FC2ブログ
   
09
   

季節のサイン~兼題「曼珠沙華」


今週のNHK俳句の兼題は、「曼珠沙華」。

突然発生した台風の接近で、昨日から、雨が続いている。今年は、台風の当たり年のようで、平年の1.5倍の発生数になっているそうだ。
お盆以降、酷暑は戻らず、平年より低い気温の日々となっており、おまけに、前線の停滞で、秋の長雨となっており、野菜も高騰しているという。

昨日は、二十四節気の「白露」。草花に朝露が宿る頃、朝夕の涼しさの中に肌寒さも感じ始める時期だという。白というと、霜や雪のイメージが強いが、中国の陰陽五行では「白」は秋の色とされているそうだ。

季節は、いつのまにか、秋に入っており、自然は、刻々とその移ろいを知らせてくれる。
吹く風も、空を往く雲も、飛び交う鳥も、野の草木も、その季節の到来を告げる。

さて、兼題の「曼珠沙華」である。

「彼岸花」のほうが、一般的な呼称だと思うが、今回は、「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」が兼題である。
「曼珠沙華」も、季節の到来を告げる花の代表格である。
秋の彼岸に合わせたように、未だ青々とした田の畦に、こつ然と、その燃えるような花姿を現す。
sl-480-028_20150908205531137.jpg
これは、昨年の9月彼岸の入りに家内が撮った写真である。

谷を染め裾野も染めて曼珠沙華 .....akira

曼珠沙華赤く染めゆく轍(わだち)道 .....kumiko

曼珠沙華、華やかでありながら、どこか寂しく感じるのは、深まりゆく季節の寂しさの現れかもしれない。(akira)
スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR