FC2ブログ
   
10
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
31
   

中秋~兼題「秋の暮」


今週の、NHK俳句の兼題は、「秋の暮」。

今日は、陰暦の8月15日で中秋である。昔から今夜の月を、「中秋の名月」「芋名月」といわれ、一年で一番美しい月として、平安の時代から、愛でられたのだという。
ただ、今夜は満月ではなく、2日後の6日が満月となる。
今朝はまだ雲の多いものの、ぐずついた天気も今晩にはすっきりと晴れそうで、何とか満月には満たないものの、名月が見れそうだ。
10月の中秋ということで、今年は、何とか芒の穂を飾ることが出来そうである。
蓮池の土手の芒も、銀色の穂を上げ始めている。
s-480IMG_2547_20171003120530481.jpg

さて、兼題の「秋の暮」である。

暮れるのもめっきり早くなり、「灯火親しむ候」秋の夜長を愉しむ季節となった。
陽が落ちるのが早くなると併せ、昼の蒸せるような余熱もすっかり消え、陽が落ちると少し肌寒いくらいとなっている。

細い腕軽く握りて秋の暮 .....akira

終りなき農婆の仕事秋の暮 .....kumiko

暮れを待っていたかのように秋の虫たちの軽やかな鳴き声と共に、秋の夜は更けてゆく。(akira)
スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR