FC2ブログ
   
04
   

佳作句に選定頂いた~兼題「蝶」


今週のNHK俳句の兼題は、「蝶」。

兼題とは関係なく恐縮だが、20日に発売されたテキスト「NHK俳句」5月号に、3月13日放送の兼題「春めく」に応募したkumikomamaの句が、佳作として選定頂き、掲載された。夫婦とも久しく入選から遠ざかっていただけに、喜びもひとしおだ。
s-480IMG_20160427_0002.jpg

< 選定句 >
佳 作
星野高士 選
「春めきて心の荷物捨ててみる」 .....kumiko


この投句の記事は → こちら

さて、兼題の「蝶」である。

春の花が咲き揃い始めるのに合わせたかのように、虫たちも活動を始める。
中でも蝶は、可憐なその姿や、ふわふわと舞うその飛翔の様も、またのどかな春の陽だまりによく似合う。

庭に飛来する蝶も、春が深まるに連れ種類も増える。春先、一番手は、モンシロチョウだった。先日は、キアゲハが飛来していた。
受粉に欠かせない虫たちだが、同時に芋虫の供給源にもなるから困りものでもある。

白蝶の昇りて雲になりにけり .....akira

初蝶の浮いては止まる大根花 .....kumiko

今日は、朝から曇り空、午後には雨となるそうだ。間もなく5月だが、いま暫くは、菜種梅雨のような空模様と初夏のような陽気が繰り返す日が続きそうだ。(akira)
スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR