FC2ブログ
   
04
   

満開のカロライナジャスミン


週始めの4日は、二十四節気の「清明」だった。春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という語を略したものだそうで、 万物が若返り、清々しく明るく美しい季節を迎える頃だという。
また、この日は、七十二候の「玄鳥至(つばめきたる)」で、燕が南国より飛来する頃だという。春の嵐となった一昨日、暴風雨の中、燕が風に逆らうように低空飛行するのを見かけた。私にとって、これが今年の燕の初見であった。

春の嵐は、桜の花を散し、一気に葉桜となった。大阪造幣局の桜の通り抜けも始まり、季節の移り変わりは、目まぐるしく過ぎてゆく。

我が家の庭の草木も、日に日に、姿を変えている。

フロントガーデンの正面、薔薇のアーチの傍で、こんもりと茂みを作るカロライナジャスミン。
3月下旬から、沢山付けた蕾を、少しづつ広げ、桜の花の満開に呼応するように、全体を黄色の花で覆いつくした。
剪定漏れした、上に伸びた蔓にも、万遍に花を連ねている。
s-480IMG_1555.jpg

通称、黄金ジャスミンと呼ばれる、この花木は、咲き始めは、まさしくその名のとおり、濃い黄色をしている。
ただ、満開に近づくと、少し白味を帯びてくる。
s-480IMG_1560.jpg

繁殖力旺盛で、蔓を常に剪定していないと、方々に伸びて、他の木等に、絡まろうとする。
特に丸くするつもりで選定したわけでもないのだが、横にも、前にも、丸く、半球状となっている。
s-480IMG_1552.jpg

花は、蔓の各所から、数珠つなぎのように咲かせ、濃い緑の葉や、赤い蔓を、ほとんど覆いつくしている。
s-480IMG_1563.jpg

いくつかの蕾が散見されるが、ほぼ満開となった。
花姿は、ポピュラーな、ハゴロモジャスミンの白い花より大振りで、咲きこぼれる姿は、どこか蘭の花を彷彿とさせる。
s-480IMG_1553.jpg

満開となったカロライナジャスミンも、一昨日の春の嵐で、南寄りの風をまともに受け、かなりの数の花が落ち、周囲の地面を黄色く染めた。(akira)
スポンサーサイト



theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR