10
   

センリョウの実


今日で10月も終わり。朝晩は、肌寒い気温となり、いつの間にか、心地よく秋らしい気候は姿を消した。
澄み切った青空さえも、どこか寒々しく、陽だまりの温もりが恋しく感じる。

今日は、ハロウィン、いつのころからか仮装をする日になってしまって、昨日の渋谷の喧騒をテレビで見ていると何か違うなあと思ってしまうのは、年老いたせいかもしれない。
それでも、商魂逞しい街は、ハロウィンが終わると、一気にクリスマスムードで盛り上がる。
一昨日には、年賀はがきの発売が始まり、秋の余韻を楽しむ間もなく、世の中は、年末へと動き始めている。

庭の草木も、秋の草花は盛りを過ぎ、早咲きの山茶花や、冬菊が、蕾を開き始め、檸檬や花柚子などの柑橘の実が、黄色く色づき始めている。

斜面地の一番日当たりの悪い場所で育った、センリョウ。
s-480IMG_0323.jpg
2年ほど前から花を付け始めたのだが、一向に実を付けなかった。
ところが、今年になって、やっと一部の枝に青い実を付け、かなり赤味を増してきた。

比較的陽当たりのいい上部は、元気に青々と鋸葉を育んでいるのだが、花を付けれど実にならない。
s-480IMG_0338.jpg

実を付けたのは、日当たりのよくない、下枝の先に集中している。
s-480IMG_0329.jpg

これでは、正月用の切り花にはなりそうもない。
s-480IMG_0326.jpg

近くで育った南天の実もかなり色づいて来た。折角付いた実、小鳥たちの餌食にならなければいいのだが。。。(akira)
スポンサーサイト

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

信州旅行~②晩秋の上高地♪


母ちゃん、元気で留守がいい」誰かさんのお言葉を拝借しました。

魔女3人の信州旅行2日目は、あこがれの「晩秋の上高地」です~

s-480IMG_3071.jpg
晩秋の穂高連峰」は、物悲しい雰囲気を遺憾なく発揮して、「黄昏色」です。

上高地」の一番の見頃は、新緑のそして穂高に積雪の残った6月なんですが、自分たちのセピア色の青春を語るには、ピッタリの旅となりましたよ~


「大阪のオバチャン」は恐い!!
年間200万人が訪れる「日本を代表する景勝地」である、「上高地」は、「自然保護」の為、「マイカー」乗り入れ禁止です。
バス&タクシー乗り場で、初対面のご夫婦を誘い相乗りを~「綾小路きみまろ」似の「タクシーの運転手」さんに、値段交渉をして、「大正池」まで、楽しく騒いで行きました。

s-480IMG_3070.jpg


雲一つない「焼岳」~5本の指では足りないほど足を運びましたが、こんなにもクッキリとした「焼岳」は初めてです。

s-480IMG_3079.jpg

目の前を流れる「梓川」の清流越しの自然の大パノラマにしばし時を忘れる「美女の背中」~
もう、言葉は要りませんね~


s-480IMG_3103.jpg
↑この梓川の透明感~透き通っていますよ~


田代橋の袂での、おにぎり🍙やコーヒー、さぞかし美味しいでしょうね~

s-480IMG_3107.jpg


黄金色に色ずく「カラマツ」の並木と、「梓川」に輝く太陽の光との対比に目を奪われます。
可愛い「小鈴」のマロンカラーの毛並みを思い出してしまいました。

s-480IMG_3111.jpg



足元には、「クマザサ」がサヤサヤと揺れ、冬支度を整えた「シラカンバ」や「ダケカンバ」の樹木に見守られて歩く~こと40分~

s-480IMG_3117.jpg


一番の景勝地「河童橋」に到着です。

s-480IMG_3124.jpg
河童橋」から望む「明神岳」~


紅葉の季節が終わったとは言え、観光客の多い事、「河童橋の上」での「記念写真」を撮るのに一苦労でした。


美しい本当に美しい「上高地」の景色を脳裏に焼き付け、今度は「美ヶ原高原」へと、曲がりくねった山道を登っていきますと「信州の大パノラマ」が広がっていました。

s-480IMG_3154.jpg


魔女3人、初めての「信州の旅」の締めは、何と言っても「信州そば」でしょう~

s-480IMG_3148.jpg

あ~驚いた!!~「南瓜・ピーマン・のり・パセリ・マイタケ・エビ2匹」」の天ぷらのこのボリューム
頑張って食べましたが、お腹がいっぱいになりました。( ^)o(^ )美味しかったです。


頼りになる「怪物パワー」の友に命を預けた「深夜」から「深夜」へのドライブ旅行でしたが、帰宅したのは、午前1時。
車だって、急な細い坂道の上り下りの難コースで、高度な運転技術が要りました。
歩く事より、車が好きな「友」の運転技術は、若者も舌を巻く程のプロ並みです~

楽しくて疲れました。疲れたのは、お口の方です。車に乗ってから降りるまでしゃべり詰めでしたもの~

関西は雨との予報でしたが、幸いに雨が降ったのは、車中のみ、降りる頃には、上がっていました。

最高の旅となりましたよ~

「竹馬」の友っていいですね~長い人生に光明を灯すそして、頼りになる存在です・・・
(kumi)

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

信州旅行~①リンゴ狩り他♪


気候は晩秋へと移り、周りの景色がいよいよ黄昏色にそまりはじめました。
ハラハラと舞い散る落ち葉に、迫りくる冬の寒さを感じます~

季節に背中を押されるように~今年最後の黄昏色の装いへと変わり始めた信州松本の旅へ出かけました。


小学1年生から中学3年までを過ごした「竹馬の友」~男以上に男らしい頼りになる「強靭なパワー」の頼もしい友の運転する「1泊3日」の「プリウス」の旅です。

神戸の「おっとりミセス」と私は、頼もしい友に、「」を預けました。


スケジュールはすべてお任せしました。

飛騨南にある「せせらぎ街道」の夜明けの紅葉が見たいと、家を出たのは、PM9時30分そして神戸の友を乗せ一路「「名古屋方面」へと高速を走らせました。

その日は、なんと氷点下の温度~夫に真冬の服装を進められ、見かけより暖かさを重視の体制でスタートしたのですが・・・

s-480IMG_2996.jpg

友は、そこまでの重装備でなくて寒さにあらがう姿が少女でしたよ~♪


「霜」の降りた晩秋の「せせらぎ街道」の紅葉~
」のかかった「紅葉」を見たのは、初めて~1週間前だともっと鮮やかだったそうですが、それでも神秘的な周囲の空気は、カラフル色の世界に包まれて、思う存分「日本の晩秋」に浸ることが出来ました。

s-480IMG_2983.jpg
s-480IMG_2989.jpg




八ヶ岳」や「南アルプス」に包まれた「信州松本」~・・・
のんびり、穏やかな街並みは、数多くのドラマのロケ地に登場しますが、やっぱり広々とした優しい空気感が漂う街でした。~♡

s-480IMG_3014.jpg



信州安曇野、北アルプスの麓にある「りんご畑」
生まれて初めての「リンゴ狩り」の体験です。

s-480IMG_3021.jpg
これは、11月中旬に出荷予定の「さんふじ」~お日様にあてて、真ん中に蜜が入るのを待っていますよ~


何と、見事な「案山子」~思わず、話しかけてしまいそうです。

s-480IMG_3022.jpg


リンゴ狩り」をさせて頂いた「「ぐんま名月」~

s-480IMG_3025.jpg
美味しかったのです~「糖尿予備軍」と言われていたのを忘れていました。



ちひろ美術館」の静かな広い公園で、しばし休憩して、「大峰高原」へ~

s-480IMG_3027.jpg


雲ひとつない「信州の空」の下~山々はどこまでも広がって、美しい装いを見せてくれます。

s-480IMG_3035.jpg


草原の真ん中に鎮座するのは、「五色大カエデ」です~最後のステージを生き抜いていますよ~
同じ「黄昏」でも、こんなにも美しく花開いて散って行けたら、どんなに素敵でしょう~

s-480IMG_3039.jpg

人生の黄昏への階段を上り始めた、熟女たち~シニア扱いされてもピンと来ない強靭なの友のパワー・美しさを保ったまましっとりとゆっくりと生きる神戸マダム・バタバタ貧乏のどうしようもない鶏みたいな私~

何と、初日は一睡もせず、運転と観光案内に頑張ってくれた「竹馬」の友に命を預けた「信州の旅」~のスタートでしたが、流石にホテルの夕食前の温泉で疲れを癒し、食後寛ぐ事もなく、PM7時30分には、寝てしまいました。

二日目は目的の「上高地」どんな楽しい出会いが待っているでしょう・・・(kumi)

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

柿の色~兼題「秋の空」


今週のNHK俳句の兼題は、「秋の空」。

昨夜からの雨も未明には上がり、晩秋の青空が戻ってきた。
深夜に帰宅した家内も、帰路のみ雨に見舞われたようだが、いい旅を終えることができたようだ。
ただ、雨は少量で、恵みの雨とはならず、肩すかしとなった。

我が家の進入路沿いの隣地に実生した柿の木。
s-480IMG_0242.jpg
どこかの奥山から、鳥が種を運んだのか、小さな実の渋柿である。
2年ほど前から実を付け始め、まだまだ幹は細いものの、3メートルをこえる立派な木に育った。

柿の実の柔らかなオレンジ色は、澄み切った秋の青い空と、実によく合うと思う。

さて、兼題の「秋の空」である。

秋の空も、9月と10月では、少し様相を変える。
9月は、秋雨模様の日が多く、秋晴れになっても、筋雲や鱗雲が空を覆うことが多い。
ところが、10月に入ると、高気圧に覆われ、雲一つない青空が拡がることが多くなる。
特に今年は、その傾向が、顕著に現れているように思う。

どこまでも秋の空往く旅路かな .....akira

kumikomamaは、今回、お休みである。
どこまでも続く、青い空は、澄みきった秋の大気に呑まれ、孤高の旅人を導くようだ。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

晩秋のミズヒキソウ


10月に入り、抜けるような青空が広がる日和が続いている。
今日は、ぐづついた天気になるとの予報だったが、夕方にずれこんだようで、いつもの雲の少ない朝を迎えた。

こうも雨が少ないと、夏場と同等の水やりが要る。葉物野菜が高騰し、実りの秋も、名ばかりだ。
それでも、庭の草木たちは、晩秋から冬へと変わる季節に合わせ、様相を変えている。

夏の終わりから花茎を伸ばし、秋の間、可憐な花姿を楽しませてくれた、ミズヒキソウも、そろそろ花のピークを越えようとしている。

シャドーガーデンで育ったミズヒキソウ。
元々、ここに白花と赤花の苗を同数植えたのが、最初で、云わば、我が家の庭のあちこちで育つミズヒキソウの親株である。
s-480IMG_0258.jpg
白花と赤花で紅白の水引をイメージしていたが、どうもそうではなく、赤花も角度を変えて見ると白い部分があり、その白と花の赤い部分の取り合わせで、ミズヒキソウとなったのだという。
s-480IMG_0255.jpg
そして、白花は、ギンミズヒキソウといい、別の品種のようだ。赤花に比べ、繁殖力は弱いようで、今年は、ほとんど育っていない。

ミズヒキソウは、繁殖力旺盛で、庭のあちこちで顔を出している。
そのうちで、一番の大株が、フロントガーデンのウッドフェンス奥で育ったミズヒキソウ。
s-480IMG_0251.jpg
こちらは、花もそろそろ終わりで、
s-480IMG_0252.jpg
花をほとんど落としてしまい、花茎だけとなったものも目に付くようになっている。
s-480IMG_0256.jpg

地味な花姿の多い秋の草花の中にあっても、一段と地味な存在なミズヒキソウではあるが、頑丈な性質を持つこともあり、我が家のナチュラルガーデンでは、秋の草花として、なくてはならない存在となっている。(akira)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

十三夜


昨夜から信州旅行に出掛けたkumikomamaに替り、今日明日は、私がお届けさせて頂く。
多彩なkumikomamaブログのファンの皆様には申し訳ないが、暫くお付き合い頂ければ幸いである。

昨日は、「十三夜」。十三夜は、毎月在るわけだが、旧暦の9月13日の月は、特別な「十三夜」なのだ。
旧暦の8月15日が、「中秋の名月」として有名だが、その十五夜(中秋の名月)から約1か月後に巡ってくる十三夜は、十五夜に次いで美しい月され、昔から万人に愛でられたのだという。
また、かつては、十五夜、十三夜どちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼び、縁起悪しとされたという。

昨夕、まだ秋の陽が長く影を伸ばす蓮池越しに、十三夜の月が昇った。
s-480IMG_0224.jpg

空の明るさがまだ勝り、月の陰影も定かでなく、空の色に溶け込んでいた。
s-480IMG_0226.jpg

暫くすると、陽は沈み、紀泉の山の端を残照が包み始めた。
s-480IMG_0233.jpg

月は明るさを増し、左下を少し欠いた月は、丸い陰影を見せ始めた。
s-480IMG_0241.jpg

十五夜は、群雲に隠れることが多いのに対し、十三夜の夜はすっきりと晴れることが多いようで、昔から「十三夜に曇り無し」と言われたそうだ。
昨夜も、空は雲一つない空が拡がり、絶好の月見日和であった。(akira)

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

実りの秋に~


食欲の秋~「実りの秋」にふさわしく、連日、いろいろな果物がどっさりと届きます

やっぱり、フルーツ王国「和歌山」の近くは、温暖な気候に恵まれて、色々な果樹栽培が多いのです。


そんな和歌山とは、目と鼻の先の「ブロ友」さんの、お庭で収穫された「葉つきみかん」ですよ~

s-480IMG_2969.jpg

見るからに新鮮で、「絵手紙」に描きたいところですが・・・最近は、身体がもう一つ欲しいほど忙しいのです。


我が家に保存中の果物たち~

「カポス」「花ゆず」「みかん」「キウイ」「りんご」「柿に干し柿」~

s-480IMG_2973.jpg

食欲の秋にふさわしく、食べ過ぎたら恐い「フルーツ」たちです。でも美味しいから、少しずつ戴いています。
昨日の夕方には、今度は「ワン友」のお父様が、九度山の柿を収穫に行ったと持って来てくださいましたよ~

先日、薄くスライスして干した「」も、「タンニン」が出て黒くなり~表面が固い「美味しい干し」に変身しつつあります。



お庭では、「金魚草」の定植が追い付かず、ポット植えのまま開花してしまいました。

s-480IMG_2968.jpg

体の老化が始まり、1年ごとに「出来ない事」が増えて来ました。
昔昔の流行り言葉、「やる気はあんねんけど、体がついて来ん」の世界に一直線ですよ~

多肉植物」みたいに、手間ひまのかからないお花ならいいのですが~・・・
あ~ら、不思議、多肉ちゃんの先端も赤く色づいていますよ~

s-480IMG_2967.jpg


お庭のそこかしこで、元気な真っ赤な色を発信する「鶏頭」のお花~・・・

s-480IMG_2965.jpg


そして、黄色い「メランポジューム」の足元では「深紅のゼラニウム」のお花~♪

s-480IMG_2958.jpg

過ぎ行く秋を惜しむが如く鮮やかな色彩を放っています。朝夕と昼間の寒暖差の影響なんですね・・・



今夜から、気の合う友と一緒に「小旅行」に出かけます
うら若き乙女たち一同も、信州の過ぎゆき秋を楽しんで来ますね~素敵な出会いに期待して~♡♡♡・・・(kumi)

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

ブルーベリーの紅葉


今日は、二十四節気の「降霜」。秋が一段と深まり、朝霜が見られる頃で、朝晩の冷え込みが厳しくなり、日が短くなったことを実感できる頃だという。
朝晩はめっきり肌寒くなったが、日中は、少し動くと汗ばむ日が続いている。
それでも、暦に合わせるように、今晩からは北寄りの風が吹き、一気に寒くなるようだ。
高い山や北国からは、積雪の知らせが届き、少しづつ冬の訪れの気配を感じるようになっている。

庭の草木も秋色を深めつつある。
フロントガーデンの奥、斜面地との境のフェンス沿いに育ったブルーベリーの葉も、赤く紅葉し始めている。
s-480IMG_0207.jpg
今年は実付きが悪く、そのほとんどが小鳥の餌となった。
s-480IMG_0210.jpg
それでも、今年は、葉を綺麗に色づかせた。
s-480IMG_0213.jpg
晩秋の朝日を透かし、より一層赤味を増している。
s-480IMG_0214.jpg

s-480IMG_0218.jpg

秋も深まり、蓮池にも、鴨が飛来するようになった。
庭の木々も其々に秋色を深め、落葉樹は少しづつ葉を落とし始めている。(akira)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

季節先取りの葉ボタン~♪


想定外のポカポカ陽気が続き、「お正月」のお花の「葉牡丹」の成長が、行ったり来たり~

季節の神様」に聞いても、お日様マークが続いて一向に寒く成りませんね~朝夕は寒いけど~・・・だから「ブルーベリー」や「お多福南天」の紅葉はもう始まっています。


その「葉牡丹」は、直径9センチの小さなポットに植えたままなので、葉っぱが大きくなって水切れをおこしてしまいます。水分過剰は、よくないのですが、水をあげないともう夕方にはグッタリして可哀想~

毎日可哀想な位に萎れているのを、見るに忍びなくて~少し早目の「定植」をしました。

s-480IMG_2938.jpg

日曜の夜から、しばらく留守にしますので、水切れを起こす前の苦肉の策です。
いかにも大雑把な私らしく、「赤い色」「白い色」のバランスがとれてなかったようで、どうも「い葉牡丹」が不足気味です~

真っ赤な葉牡丹と真っ白な葉牡丹を左右対照にしたかったのですが・・・残念無念

踊り葉牡丹」にも、追加で植えこみました~

s-480IMG_2932.jpg
もう、支えがないと持ちません~
その足元に3個だけの追加です。♪
s-480IMG_2934.jpg

これからは、虫さんも「オンブバッタ君」も少なくなってくれますように~


ジギタリス」の苗も着々と大きくなっています。

s-480IMG_2942.jpg

我が家の春は、「ジギタリス」にお任せですよ~


忙しい忙しいと言いながら、膝小僧を手でさすってご機嫌を取りながら、久しぶりの「蒸しパン」を作ってみました。

s-480IMG_2946.jpg
頂いた「お芋」を刻んで入れた、「黒糖」「抹茶」「プレーン」の3種です。

朝食は、「パン派」の我が家~時には変わった食感もいいかな~って思い作りました。フワフワですよ~♪

お昼過ぎには、「そら豆」の種を買ってきて、「」にポット植えして貰いました。
こういう作業は、とっても得意なんですよね~

そら豆」で思い出して、冷凍室に保存してた最後の「赤そら豆」入りのご飯も炊きました。

s-480IMG_2951.jpg

もち米を少し混ぜ込んで、お赤飯みたいに、香ばしくて美味しかったです。



昨日も「万歩計」は、調子よく進んで、1万2千歩~

歩き過ぎは、良くないですよね~9千歩位に留め置きたいのですが~「」の散歩が結構な距離です。
ストレッチ」は結構効きますよ~少しおかしいと思うと、すぐに「ストレッチ」を、そして、「」をさすり、身体のあちらこちらに愛情の注入です。~♡

最近、少しハードな暮らしで、ブロ友さんの所へも伺えてないのですが、もうしばらく「極早生タマネギ」の定植が終わる頃には、ゆっくりと伺いたいと思っています。・・・(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

夕暮れに柿を干す~


雲一つない~秋晴れが続き日中は真夏の暑さですよ~♪

久しぶり、出かける予定のない1日、午後の「小鈴」のシャンプーは5日に1回の我が家のメインイベントと化してしまいましたが、それまでは、思う存分菜園の草引き作業にそして、「グラジオラス」の住処作りに勢が出ました。


毎朝一番の虫さん探しの効果でしょうか?「白菜」の巻き込みが始まったようです~・・・

s-480IMG_2876.jpg

白菜の栽培」は自分では、無理と思っていたけど、昨年から「ブロ友」さんに、苗をいただいて作り始めました。
青虫が、毎朝顔を出しますが、そのたびに捕っているので、とても順調に育っています。


小鈴」も傍らにぴったりとくっついての作業、時々はご機嫌取りながら、ず~っとひたすらに草引きをしていましたら、「和歌山」に「セカンドハウス」をお持ちのご近所さんが、たくさんの「」をくださいました。

s-480IMG_2860.jpg


お昼前の1時間は、ひたすら「柿の皮剥き」です。
毎年いただいてて、剥いた柿を一旦熱湯にくぐらせて干しますが、この暑さでは、大きなまんまの「干し柿」では、カビが生えるので、薄くスライスして干してみました。

s-480IMG_2862_20151021160147121.jpg
s-480IMG_2899.jpg

なんだか早く乾燥して、お料理にも使えそうでうれしいですよ~

今年の梅雨の終わり頃、花ともさんにいただいた「サルビア・インポクラータ」のお花も、メキメキと大きくなりお花が咲き始めました

s-480IMG_2882.jpg

やっぱり、どう見ても宇宙人みたいでしょう~

そして、このレモンだって、お日様をあびてとっても面白い~

s-480IMG_2870.jpg

テントウムシ」さんが、「サルビアインポグラータ」の葉っぱに止まっています。

s-480IMG_2874.jpg


やりたい事いっぱい、出来ること少しの世界~・・・
菜園暮らしは、いろいろな楽しみがあって、シニアおばさんは疲れ知らずです・・・(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

秋晴れ~兼題「障子貼る」


今週のNHK俳句の兼題は、「障子貼る」。

10月も下旬に入ったが、ここ暫く、秋晴れの好天が続いている。
雨が降らないため、蓮池の水位も少しづつ下がり、水没していた池の中ほどの突堤も、少し顔を出し、水鳥の恰好の休息場となっている。

この時期には平年、庭の草木への水やりもかなり解放されるのだが、晴天続きで、特に鉢物やハンギングへの水やりが欠かせない日々が続いている。
フロントガーデンのジューンベリーの徒長枝の葉も、少しづつ黄色味を増し、秋晴れの乾燥した雲一つない空に、間もなく落ちる運命の時を待っている。
s-480IMG_0201.jpg

好天が続き、庭仕事が捗る。家内は、次々と終わりを迎える秋の草花達を片付け、春に向けての苗を植える作業に余念がない。

さて、兼題の「障子貼る」である。

小さい頃、田舎では、暮れの大掃除と同時期に障子を張り替え新年を迎えたものだが、俳句の世界では、この時期の家事のようだ。
小さい頃、障子の貼替は、大仕事だった。近くの小川で、古い障子紙を洗い剥し、糊を溶き、新しい障子紙を貼り付ける。貼り付けた障子紙に全体に霧吹きし、乾燥するとピンと張られた真白な障子が完成する。
更新された、真新しい障子は、新たな年を迎えるにふさわしい雰囲気を醸し出したものだ。
確かに、年の暮れの雲の多い頃よりも、乾燥したこの時期にの方が、障子貼りには、適期かもしれない。

緋の袖を捲くりて女(ひと)の障子貼る .....akira

開け放ち家族総出で障子貼る .....kumiko

この好天もいつまで続くのか。南方では、台湾で大きな被害をもたらした台風の行方が定まらず、不気味な存在だ。(akira)



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

デンマーク体操演技発表会~ワークショップ


毎週月曜日、午前は、「阪南市総合体育館」にて「フィットネス教室」なんですが、その先生のお招きで先日18日(日)は、本場デンマークの大学生達を招いての

デンマーク体操の演技発表会とワークショップ(講習会)が開催されました。

s-480IMG_2855.jpg

※デンマーク体操とは
ドイツ体操、スエーデン体操に並ぶ「世界三大体操」の一つです。体をリズミカルに動かす徒手体操を中心に、リングやボール、布、縄、クラブなどを使った徒手体操や、マット、スプリング(ミニトランポリン)を用いた器具体操を行います

毎週の「フィットネス教室」でやってるのは、デンマーク体操だったのです。
柔軟性を高め、身体全体の調整をはかることに重きを置く動きは楽しくて、体も喜んでいますよ~

デンマーク体操」の前に、阪南市の「少林寺拳法」で歓迎の演武でのスタートです。

s-480IMG_2666.jpg


演技を前に寛ぐ学生たち~イケメン軍団でした。

s-480IMG_2642.jpg

「デンマーク」の国旗を掲げて、まずはご挨拶~・・・

s-480IMG_2743.jpg


素晴らしい名演をに収めましたが、あんまり感激してブログからはみ出しそうな枚数でした。~(^^♪

一直線に伸びた「開脚のポーズ」~永遠の憧れ、ヨガ歴15年の私ですが、唯一苦手なポーズです。

s-480IMG_2785.jpg
s-480IMG_2786.jpg

ああ~、キレがあって、華やかなリズミカルな動きに、トキメキ度100パーセント!!

s-480IMG_2822.jpg


センターの男性のポーズ、片足を折り曲げたままの体制は相当、きついと思います↓

s-480IMG_2829.jpg

体の柔らかさ、動き~日々の努力なんでしょうが、ホント、オバサンには、異次元の世界の動きです。
そんなに、頑張ったら、スジが切れてしまいます。

s-480IMG_2834.jpg
s-480IMG_2851.jpg


演技が始まる前に、学生さんたちの指導を受けたのですが・・・

s-480IMG_2683.jpg

言葉がわからず、前後左右の位置に立ち、教えてくれるけど、動きが速くてハード~途中でリタイアしました。

花友さんは、身軽に参加してましたが、逆立ちをしたらめまいがしたとか~・・・急にハードな動きに持ちこたえられる年齢ではありませんよ~

目下の健康法は、「フィットネス」は楽しいし、毎朝のテレビ体操をして、犬の散歩で朝夕歩くそして、菜園作業とガーデニング程度ですが、平均10000歩前後の歩数ですが、もう目いっぱいですよ。これ以上は、動けません~・・・(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

陶芸展に行きました~


爽やかな秋日和が続き、1年で一番心地よい~やっぱり「食欲の秋」「文化の秋」「スポーツの」「もの想う秋」・・・・・

秋を愛する人は、心深き人・・・・・~♡


そんな中、16日~18日には、お隣さんの「陶芸作品の展示即売会」が開催されたのですよ~
とっても人気があり、初日は行列が出来て、一気に売れて行きます。
残念な事に、私は「同窓会」の打合せの為、初日には行けませんでした~・・・

2日目には、早朝から一番のりでしたが、やっぱり~売れてて、残り少なかったです。

s-480IMG_2630.jpg

それでも、とってもお気に入りの「器」に出会いました。

s-480IMG_2632.jpg


前日にブロ友さんが、玄関先に置いて下さった愛情たっぷりの「秋の恵み」数々~

s-480IMG_2623.jpg
お庭の柿」「花柚子」「生姜」そして憧れの「グラジオラス」の球根が、いっぱい

その中の、[生姜]を佃煮にして、盛り付けてみました。

s-480IMG_2634.jpg
天ぷら、お造りを盛り付けるのに、ピッタリの器です~♡


今年も素敵な作品と出会えて良かったです。



昨日は、またまた皆で菜園仕事~「小鈴」ちゃんも一緒です。

s-480IMG_2639.jpg

水菜」「」を間引いて追肥をして、最後の「グァバ」も収穫しましたよ~
すっかり遊び過ぎました。
夜なべしてでも「グァバジャム」を作らないと、傷んでしまいそうで~

テレビ」を見ながら、仕込みをしました・・・~またまた、美味しい「グァバジャム」が出来上がりましたよ~・・・(kumi)

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

梅田北ヤード・「グランフロント大阪」を歩く



10月16日(金)~同窓会の打ち合わせで、梅田北ヤード「グランフロント大阪」の街を歩きました。
魔女の宅急便」みたいに、ほうきに乘ってブ~ン、ブ~ンとビルからビルへ飛び交ってみたいです。

s-480IMG_2534.jpg

案内の表示板を見ないと迷子になりそうで、上を見ながら歩くとあごが疲れます。
何年も前だと、自分の庭みたいにウロウロしてたのに、今の住まいに引っ越してから、そして「JR大阪駅」も大々的に改装されて、さっぱり方角音痴になりました。

JR大阪駅ビル」の大きな階段とゆったりとした広場~

s-480IMG_2538.jpg

ビジネスマンの憩いの場所なんですね・・・日本人って感じが皆さんの座り位置に出ています~♪

s-480IMG_2541.jpg


都会のオアシス」に認定されている「大阪ステーションシティー」では、ちょうど「フラワーアート・ミュージアム」の最中で、そのお花の見事さに圧倒されてしまいました。

s-480IMG_2573.jpg

四季折々の草花の植え替えや野菜作りなどの取り組みが評価され・・・

s-480IMG_2614.jpg

安らぎと憩いの貴重な環境となっている「都市緑地」として・・・「都会のオアシス」に認定されたそうです~

s-480IMG_2618.jpg

色々なお花も華やかで美しいですが、私はやっぱりこの空間が一番好きでした。↓
ペアグラス」「ヘデラ」「アレカヤシ」「白たえ菊」等々~整然と植え込まれて、緑の癒しを頂きました。

s-480IMG_2591.jpg

大阪ステーションシティー」から、「グランフロント大阪」へ北へと歩いた先には
目的のホテルの癒しの空間が・・・

s-480IMG_2556.jpg
s-480IMG_2558.jpg


大都会の中とは、思えない~それはそれはもう何もかもが静かで落ち着いて~人間の力の偉大さを感じました。


竹馬の友」と楽しいひと時を過ごし、夕食は高島屋百貨店「アールエフワン」にてお気に入りのお惣菜を買って家路に着きました。
歩数は、何と20,909歩~さすがに、夜のストレッチは休みました。


不思議なものです。どんなに、素晴らしい都会のオアシスより、私には「蓮池」上の菜園が、虫食いだらけの野菜畑が一番かな・・・(kumi)

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

フジバカマの開花


今日も朝から秋晴れの爽やかな空気に包まれ、雲のほとんどない空が拡がっている。
秋まつりも終わり、運動会シーズンも峠を過ぎ、静寂な秋が戻った。
小鈴の散歩道の木々も、緑濃い夏の姿から、ソフトな秋色へと少しづつ衣替えを始め、蓮池の土手も、我が家の庭の草木も、同様に秋色に衣替え中だ。

フロントガーデンのシンボルツリー、アカメソロも少しづつ葉を落とし始めた。

そのアカメソロの足元で元気に育ったフジバカマ。
春先から新芽を吹き、葉を茂らせ、9月末には、花茎に蕾を付け始めた。
当初、赤花と白花を同本数植えたのだが、年々白花は減り数少なくなった。
s-480IMG_0187.jpg

今週に入り、赤花の蕾が少しづつ開き始めた。
s-480IMG_0188.jpg

花が開くと、オミナエシのように綿毛に包まれたようになる。

個人的には、硬い蕾の時のほうが好みだ。
s-480IMG_0193.jpg

s-480IMG_0194.jpg

このフジバカマは、園芸種だが、野生種は秋の七草にも数えられるポピュラーな山野草だが、最近では、その数を減らし、環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)種に指定されているそうだ。(akira)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

黄色いお花~(^^♪


あまりの寒さに、寝具は完ぺきな「冬支度」になりました。そろそろ、コタツも出したいところですのに~・・・
扇風機をしまって、ストーブを出して~いよいよ冬~何だか足元が冷えますね~♪
こたつ」や「ファンヒーター」を出すと、お部屋が窮屈になるし、飼い犬の「小鈴」が、「ファンヒーター」を占領します。

小鈴」は、「アレルギー症状」で、温めるとよくないそうですので、この冬は、悩ましい所です。

s-480IMG_2515.jpg

私たち人間が、我慢したら、犬だってそれに従うと思うのですが、「おばさん」は冷えると病気になるから、「ここが思案のしどころです~」

寒いのは苦手ですが、「虫」さんが冬眠になるから、安心して外仕事が出来ます。


昨日は、「へちま」の始末をして、ほんのり色づいた「レモン」も初収穫しました。
収穫物の写真の定位置でパチリですよ~♪

s-480IMG_2529.jpg
初収穫のレモン」も、電車に揺られて、お嫁に行きましょうね~♡


和室前では、黄色い「つわぶき」のお花と「食用菊」のお花が、ほんのり暖かい空気を醸し出しています。

s-480IMG_2491.jpg


寒々とした季節には、暖色系の色が心持温めてくれますよね~

s-480IMG_2504.jpg
かぐわしい「食用菊」を頂けるのも、もうすぐ~楽しみです。

北側斜面地の「ランタナ」~これも深まりゆく秋になり、濃いめのきれいな黄色~イエローカラーですよ~

s-480IMG_2521.jpg


黄色ではないけど「食用菊」の隣の淡いピンクの「山茶花」~

s-480IMG_2507.jpg
このコロンとしたまん丸い形と色が、何ともたまりません。「山茶花」の周りだけは、もう冬ですよ~


冬が~来る前に、もう一度「竹馬の友」に会いに行って来ま~す。
グァバジャム」と「レモン」も電車に揺られて参りますよ~・・・(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

ベジタブルガーデン~♪



「天高く馬肥ゆる秋」~天高くは、やっぱり秋の空が一番似合いますね~

北側斜面地の「ケヤキ」の木を止まり木にして、遊び回る「ヘチマ」君~後ろも前も、何個もぶら下がって気持ち良さそう~♡

s-480IMG_2485.jpg


美味しい季節は、とうに過ぎ去りましたが、まだまだ戴けて嬉しいですよ。お味噌汁に入れると後を引くお味で美味しいのです。


秋晴れの続く、絶好の菜園仕事日和に相変わらず振り回されています。

s-480IMG_2474.jpg


虫捕りに追われるのもしんどいと言いつつも、新鮮な緑に触れて、嫌いではない作業です。


みずみずしい「水菜やサラダ菜、アサツキ、苺」~

s-480IMG_2478.jpg

「早く大きくなあれ~

s-480IMG_2472.jpg


大根葉」が、見事に食べられました。

s-480IMG_2469.jpg

同じように栽培したのに、手前のは、レース模様状態ですよ~

間引き菜」の浅漬けで頂ましょう~

s-480IMG_2471.jpg


ピーマン」の葉っぱも佃煮にしました。

s-480IMG_2452.jpg


小さいピーマンも一緒に、一度湯がいてあく抜きをして、カルシウムのおやつ「食べるいりこ」をお水で戻して、山椒も入れて、醤油、砂糖、味醂で甘辛く佃煮風です。それが、とっても美味しくって~

s-480IMG_2453.jpg

戻した「食べるいりこ」と「山椒」の味がよ~くあったのですね~ホントに変わった味覚なんです。美味しかった~( ^)o(^ )



先日、かかりつけの内科医で血液検査をしました。
「血糖値79」で「糖尿病予備軍」と言われました

「お言葉を返すようですが、有りえません~空腹時の基準値は70~109です。」

でも一応、果物もおやつも控えましょう~「有言実行」あるのみですよ


食欲の秋に悲しい事ですが、その分お茶を沢山と甘酒を頂ましょう・・・(kumi)


theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

秋色~兼題「秋惜しむ」

今週のNHK俳句の兼題は、「秋惜しむ」。

10月も、もう半ば、朝晩は肌寒い位の気候となり、肌を射すような日差しは、いつの間にか消え失せ、日差しに心地よい温かささえ感じるようになった。
小鈴の散歩道沿いの庭に植えられた金木犀の花も、そろそろ散り始め、路面をオレンジ色に染めている。

このところ、秋晴れのいい天気が、続いている。
今日も、朝から、雲一つない空が拡がり、少し霞んだ空気に、秋の陽が射している。
蓮池に面して植えられた、隣地の柿の木もたわわに実を付け、葉も色づき始めた。
s-480IMG_0180.jpg
逆光で黒く見える蓮池の土手も、夏の青々とした色から、少し黄色味を帯び始めた。

さて、兼題の「秋惜しむ」である。

晩秋のイメージの強いこの季語は、少し早い気がする。確かに、秋は過ぎつつあるのだが、まだまだ秋を楽しむことは、続く。
萩の花は終わり、薄も穂を散し、コスモスもそろそろ終わりだが、菊の花はこれからだ。
食べ物も、柿や梨などの果物、茸、秋刀魚など、山の幸、海の幸が秋の食卓を楽しませてくれている。
ただ、こうした楽しみが続くからこそ、往く秋を惜しむ気持ちが強くなるのかもしれない。

墨汁の掠(かす)れ乾きて秋惜しむ .....akira

木の葉往く澄みたる川に秋惜しむ .....kumiko

空気が澄み、天高く馬肥ゆる秋、奇しくも今日は、七十二候の「菊花開(きくのはなひらく)」である。
心地よい秋を、まだまだ謳歌したい、今日この頃である。(akira)

鯉のシンクロ~♪


3連休の最終日も、とっても気持ちの良い気候~少し肌寒いような秋の空気がヒンヤリと頬をかすめて行きます~

午前中は、「小鈴」のシャンプーを、そして小春日和の午後は、台所仕事、パンを焼く合い間に、大好きな2Fのテラスで、「蓮池」を眺めながらボーッとしていました。



何と、お隣の真下の当たりで、鯉さんの集団を発見しましたよ~久しぶりのご対面です。

s-480IMG_2361.jpg

今回は、初めての大集団ですよ~・・・嬉しくなってしまいます♪

s-480IMG_2368.jpg

可愛いお口を一斉に開けています。「池のツバメさん」みたい~近くで見るときっと大きなお口なんでしょうね~
まるで、「鯉のシンクロ」みたいでしょう~

s-480IMG_2376.jpg


きっと、美味しい餌の集団にありつけたのでしょうね。みんなが同じ方向を向いているのが、お母さんの運ぶ餌を待ってる「ツバメ」の雛そのものでしょう~
水の中に潜るのも、みんな一緒~

s-480IMG_2366.jpg


「蓮池」の「鯉」と「亀」~優雅に過ごす様を見ていると、時を忘れてしまいます。



そして、テラスから眺める~お庭~

s-480IMG_2335.jpg
シンボルツリーの「アカメソロ」の紅葉は、まだまだですね~


季節の変わり目で冬支度に追われ、華やかさに欠けるこの雑多なお庭ですが、いろいろな種類が混在して、「生きてますハイッ!!」て、植物の声が聞こえそう~
植物だって、人間と同じように、季節とかけっこしているのですものね~


s-480IMG_2341.jpg


毎年この季節には、頑張り過ぎて、「腰痛&膝痛」に襲われますが、この秋は用心に用心を重ねています。
朝晩の「ストレッチ」は、面倒ですが、寝込まないように、歩けなくなったら手遅れですものね~
これから「胃カメラ」の予約に行って来ま~す。・・・(kumi)

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

波太神社の秋祭り~


付近の稲穂が、たわわに実り、黄金色の絨毯を敷き詰めたような光景が広がっています。

そんな3連休の昨日と今日は、「五穀豊穣を祝う秋祭り」で、阪南市一帯は、山車「やぐら」の曳行が盛大に執り行われます~

s-480IMG_0166.jpg


お盆を過ぎた頃から、地区の若者たちは、この日のために、「」や「太鼓」を習い、足腰を鍛えるために走り込みをして頑張ってきました。女の子たちも、編み込みのヘアースタイルで、祭りの装束に身を固め、それはそれは、見違えるほどかっこよくて威勢がいいのです。~♡


阪南市石田にある荘厳な「波太神社
1577年、信長公記によれば、織田信長の紀州雑賀攻めの時、「本陣」が置かれたそうです。


岸和田市の「だんじり祭り」は、あまりにも有名ですが、岸和田から和歌山に向かう泉州一帯には、51台の「やぐ」が保存され~そのうち、阪南市の「やぐら」は、20台も~・・・



ソーリャー♬」の威勢のいい掛け声と共に始まる祭礼は、まず「宮入」で~・・・「宮入」をして神様を地区に迎え入れてから、地区内での曳行が始まるのです~


宮入」の為、「波太神社へと向かうやぐら~

s-480IMG_0163.jpg


コンクリート」の建物、古びた「玉ねぎ小屋」が、微妙にマッチしていますよね~

s-480IMG_0172.jpg



宮入」を終えて、地区へと帰って行く~「やぐら」~

s-480IMG_2442.jpg
やぐら」を引く若者たち~幼児も親に手を引かれています。
こうして、幼い頃から、「やぐらの曳行」に慣れさせて行くのです。


祭りスタイルの若者たち~足が長~く見えますよ。頼もしいですね。
「日本の未来を頼みますよ~」

s-480IMG_2446.jpg



1週間前には、市役所前にて「20台のやぐら」が集合して、「やぐらパレード」が、有ったのですが、それはそれはもの凄い迫力でした。「岸和田のだんじり」にも負けてませんよ~




秋祭り」が終わると、季節は一気に「晩秋」に入り、いよいよ冬の準備へと~・・・


お隣さんに≪国華園≫へ連れて行って貰いましたよ~。「チューリップ」の球根を買ってきました。

s-480IMG_2436.jpg
凄い!!選択範囲が広がります。迷ってしまいましたが、お隣さんの真似をしちゃいました。
チューリップ」のお花を上手に咲かせられないオバサンです。


帰宅後、早速植えこみました。隣で「方向が一定でない」というオジサン~完璧だと言い張る私~

s-480IMG_2449.jpg


軍配は、「チューリップ」のお花が咲いてから決めましょう・・・(kumi)

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

イエローストロベリー・グァバジャム~


今日と明日、阪南市は「祭礼」で一番賑やかで、華やかです。
笛や太鼓の音が、「コンチキチン♪」と鳴り響き、聞いているオバサンの気持ちだってトキメキを覚えますよ

週末の土曜日、「小鈴の散歩に出かけますと、ご近所の田んぼは眩しい程の黄金色に輝いて、思わず豊作にクラクラしそう~

農家の皆さまは、「猫の手も借りたい」刈り入れ時~今日の日曜日は朝から曇り空、夕べ夜中に一雨きたのですね~
明日から晴天、今週が、稲刈りのピークですね~それにしても、眩しい程の黄金色ですよ~


そんな季節、我が家の果樹コーナーでも、「トロピカル・フルーツ」の「グァバ」の実が熟し始めています。

s-480IMG_2300.jpg


グァバ」といってもいろいろな種類があり、我が家のは、直径3センチほど、詳しい名前は「イエローストロベリー・グァバ」というそうです。本来の「ストロベリー・グァバ」は苺みたいな赤い色で、とっても美味しいそうです。~


果実は、熟すと落下しますので、落下する前に熟した実から収穫し、適量になるまで、冷凍室に保存しました。
痛みが早いので、新聞紙にくるんでも3日しかもたないのです。

s-480IMG_2407.jpg


昨年は、「トロピカルフルーツジュース」で戴きましたが、珍しいフルーツだから、「竹馬の友」に食べさせたくて2年ぶりのジャムを作りました。詳しいレシピがないままの思考錯誤なんですが~・・・


まず、グァバを半分にカットして、中の種を取り出し、皮の部分は、細切りしました。

s-480IMG_2408.jpg


皮の部分の半量の「三温糖」とレモン汁、大匙1杯半を入れて30分程置きます。ちなみに、グァバの分量は500gぐらいでした。

s-480IMG_2409.jpg


種を網で濾していくと結構な美味しい部分ができましたよ~

s-480IMG_2411.jpg


それらをほうろう鍋に入れて、木べらで混ぜながら弱火でグツグツ20分~出来上がりです。

s-480IMG_2413.jpg
味は、「ストロベリー」と「」・「」「マンゴー」をミックスしたような感じで、上品なお味です。
夫は大好きですよ~♪・・・「ピンクストロベリー・グァバ」は買ってでも食べたい美味しさだそうですが、「イエローストロベリー・グァバ」は有ったら食べる~そうなんですって~


ジャムにもお化粧して、電車に揺られて、都会のホテルでお食事しながらお渡しするのが楽しみです~♡

s-480IMG_2416.jpg




妹みたいなお隣さん~ご主人様は、「柑橘類の栽培」が大好きですって~

s-480IMG_2346.jpg

獅子柚子だそうです。大きいでしょう~初めて見ました。


s-480IMG_2347.jpg
名札の下にメモリが印刷されていますが、直径20センチはありそうです。

どんなお味なんでしょうかね?興味があります。


この爽やかな季節に、何処からともなく漂ってくる「金木犀」の香り~夫の入れてくれたお茶に「薄い!!」っと文句言いながら、まったりする午後の一時~束の間の幸せですが、スローライフとは名ばかりのけたたましい時は、瞬く間に暮れてゆきます。・・・(kumi)

theme : 料理
genre : 趣味・実用

ホトトギスの開花


暫く続いた秋晴れの天気も小休止、今朝は、空一面に薄雲が拡がり、それを映す蓮池の水面越しの、紀泉の峰々も、薄い霧に霞んでいる。

シャドーガーデンの端、斜面地へ降りる階段の上で、野菜用コンテナで育ったホトトギス。
s-480IMG_0131.jpg

9月下旬から蕾を沢山付けていたのだが、今週に入り、一気に花を開き始めた。
s-480IMG_0144.jpg

最初は小さな蕾だが、徐々に縦長に成長し、開花前には、ロケットのような形を成す。
s-480IMG_0149.jpg

ロケット状の蕾を開くと、6弁の花弁となり、その内側には、紫色の斑点が鮮やかに染める。
s-480IMG_0138.jpg

いつまでも瑞々しいライムグリーンの葉と相まって、この一角だけが、小春の陽だまりのようだ。(akira)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

今になって~千日紅賑わう♪



昨日の日中は、残暑が逆戻りしたみたいな暖かさでした。

お庭では、蜂やアブ、蝶々が飛び交い、顔をキョロキョロするほどの「虫さんの楽園」でしたよ~
フロントガーデンに出した「葉牡丹」には、またまた、虫さんがつくのでしょうね~


秋色が深まりつつあるお庭に、夏のお花のはずの「千日紅」のお花が、今を盛りと咲き誇っています。~♪


柊との寄せ植えの中の「薄いピンク」です~

s-480IMG_2277.jpg


こちらは、「濃いめのピンク色」~

s-480IMG_2274.jpg


そして、その隣には、暑い盛りから咲き続けている~「白色

s-480IMG_2331.jpg


裏の「小鈴の豪邸」の前あたりに、もう、何が何だかわからずに種をばらまいた一角があります。
そこでも、「濃いめのピンク」の大集団が~・・・

s-480IMG_2325.jpg


恥ずかしながら、これもばらまいた種です~「ニゲラ」「オルレア」「アグロステンマ」「ビオラ」などなど~肥料のない、石ころの中でけなげですね~

s-480IMG_2281.jpg


今頃になって、我が物顔で、元気に咲き誇る「千日紅」~ドライにしたり、リースにしたり用途がいっぱいです。
花言葉~「不朽」「色あせぬ愛」~♡頼もしいお庭の味方ですよ~


菜園仕事やガーデニングには、手袋が欠かせないのですが、どうやらその農作業用のゴム手袋にかぶれてしまいました。
フルメタクリーム」という塗り薬を病院の薬局でいただきましたが、水仕事をするから、なかなか改善しません~


猫の手も借りたいこの季節に、大きな誤算ですよ~
何事もない平和な忙しい暮らしの有難さに、改めて思いをはせます~・・・(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

ラナンキュラスを植えました


絶好のガーデニング日和が続いて、ご機嫌です~

芥川賞の「火花」の本の中で、「又吉直樹」さんが~姿の見えない金木犀を探しながら~と表現した「金木犀」の香りを追いかける季節になりましたよ~



その前に、「シャンプー」を5日に1回と増えた「柴わん小鈴一家」は、只今「小鈴」様を中心に日々が回っていますよ~

s-480IMG_2263.jpg

シャンプー」を替え、回数を増やし、餌もフードのみになりましたが、最近痒みが治まってきたみたいです~ホッ
食事も、治療食のみですが、私たちの食事時間には、ついて回っても、ないとわかると、お利口さん~諦めていますよ~
飼い主に似ず、賢い犬で良かったです~・・・・・

目のまわりが、「パンダ」みたいな黒ぶちですが、気長に治るのを待つ事にしましょう~。



フィットネス」でお知り合いになった「花友」さんが、教室の度に、色々な珍しいお花の苗を持って来てくれます~

s-480IMG_2269.jpg


お花の名前がわからないのですが、またまた花開いたら検索してみようと思います。


ラナンキュラス」の球根も沢山ありました。これまでは、春先に成長した苗を購入してたのですが~・・・

パソコンで調べて、植えつけてみました。

枯れ枯れの球根は、水に浸したキッチンペーパーに包んで、一晩寝かせました。


s-480IMG_2319.jpg


何だかふっくら、球根らしくなってきましたよ~
ポリポットに土の厚さ3㎝で植え付けました。

s-480IMG_2320.jpg

春に見事な「ラナンキュラス」のお花が10個~さあ、咲いてくれるでしょうかね~?


この季節は、お庭が、もうお花屋さんみたい~

s-480IMG_2268.jpg

色々な春のお花の苗が、所せましと、お庭に幅を利かせ始めました。

花の季節春を待ちましょう~♡


秋風に心が揺れる心が走る

s-480IMG_2321.jpg


とっても、素敵な絵手紙が届きました。ドキッとするような、言葉が添えられて~・・・

慌てず、ゆっくり、ノンビリ生きよ!!そう教えられたような気がします・・・(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

秋の朝~兼題「霧」


今週のNHK俳句の兼題は、「霧」。

明日は、二十四節気の「寒露」。仲秋に野草に宿る冷たい露のことで、「白露」の頃には冷たさを感じなかった露にも、冷たさを感じる頃で、露が冷たい空気と接し、霜に変わる直前で、紅葉が濃くなり、燕などの夏鳥と雁などの冬鳥が交代される時期でもあるという。

移ろいやすい秋の空だが、ここ数日は、秋らしい好天が続いている。
朝晩は、涼しさを通り越し、肌寒い位の気温となって来た。
蓮池に昇る朝日の位置も少しづつ南寄りとなり、明ける時刻も、日に日に遅くなっている。

昨日の朝、ひんやりとする空気の中、少し雲の多い山の端から、太陽が顔を出した。
s-480IMG_0110.jpg

さて、兼題の「霧」である。

霧は、年中湧くイメージが強く、特に山里や、盆地は、よく霧に包まれるようだが、一日の寒暖差の大きい秋には、霧が発生しやすいのかもしれない。
愛用の虚子編「季寄せ」にも、
「昔は、霧も霞(かすみ)も区別がなかったようであるが、今では、春はかすみ、秋は霧と定まった。」「霧は朝深く、夕べに浅し」
とある。

我踏みし轍(わだち)を包み霧の来る .....akira

霧も晴れ雨雲去りて山近し .....kumiko

「五里霧中」という言葉がある。霧は、単に自然現象に止まらず、人生の機微、浮沈を静かに包み込む。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

さざんかの花が咲きました~♪


冷たい色をした水が小川を流れて行きます~(^^♪


季節は廻りめぐってまたまた、やって参りました~そう、さざんかのお花の季節ですよ~・・・

s-480IMG_2216.jpg
何だか、ティッシュペーパーをクチュクチュにしたみたいで、花びらに、いつもの美しさと勢いがありませんが~・・・


和室側の角っこに植木鉢に植え込んだままです。根っこは、とっくに底を通過して、土に入り込み、もう持ち上がりません~・・・
この夏は、「イガラ虫」に取りつかれて、大変な世話がいりました。

s-480IMG_2218.jpg
それでも、置かれた場所で咲いてくれました。

つやのある濃いめの緑の葉っぱの上にチョコンと乗っかった「ピンク色のつぼみ」がとっても可愛いですよ~
沢山のつぼみは、順番に開花しますので、長い間楽しめそうですね。


その隣には、お隣さんに頂いた「食用菊」のつぼみが膨らみ始めました。

s-480IMG_2220.jpg

黄色いかぐわしい菊の花びら をさっと湯通しして、ポン酢に浮かべたり、サラダのトッピングにしたり、色々なお料理に変化が出て、とっても風雅な食卓に彩を添えてくれますよ~

去年は、出来上がったお花を摘んでいただいたのですが、今年は苗をいただいて、丸いお鉢に3本ほど植え込んでいます。
段々に膨れてくる蕾に今か今かと、ワクワクキュンキュンしていますよ~初めての出会いって、楽しみですよね~(^^♪



ご近所の遊休地では、「ふれあい農」と看板が建てられ、等分に仕切られた個々の菜園で、それぞれにお野菜作りを楽しまれています。

sl-480-004_20151005124530b86.jpg
男性が多いのですが、皆さんとっても楽しそう~「」と戯れる姿は若者ですよ~。


やっぱり、「緑」と「土」は極上の癒しですよ~体が動く限りやめられませんね~・・・(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

小春日和のコスモス~♪



薄紅のコスモスが秋の日の~♫何気ない日だまりに揺れている~(^^♪

ダイナミックな寄せ植え」のコスモスが、咲きそろいました。

s-480IMG_2258.jpg
サラサラとそよぐ「グラス類」と大好きな「秋桜」で、お客様をお迎え出来る幸せを感じます。

真っ青な空に映えて、可憐です~

s-480IMG_2254.jpg


こんな小春日和の穏やかな日が、コスモスには、よく似合います~
華奢な枝を泊まり木にカマキリさんは、何を考えているのでしょうか。

s-480IMG_2256.jpg


昨日は、絶好の園芸日和でした。
ポツリポツリとお庭のあちこちの~コスモス~たち

s-480IMG_0080.jpg





2号公園の「コスモス」は、我が家と違って、それは見事に咲きそろっていますよ~

s-480063.jpg



紀泉山系をバックに映える「コスモス」たち~

s-480060_201510041230184e4.jpg



背後に、コンクリートの構築物があっても、絵になります~♡

s-480066_201510041230236be.jpg


人々の心に郷愁と優しさ、そしてはかない想い、悲しみまでもを思い起こさせる~なんて、素敵なお花でしょう?

「乙女の真心」「美麗」「謙虚」~の花言葉がピッタリの秋桜

もうしばらくの間ですが、堪能したいと思います。・・・(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

自然&菜園の恵みと生きる~


爆弾低気圧」の置きみやげ~一人では、どうしようもない「皇帝ダリア」の修復再生作業も2人だと、何とかなるものですね~1本は、根本からポキッと折れてしまいましたが、後は何とか立ち直りそうです~

s-480IMG_2232.jpg

雨上がりのぬかるんだ土が滑って、ナメクジさんも、肩に乗ったり、お隣さんの頬っぺたには、やぶ蚊が2匹も止まっていたので、思いっきりひっぱたいてやりました。~

~『蚊にかまれた方が、ましやったあ!!』夫の弁です。
私の、雨靴の中にだって、ナメクジさんが、入りこんでいました。
皇帝ダリア」って、もう殆ど木ですものね~重かった~


菜園の収穫出来るものは、収穫も済ませました。

s-480IMG_2198.jpg
トロピカル・フルーツの「グァバ」の実も、熟すと勝手に落下するので、落ちる前に収穫をしました。
皮を剥いて、冷凍室に保存し、ある程度の量になったら、またまた「グァバジャム」作りですね~♡



先日、全部刈り上げた「にら」~もう、成長しています。匂いが何とも言えない、元気が出ますね~

s-480IMG_2203.jpg


真っ赤なパブリカのはずなのに、熟れてきません~

s-480IMG_2201.jpg


2年前、故郷から種をいただいた「ふんわりオクラ」~今年も種の採取の為に、食べないでおきましょう~

s-480IMG_2202.jpg



お隣さんに、お手製のケーキをいただきました。
チーズケーキにマロンクリームをモンブラン風にトッピングしてあります。全部手作りですよ~

s-480IMG_2236.jpg
頑張ったご褒美に、いただきました~
何でも、出来るスーパーミセス♪のごお隣さん~いろいろ刺激になって、私も真似して生きていますし、励みになります。


私は、夕食の「おでん」を炊きながら、またまた、HBで「素朴な黒糖レーズンパン」作り~
1週間前に24時間かけて作った、「天然酵母生種」の賞味期限だったのです~・・・

s-480IMG_2183.jpg
天然酵母パン」は、「バター」や「ドライイースト」を入れないので、ヘルシーで、そして美味しいのですよ~( ^)o(^ )
外はカリッと、中はもちもち~「赤ワインによく合います~



夫の機嫌のよいのを、見計らって・・・

「最近、怒りっぽくなったよね~、年を取るほど、感情のコントロールが難しくなるから、仕方ないよね~」とチクッと、釘を刺しました。

「あんたが、わがままやから、怒るんや!!」というけれども、

「うん、私はホントにわがままかもしれない~、でも、別に怒る~???」~・・・
「私は、どんな事でも怒ったことないよ~」


確かに、彼は、わがままでは、ありません~
私は、相手が食事中でも、一人サッサと席を立ってしまいます。相手のペースに合わせる奥ゆかしさが欠けているかも知れません~几帳面な彼の仕事ぶり↓~大雑把な私には、出来ない事です。

s-480002.jpg

几帳面な夫&大雑把な妻~
さあ~どうしましょう~線路はまだまだ続きますよ・・・(kumi)

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

綿の実


一昨日の嵐の夜が過ぎた後、秋本番の爽快な天気が帰ってきた。

斜面地の裾で、雑草と競うように育った「木綿」。
s-480IMG_0096.jpg

夏の暑さの中で、白い木綿のハンカチーフのような花を咲かせていたが、実を付け始めた。
s-480IMG_0089.jpg
まだ青い実だが、やがて実ると、4つに割れ、中から綿が膨らみ出る。
s-480IMG_0093.jpg

まだまだ蕾もたくさん付けており、
s-480IMG_0087.jpg
今も、花を付けている。
s-480IMG_0097.jpg
この花も、そろそろ終わりで、白い花は、最後には、酔ったように、ピンク色に染まる。

これは、家内が、花友から頂いた苗を育てたものだ。
阪南市では、「はんなんコットンプロジェクト」として、河内木綿をオーガニックコットンで再生しようとする試みがされており、綿の種が無料で希望者に配布されており、家庭で育てている方も多くなっている。
今年からは、市役所など市内各所に「はんなんコットン」回収ボックスが設置され、家庭で採取された少量の実を、有効活用出来るようになっている。(akira)


theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

爆弾低気圧~( ノД`)シクシク…


台風21号から、発生した「●~*爆弾低気圧」は、まさかまさかの大暴れ~

南風だと思い、フロントガーデンの対策には、力を注ぎましたが、北側斜面地にまで影響が及ぶとは~トホホ~(´;ω;`)ウゥゥ


ご覧ください

s-480IMG_2222.jpg


11月の開花を待ちわびていた「皇帝ダリア」~フェンスに倒れてしまいました。

s-480IMG_2223.jpg
s-480IMG_2225.jpg


再起できるでしょうか?

フロントガーデンも酷い事に~・・・

s-480IMG_2221.jpg
s-480IMG_2226.jpg


植木鉢は、奥にしまい込み、難を免れましたが~・・・


深夜の豪雨と強風は、すごかったんです。深夜1時30分~余りの雨音と風音に👀が醒めました。
もう、「恐怖」そのものでしたよ~
火事でも起きないであろう「」さえも、目を覚ましました。


紀泉山脈のはるか向こうには、ず~っと「イナズマ」の閃光がピカッピカッっと光っぱなしで、明るさの連続で、異様な光景~
きっと、竜巻が起きそうと不安で不安で~・・・

自然の驚異をまざまざと見せつけられました。

今日も、皆さまにとって、良き日となりますよ~・・・(kumi)

今から「皇帝ダリア」の養生~頑張ってみます。

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR