01
   

水曜俳句臨時版~佳作句に選定頂いた


早いもので今日で1月も終り。昔から、「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る。」という。年始から年度末迄の、月日の過ぎる早さを言ったものだが、毎日が休日の生活になっても、日にちの過ぎるのは、あっという間だ。

さて、今日は水曜ではないが、kumikomamaが応募した句が、佳作句に選定頂いたので紹介したい。

20日に発売されたテキスト「NHK俳句」2月号に、12月7日放送の兼題「冬至南瓜(かぼちゃ)」に応募した句が、佳作として選定頂き、掲載された。
kumikomamaの句が選ばれたのは、これで2度目である。
sl-480-IMG_20150130_0001t.jpg

< 選定句 >
佳 作
宇多 喜代子 選
「大鍋に冬至南瓜の匂い立つ」 .....kumiko


この投句の記事は → こちら

寺の境内でお詣りした者に振舞われる南瓜だろうか、大鍋からもうもうと上がる湯気と南瓜の煮る匂いに包まれ、冬至の凛とした冬空の拡がりが感じられる句だなあと思う。

kumikomamaは、新年早々初笑いを楽しんできたが、早速「福」が舞い込んだようだ。(akira)
スポンサーサイト

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

お花の芽吹き~


昨日は、またまた「健康体操教室」へ行って、お口も体も、元気モリモリで帰宅しました。

お隣さんから、いただいた大きな採れたて新鮮キャベツをロールキャベツに丸ごと使い、1昨日も前々日もロールキャベツだったのですが、まだ半分はお鍋に残ってますよ~さすがに、3日も続ける訳にはいかないでしょう~
夫さんは、またロールキャベツでいいというけど、私のプライドが許しません。

出かける前に、乾燥シイタケと切干大根を戻して行きました。昨日は、切り干し大根の煮物&塩サバと豆腐とワカメのお味噌汁~とっても和風なヘルシー献立となりました。



花♪さんのブログでは、もう、蕗の薹を収穫したって書いてありましたので、早速、蕗の薹を探しに行きましたよ~
有りました。

sl-480-008_20150129173541bd1.jpg
このサイズが、チラホラと~天ぷらも、もうすぐ出来そうです。


お隣の果樹コーナーでは、そろそろ紅梅の蕾ですよ~


sl-480-014_20150129173542294.jpg


の小鈴が、駆け回る北側斜面地の中腹にあります。植木鉢に入れたままで、大きくなれません~
植え替えが必要なんですよね。

sl-480-018_201501291734375fb.jpg


60歳の還暦の記念に頂いた、「シンピジウム」~蕾が上がって来ました。

sl-480-001_2015012917353982b.jpg
6個ぐらいでしょうか?

真紅のゼラニウム、ナスタチウムと共に、日当たりのいい軒下に置くと、冬越しします。

sl-480-029_20150129173506f8d.jpg



通常なら、4月~5月に開花する「ロベリア・ファン」の紫のお花~寒さにも負けず開花の兆し、嬉しいです。

sl-480-020_20150129173545a81.jpg


寒さにめっぽう強いパンジー「フリズルシズル」~寒い冷たい曇り空の下では、この艶やかさが嬉しいですね。

sl-480-018_20150129173543b6a.jpg


たくさんのビオラのハンギングが、寒さと曇り空の為、開花が遅れています。
ロベリア・ファン黄色いパンジーこれらの艶やかな色のお花たちに、暖かさを頂けますよ~♪・・・(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

バラの植え替え~


お久しぶりの冬将軍様のおなり~・・・・・
テラスで洗濯物を干していると、東の空にとっても面白い雲を発見しました

sl-480-008_20150128141614eea.jpg

最近、興味がわいてきた、宗教の~なんだかお釈迦様が下りてこられたのかと思ってしまいました。
雲の先端は、どこまで続いているのでしょうか?あの山の向こうは、奈良県と和歌山県のあたり~果ては高野山~
一人空想してしまいます。

やっと、絵手紙展の準備から解放され、さ~畑仕事をと思っても、この寒さ~
夫殿に右へならい~まったりと過ごしました。~


夕方のの小鈴の散歩~田んぼのあぜ道を歩いていると、出た~「猫の恋」の季節の到来です。
ぶくぶくと太った猫ちゃん~可愛い~

sl-480-002_20150128141612603.jpg
怖がって緊張してるのでしょうか?やっぱり、猫も好き!!
散歩から帰ると、またまたお庭には、2匹の猫がの小鈴ちゃんも、「猫の恋」だけは、なんともなりません~



昨日の夕刊では、既婚者のセックレスがなんと半数近くにもなったとか~・・・少子化に歯止めのかからない現状に胸が痛みますよ~

~川柳を詠みました~
「少子化もあやかりたいな猫の恋」~このおばさん、ふざけてますよね。"(-""-)"



少しだけ暖かかった先日、フロントガーデンにて、薔薇の植え替え作業を2/3ほど終了しました。

sl-480-019_20150128141809752.jpg
sl-480-034_201501281417178d0.jpg


薔薇の土は、軽くってふんわり~再生して使いますよ~
5月の夏花の植え替え作業までに、乾燥させて、苦土石灰を混ぜ込み、黒い袋にいれて日光消毒します。
これは、頼もしい夫殿のお仕事です。


sl-480-022_201501281416577ce.jpg
お天気の時、せっせせっせと乾かしていただいております。


寒々とした、お庭に葉牡丹だけが際立っていますが、ヒヨドリさんが、つつきに来るから、みっともないけどネットをかけています。
菜園では、ブロッコリー、白菜、大根葉に続き今度は水菜が食べられていました。

ブロ友さんは、おみかんやリンゴを小鳥さん(メジロや鶯)の為に、あげてるけど、我が家では、真っ先にヒヨドリさんに食べられてしまいそう~それに、お高いしね~

あとひとつき、指折り数えながら、春を待ちましょう~♪(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

笑う門には福来る~兼題「福笑」


今週のNHK俳句の兼題は「福笑」。

ここ数日は、愚図ついた天気も、すっかり回復したものの、いつもの寒さが戻ってきた。少しづつ春の気配は感じるものの、まだ寒中である。ここ数日は寒い日が続くようだ。

「笑う門には福来る」という言葉がある。「京いろはがるた」の1札である。漢書でも、「笑門来福」というから、出所はこのあたりかもしれない。
いずれにしても、昔から、笑うことは吉とされたようだ。各地の神社でも、とにかく笑う事を主眼とした神事や祭事が行われる。近くでは、年末に行われる東大阪市枚岡神社の「お笑い神事」が有名である。
とにかく、笑うことにより福がもたらされるわけだから、こんなにいいことはない。
最近では、笑いのメカニズムに関する研究も盛んに行われ、医学的にも様々な効果があると実証されており、毎日笑顔で過ごすだけで、心身共に健康で、楽しい人生が送れるという。
特に、最近免疫力を増進させるとして注目のNK細胞を活性化させる効果は、笑いの効果を改めて実感させるものがある。
笑いの効果については、こちら ⇒ サワイ健康推進課のHP

kumikomamaも、新年早々同窓の皆さんと、「なんばグランド花月」で、初笑いを楽しんできたのだが、今年一年いい年となることだろう。
これは、そのkumikomamaが描いた、招福の絵手紙である。
sl-480-010t.jpg
kumikomamaは、来週に迫った「絵手紙展」の最後の仕上げに大忙しだ。

さて、兼題の「福笑」である。

顔の輪郭を描いた紙の上に、目や鼻を描いたパーツを目隠しをして並べる、出来上がった変顔が笑いを誘うという、素朴なものなのだ。
子供の頃は、雑誌の付録になっていたりして、兄弟で遊んだ記憶があるが、最近見かけなくなった。

目は隠し口は開けたる福笑い .....akira

福笑い自分の顔に似たるなり .....kumiko

冬の寒さにこわばりがちな体をほぐす効果もある笑い、おおいに笑い免疫力を高め、冬の寒さを乗り切りたいものだ。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

絵手紙教室~


朝の目覚めに、なんとなく違和感がありましたが、今年初めての「フィットネス教室」で、休む事もためらわれ、行って来ました。
皆さんについて動くうちに、違和感も消えたような気がします。~
結構ハードな動きとボールを使っての腹筋で、もうガクガク、汗びっしょり~何だか、達成感も味わえたような気がします。

膝や腰は相変わらず、微妙に痛みますが、辛うじて動かす事が出来、この調子でを迎えられるよう、朝晩のストレッチも欠かせません"(-""-)"




夕べは、凄い!!さんが天から怒っているような轟でしたよ~
階下のの小鈴が、怖がってないかと心配しながら、床に就きました。

いよいよ、2月初日から、「絵手紙展」のスタートに向け、絵手紙教室から帰って、またまたリベンジで、雷小僧をたくさん書いちゃったから、怒られたのかと思いましたよ~

sl-480-006_2015012707375369a.jpg



先生作の絵手紙展の案内状です。

sl-480-003_2015012707375205b.jpg
よろしくお願い致します。




この度の課題作品~またまた宿題が発生です~
一つは夕べ描いた鬼さんたち、あと、水仙のお花のコーナーも作るんですって~会場に、淡路島ならぬ絵手紙水仙コーナー~今日は、また朝から頑張って描くことにします。



丸い画仙紙には大好きな菜園のを描きました~


sl-480-004_20150126165039bb8.jpg



そして、巻紙です~・・泣こかい飛ぼかい泣こよっかひっ飛べ
私の、大好きな言葉、鹿児島弁です。関空越しに見える明石海峡大橋の向こうに暮らす友を想って、風景画風に描いてみました。


sl-480-018_201501261650422dc.jpg

うじうじ迷って決断しないより、勇気を出して実行しなさい!!~の意味です。


いつも、「ぼっけもん」~恐さ知らずで動いてしまう私の代名詞みたいな言葉ですよ~
絵に関しては、ちとうるさい夫殿には、木っ端みじんにけなされてしまいましたが、絵手紙を初めて、まだ1年半~
風景画は、初めてですもの、大目に見てもらいましょう~。



大きな木の額の展示作品も、縦から横に変更しました。


sl-480-007_20150126165041133.jpg
何だか、可愛い作品ばっかり~こじんまりしてますが~・・・これも、見直して、もっと大胆にリベンジしましょう~


寒い寒い季節の中で、天気の日には、ガーデニング作業に、雨の降る日には絵手紙を描く事についやして来ましたが、それももう少しの頑張りで、終わり~


水温む春の訪れ~花の季節もそこまで来ました。
お庭のお花さんたちが、「早よ咲きた~いと待ってます~」~(kumi)

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

オカン(お母さん)になった日~♪


~『24日、行こうと思うけど、居る?』・・・~「うん、居るよ~」
~『休み取れたら、行くわ』・・・~「は~い、肉、魚どっちが食べたい?」
~『お魚~』・・・
ということで、2週間振りの、オカンへの変身です。サンデー毎日のシニア2人と犬1匹のノンビリ暮らしの田舎に、束の間の若者旋風ですよ~

前日は、スーパーに行って、お魚を買い求め、う~ん、やっぱりぶり大根かな~という事で、早速圧力鍋にて、炊いて置きました。そして、米パンも1斤焼いて~またまた、オカン頑張りましたよ~


sl-480-025_2015012515503385d.jpg



~ぶり大根~
sl-480-009_20150125154958e2c.jpg
ぶりは、お酒で洗って、砂糖、醤油、酒、お出汁、生姜、それに梅味噌ドレッシングを加えると、とっても美味しくなります。梅の酸味が、生臭みを消すのでしょうね~


~南瓜の煮物~
sl-480-014_20150125155029e3c.jpg


~ちぢみほうれん草~
sl-480-008_2015012515495740f.jpg


水菜、厚揚げ、豚肉の煮物~
sl-480-022_20150125155032d4f.jpg


メインは、牡蠣と貝柱のフライ~
sl-480-006_201501251549555ba.jpg
マッシュポテトとレタス、ハムのポテトサラダ~タルタルソースは、玉ねぎ微塵切りの塩もみを水で洗い絞り、胡瓜のみじん切りと、ゆで卵の白みだけを細くカットして、マヨネーズで和えるとタルタルソースの出来上がり~


~泉だこと胡瓜の酢の物~
sl-480-013_201501251550011ad.jpg
我が家のレモンを1個丸ごと絞った、贅沢な「タコと胡瓜の酢の物」~香りが抜群で美味しい~


冷凍庫に常備してある~焼きざばずし~
sl-480-010_201501251550001f9.jpg
自然解凍して3分温めて、冷まして頂きます。


必殺~ふかひれスープ~
sl-480-027_201501251550340c9.jpg
コラーゲンたっぷりです。


シナモン入りの「食パン」~またまた、豆乳で作りましたよ~
sl-480-018_201501251550307ec.jpg


忙しい家事は、集中的に片づけないと~以上のメニューは、3人の2日分です。持ち帰り弁当にしたり、翌日は鮭を焼いたり、具だくさん味噌汁をプラスして、いただきますよ~


最後は、デザート~今回は、生協の「ガトーショコラ」
sl-480-028_201501251550580e6.jpg
冷蔵庫に1個は、ストックしていますが、お客様の時だけのお楽しみ用です。


「あ~あ」、「フーッ!!」、働きました。台所で、シェフみたいな1日が終了しました。
オカンは、子供の為には頑張れるのです~

日頃、仕事であるいは趣味で、忙しく飛び回る、都会暮らしの娘~久しぶり帰宅の時には、のんびりゆっくり過ごして頂きましょう~食事をして、お昼寝をして、小鈴と遊び、少しだけお喋りをして帰って行きました


また今度のご帰還まで、ご機嫌よう~(kumi)

theme : 料理
genre : 趣味・実用

クリスマスローズの蕾~♪


昨日もまたまた、とっても暖かく、絶好の園芸日和でした~
北側、蓮池の上~菜園の細い路地に珍しい鳥さんがお目見えでした。

sl-480-001_201501242104474f2.jpg
「シジュウカラ」って呼ぶそうです。私は、メジロ、鶯、ヒヨドリ、ムクドリその類しかわからないのですが、夫さんに教えて貰いました。この、蓮池には、「カワセミ」と言う、本当に美しい鳥さんもいるそうです。


植物たちは、季節に敏感です。ほんの僅かな温度差で、咲いたり萎んだりしますよ~


去年の夏には、裏庭に配置転換して猛暑から避難していた「クリスマスローズ」のお花たち~
お正月過ぎてから、フロントガーデンの日当たりのいい場所に、戻してあげました。


お正月気分の冷めやらぬ1月4日の様子です。

sl-480-003_2015012418024503e.jpg
sl-480-007_20150124180247ada.jpg
固い固い、お花の蕾なのか、新しい葉っぱなのか???の状態ですよ~


ここ2、3日の陽気で、蕾が膨らんで来ました。

sl-480-044_20150124180321dc9.jpg
ピンクのクリスマスローズ~今年は、例年より一足早いみたいです。

そう言えば、雪が降りませんもの~まだまだ、わかりませんが、積雪を一目見たい気もします。
雪国の皆様、申し訳ありません。雪が恋しい~


ワイルドガーデンでも、真っ白いクリスマスローズの蕾です~

sl-480-034_20150124180319ac5.jpg

地植えだと、横に横に根を張って、いくらでも増殖して行きますよ~


・凍てつくような冬の寒さに耐え、やがて来る春を待つような~
・人の心を癒し、怒りをしずめ、過ぎ去った時代を思い慰めるような~
・うつむいた花弁を密やかに開く様子が~
・小首を傾けるように咲く様子が~
等々、色いろな言葉で、表現されるクリスマスローズのお花たち~このお花、誰もが愛して止みません~


花言葉は、「追憶」.「私を忘れないで」~何だか、愛おしいですね~。
満開のお花が、小首を傾げながら、下を向いて咲く頃には、あたりも一面ですね~。(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

春を呼ぶ蓮池の土手焼き


この時期らしい寒さが続くこの頃、春のきざしをみつけると、なぜか嬉しくなる。
小鈴の朝の散歩も、少しづつではあるが、陽の光が明るくなっており、寒さのなかで木々のしっかりした新芽を眺めると、春の芽ぶきへの期待が膨らむ。

今日は、奈良若草山の山焼き。以前は、1月15日の成人の日に行われていたが、成人の日がハッピーマンデーとなって以降は、第4土曜日に落ち着いたようだ。以前は、小正月に行われることもあり、勇壮な中にも厳かな雰囲気があったが、最近は冬の花火を楽しむ人で賑わうイベントとなっているようだ。

蓮池でも、毎年この時期、土手の枯草を焼く、「土手焼き」が行われる。
今年は、1月18日に行われた。
朝9時頃、列車の喫茶店があるあたりから点火、池の向こう側の土手を次々と焼いて行く。
sl-480-022_20150123195622d98.jpg
向こう側の土手を焼き終わると、今度は、我が家の下から、最初に点火した地点に向かって焼いて行く。
sl-480-048_20150123195624be8.jpg
今年は数日前の雨の影響で枯草が湿っており、なかなか燃え広がらない。
sl-480-063_20150123195627e05.jpg
例年北西の風に煽られて一気に燃え広がるのだが、無風の穏やかな天候が災いして、煙ばかりがもうもうと上がる。
sl-480-061_201501231956256b1.jpg

それでも、2時間後には終了。例年、土手全面黒く焼け焦げた状態となるのだが、今年は、一部褐色の枯草の残るまだら模様の土手焼きとなった。

土手焼きのように、この時期下草を焼く行事は、全国各地でおこなわれているようだ。長く伸びた枯草を焼き、下草の春の芽ぶきを助ける。蓮池の土手も、春には土筆やイタドリが顔を出す。ここちよい春の訪れはもう少し先だが、着実に春へ向け、季節は進んでいる。(akira)

ロールパンとあんぱん~( ^)o(^ )


終日雨に降られた昨日ですが、阪南市主催の「元気シャッキリ健康体操教室」へ~歩いて出かけました。

何だかとっても楽しくて、笑いっぱなしの1時間ですよ。
休憩時間、私たち夫婦の(-。-)y-゜゜゜が、似てると言われ、ガックリ「エーッ、私そんなに意地悪の(-。-)y-゜゜゜してませんけど~」ところが、看護師さんも、『旦那さんは、男前ですよ~』って

どうやら、毎日同じ物を食べていると夫婦は、似て来るらしいですね・・・
血圧測定・・・夫さん、 最高値116最低値66~~~私、最高値106最低値64・・・・朝からちょっと空腹感があり、保健センター前の自販機にて、カフェオールを飲み、再度計ると最高値116最低値66~二人まったく同じ血圧の数値になりました。

夫さんは、以前は高い数値でしたが、お野菜を(主に焼きピーマン)たくさん、それに黒豆ご飯がいいのかしら?



~~~~~ ・ ~~~~~ ・ ~~~~~ ・ ~~~~~ ・ ~~~~~


1昨日、久しぶりにパンを焼きました。行列の出来る体育館前のパン屋さんの大好きな、くるみ食パンは1斤¥324もするのですよ~


今回は少し趣向を変えて、お水の代わりに豆乳で焼きました。クルクルロールあんぱんと、普通のあんぱん、あんは南瓜あんです。
奥の少し大きい生地が、ロールあんぱん用~


sl-480-005_20150122170406cd6.jpg


生地を広げて、あんを伸ばし、巻いて3等分にしていくだけですよ~

sl-480-007_20150122170407450.jpg


焼き方始め~

sl-480-013_201501221704092a5.jpg


焼き上がりました~

sl-480-002_201501221704521ad.jpg


あんぱん&ロールパンの出来上がり~あんぱんの上の赤いのは、梅干しです。
sl-480-031_20150122170410e18.jpg
sl-480-006_20150122170521dca.jpg


ロールあんぱんの方が、ふんわり軽くってヘルシーの感があります。餡子も少なくて済みますし~


先日のお昼~黒豆ご飯のピラフでした。欲張って、大根葉シーチキン炒めと高菜もレタスも入れました。何だか、ご飯より具材の方が多かったけど~・・・30回噛んで頂きましたよ~


sl-480-019_201501221705482e5.jpg


(昨日の朝刊より)
果物店では、一粒数百円、千円、2千円もする苺が人気だそうです。一粒だけ箱に入れて、リボンをかけるなど、パッケージでも特別感を演出しているそうですが・・・記念日の贈り物、年末には忘年会の景品として売れるそうです。
ライバルは、高級チョコレートかも知れないそうですが、あなたならどちらを選ぶ???私は、やっぱりチョコレートそれもおもいっきりビターな大人の香りで~❦♡・・・(kumi)

theme : 料理
genre : 趣味・実用

春の訪れ~③ジギタリス♪


今日は本格的な雨~になるとの予報に、昨日も1昨日もフロントガーデンの薔薇の植え替え作業に頑張りました~といっても主婦のお仕事も大切ですから、3時間だけしかついや出来ませんが~

午前6時起床、ボ~ットしてストーブの前に座り、朝、無事に目覚める事が出来、起き上がる事が出来た事に感謝しながら、体全身を揉み解してから、1階のリビングにに下ります。


夫さんの朝の身支度が終わると私も化粧をして服装を整え、テレビ体操~そしての小鈴の散歩です。

毎日繰り返される、朝の日課~これが狂う時は、2人と1匹のいずれかに不都合が生じた時でしょうね~。



きっと、融通の利かない生真面目人間かもしれません。朝食の後は、お昼を考え、そして夕食の献立を考え~夕食の献立により、日中の行動予定が変化します。煮物類は、昼食後作る事にしています。

ちなみに、昨日は、昼食後、パンを焼いて、花柚子を刻んで冷凍し、レモンの蜂蜜づけと、黒豆ワインを作りました。
そして、菜園で、白菜とねぎを収穫、刻んだり洗ったりして、その後、庭仕事は、1時間のみ~もう、3時になっていました。


少しずつ日が長くなったといっても、4時にはの小鈴の散歩の時間ですよ~ホントに毎日が、素早く過ぎ去って行きますね~


その点、雨降りはいいです~家仕事に、専念することが出来るから・・・


~~~~~ ・ ~~~~~ ・ ~~~~~ ・ ~~~~~ ・ ~~~~~ ・ ~~~~~


先日、絵手紙のモデルになっていただいた春のお花さんたち、器の中で、つぼみも開花して賑やかです。

sl-480-021_20150121165512eed.jpg




春の訪れ~私の一番好きな「ジギタリス」のお花~葉っぱがたくましく成長しています。


フロントガーデン、門壁のすぐ裏に、直径40センチもの陶の器に3本も植え込みました。

sl-480-015_2015012116432012a.jpg


玄関、左横にも同じ器です。

sl-480-017_2015012116432151e.jpg


そして、門壁左側~オルレアも顔を出していますよ~

sl-480-025_20150121165022aca.jpg


ワイルドガーデンでは、何本かはっきり把握してません。

sl-480-026_201501211643236d5.jpg
もみじの木の足元で、紫陽花、クリスマスローズ、マーガレット他いろいろな宿根草が成長してきました。


全部、自生の苗だから惜しげもなく植え込んでいますよ~


これは、去年の開化状況です↓

sl-480-008_20150121165132b0a.jpg


冬枯れの茶褐色のお庭からは想像も出来ません~いつも、この季節には、本当に緑の新芽が出そろいお花が咲くのかしら?と心配してしまいます。
今のお庭は、1年で一番地味ではないでしょうか?~


肝心の葉牡丹~菜園野菜を食べつくした、ヒヨドリさんの標的にされ始めましたので、ネットをかけています。
今だけですよ~そろそろ、ヒヨドリさんも、どこかに退散してくれないかしら?

お花大好きおばさんは、お庭が地味だと、テンションも上がりませんよ。

久しぶり「元気シャッキリ体操」に行って、皆さんの笑顔で元気とエネルギーをいただいてまいりましょうか。~

春よ来い!!早く来い!!~~~♪、何て、もっと華やかに演出したらいいのにね~(kumi)


theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

雪を愛でる~兼題「雪兎」


今週のNHK俳句の兼題は、「雪兎」。

昨日は、二十四節気の「大寒」、寒中の中間に位置し、年中で一番寒さの厳しい時期である。
それでも、厳しい寒さは一段落、今日も天気は下り坂で、雲の多い朝となった。
大阪の南部に位置する当地は、雪が降っても、積もる事は稀だ。だから、薄化粧程度でも積もれば、犬ならずとも嬉しくなる。

「雪月花」という言葉がある。冬の真白き「雪」を愛で、仲秋の宵の「月」を愛で、春浪漫の桜の「花」を愛でる、風雅の極みを表す言葉である。桜の花や名月と同様に、昔から雪のある風情を楽しんできた。

雪を愛でる仕掛けとして、雪見障子がある。
障子の下半分を上にスライドさせることにより、窓外の雪景色がパノラマで楽しめる。
我が家でも、家を建築するとき、お願いして、和室の蓮池側を雪見障子にした。
sl-480-030_20150120184530ab0.jpg
残念ながら、積雪のほとんどない当地では、ほとんど出番が無い。

さて、兼題の「雪兎」である。

「雪兎」もまた、雪を愛でる手法だ。雪だるまの素朴な楽しみ方とは異なり、なかなか風雅なものだ。
作るのを楽しむよりも出来た物を見て楽しむ色合いが強い。塗りの盆の上に丸く雪を盛り、南天の赤い実で目を、南天の葉で耳を付ける。

雪兎溶けてお盆に映す月 .....akira

白き野のただ静かなり雪兎 .....kumiko

雪兎を風雅に楽しむ雪は、今年もまだ積もらない。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

絵手紙展の課題作品~


今日は、大寒~冬の一番寒い日~だそうです。

なのに、大寒とは思えない暖かさですよ~夫さんが、ご機嫌でテラスで洗濯物を干しています。
彼は、洗濯物干すのが、大好きですって~洗濯物をたたんで、しわを伸ばして干してくれたら、なお助かるんだけど~・・・
仕方ないから、私がたたんで、籠に入れときます。~

大寒を過ぎると、いよいよ季節は春に向かうのですね~

今年は、「インフルエンザ」が大流行していますが、シニア2人は、今のところ大丈夫ですよ
それに、私は、予防接種もした事だしね・・・

ブロ友さんが『ブルーの蓋のヤクルト(ヤクルト400)飲んだら、風邪ひきませんよ~』と言ってたけど、それも当たり

良く笑い笑顔を3秒間作っている泣ける映画・ドラマ・漫画などが好き夜よく眠れるお風呂にしっかりつかっている毎日20分~1時間歩く

以上の項目が多い人程、インフルエンザにかかりにくいそうです。何と、私は全部該当しましたよ~
その前に、風邪の神様も恐れる、口悪おばさんなんですが~・・・
「やかましくて、厚かましくて、図々しい」~大阪のオバチャンの代名詞ですって~失礼しちゃいますね

こんなこと書くと、今頃、竹馬の友は、「ウン・ウン」と頷いている事でしょうね~



~~~~~ ・ ~~~~~ ・ ~~~~~ ・ ~~~~~ ・ ~~~~~

昨日は、今年最初の絵手紙教室~間近に迫った展示会を前に、課題作品の抜け落ちが多数ある事に気づきました。

その前に、最初という事で、皆さんで、可愛い「凧」の絵手紙ですよ~

sl-480-010_201501191726004b0.jpg
黒板を思いっきり使った、連絡事項に可愛い凧さんが、なおさら可愛くなっちゃって~・・・


今週中に、抜け落ちた作品を仕上げないと~
帰宅後、花ばさみを持ってお庭を一回り~お花を探そうにも、冬枯れのお庭には、絵手紙に合うようなお花があんまりないのです。


山茶花のお花~

sl-480-016_201501191726036db.jpg


hitomibaba様のブログに掲載された「メジロ」さん~


sl-480-015_20150119172602fb7.jpg
hitomibaba様、御免なさいね~お写真使わせていただきましたよ~

山茶花とメジロの絵手紙は、周囲を扇形に切っていきますよ~


お庭の小花と、いろいろ~

sl-480-020_20150119172606b74.jpg


A4サイズに~鍋~

sl-480-018_20150119172604562.jpg


作品は、まだまだ大きいのが2点残っています。
頑張って考えながら仕上げたら、きっとぼけ予防になるでしょう~

肩こりもひどくって、時々右腕がしびれます。頑張り過ぎなんでしょうか?
1昨日は、擁壁沿いのツルバラの土の入れ替えが、やっと終わりました~だけど、またまた、絵手紙に追われています。
何だか、嬉しい悲鳴ですよ~絵手紙は、だんだん、好きになってきたのですがね~(kumi)

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

大根餅を作りました~♪


昨日は、暖かくて、動きやすかったです~の小鈴の散歩も、風がないからラクチン~
散歩の途中で、お庭の軒先に~ふくら雀~の団体さんを発見しました

sl-480-002_20150118172653e6c.jpg


寒中に、着膨れした様が、もっこもっこして可愛いですね~
若かりし頃、上司の無理難題に「モーッ!!」と言ってお口をとがらすと『ふくら雀みたいな顔をして』って、よく笑われた事を、懐かしく思い出しました。

遠い遠いセピア色の思い出ですよ~


~~~~~ ・ ~~~~~ ・ ~~~~~ ・ ~~~~~ ・ ~~~~~


お隣の奥様に、エビジャコを頂きました。頭としっぽを取り、綺麗に洗って有ります。
大変なお手間だったでしょうに、感謝、感謝ですよ~

先日、大根餅を頂き、あんまり美味しいから、またまたレシピまで頂戴してましたので、エビジャコを頂いた事もあり、早速「大根餅」の初トライです。


材料4人分
(A) 大根・250g エビジャコ・100g 干し椎茸・1個
(B)上新粉・・・100g 片栗粉・・・60g
(C)塩・・・小さじ 1

sl-480-009_201501181726214ba.jpg


下準備
エビジャコは頭と尾を取り(殻は残す)粗みじん切り 、大根は千切り、干し椎茸は戻し(戻し汁使用)みじん切りにしておく。


水と椎茸の戻し汁を合わせた400ccを沸騰させ、(A)を入れ煮る。
大根が柔らかくなったら鍋を火から下ろし、(A)をざるにあげる。煮汁は200cc分だけ鍋に残す。
煮汁が人肌ぐらいに冷めたら、塩と(B)を振り入れ、滑らかになるまでよく混ぜる。
(A)を戻しよく混ぜる。
耐熱容器にクッキングシートを敷き、を入れスプーンで平らにする。(厚さ1㎝)

sl-480-011_20150118172622091.jpg

ラップをかけ、電子レンジ500Wで10分加熱する。

sl-480-013_20150118172624999.jpg



冷めたら、食べやすい大きさに切る。この時点で、食べる量だけを残し、後はラップをして冷凍しておく。
フライパンにごま油をたっぷり入れ、両面をよく焼く。


sl-480-022_20150118172625981.jpg


私は、全部ごま油で焼いてしまい、焼いてから冷凍しましたよ~

ポン酢とコチジャンで食べると美味しいそうです。
中はモチモチ、外はパリパリ~いくらでも頂けそうですよ~

材料にコーンを加えたら、またまた美味しいかもしれませんね~

焼きたてを頂くと、パリパリとモチモチ感が、ダブルで押し寄せてきますよ~


お隣の奥様に、何から何まで甘えてしまった「飲茶の大根餅」~初トライでしたが、想像以上に美味しいお味でした。
感謝感謝です。(kumi)

theme : 料理
genre : 趣味・実用

春の訪れ~②スパテッシュフラミンゴ♪


寒い日曜の朝です~

昨日のお昼の事、シニア2人のお昼の準備~いつもは、夫さんがお茶を入れ、私は食事の担当ですが、珍しくお茶も久しぶりに入れる事が出来ました。

食事しながら、~『ウワ~嬉しい、おちゃっ葉が沢山入ってる!!』っと申しよりました。


「~お茶と情けは濃いごいと~っていうでしょう」~
彼は、知らなかったらしい~

耳にタコが出来るほどのこの言葉を、知らなかったということが、とても可笑しくって、またまた大笑いです。


彼の初耳の意味が、分かりました。
何と、~お茶と情けは濃いごいと~の言葉は、薩摩気質のことわざだったみたいです


※薄いお茶を客に出すのは、失礼にあたる。お茶も情けも濃い方がよい、
お茶も人情をわきまえる心も共に濃い方が良いということ~


~「お父さんは、ケチだから、お茶っ葉をケチったのよ~」
~『いや、俺はケチではない!!』

仕方がないですね~坊ちゃんの町、松山の人と薩摩おごじょの私です。


~~~~~ ・ ~~~~~ ・ ~~~~~ ・ ~~~~~ ・ ~~~~~


春の訪れとは、ほど遠い寒さですが、お庭には、着々と春の足音ですよ~


「スパテッシュフラミンゴ」のピンクのお花の開花の準備が、整いました~


sl-480-008_20150117151830bc7.jpg


小さかった、お花の苗~

sl-480-033_20150117151740091.jpg


植え替えて、あげて~

sl-480-022_201501171517096cc.jpg


お正月を過ぎたら、グングン成長~ハイポネックのお蔭でしょうね~

sl-480-012_201501171518335cf.jpg


フロントガーデン、中央の水場の当たり~

sl-480-011_201501171518317f2.jpg


同じ場所に、去年の春は、まん丸い器で収まっていましたよ~

sl-480-032_20150117151920a05.jpg

わずか5本でも、こんなにこんもりと咲きました。

ピンクの小花~もっとも春らしいお花ですね。
1月後半から開花が始まるかも~


阪南市総合体育館の「フィットネス教室」で出会った、お友達~お花の話で盛り上がり、苗の物々交換で、このお花が我が家の庭の住人になったのは、去年の事、~嬉しい事に、こんもりとピンク色に染めてくれます。

種だっていっぱい取れて、今年は真向いのお庭も、ピンク色にそまりそうですよ~

春よ来い♪~早~やく来い♪~~おばさんは、一歩先を歩きますよ~♪(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

震災20年


阪神淡路大震災から今日で20年。朝テレビを点けると、どのチャンネルも追悼番組をやっていた。
普段は過去のことと忘れ去っているが、この日が来ると昨日のように記憶が甦る。

今日も20年前の朝と同様に寒い朝となった。
未明の雨は上がったが、雲の多い北風の冷たい風が吹きすぎる。
日の出前の蓮池の上空も、冬ざれた空が拡がっていた。
sl-480-001_20150117081220c02.jpg

自然は何が有ろうと、何もなかったように四季の移ろいを繰り返す。
それでも、未だ涙する人を見ると、月日は過ぎても、傷ついた心は癒えることはないのだと思う。(akira)

魔女の宅急便~


何と言う事でしょう~ネットで、品薄の「黒千石豆」が~いっぱい届きましたよ~

嬉しい、魔女に抱き付きたい程のよろこびですよ~

sl-480-008_20150115160342e7f.jpg


去年の3月、城崎温泉への旅を愉しんだ「魔女、高校の同窓生」からです。


コメント~

ブログ拝見、「黒千石豆」、栄養豊富とは知らず、但馬地方では、需要が少なく棚のかたすみです~
少しだけ送ります。喜んでもらえたら嬉しいです~



嬉しいに決まってる~神様、仏様ですよ~郵パックの黒い袋のずっしりと重たい事~


sl-480-010_20150115160344bca.jpg


彼女は、私のブログのお客様~ブログを読んで、時々メールをくれますよ~

初めまして、黒豆のお味噌~

sl-480-012_2015011516034554d.jpg
甘いんだって~


そして、甘納豆と煎り黒豆~えさでは有りません。おやつですよ~』

「へーい、お代官様、もうこんりんざいえさなんて申しません



sl-480-014_20150115160346497.jpg


美しい~黒いダイヤって、トリュフの事を指すけど、私には「黒豆」こそ黒いダイヤに見えますよ~


sl-480-015_20150115160348d59.jpg


そして、黒千石豆~こんなに沢山~〇▽□※〇▽□※♡♡♡♡♡~

sl-480-016_20150115160402aab.jpg


丁度、黒豆ごはんも、黒豆ワインも昨日仕込もうと思ってましたので、早速支度です。


まずは、黒千石豆ワインから~フライパンで、弱火で10分煎ると、黒皮がむけて来ました~


sl-480-005_20150115160452978.jpg


瓶を熱湯消毒して、1合の豆と700ccの赤ワインを入れて~2時間もしたら飲めます。
そして、煎り黒豆ご飯~黒豆は煎ってあるので、洗って置いてたお米に雑穀、黒米と一緒に入れて、水に浸す事1時間~

sl-480-007_20150115160453868.jpg


黒豆ごはんが、炊けましたよ~

sl-480-023_201501151604557af.jpg
「ウ~ン、柔らかくて、モチモチ感がたまりません」


私の身体はワインで出来ている~と言った女優さんがいましたが、私の身体は黒豆で出来ています


毎朝の朝食の、豆乳と納豆、食事に欠かせないお豆腐、飲み物の黒豆ワイン、50gの黒豆雑穀ご飯~

ここの所、足腰の痛み以外は病気知らず、風邪も引きません~
一重に、黒豆の持つ免疫パワーが健康の源だと思っています。

先日の某テレビ局の「黒千石豆」は、北海道の産地を取り上げていましたが、兵庫但馬地方にも、豊富に生産されてるんだって~

優しい友の言葉に甘えて、毎日黒豆パワーで、過ごせそう~有難い事です。(kumi)

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

春の訪れ~①ナスタチウム編


ずっと以前は、1月15日が「成人の日」と決まっていたのに、最近は第二月曜日と制定されています。
それぞれの記念日が連休になる事により、サラリーマンの大型連休へと繋がり、家族旅行の機会が増えて行楽地も賑わって、国の経済が潤うようにとの意図もあると伺いましたが~・・・


ペットを飼っていると、泊りがけの旅行は交代で、替わりばんこになってしまいました。ここ十数年、2人で温泉に行ってないのです。冠婚葬祭すら、飛行機のトンボ帰りですよ~

お友達との旅行も、それはそれは楽しいけど、家族の旅はどんなにかまったり出来る事でしょう~頼みのペット病院は、入院のペット達の手術に占領され、お泊りも出来なくなってしまいました。"(-""-)"


代わり映えのしない毎日ですが、何の変哲もないこの連続に、本当の幸せがあるそうです。
ならば、その日常に少しの潤いを感じるよう工夫して生きて行く事にします。


柔らかい金髪女性の髪の毛みたいだって~ベネシア~さんが言う、冬枯れのお庭~
何だか、少しずつですが、春の足音が、そ~っと近づいて来ていますよ~


北風の当たらない、真っ白いウッドフェンスの反対側、壁沿いの網の上に、ナスタチウムの開花が見られます。


sl-480-021_20150114140429927.jpg


底冷えのする去年の事、ビヤダルみたいな恰好で、沢山作った、ハンギングの中に、ナスタチウムラニウムも含まれていました。


sl-480-010_20150114140534dc0.jpg


日当たりの良い、南側の軒下は、ナスタチウムの生育には、最高の場所です。
蓮の葉っぱみたいな、まん丸い葉っぱに、金色(オレンジ&黄色)の花を咲かせることから「金蓮花」とも呼ばれるそうです。


sl-480-012_20150114140536023.jpg


北風の直接攻撃を受ける、ワイルドガーデンの芝生の上では、自生のナスタチウムが、心細気に佇む姿が見られます


sl-480-036_201501141404318eb.jpg
寒い寒い、北風さんの攻撃に無事、耐え忍ぶ事が出来るでしょうか?庭主は、もう植え替えてあげる体力が有りません。


去年の4月の「ナスタチウム」の晴れ姿~

sl-480-017_20150114140058a4d.jpg


今年の冬も沢山植えたから、きっと綺麗なナスタチウムが見られる事を期待しましょう~


ナスタチウムのお花は、葉・花・果実・種子の全部がお料理に使えるというハーブの優れものなんです。
お花が終わる5月頃、差し芽をしておくとまたまた秋にも開花しますよ~
そして、お花が終わった後の果実は、ワサビの代用として使うといいそうなんです。
有難い事ずくめです。


早速、ナスタチウムの一番花を、焼きしめ鯖のカルパッチョのトッピングに使いました。葉っぱは、ちょっぴりピリットし、お花は、食用菊みたいな弾力のあるやさしい味でしたよ~

sl-480-026_20150114222106b71.jpg



ワイルドガーデンでは、チューリップの芽が(-。-)y-゜゜゜を覗かせています。

sl-480-038_201501141404320b1.jpg


そして、南側のジュンベリーの足元では、紫色の「芝桜」も開花しています。


sl-480-037_20150114140536f23.jpg


茶褐色の冬枯れのお庭に、少しずつ華やぎの色が見え隠れし、いよいよ春本番となる頃には、木々たちの芽吹きも始まりますよ~その日を楽しみに、寒い中でのガーデニング作業にも、こぴっと力が入ります。(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

薄氷~兼題「悴む」


今週のNHK俳句の兼題は、「悴(かじか)む」。

今年はいつもより寒いと思う。昨日の小鈴の散歩でいつも逢うワン友も同様に、今年は寒いと肩をすくめて行き過ぎた。
逢う人皆寒いと言う。ところがである。例年この時期薄氷の張る蓮池の水面だが、今年は一度も凍ったことがない。

これは、昨年のこの時期の蓮池の朝の様子。
sl-480-001_20150113170131ab0.jpg

昨年は、このように、薄氷が張る日が結構あった。
枯草に覆われた褐色の土手も、霜で真っ白になることも度々あった。

ところが今年の冬は、霜の降りた日は2,3日しかない。蓮池の氷もいまだ見ていない。
それでも昨年より寒いと感じるのは何故なのだろう。12月から寒い日が続き、今年に入っても風の冷たい日が多いせいかもしれない。

さて、兼題の「悴む」である。

この時期、小鈴の散歩は、まだ明けきらぬ時間に出発する。まだ街灯がこうこうと輝き、やがて東の空が白み始める。
小鈴のペースに合わせ、立って待つ間に、手も足先も悴んでくる。

白む空悴む両の手合わせ見る .....akira

悴みて足踏みの数多くなり .....kumiko

帰り着く頃にはすっかり明るくなる。帰宅後朝食となるが、湯気くゆるコーヒーのなんと旨いことか。至福のひと時である。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

久しぶり北側のお庭~


~『今日のお肉、焼き過ぎや!!』
~「私、肉焼くの苦手なのよ~、それに、ミディアムが好きなんですが~」
~『この間は、美味しく焼けてたのに!!』
~「では、自分で焼いてよ~」
~『ムムムムム・・・・・』
~「もう、餌なんか作ったらへんわ」思わず、口から餌という言葉が飛び出してしまってもう冷や汗ものでした
~「普通は、ここで怒るん違うん?」~彼は、なんで怒らなかったんだろう?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シニア2人と犬1匹の暮らし~細かい食い違いが、日常茶飯事~もう喧嘩するエネルギーが湧かないのです~


久しぶり、珍しく夫さんが、『北側の擁壁の下の掃除に行く』と言い出しましたよ~「キャー、頼もしい~
~「私は、どうしたらいい?」『1時間したら、覗いてくれる?用事があったら言うから』


sl-480-002_2015011214211080d.jpg

~「それまでに、倒れてしまったら終わりやね~」・・・コワ~ッ



「小鈴ちゃん、お父さん、お仕事してるか、そこから覗いてくれる?」

sl-480-003_20150112142112b05.jpg
お父さんの姿を心配そうに、見守る小鈴ちゃん~

しばらくすると、大きなアクビですよ~

sl-480-004_20150112142112e55.jpg
大丈夫やわ、何かあったらきっとワンワン吠え出すもの~

シメシメ、その間に、ブログの写真でも探しましょう~



ガーデンシクラメンが、長い潜伏期間を終えて、開花の兆しです。

sl-480-020_20150112142134cd7.jpg
寒いから、去年から蕾だけが見えてたけど、なかなか咲かず、待ちくたびれてしまいましたよ~

ピンクの寒菊も咲き誇っています。

sl-480-016_20150112142132741.jpg


そして、虹色すみれ~

sl-480-032_201501121421355b0.jpg
冷たい北風に吹かれて、大きな花びらがちぎれそうに揺れています。


そろそろ、最後の収穫をしないといけませね~嫌、もう遅すぎるくらいですよ~

sl-480-011_20150112142131f7f.jpg
花柚子も、刻んで冷凍しとく事としましょう~


1昨日までの、遊び疲れが体に残っています。それなのに、美味しいお肉を頂いてしまいました。
だから、頑張って今日も、生きてみましょう。そんな日常に感謝感謝しながら~・・・(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

同窓新年会~友と遊ぶ(^^♪


「商売繁昌で笹持って来い!!」の十日えびすの、残りえびすの昨日~大阪北の繁華街にある「ヒルトンプラザウェスト」5階の中国料理「桃谷樓」にて、中学校の同窓生関西在住の仲間と、≪新年会≫をやろうという運びになり、慣れない都会に出かけました。茨城県からも、リッチマンが飛び入り参加でしたが~・・・


sl-480-009_20150111220544cdd.jpg


そして、迷子になりました写真すら、撮る余裕がなかった~これは、中から外を撮影したのですが、真向いは、JR大阪駅、大きなビルがいっぱい、背比べですよ~私の暮らす街とは、勝手が違い、地下街で迷うと、とんでもない方角に行ってしまいますよ~

大阪南の街は、遊び慣れているけど、北は久しぶりで、様変わりが激しく、集合場所に、たどり着くまで四苦八苦しました。


中国料理「桃谷樓」~大阪市内のマンションでの悠遊自適な暮らしを楽しむ友が御用達のお店を、予約してくれました。彼女は、百貨店巡りが日常の暮らしの中で、目新しい商品を教えてくれる、有難い情報通のお友達~

sl-480-013_20150111220545a3e.jpg


まずは、前菜の盛り合わせ~身体に優しい有機農法で栽培されたお野菜そして、お正月気分も少しだけ加味された取り合わせです。

sl-480-022_20150111220547bda.jpg


後、気仙沼産ふかひれスープ、小籠包等々8品目のメニューで、食べる事に忙しく、お話することに気を取られ、にも小休止を与えて、手とお口が大活躍の2時間でした。


お食事を終えると、地下鉄を利用して、私の庭、大阪南「なんばグランド花月」ですよ~そう、シニアの皆さん!!
「ゼニは使うてナンボやで!!」~連れ持って行こか

sl-480-046_2015011122061768d.jpg


3連休の中日、残りえびすでもあり、劇場は大入り満員、私たちも大入り袋をいただきましたよ~
「天下の吉本」さんは、ホッカホカです~

sl-480-037_20150111220548625.jpg


漫才が、こんなに楽しいとは、それに熟練の漫才師さん達の芸の上手さは、今更ながら、プロの凄さを感じました。

sl-480-041_20150111220550c09.jpg


劇場の前では、楽しい事がいっぱい~童心に返れます。

sl-480-047_20150111220619025.jpg
sl-480-051_20150111220620765.jpg
sl-480-053_201501112206228ab.jpg


童心に返ったついでに、記念撮影ですよ~

sl-480-062-2.jpg
さて、私は?寛平ちゃん着ぐるみの、日の丸を私の頭が隠しています。


中学校を卒業して50年~背負った荷物の重さは違うし、代わりに背負ってあげる事も出来ないけれど、時々こうして、集まってお喋りをすると、何だかもの凄いエネルギーを頂くのですよ~

「よしもと」をみて、またまた軽い夕食をしながら、お喋りにてお別れですが~・・・

sl-480-074_20150111220736ddb.jpg
皆の後ろ姿~まだまだ、遊び足りないって、背中が言ってるような~「え~泊まらないの?」


私は、昨日も1昨日も遊びまくり~少々ハメを外してしまいましたが~優しい家族の待つ田舎の家路に帰り着きました。
遊び過ぎて、ブロ友さんへの訪問も、ご無沙汰してしまいましたが、今日は、真面目に主婦致します~(kumi)

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

黒豆と共に~♪


昨日10日、早朝8時30分過ぎには家を出て、はるばる電車に揺られること2時間、京阪電車八幡市の「石清水八幡宮」へお参りに行って来ました。

どこに行くにも体力特に、健脚は必要ですね~階段の上り下り、電車の乗り換えなど、足を労わりながらでしたが、無事にお参り出来て、本当に良かったです。~やれやれ一安心・・・

やっぱり、日ごろのストレッチ、食生活は、健康な暮しには欠かせませんね。

「幻の黒千石豆」~先日、某テレビ局の放送以来、品薄状態だそうですよ~
黒千石豆には、イソフラボン、アントシアニン、ポリフェノールが、他の豆類に比べて数倍も豊富に含まれ、免疫力を高める作用があるそうです。

御多分に洩れず、我が家もさっそくネットで依頼しましたが、注文多数の為に、発送作業が追いつかず、発送は未定だそうです。



我が家は、以前から毎日の食生活には、黒豆をご飯にも、ワインにも愛用しております。黒豆ワインは、北摂seikoさんに、教えていただいてからなんですが~・・・


黒豆を布巾で拭いて、フライパンで、弱火にて10分煎り、赤ワインに混ぜたり~

sl-480-023_20150110195438a91.jpg
sl-480-024_201501101954406de.jpg
真っ赤なワインに隠れていますが、底には、煎り黒豆がたっぷり入っています~


ご飯にも、黒米、おいしい15雑穀等と混ぜ込んで、炊いて食しています。

sl-480-025_201501101954414e3.jpg


炊き上がったご飯はこちら↓

sl-480-081_20150110195502583.jpg

これに、煎り胡麻をたっぷり振りかけますよ~残念なことに、1日に食するご飯の量は、50gだけなんですが~・・・
黒豆入りの雑穀ご飯で、よく噛んで食べる習慣になってるもんで、白いご飯は、何だかあじけないのですよ~


煎り黒豆1合に、赤ワイン700cc入りの方は、1週間位で飲み切ってしまいます。
底の方に残った、赤ワイン漬けの黒豆~

sl-480-030_20150110195443b46.jpg
ほんのり、赤みを帯びて、魅力的な色です。


その黒豆も、一粒残さず、南瓜と一緒に「いとこ煮」にしました。

sl-480-010_2015011019543769f.jpg
お正月の「黒豆煮」とは、チョッピリ違った味に変身です。歯ごたえが残った、チョッピリ酸味?の効いた黒豆煮ですが、好きです。


そういえば、「魔女3人グループ」の一人、兵庫県に暮らす同窓生の彼女は、黒千石豆をお友達に頂いて、酢漬けにして、
毎朝青野菜と一緒にスムージーにして飲んでいるそうです。

お泊りした朝、私もいただきましたが、美味しくいただけましたよ~
色白の美人さんの要因の一つになっているのかもしれません。


大げさではなく、ごはん炊くために、お米を研ぐ時、黒豆がないと大変なんです。
可愛いの小鈴ちゃんの、大切な夕ご飯にも欠かせませんものね~

黒豆から黒千石豆にシフトしようと思い立った、我が家の食生活~少々割高かもしれませんが、「血液サラサラ」を目指して、~黒豆と黒千石豆~と共に生きるのであります。(kumi)


theme : 料理
genre : 趣味・実用

冬の遠景


今日は、十日戎。
「えべっさん」の愛称で親しまれる戎神社、開門と同時に参道を疾走し、神木を争奪する神事で有名な、西宮戎が全国的には知られているが、関西各地には戎神社が祀られている。
近くにも、初詣に訪れた波太神社境内に隣接して併祀された、「鳥取恵比寿」があり、近所にも幟が立てられている。

関西では、この時期の寒波を「えべっさん寒波」という。まさにえべっさんに合せたように、底冷えのする寒い日が続いている。寒い冬は、空気も澄んでおり、大阪湾の彼方の見通しもいい日が続く。
小鈴の散歩コースの2号公園から少し坂を登ったところからは、大阪湾が一望できる。

夕方の散歩で訪れた先日も、弱い西日に照らされた大阪湾が遠くまで見通せた。

北西の方向には、明石海峡大橋が柱脚のトラスまでくっきりと見えていた。
sl-480-035_201501091735445f9.jpg
画面左側が淡路島の北端、橋の向こうには、明石の街並みが夕陽に照らされていた。

少し右に目を移すと、関空島の南端越しに、神戸の高層ビル群、その後ろの山上には、六甲山ホテルの姿がはっきりと見えた。
sl-480-054_20150109173547a40.jpg

もう少し右に目を移すと、関空島の向こうに、六甲の裾まで開発された東神戸の街並みが夕陽に映えていた。
sl-480-051_201501091735458fd.jpg

冬の陽は落ちるのが早い。家に帰り着く頃には陽も落ち、街灯が灯り始めていた。(akira)

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

絵手紙展示会作品の準備~


サラリーマンの方は、今日まで頑張るとまたまた3連休ですよ~

10年日記、昨日までは、続けています。(*^-^*)なんて、当たり前ですよね。

我が家の購読新聞に「ひととき」って欄があり、先日86歳の方が、3年日記の2年目が終わったけど、3年目となる2015年は、無事に書き終える事が出来るだろうかと、危惧されてましたが・・・

その方は、近所の方々から受けたいろいろなご支援や戴き物を始め、見知らぬ方に外出先で『大丈夫ですか?』とお声をかけて頂いた事、そっと差し伸べて下さった手のぬくもり、お店の方に重い籠を台まで運んで下さった事などの出来事に、『ありがとうね』とつぶやき、ハート印を描かれるそうです。

その日記帳をめくると、この頃とみにハートが多くなり、1日に三つも四つもハートが並ぶ事があるそうですよ~「そうなんだ~私も、その手で行こう~」っと思ったのですが、まだまだ、人様に手を差し伸べて頂く程の年齢でもないですが・・・。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


隔週の月曜日に学んでいる絵手紙~もうすぐ、その教室の展示会が開催されることになり、お正月からこっち、課題の作品作りに励んで来ました。


出来あがった作品です~(^^♪

可愛い小鈴と水仙のお花を、扇形の用紙に描きました~

sl-480-001_20150108143239999.jpg
小鈴ちゃんには、似てないですが~・・・小鈴は、もっと可愛いいのです~

2年前に天国に旅立った猫の「庄助」~

sl-480-009_20150108143242524.jpg


ピンポン久美さんに、メール頂いた「ねんねこ」の写真を描いてみました~

sl-480-002_20150108143336740.jpg


以前描いていた「匂いすみれ」です~これからの季節にピッタリですよ~

sl-480-010_20150108143243d8b.jpg


そして、節分に合わせて「福よ来い」~

sl-480-002_201501081432406c2.jpg
私の(-。-)y-゜゜゜にそっくり~だって?~怒るぞー!!


黒い板に、配置してみました。

sl-480-002_20150108143534809.jpg


これまで、描きためた作品もかき集めて、額の吊り紐の準備と、添付用紙の作成と貼り付け等々~
もう、ひと頑張りです。

「ほっこり絵手紙展」だから、なるべくほっこり、暖かい気持ちにさせる作品を、掲示出来るように、2、3は、変更の余地も残しつつ、先生への相談とOKを貰わないと~・・・


sl-480-011_20150108143245720.jpg


明日は、京阪電車に乗って「石清水八幡宮」へ、明後日は大阪の「ヒルトンプラザウェスト」桃谷樓にて、同窓新年会そして、その足で、「なんばグランド花月」にて、オール阪神巨人、西川きよしの漫才と吉本新喜劇~
もう、スケジュールがいっぱいですよ~

足が痛い、腰が痛いなんて言ってる場合ではありません。毎日ストレッチにも頑張っています。

楽しい事、用事を作って出かける事も、必要ですもんね~「今日用」「今日行く」事が実行出来る事に感謝です。(kumi)

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

高菜の醤油漬け~


寒いです。昨日1月7日、皆様のお家では、「七草がゆ」が食卓に上がりましたでしょうか?
長いお正月休みの、暴飲暴食で、お疲れの体を、春の七草のビタミンで、癒すことが出来ましたでしょうか?

例外なく、「小鈴ファミリー」も、あの柔らかくて、独特な食感のおかゆさん、頂きましたよ~さすがに、の小鈴は、鼻をそむけてしまいましたが・・・


7日午後8時の阪南市の夜景です。

sl-480-096_20150107200527fbf.jpg


京都から奈良、和歌山方面へ流れる急ぎ足の雲間から、まん丸いお月様が、顔を出したり、隠れたり~
そのお月様が、ちょうど「蓮池」の上に灯りをともし、あんまり幻想的なもので、をパチリ、空気が澄んでいて、いつもより、クッキリみえましたよ~


真ん中の当りの、縦長の灯りが、蓮池に映るお月様の様子です。もう少し眺めていたかったけど、寒くって~ブルブルしながら、見ていました。


明日から、週末まで、またまた、「冬将軍が日本列島に寝そべるそうですよ~」気を付けて、くださいね。



さて、年末、12月20日過ぎ、お隣さんから、収穫したばっかりの「高菜」が届きました。
幸せな事に、その時期に、毎年のように頂くのですよ~
高菜大好きで、嬉しいです。そのまま炒めて頂いたり、「高菜の醤油漬け」にしたり、本当に重宝します。


sl-480-045_2015010715484285d.jpg
1晩、ざるに広げて、水分を飛ばしました~


干した高菜の4㌫の塩をふりかけ、よく揉んで、漬物容器に1週間漬け込みました。

sl-480-007_20150107154816d21.jpg


下漬けした、高菜を水でよく荒い、ざるに2~3時間上げて、水気を切ります。

本漬け用調味液を醤油、砂糖、みりん、昆布を鍋で煮立てて、作り冷ましておきます。
高菜(1㌔)、砂糖(90g)、醤油(50g)、みりん(50g)、酒(16ml.)、昆布2枚(10㎝)

水切りした高菜を漬け物容器に隙間を開けないように並べ、調味液をまんべんなくかけます。
約2週間で、食べられるようになります。

sl-480-002_20150107154741679.jpg


我が家は、もう1週間で、頂きました。
お正月の来客用のお漬物セット~全部、自家製です。

sl-480-013_20150107154715754.jpg
高菜漬け、胡瓜と瓜の奈良漬け、大根のハリハリ漬け、蕪の千枚漬け風味~


やはり、子供たちには、高菜のお漬物と大根のハリハリ漬けが、人気でしたね~


年末、ギリギリに届いた、ケーキ店を営む姉からのお菓子セットの中に、「胡桃」もいっぱい~

sl-480-014_20150107154911f42.jpg


泉州ブランド「泉だこ」と大根なますの中に、その「胡桃」を入れました。

sl-480-041_201501071549424e8.jpg
柿と人参は、上にトッピングしただけなんですが、これだといくらでも頂けます。

例年だと、お雑煮のお餅を2個は頂いてましたが、いつもお正月太り~去年の正月、ダイエットの為に、駅まで14分の距離を10分で、往復2回も早足歩き~その結果、腰に来て、完治まで、2か月かかり、体重は減りませんでした。

去年の二の舞にならないよう、今年の雑煮は、お餅一個のみ、甘いものも控え、なんとか体重の現状維持が出来ました。

今日は、今年最初の「元気シャッキリ体操教室」です。
体を動かすのもいいけど、沢山のお友達が出来て、おしゃべりするのが、何だか楽しみですね~
折角掴んだ幸運を無駄にしないよう、頑張って来ます。・・・(kumi)

theme : 料理
genre : 趣味・実用

水菜~兼題「寄せ鍋」


今週のNHK俳句の兼題は、「寄せ鍋」。

昨日は、二十四節気の「小寒」。「寒の入り」で、節分までの期間が「寒中」となる。
暦に合せるかのように、冷たい風の吹く、雲の垂れ込めた朝となった。

やはり寒い時期には、鍋に限る。
今年は、菜園に鍋の材料が豊富だ。中でも、関西の鍋で欠かせないのが水菜だ。
sl-480-031_201501061737070d9.jpg

水菜は、京菜とも言い、京の伝統野菜である。育てやすく、家庭菜園でも、比較的簡単に育てることが出来る。
鍋の青物といえば、菊名が定番だが、関西の鍋では、水菜が頻繁に登場する。
水菜は、くせがなく、サラダにもルッコラと同様に用いられる。どちらも、アブラナ科だが、ルッコラとは違ったシャキシャキとした食感が、サラダによく合う。また、浅漬けや煮浸しにしてもいい。
鍋としての極め付けは、はりはり鍋だ。具材は、鯨肉と水菜だけという、シンプルな「すき鍋」である。もともと庶民の味だったのだが、鯨肉が手に入りにくい今日では、大阪難波の専門店でしか口に出来ない高級食となってしまった。一般家庭では、鯨肉に替え、薄揚げやしゃぶ肉などが用いられる。

さて、兼題の「寄せ鍋」である。

寄せ鍋は、地方により千差万別である。その土地の旨い食材が寄り添い、旨みが一層増す。
大阪の寄せ鍋で有名なのが、「うどんすき」である。うどん入りの寄せ鍋である。山の幸、海の幸が寄り添い旨い出し汁となるのである。

寄せ鍋を肩寄せ囲む四畳半 .....akira

よせ鍋の菊菜を先に食べる女(ひと) .....kumiko

寄せ鍋を囲む食卓は、団欒の演出としてもなかなか傑出していると思うのである。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

一心寺参り~


ぽかぽか陽気の中、絵手紙展示会の為の、材料を買いに、近所の画材やさんへ~テクテク歩いて行きました。
ちゃんと、日よけの対策をして~何と、通りでバッタリ、ご近所の奥様も歩いていますよ~

私~「運動も兼ねて、歩いて回ってるんですよ~」
彼女~『私も、ガス抜き~歩かないと、正月太りが、怖いのよ~』
彼女~『それに、お日様を浴びないとね、ほら、骨密度を上げる為にね』
私~「思いは、おんなじですね~」

パチパチ、そう、健康つくりには、毎日コツコツの積み重ねが大切なのですよね~



お正月気分が、たっぷり残っている1月3日~大阪、天王寺にある「一心寺」にお参りに行ってきました。

夫は四男、私は三女で、我が家には、お墓も仏壇も準備してないのですが、毎年、お正月、春、秋のお彼岸、それにお盆には欠かさずお参りしています。その度に、田舎に帰るわけにもいきませんしね~


sl-480-010_201501051710051f6.jpg



入口には、有難いお言葉が

sl-480-001_20150105170937126.jpg
sl-480-002_20150105170939860.jpg
sl-480-003_201501051709403dc.jpg


この、お言葉を見ないと、「一心寺」に来た気がしないのですよ~


ほら、広いお庭からは、阿倍野ハルカスも~

sl-480-005_20150105170942bfa.jpg


大阪通天閣も見えますよ~

sl-480-016_2015010517100700f.jpg


天寿(250歳)を全うする程の寿命はありませんが、死後の世界があるとしたら、夫さんと2人であの世で、ネオン輝く「通天閣」にも行きましょうかね~


「一心寺」で、ご先祖様にお参りして、歩いて歩いて、日本橋の商店街を左右に見送り、大阪南のまちで、お昼を

今回は、この11日(日)~同窓会の新年会で「なんばグランド花月」観劇も予定しているため、下調べにも行きました。
地下鉄御堂筋線難波の駅から、ブラブラ歩いて7分くらい~

何だか、見たような顔ぶれの芸人さん達が

sl-480-021_20150105171008049.jpg


お正月の鏡開きの準備をされてましたよ~


sl-480-025_201501051710103b5.jpg


日頃、静かな田舎町で暮らしているから、時々こんなに賑やかな場所に来ると、もうワクワクします~


いつものように、お正月3日に「一心寺」にお参り出来て、我が家のお正月も終わりです。
昨日のポカポカ陽気で、客人の蒲団を干し、絵手紙作成も終えましたよ~

何気ない日常に戻って、また前向きに生きて行く事にしましょう~。
予報では、今日は雨~掃除機をかけたら、読書かな?・・・(kumi)

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

庭仕事始め~


嬉しい事に、ここの所、晴天が続いております。風もなくて穏やかな正月明けの4日(日曜日)~
対岸の大阪湾に浮かぶ「関西国際空港」は、このお正月休みを海外で過ごした家族連れの、帰国ラッシュだったとか~

2階のテラスから、を向けると、穏やかな青い海と空~飛行機までもがよ~く見えますよ~

sl-480-067_20150104132518b5e.jpg


本当に雲ひとつない青空、いいお天気です今日も、暖かくて3月の温度だとか・・・

お外に出ると、もうお庭の仕事が目いっぱい待ってます。昨年暮れ、akirapapaに買って来て貰った、「ハイポネック」とお花のアンプルたち~

sl-480-002_201501041324415d2.jpg


まずは、栄養の補充からスタートしましょう~植木鉢の数が多くて、全部がすぐに売り切れ状態になっちゃいますよ~


sl-480-006_201501041324433b9.jpg
葉牡丹は、外せませんよ~


「スイートピー」いつの間にか、育っていますね。神戸のお友達からたっぷりの種を頂いて撒きました。


sl-480-023_20150104132444bc0.jpg
色は紫~ほのかな匂いがするそうです。


こちらでは、大麦とのコラボで、撒いてみたのですが・・・


sl-480-036_20150104132446338.jpg
上手い事、麦の枝にからみついてくれるでしょうか?


薔薇のアーチ越しにワイルドガーデンを臨みます。


sl-480-045_2015010413251479b.jpg
ビオラのハンギングの一つ一つにも、液肥をかけて回ると、もう肩に来るほど~一体、幾つの鉢にかけまわったのでしょう~


お隣のお庭の、可愛いい小さな柿の実も、すっかり鳥さん達の食糧となり、柿の木の下は、鳥さんが、食べ散らかした、皮、種、糞がいっぱい~何と、その場所は、我が家への通路なんです。


掃除をしても、掃除をしても、沢山の糞~もう嫌でたまらなかった~柿の木は、お隣さん、散らかす主は小鳥さん、散らかされる場所は、我が庭~いったい、どこに文句を言えばいいのかしら?


そういえば、花ともに忠告を受けていたんだ「柿の木」には、ご用心と~まさか、こんな思いをするとは、トホホ~・・・


sl-480-055_20150104132516cf6.jpg
この写真、左上が道路から我が家への入口なんですが、その上に柿の木があります。


お正月早々の、鳥さん達の糞ちゃんの後始末~お花に液肥をあげ、そして側溝のお掃除~朝から3時間も、働いてしまいました。
早めのお昼を済ませ、絵手紙作品展の準備を~頑張って2枚も仕上げましたよ~
目標は、後2枚です。

1月は、鉢薔薇の植え替え作業の季節~何だかんだと予定表が埋まっていきます。
先日読みたくて購入した本~読破するのは、いつになることやら~
理想は腹八分目と言いますが、一つ年を重ねた分~腹六分目でも「よし!!」としましょうかね~

あんまり頑張り過ぎない事で「よし!!」今がちょうどいいとしましょうか~(kumi)



theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

絵手紙の年賀状~


明けましておめでとうございます。

長かった正月休み~それも、今日で終わりですが、お仕事の方々は、気分も新たに頑張ってくださいね。

我が家の若者も1昨日≪ねぐら≫へと、帰って行きました。
誰が寂しがるかって、それはそれは柴犬の小鈴ちゃん~部屋中をくまなく探し回って、何だか寂しそうですよ~
しばらくは、若いお兄ちゃんと出会うと、喜んで近づいて行ってしまいます。よく遊んで貰ったもんね~


お正月、元旦と2日は強烈な寒さでしたが、昨日3日は、本当に燦燦と照り付ける太陽の優しいこと「オキザリス」の可愛いいピンクの小花が、辺りをピンク色に染めてくれていました。


sl-480-004_201501021811389fb.jpg
強風がないと、こんなにも優しい気持ちになれるものでしょうか?


お日様が照らないと、蕾のまんまだったのですよ~


sl-480-006_20150102181139342.jpg
寒い寒い季節の中で、開花を見ないままで終わってしまうのではないかと、心配してたのですが、こんなに色鮮やかに咲いてくれてありがとう。



お正月3が日に届いた「年賀状」の数々~やっぱり、印刷だけのが何でもいいから、一言でも書いて欲しいです。「元気ですか?」とでも~

その中に、本当に心のこもった「年賀状」~

左側は、お習字教室の経験のあるお友達~右側は、いっぱいいっぱいお世話になった人生の先輩からの~

sl-480-047_20150102181211f10.jpg


そして20代前半、ベランダ越しに物をやり取りした事のある「まま友」~

sl-480-043_20150102181210b32.jpg
皆さん、達筆ですよね~


最後は、「絵手紙教室」の仲間さんたちの、年賀状です

sl-480-042_20150102181208bb8.jpg


やっぱり、手間はかかるけど、手書きの年賀状に勝るものはありません。


お正月早々、念願の本を買いました。

sl-480-027_20150103155455a2b.jpg


題名だけ見ると、「死ぬ」の言葉が気になりますが、人生の3分の2を生ききった私~そろそろ、~エンディング・ノート~の制作に向け、お勉強をしとかないといけませんものね。

江原啓之さんの本~パラパラっとめくると、どうやら私は、人生の浄化まで、長い道のりタイプらしい~
気がかりのことが多過ぎて、心安らかにあの世へ旅立つというわけにはいかないようです。

現生にいるうちから、自らのたましいの浄化を始めなければ、そのツケを死後に持ち越すことになります。

これからの未来は、自分というものと向き合って、充実した死に方に近づけないと行けません。

悔いのない生き方って事でしょうかね~何だか、暗いお話になって申し訳ありません。"(-""-)"
お正月だから、年の初めに考えてしまうのですよ。


若い頃、散々な苦労を経験された、「瀬戸内寂聴」先生~毎日を生きるヒントをいただけます。
「家族に合わせてばかりいると、心がやせ細る」
「私は私のままでいい。もっと自分を愛して」

年ばっかり取って、迷いの多い私の人生~いろいろな生きるヒントを頂いて、今日もまた、笑って生きて行こうと思うのです。(kumi)



theme : 季節を感じる
genre : ライフ

初詣


新年に入り、雪雲が垂れ込め、強い冷たい風が吹く、荒れた天気となった。
例年なら元旦に地元の神社に初詣に出かけるのだが、荒れた天気に、翌日に参拝することにし、テレビを見てゴロゴロと過ごした。それでも、朝晩の小鈴の散歩は欠かせない。小鈴も、強風に耳をたたみ、足早に散歩を済ませ、早々に帰宅した。

2日になっても、荒れた天気は少しましになったものの、寒さは相変わらずで、時折雪の舞う天気となった。
それでも、元旦に拝めなかった日の出が、雲の間から拝むことが出来た。
sl-480-029_20150102201930bf0.jpg

昼を過ぎても天気は回復せず、酔い覚ましがてら、初詣に出かけた。
氏神の波太神社は、蓮池の向こうにあり、蓮池の土手は、例年元旦から初詣の人々が行き交うのだが、今年は少なめとなった。
sl-480-054_2015010220193221b.jpg

神社の鳥居の手前には例年通り屋台が並び、参拝客も引っ切り無しだった。
sl-480-063_20150102202028348.jpg

手水鉢の周辺も、参拝前に身を清める人で賑わっていた。
sl-480-058_20150102201935a64.jpg

本殿では、参拝の長い列ができていた。
sl-480-057_20150102201934ef3.jpg
それでも、例年鳥居近くまで長い列ができるのだが、今年は半分以下だった。

参拝を済ませ、昨年授かった破魔矢を返し、新しい破魔矢を授かって、帰路についた。
sl-480-034_20150102201931f8d.jpg

帰路、蓮池の土手から大阪湾を見ると、白波が激しく立っていた。(akira)

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

中国料理やぐらの「おせち」~


羊年の元旦は、日本全国大荒れ~関西も強風で、の小鈴の散歩の途中、あやうくあぜ道を踏み外しそうになりました。

例年は、初詣の家族連れの方々が行き交う、眼下の蓮池の堤防~誰も歩いてないのです。
それ位、大変な強風~夕方からは、雪がちらつき始めましたが、生憎の強風のため、積雪にはならず、正月早々の白い毛布を被せたような雪景色とは、いきませんでした"(-""-)"



大晦日、お隣の奥様に連れて行って頂いた松の木のある小山の土手、そして帰り際には、お隣さんの南天を頂く事が出来ました。やれやれ、月並みですが、お正月らしいお花を活ける事が出来ました。


sl-480-010_20150101202623947.jpg


ヒヨドリさんに食べられてしまった、我が家の南天、団地の裏山の南天も食べられて、今年は、南天は諦めようと思っていたから、お隣の奥様に頂けて、幸運でした。


お正月の~お・せ・ち~は、最近ずっと、毎週金曜日、お世話になる中国料理「やぐら」さんの~お・せ・ち~と決めています。


sl-480-037_20150101202656c5d.jpg


お煮しめ、ぶりの照り焼き等は、家庭で出せる味なんですが~「やぐら」のおせちは、一般家庭では、手に入らない素材を優しいお味に工夫されているのですよ~


sl-480-042_201501012026585e1.jpg


合鴨のスモーク、白魚とアーモンドの田作り、山くらげの湯葉巻き、蒸し鶏、カシュナッツあめ炊き、アワビの醤油風味冷製等々~
我が家の若者たちには、大受けです。


おとそよりも、白ワインが合いそうな~中華のお・せ・ち~なんですが、あか抜けた味付けが、大好きです~


私たち2人は、相変わらず、お正月だというのに、夫が定年退職後から始めた、NHK放送の朝の「テレビ体操」を、もうかれこれ3年も続けているのです~前夜寝たのは、午前2時だというのに~これも一重に、小うるさいけど規則正しい夫殿のお蔭と感謝するべきでしょうか?



今年の目標は、10年日記の欠かさぬ記入と、基礎代謝を上げる事、いくら食べる量を減らして、体重を落としても、基礎代謝の量が増えないのは何故なのか?年齢のせいにするのは、簡単なのですが~・・・

新年を迎え、また一つ老人と一からげに呼ばれる階段を上っています。
年金を戴いて今の暮らしが成り立っている事を思うと、せめて医療費を少しでも使わないよう~健康で居られる努力をしなければと思うのですよ~

午後から天気が荒れるからと、まるで売れっ子芸人さんみたいに、お嬢は、おせち、肉、海老、蟹、それからあれもこれも~車が重たくて進めない程のお荷物を、迷惑そうに持ち帰りましたと言うか、深情けが過ぎるオカンの押しつけみたいなものですが~・・・

それでも、弟と私たち2人にお年玉を、たんと置き土産です。


『あ~ら、お母様、わたくし忙しいんざんす!!』だって~
『私のスリッパがない!ない!!』って、探し回る所は、血が争えませんよ~


お正月って、瞬く間に、過ぎて行きますが、後2,3日は、お正月気分を味わいたいですよね~・・・(kumi)

theme : 季節を感じる
genre : ライフ

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR