FC2ブログ
   
01
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

季節のサイン~兼題「曼珠沙華」


今週のNHK俳句の兼題は、「曼珠沙華」。

突然発生した台風の接近で、昨日から、雨が続いている。今年は、台風の当たり年のようで、平年の1.5倍の発生数になっているそうだ。
お盆以降、酷暑は戻らず、平年より低い気温の日々となっており、おまけに、前線の停滞で、秋の長雨となっており、野菜も高騰しているという。

昨日は、二十四節気の「白露」。草花に朝露が宿る頃、朝夕の涼しさの中に肌寒さも感じ始める時期だという。白というと、霜や雪のイメージが強いが、中国の陰陽五行では「白」は秋の色とされているそうだ。

季節は、いつのまにか、秋に入っており、自然は、刻々とその移ろいを知らせてくれる。
吹く風も、空を往く雲も、飛び交う鳥も、野の草木も、その季節の到来を告げる。

さて、兼題の「曼珠沙華」である。

「彼岸花」のほうが、一般的な呼称だと思うが、今回は、「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」が兼題である。
「曼珠沙華」も、季節の到来を告げる花の代表格である。
秋の彼岸に合わせたように、未だ青々とした田の畦に、こつ然と、その燃えるような花姿を現す。
sl-480-028_20150908205531137.jpg
これは、昨年の9月彼岸の入りに家内が撮った写真である。

谷を染め裾野も染めて曼珠沙華 .....akira

曼珠沙華赤く染めゆく轍(わだち)道 .....kumiko

曼珠沙華、華やかでありながら、どこか寂しく感じるのは、深まりゆく季節の寂しさの現れかもしれない。(akira)
スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

No title

papaさん、mamaさん、ご機嫌よう~

酷暑の後は、長雨
ホントに、自然は人間の思う通りにはいってくれませんね・・・

曼珠沙華にも早生とか、晩生とか、あるのでしょうか?
それとも、環境に因って開花時期が左右されるのかしら?

農園に行く途中の道路脇は、すでに満開を迎えています
去年も「早っ!」と思ったところです
気の早い子達、目の保養をさせてもらってます♡

台風の被害が出ないことを祈ります


No title

稲田、こがね色に色づいてきましたね~・・
うちの近所の稲田もとてもきれいです。
朝から、写真を撮ってきました。この後、日記の写真を差し替えて、入れようと思っています。
台風、接近とか、・・お手柔らかに願いたいものですね~。

谷を染め裾野も染めて曼珠沙華 .....akira

華曼珠沙赤く染めゆく轍(わだち)道 .....kumiko

お二人のお句、四季折々の日本の原風景を、思い浮かべることができ、素敵だと思います。♡♡

私も、頑張ります。

華曼珠沙幼い姉妹の母を待つ  朝顔
・・・お粗末様です。^_^; 

俳句~曼珠沙華…

こんにちは!台風~思ったより影響が軽く済み~安堵して
います…でも、各地で被害が出て、お気の毒で気が重い
ですね。

兼題、「曼珠沙華…」こちらも花芽があちこちで見られる
ようになりました…
こちらの棚田では休耕田(荒地)もどんどん増え、厳しい状況の
中~まるで境界線の目印のように段々の畦に咲いています…

 風煽る棚田に燃ゆる曼珠沙華…seiko

いつもながらの「そのまま俳句」です…

毎年ちゃんと咲いてくれてる~凛とした強さを
感じさてくれる「彼岸花」…郷愁にかられます!

花♪ さんへ

台風、花♪ さんのお住まいの地域では、豪雨だったようですが、被害はでませんでしたでしょうか。
こちらは、雨風共に、ほとんど無く、午後3時頃には、青空が覗いていました。

彼岸花、家内の田舎の鹿児島でも、もう開花しているそうです。
やはり、早生とか、晩生とかあるのかも知れませんね。

akirapapaさん、こんばんわ~。

曼珠沙華、季節を告げるような
独特な表情を持っていますよね~。

子供の頃、その色鮮やかな色もあって、
何か恐ろしさを感じたことを思い出します。

今回の台風に伴う大雨、早く過ぎ去って欲しいものですね。。

朝顔 さんへ

稲穂が頭を垂れ、黄金色に色づくと、いよいよ秋本番ですね。
蓮池下がりの稲田も、ほんのりと色づき始めました。

台風、何も無く過ぎ去り、よかったです。

いつも、稚拙な句をお褒め頂き、恐縮です。

曼珠沙華の咲く畦、農作業に勤しむ母の傍で、その終えるのを待つ姉妹の慈しむ姿、暮れ往く秋の空気感が伝わってきます。

北摂seiko さんへ

台風、たいした事にならなくて何よりでした。

いっきに来た秋の気配に、曼珠沙華も早く花を咲かせ始めたのかもしれません。
こちらでは、まだ蕾さえ姿を見せていません。

荒れた棚田に、燃えるような朱色の花が、華宴の後の空ろな雰囲気にも似た、寂しさを漂わせ、過ぎ往く秋の風の侘しさと相まって、一層、郷愁を誘います。

penpen_1go さんへ

今回の台風、南の湿った空気を呼び込んでいるようで、今夜から明日にかけて、関東、東北地方に豪雨をもたらすそうです。
大きな被害にならないことを祈るばかりです。

彼岸花、毒を持っていることもあるのでしょうか、華やかな朱色、見方によっては、毒々しくもあります。
ウィキペディアによりますと、他にも沢山の別名があり、不吉であると忌み嫌う呼び名が多いようです。
彼岸の時期に咲くことも、一因かもしれません。

でもよく見ると、可憐で、最近では、白花が園芸種で出回っているそうです。
Secret

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR