が占う宝船 .....kumiko

かつては、指折り数えて待ったお正月も、もう間もなくだ。(akira)
スポンサーサイト



No title

朝から、公民館の大掃除に行って来ました。
私は、特別に何をするでもなく、雑巾をもって、ウロウロしているうちに終わりました。
2~3年前までは、こんな私でも、窓ガラスをふくのに大活躍だったのですが、このせつは、足元が悪く、高い所にのぼるのに、要注意なものですから、・・・
かえりに、お茶とおまんじゅうをもらってきました。働きが悪いのに、気の毒に思いながら、・・・

>七彩(いろ)の夢乗せ墨の宝船 .....akira

>幾年(いくとせ)を波が占う宝船 .....kumiko

・・・いつもながら、お二人ともすてきですね~

 景品は紙に描かれた宝船   朝顔
    ・・・お粗末でした。


俳句~宝船…

こんばんは!こちらの「忘年会」も盛大(賑やか過ぎる…?)
でした~!(^^♪

俳句~宝船…初夢の時に枕に敷いて置くものなんですよね~!
知ったのはつい最近なんですよ…知らない事が多くて~まだまだ
勉強する事がいっぱいです!!

「宝船」というと、嫁いだ頃~正月前になると、祖父が作って
いたのでしょうか?…藁で作った立派な宝船があり、いつも床の間に
飾っていました!

今思いますと、語彙に乏しく~まして、俳句とは縁のなかった私に
四季折々の風物詩として、ちゃんと残してくれている気がしています!
先祖のお陰でしょうか…有難いことですよね...(^_-)-☆

それでは、今でも脳裏に残る~清しい新年の朝を思い出して~

 宝船飾る床の間朝日入る…seiko


あらら、やっぱり、「そのまま俳句」で今年も終わりですね!
お二人の素晴らしい句を拝見してからは恥ずかしくて、申し訳なく
思いますが、{続けることに意義あり!}を貫かせて頂きました…
今後も宜しくお願い致しますね!

朝顔 さんへ

人生の学びの場、そして交流の場でもある公民館を大掃除、ご苦労様でした。

紙に刷られた宝船、地方により色々ですが、紙に託すという風習は宝船に限らず、古代からの風習と強く結びついているのでしょうか。
景品となった、現代の宝船、紙一枚の値打も、有難みも、現代ならではのことですね。

北摂seiko さんへ

忘年会シーズンもそろそろ終わりでしょうか。

宝船に使われる材料も色々ですね。
鋳物で出来た立派なものから、紙に刷られたものまで、またそれの使われ方も様々ですね。

新藁で造られた宝船も、農家の方の思いが込められたものなのでしょう。
太陽で育った藁、それで造られた宝船にも、新たな年の太陽が降り注いでいるのですね。新年の始まりを寿ぐ陽の光が農家の宝船を包み込むようですね。

akirapapaさん、こんばんわ~。

Kumikomamaさんの寄せ植えが、良い感じになって来ましたね~♪
ここに、飾り付けをする訳ですね。

こんな華やかな寄せ植えで、新年が迎えられたら、
きっと良い年になりそうです!!

penpen_1go さんへ

種から育てた葉ボタンが、いい色に色づき、庭のあちこちを占領しています。
クリスマスの飾り付けがなければ、もうすっかり、お正月気分ですね。
Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR