FC2ブログ
   
02
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

雨水~「追儺」


今日は、二十四節気の「雨水」。雪が雨に変わる頃だという。ただ、今年は暖冬で、各地のスキー場は雪待の日々が続いている。
ここ数日今年一番の寒気で、各地に雪を齎したが、それも束の間、今日からはまた元の暖かさに戻るという。

小鈴の散歩道にある梅の木も、本来なら今頃が花の見頃となるのだが、今年は早々に見頃を終えてしまっている。

さて、今週のNHK俳句の兼題「追儺」である。

これは、2月初旬の「絵手紙展」に家内が出展した作品である。
s-480IMG_7781.jpg
古新聞のエコバッグに添えられた赤鬼の絵は、どこか愛らしくて憎めない鬼であった。

篝火(かがりび)の爆(は)ぜて追儺の夜の闇 .....akira

昨日までの寒風吹き荒れる寒さは、一段落したものの、まだ寒い日は戻ってくるという。(akira)
スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

春浅し~兼題「凧」


立春を過ぎたが、週末からこの冬一番の寒さ。この冬一度も凍ったことの無かった蓮池の湖面にも、部分的に薄氷が張った。
そのピークも過ぎたようでここ数日は、春のような気温になるという。

空の雲も、心なしか春めいて見える。
s-480IMG_7787.jpg
我が家から望む関空方向の空も、黒い雪雲から白い春の雲へと様変わりを始めた。

さて、今週のNHK俳句の兼題「凧」である。

「凧」は、現代では正月のイメージが強く、冬の季語かと思えば、春の季語だという。番組に登場した凧あげ名人も、春の方が風が良く、よく上がるという。

大空を切り取るように凧揚る .....akira

店頭は、バレンタインや雛祭りのディスプレーで、一足先にに春が来たようだ。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

立春~兼題「雪解」


昨日は、二十四節気の「立春」。春尚寒しというのが例年なのだが、今年は3月の陽気のような日が多い。

小鈴の散歩道にある梅の木も、白い花を開き、芳香を放っている。
s-480IMG_7946_2020020509192277a.jpg

さて、今週のNHK俳句の兼題「雪解(ゆきげ)」である。

布団干す雪解の里の白い雲 .....akira

雪柳の枝にもチラホラと花が咲き始め、春はそこまで来ているようだが、このまま春へとはいかないようで、寒の戻りとの天気予報もあり、まだまだ冬の厳しい寒さの日もあるようで、春への歩みは行きつ戻りつなのである。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR