FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

柿の色~兼題「秋の空」


今週のNHK俳句の兼題は、「秋の空」。

昨夜からの雨も未明には上がり、晩秋の青空が戻ってきた。
深夜に帰宅した家内も、帰路のみ雨に見舞われたようだが、いい旅を終えることができたようだ。
ただ、雨は少量で、恵みの雨とはならず、肩すかしとなった。

我が家の進入路沿いの隣地に実生した柿の木。
s-480IMG_0242.jpg
どこかの奥山から、鳥が種を運んだのか、小さな実の渋柿である。
2年ほど前から実を付け始め、まだまだ幹は細いものの、3メートルをこえる立派な木に育った。

柿の実の柔らかなオレンジ色は、澄み切った秋の青い空と、実によく合うと思う。

さて、兼題の「秋の空」である。

秋の空も、9月と10月では、少し様相を変える。
9月は、秋雨模様の日が多く、秋晴れになっても、筋雲や鱗雲が空を覆うことが多い。
ところが、10月に入ると、高気圧に覆われ、雲一つない青空が拡がることが多くなる。
特に今年は、その傾向が、顕著に現れているように思う。

どこまでも秋の空往く旅路かな .....akira

kumikomamaは、今回、お休みである。
どこまでも続く、青い空は、澄みきった秋の大気に呑まれ、孤高の旅人を導くようだ。(akira)
スポンサーサイト

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

No title

小さな実のなる柿、生け花にいいですね。
けれども、この柿は、多分、渋柿でしょうね。

うちにも、渋柿がありますが、すぐそばに甘柿があり、これに、たくさん実をならせるために、植えたものです。
やはり、木の成長がはやく、毎年、生け花用に切りとったりするのですが、こたえません。

kumiko様はお元気に、帰られたようですね。
旅の報告を楽しみにしています。

どこまでも秋の空往く旅路かな .....akira
・・秋の空は高いだけでなく、広く、長く、深いようですね。
お句は、そんな秋の空の様子がよくわかり素敵です。

私も拙句を

秋空を独り占めする鳶かな  朝顔


(^.^)/~~~

秋の空~

こんばんは!昨夜の雨は「恵みの雨」となりましたが~
kumikomamaさんのお帰りの時間帯はいかがでしたでしょうか~?

兼題~秋の空…
毎日、青空が広がり~舅は双眼鏡を持ち出し、飛行機の
行方を追っています。(^^♪
飛行機雲が大空を二つに分けたり、きちんと平行に線を
描いたり~いつもバタバタしてあまり、ゆっくりと空を
見上げることをしていない私に、よく教えてくれます…

 大海を渡る飛行機秋の空…seiko

今夜から寒くなるとの予報…寒暖差の激しいこの時期
体調管理が大事ですよね!

朝顔 さんへ

確かに、この小振りの柿が、生け花には栄えるでしょうね。
渋柿のようですが、赤く熟すと甘くなるようで、目ざとく見つけたムクドリやヒヨドリの餌食になります。

家内は、深夜元気に帰宅しました。
明日のブログにはアップされそうです。

鳶には、秋のどこまでも高く澄み切った空が似合いますね。
幾重にも、大きな輪を描いて飛ぶ姿、甲高く鳴くその鳴き声までもが空の広さを伝え来るようです。

北摂seiko さんへ

家内は、深夜に車で帰宅しましたが、雨はさほど気にならなかったようですね。それよりも、旧友との会話が際限なく続いたようです。

真っ青な空に飛行機雲、絵になりますよね。大空の中では、飛行機の小さな機影は、小さな点に過ぎませんが、その軌跡が描く真白な飛行機雲は、空の雄大さを教示して余りある、空のエンタテイメントですね。

季節の進むのは早いもので、一気に北風に肩を竦める季節がやってくるようです。体調など崩されないようご自愛ください。
Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR