FC2ブログ
   
04
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
   

穀雨~兼題「春の鳥」


今週のNHK俳句の兼題は、「春の鳥」。

明日は、二十四節気の「穀雨」。この時期に降る雨を、百穀を潤し芽を出させる春雨として 「百穀春雨」といわれたところからが由来だそうだ。
次の二十四節気が「立夏」だから、暦の上では、春も終盤に入ったこととなる。
一昨日夜半の、嵐のような雨と風に、花茎ごと散ってしまった桜は、しっかりと葉桜になり始めた。
蓮池も、満水に近くなり、中央の突堤も水没し、一面の大きな池の姿を見せている。
その奥山の木々も、若緑の葉を日に日に増やし、今朝は、未明に降った雨に潤った瑞々しい若葉を、朝日に透かせていた。
s-480IMG_2385_201704190848322ca.jpg
その木々を縫うように、燕が滑空するのを捉えた。
(写真左端中ほどの小さなシルエットなのだが、おわかりいただけただろうか。)

さて、兼題の「春の鳥」である。

選者の夏井さんも、解説のなかで述べられているが、鳥の名前や「囀り」「鳥の恋」などの鳴き声や行動パターンを表す季語と比べて、兼題の「春の鳥」は、漠然として、単純明快なのに、使いこなすのは案外難しい。

春の鳥ときめく恋の声悲し .....akira

土起こし待っていたよな春の鳥 .....kumiko

たどたどしかった鶯の鳴き声も、透き通るような美しい音色となり、短い春は、一気に若葉の季節へと駒を進める。(akira)
スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR