FC2ブログ
   
04
1
2
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
   

穀雨~兼題「落花」


去る20日は、二十四節気の「穀雨」。芒(のぎ)のあるイネ科の穀物の種をまく季節の意だという。
春雨の季節から、次第に梅雨めいて、五月雨(さみだれ)の季節に入る時期でもある。

「春の長雨」と言われるが、今年の春は、比較的晴れの日が多く、気温も低めで推移する日が続いた。
今週に入ると、一気に5月のような汗ばむ日が続くようになり、暦に呼応するように今朝からは、梅雨の走りのようなぐずついた天気となっている。

桜の木もすっかり若葉で覆われ、足元のツツジの灌木も、薄紅や白の花で覆われ始めている。
小鈴の散歩道にある、道路の石垣に蔓を伸ばす野生の藤にも、今年も見事な花を咲かせた。
s-480IMG_8048.jpg

さて、今週のNHK俳句の兼題「落花」である。

「落花盛ん」などと用いられる。花散ると同意語だが、「落花」のほうが、花の終わりの儚さよりも、次の季節の到来への期待のようなものを、より含むように思う。

吹寄せし吹寄せられし落花かな .....akira

通学路華やぐ声に舞う落花 .....kumiko

我が家の庭も、春の花たちが次々とピークを迎え、次に控える薔薇の季節へ移ろいを進めている。(akira)

スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR