FC2ブログ
   
01
   

出初式~兼題「乗初」


今週のNHK俳句の兼題は、「乗初(のりぞめ)」。

早いもので、明後日はもう、小正月。成人の日が一昨日に終わったこともあり、もう松の内は、過ぎ去ってしまったような雰囲気だ。
ここにきて、やっとこの時期らしい寒さがやって来て、寒中と呼ぶにふさわしい気候となってきた。

正月は、全てが「初」で始まる。初詣、初日の出、書初め、初夢など、上げれば切りがない。
消防の出初式も、本来は1月4日に行われていた行事だそうだ。その後、6日に行われるようになり、地方によってはその前後に行われることもあるようだ。
阪南市でも、今週の日曜日10日に行われた。
s-48012400888_n.jpg
(阪南市公式facebookから転載)

「初」で始まる事柄も、小正月には、ほぼ一段落、正月気分も抜け、普段の生活へと戻る。

さて、兼題の「乗初」である。

「乗初」とは、年が明けてから初めて乗り物に乗ることだと言う。乗り物であれば、何でも対象だと思われるが、季語としての成り立ちは、「電車」をイメージしているようだ。

乗初の花簪(かんざし)に朱笄(こうがい) .....akira

幸せの赤ら顔乗せ初電車 .....kumiko

「初」には、華やかな雰囲気を醸し出すとともに、前途洋々とした未来を切り開く力が備わっているように思う。(akira)
スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR