12
   

今年1年お世話になりました。



今年も、残すところ僅かな時間となりました。
年末の気忙しい中、最後まで「小鈴ファミリー」ブログをご覧頂きありがとうございました。

今年も無事、滞ることなく毎日更新出来ましたこと、ひとえに、「小鈴ファミリー」のブログを見て下さる、お一人お一人の暖かいお心によるものと、心から深く感謝申し上げます。
皆様におかれましては、来る年もまた、素晴らしい1年でありますよう、「小鈴ファミリー」一同、心よりお祈りいたします。

≪小鈴散歩コースから暮れゆく街を望む≫
sl-480-012_20141230203626c70.jpg

( 小鈴 ・ kumi ・ akira )
スポンサーサイト

theme : 季節を感じる
genre : ライフ

大根役者~兼題「おでん」


今週のNHK俳句の兼題は、「おでん」。

穏やかな年の瀬となったが、今夕には雨、その後年明けにはまた寒さが戻るという。
昨日家内と年末の買い出しにスーパーへ同行したのだが、野菜類の高いことには驚いた。そして、自家菜園の野菜で賄うことができることの有難さを、改めて実感した次第である。

菜園で育つ冬野菜のなかでも、大根は大変重宝する野菜だ。
sl-480-001_2014123017104775d.jpg

「大根役者」という言葉がある。大根は、大量に食べたり、どのように調理しても、滅多なことでは食あたりしないことと、役者として当たらない、または当たりのとれないことをかけて揶揄したのだという。
大根にとっては、あまり有難くない呼称だが、逆に捉えると、いかようにも調理出来るということであり、実際、我が家では冬の食卓では欠かせない「万能選手」なのである。

さて、兼題の「おでん」である。

おでんでも、大根は欠かせない存在だ。ふろふき大根のような浅い色合いのものもよいが、鍋底でくたくたに煮詰まった大根が好きだ。他の素材から出た旨みを全て取り込み、白い肌が出し汁の色に染まると、最高の味となる。
「おでん」も鍋のひとつだというが、家族で囲むというより、呑み屋のカウンター越しにぐつぐつ言っているイメージの方が強い。そして、熱燗、身も心も温めてくれる取り合わせである。

湯気燻(くゆ)るおでん盛る手の白く透き .....akira

おでん鍋箸を出す手と顔共に .....kumiko

今年も間もなく終わろうとしている。

小鈴ファミリーブログの中で、異色の俳句ブログを最後までご覧頂きありがとうございました。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

今年、最後のガーデニング作業~♪


いよいよ、最後の2日となりました。
昨日までに、何とか気になる場所の大掃除、そしての小鈴(コリン)のシャンプーも終え、洗濯機の消毒、お風呂場の清掃~溝掃除、何だか、季節に先を越されそうになりながら、フーフー、「小鈴ファミリー」も何とか、新しい年が迎えられそうですよ~


我が家の大切な家族、柴犬の小鈴、今年もいっぱいブログに登場しました。
シニア2人をつなぐ、命綱みたいなものですよ~

sl-480-134_20141229211747f9a.jpg
小鈴ちゃんの大好きな、菜園のテラスです。


昨日は、大掃除を終えてから、今年最後のガーデニング作業~


中国料理「やぐら」のマスターに頂き、ウッドフェンス沿いに植え込んだままのお花「キルタンサス」を、専用の鉢に植えこんであげました。お花の名前は「キルタンサス」かどうか、はっきり記憶してませんが、間違えてたら御免なさい~


sl-480-019_20141229172107f40.jpg
ピンクの小花の蕾が沢山ついてますね。


そして、お正月モードにいろいろなお鉢の配置転換を試みました。


踊り葉牡丹も、軒先から、正面、門壁の前に~これで、もういつでもお正月ですよ~

sl-480-003_201412291721069ce.jpg


「つる日々草」の長~いツルも、一つのアクセントとして、カーブ状に柔らかさを、そしていつまでも平和が続きますように
なが~く、尾を引かせてみましたよ~

sl-480-036_201412291721108e8.jpg


フロントガーデンの今年最後の「晴れ姿」です。な~んて


sl-480-023_2014122917210892f.jpg
葉牡丹がいっぱいのお庭~楽しい事が待ってそうな予感ですよ~


~・~・~・~ ~・~・~・~ ~・~・~・~ ~・~・~・~ ~・~・~・~ ~・~・~・~


この1年を振り返りますと、去年から引き続いた、中学校の同窓会関西旅行の幹事のお仕事を、無事大役を終え、皆さんに喜ばれた事が、今年の一番の思い出になりました。

akirapapaに指導して貰いながらの「俳句」への挑戦、その作品の一つが「NHK俳句」の本に掲載された事、

ミスノスポーツが主催する「阪南市総合体育館」での「フィットネス教室」や、阪南市が主催する保健センターでの「元気シャッキリ体操教室」での、沢山のお友達との出会い~

絵手紙教室での、楽しい仲間との触れ合い~

本当に、忙しくて充実した1年でした。私,kumikomamaの担当は今日までですが、

明日は、「小鈴ファミリー」今年最後~akirapapaの俳句のブログにて、終わりとなります。・・・(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

もう、お好きなだけどうぞ~


早い、もう29日~昨日は、お隣さんからお餅を戴き、台所の掃除を手伝ってくれた夫さんと、早速頂きましたよ~

眼下の町中では、消防車や、救急車がひっきりなしに走り回り、国道は車の大渋滞、年末の慌ただしさを目でも耳でも感じてしまいます。



先日は、お正月の赤い南天が欲しくて、久しぶりにの小鈴の散歩は、団地の裏山まで出かけました。


sl-480-025_2014122815091893d.jpg


途中、お山の柿の木には、「ヒヨドリ」さん達がいっぱい~

sl-480-007_201412281509141c1.jpg
数えると、10匹はいますよ~


メジロ君も、お隣の木の実をついばんでいます

sl-480-010_20141228150915424.jpg
見た目は、本当に可愛いいんだけどね~


去年頂いた、ていうか勝手に取ったんだけど、赤い南天~これも、綺麗に食べ尽くされていました

sl-480-019_20141228150917325.jpg
こんなに、立派な枝なのに~残念です。


仕方がないから、我が家のか細い南天でも、使いましょうかね~

あ~恐ろしい事に、我が家の菜園は、「ヒヨドリ」さん達のレストランと化してしまいました。
もの凄い視力で、まず、大きな「ケヤキ」の枝で、様子を伺い~

sl-480-002_201412281509124bd.jpg


誰も居ない事を察知すると、ほら~夫婦2羽で、仲良くお食事タイム~

sl-480-028_2014122815100289b.jpg
和室の部屋の中からの撮影です。


堂々ともうレタスの上に這い上がって食べています~

sl-480-035_20141228151004ea5.jpg
開いたお口が、何だか余裕ですね~

もう、この冬は、全部あげるから、好きなだけおあがり~菜園の主は、高い高い正月野菜でも、買うこととしましょうね~


階段下では、お正月のお雑煮にと思い、遅まきした大根の葉っぱまで、ついばんでいますよ~

sl-480-002_201412281510007c9.jpg
それだけは、勘弁してほしい~

早速、またまた防御対策です

sl-480-004_20141228151001bb2.jpg
ほ~ら、人間様には叶わないでしょう~


この冬はレタスだけで、勘弁して~全部あげるから、好きなだけお食べなさい~


いろいろな動物たちが、菜園を荒らし回るお話を聞くけど、小鳥さん達は、まだまだ可愛いものです。

お隣の、柿の実を食べた後、お庭には、柿の種を置き土産にし、それを我が家の駄犬は拾い喰いします。
上空を身軽に飛び交う姿は、可愛いんだけど、もうこれ以上は増えて欲しくないな~

人間にも、小鳥さん達にも、厳しい冬が待っていますよ~(kumi)

theme : 季節を感じる
genre : ライフ

竹馬の友へ~♪


年末も押し迫った、昨日の朝のこと~の小鈴の散歩を終え、朝食を食べていると、携帯にショートメールが入りました。
最近、「小鈴フアミリー」を見るようになった、「竹馬の友(悪ガキ)」からです。


『1昨日も今日も忘年会、夜は母ちゃんの為に、炊事軍曹になるから、簡単に作れるもの教えて!』っとの事~

え~!!最近の九州男児は、優しくなりましたね~


「竹馬の友」の冷蔵庫に何が、残ってるか聞きもせず、お節介オバさんは~さっそ返信をいれました。

根菜類を、1センチの輪切りにして、蒸し器に並べ、その上に豆腐、こんにゃく、豚肉を並べて、火入れしポン酢で食べる。
大根葉を1本湯分湯がき、わかめを戻し、シーチキンの缶詰を汁ごと入れ、混ぜる~


とっても不親切な返信だったと思います~


ので、この季節ならではの、我が家の手間いらず、惣菜を2種、「竹馬の友」も改めてこのブログを見たら、出来るようになると、確信しますよ~


今日の我が家の冷蔵庫と食品倉庫から「温野菜」向きの食材を、並べてみました~

sl-480-023_20141227145951b0d.jpg


それらを、5ミリから7ミリ幅にカットして、蒸し器に適当に並べていきますよ~

sl-480-029_20141227145952839.jpg


蒸し器の底に多めの水を入れ、蓋をして15分くらい、蒸すだけ~

sl-480-047_201412271821314c0.jpg


おいもに火が通ったら、完成です味付けも不要~
大根おろし入りのポン酢、田楽味噌、ゆず味噌、マヨネーズ~いろいろなタレでいただきます。


もう1品~有り余る、大根葉、昨日湯がいたのがありました。

sl-480-034_20141227145955958.jpg


ワカメを戻して、1cmサイズに刻み、大根葉も1cmサイズに刻みますよ~

sl-480-036_2014122715002144d.jpg

まず、大根葉だけを、オリーブオイルで炒めて~

sl-480-038_20141227150023ca0.jpg

炒まったら、ワカメとシーチキンを入れて混ぜ合わせるだけ~

sl-480-040_20141227150024990.jpg


調味料もなんにも要りません。シーチキンの程よい塩味で、十分ですよ~沢山つくって、おうどんのトッピングにピラフにと応用も自由自在です。

sl-480-043_20141227150026bbf.jpg


「温野菜」も「大根葉炒め」も、味付けの必要がありません。
「竹馬の友」だって、包丁の使える人だったら、簡単にできるスピード献立だと思うのですが~
なによりも、お野菜がたくさんいただけて、ヘルシーです。


故郷に暮らす「竹馬の友よ」~奥様を大事にして、いつまでもお幸せに~そして九州男児よ乾杯!!(kumi)

theme : 料理
genre : 趣味・実用

師走の蓮池


今年も残すところ僅かとなり、ひところの厳しい寒さも一段落し、「今日は、大掃除日和となる。」と、気象予報士が伝えている。
現役時代だと、今日から年末年始の長期休暇となったところだが、年中休みの老夫婦の師走は、気忙しさも無く、淡々と正月を迎える準備を進めている。

蓮池も12月上旬から、少しづつ水位を下げ、池の底の深い部分のみ水を残し浅瀬となっている。
sl-480-045_201412261952305b5.jpg

12月中旬には、まだ鵜もたくさん飛来し、まだ水深のある水面から幾度も長時間の潜水をし、餌を漁っていた。
sl-480-010_20141226195229444.jpg

岸の護岸ブロックでは、たくさんの鴨が、冬の陽を浴び束の間の休息をしていた。
sl-480-001_20141226195228e05.jpg

年末となり、底の浅い部分は干潟となり、潜水して餌を漁る鵜は、姿を見せなくなった。
鴨たちも、狭く浅くなった水面を、窮屈そうに行き来している。
sl-480-051_20141226195328fd7.jpg

浅瀬は、鴨たちの格好の餌場のようで、顔を水面に突っ込み、忙しなく泳いでいる。
sl-480-046_20141226195232216.jpg
浅瀬は、セキレイなどの小鳥にとっても餌場で、鴨たちに混じり忙しく飛び跳ねている。

浅瀬は、鷺たちにとっても、好都合な餌場で、ここ数日たくさん飛来するようになった。
sl-480-056_201412261953301d6.jpg

浅瀬に降り立った鷺は、水音を立てないよう、抜き足差し足でゆっくりと歩み、長い首を自在に操り、水中の餌を捕獲する。
sl-480-049_20141226195326f3e.jpg

池の底には、冬の弱々しい陽の影が長く伸び、水面には、自らの影を写し、蓮池の時は静かに流れる。
sl-480-048_201412261952333c8.jpg

干上がった土手の護岸ブロックの上では、青鷺が数羽、僅かに残った水面の方をずっと見つめていた。
sl-480-068_201412261953316af.jpg

一面褐色の枯野となった土手は、10日程前にすっかり刈られ、散歩の人たちが時折行き来するようになった。
正月には、氏神である波太神社への参拝の人たちの往来で、蓮池の土手を通る人も増える。(akira)

theme : 季節を感じる
genre : ライフ

魔女の宅急便~


昨日は、今年最後の「健康体操教室」~先生が、真っ赤なユニフォームと可愛いサンタさんの帽子をかぶり、本当にグラビアから、抜け出して来たみたいでしたよ~生憎を忘れてしまいましたが、毎日前向きに生き生きと暮らしたら、こんな素敵な表情で、居られる~学ばせていただきました。

午後、久しぶりの美容院~カットして貰いました。「何だ!髪型で、意外といけるじゃん」誰かさんが、『あんたの顔って、つきたてのお餅を、高い所から、落としたような顔だよね』と言ったり『オイ!!メスパンダ!!』なんて、
呼び捨てにしてたけど、おしゃべりしなければ、上品なのよ!!



故郷の高校の同窓生~マドンナさんから久しぶりの「魔女の宅急便」が届きましたよ~まるで、クリスマスのプレゼントみたい~ぬくぬくの手袋カバーとマフラーも入ってました

sl-480-023_20141225172157e76.jpg
毎日の犬の散歩で、寒くて冷たいでしょう~と、せっせと編んでくれたみたい~涙 が出そうに嬉しい~
5本指の手袋の上につけるんだそうです。車の運転とかね~


田舎で農園を営む、お友達の愛情いっぱいの、お野菜たち~

sl-480-028_20141225172158a5b.jpg
無農薬レモン、ジャガイモのアンデスと男爵、さつま芋~どれもこれもお見事ですよ~
アンデスの赤いジャガイモは、サラダにぴったり~

農作業の傍らで、編み物まで~夕方5:00に電話すると、今、畑から帰って来た所でした。『作業してたら、手元が暗くなって来たので、帰って来たところでしたよ~』魔女の頑張りぶりが心にしみます。


そして、兵庫県で、暮らす、もう一人の魔女~
私たちは、去年の4月、3人で、城崎旅行を楽しんだのですよ。


来ました。地元名産「岩津ネギ」です。野球のバットみたいな大きさです。

sl-480-011_20141225172154008.jpg
やわらかくて甘くて、すき焼きにも、野菜炒めにも、卵とじでも、なんにでも合います。


共に学んだ同級生とのなが~い付き合い・・・つくづく思いますよ~「故郷はいい、友情は宝だって」
それぞれに、背負った荷物の大きさは、違うけど、共に励ましあいながら、生きて行けたらいいな~



昨日25日は、年賀状の投函締め切り日でもありました。ま、遅れても元旦につかないだけの話なんですが~
前日、頑張って書きましたよ~

sl-480-002_20141225172153da6.jpg


ひつじさんの絵ばっかり書いてたもんで、体操教室で、『羊年生まれの人!!』と言われて、思わず「はい!!」と手を挙げてしまいましたが、後の祭りでした~それほど、羊さんに、私の頭が占領されていたのです~


PC印刷の年賀はがき90枚に、1枚90文字のコメントを書き込みました。8100文字ということは、400字の原稿用紙20枚分の料に当たります。しまいには、右腕に力が入らなくなるものですね~

でも、印刷、写真だけの年賀状って、頂いてもちっとも嬉しくないんです。やはり、ご機嫌伺いとか、近況報告はしないとね



いろいろな用事に翻弄されましたが、今日から、やっと落ち着いて年末の大掃除頑張ります~少し遅いけど、ま、出来る範囲で頑張りま~す。・・・(kumi)

theme : 季節を感じる
genre : ライフ

中華おこわ~


昨日は、クリスマスイヴ~ローストチキンを、ほんの一かけら、小鈴に上げたんだけど、その後ず~っと私の後を付いて来ます。お茶碗洗っている時も、おトイレにも~よっぽど美味しかったとみえますよ~格別な味だもんね~


年末最後の病院めぐりは、まず駅前の整形外科~「ヒアルロン酸」の注射も今日で5回目、おさらばですよ~
待合室が、混んでいて、1時間の待ち時間は、お隣の84歳のお婆ちゃまのお話を延々と聞くはめになり、、同じお話が凛年する事4回~聞き続けました「耳がダンボになった~」年を取るという事は、こんなになるという事なんですね~


先生に、症状をお話して、「スクワット」を毎日100回やるようにしてます。と自慢げに言ってしまったそして、怒られてしまいましたよ~『その足で、スクワットは、ないやろ!!、朝昼晩のストレッチだけで、十分や』って~
「わかりました、痩せるようにします」『それが出来たら、そうしてくれ!!』ガッテンダ!!



「それが出来たら、苦労はしません」~美味しい物は、すぐに作ってみたい症候群の私~
お隣さんに先日頂いた「中華おこわ」~あんまり美味しいもので、レシピも戴いてしまいました~


今日もまたまた、長くなりますが、北摂seikoさんの、ご要望にお応えして、「中華おこわ」のレシピを記します。

材料
〇 もち米 3カップ(洗米し、一晩水に浸けて、調理の前にザルに上げておく。)~お米専用のカップですよ
〇 豚肉 150㌘(並肉でよい。)
〇 竹の子 適量(お好みで)
〇 焼ちくわ 小2本
〇 しいたけ 適量(お好みで)
〇 人参 適量(お好みで)


sl-480-003_20141224164900ac7.jpg


材料には、ないけど銀杏も入れましたよ~銀杏も夜の間に準備しておきました。

袋に入れて、レンジに2分~割れたら出し、また入れて割れたら出し~


sl-480-047_201412241648062dd.jpg


鬼皮の中の、薄皮は、ヒタヒタの水入れてを弱火にして、玉じゃくしで、ごろごろ優しく揺らすんですって~

sl-480-050_20141224164807f58.jpg

薄皮も、簡単に剥けました

sl-480-051_2014122416480871a.jpg

銀杏も結構な量ですが、あるとなしでは、大違いです~


調味料(合わせておく)

〇 濃口しょうゆ 大 3 ~~~ 〇 酒 大 3 ~~~ 〇 砂糖 大2 ~~~
〇 塩 小 1 ~~~ 〇 コンソメ(味の素)1個


つくり方

豚肉は、小口切りにし、しょうが汁に5分ぐらい浸ける。

フライパンに油を敷かずにの豚肉を入れ、色が変わる程度まで炒め、合せておいた調味料を絡ませてから、竹の子・焼きちくわ・しいたけ・人参を入れ、少し炒めた後、もち米を入れよくまぜる。銀杏を入れるなら、もち米投入の時~

sl-480-004_20141224164902bd6.jpg

蒸し器に布巾を敷き、を入れ1時間蒸す。


※ 約1時間蒸すので、鍋の水切れに注意すること。


sl-480-010_20141224164903e96.jpg
おネギを刻んで、混ぜ込みました。


sl-480-019_20141224164904a19.jpg
おにぎりにしましたよ~

初めてのトライですが、美味しかったです。~これを、竹の皮に包むと、「中華ちまき」になるんですよね~


大好きな「中華おこわ」~想像以上の簡単さでしたよ~
生憎、椎茸がなくて、シメジを使いましたが、椎茸なら、もっと美味しかったでしょうね~

高島屋百貨店B2[富澤商店」で、竹の皮を仕入れて来て、いよいよ「中華ちまき」にも、トライしましょう~


「ね~、先生、ダイエット、私口だけなんです。お見通しでしたかね~?」~・・・(kumi)

theme : 料理
genre : 趣味・実用

アウター~兼題「ねんねこ」


今週のNHK俳句の兼題は、「ねんねこ」。

今日は、クリスマスイブ。クリスマス寒波とよく言われるが、北国では、またまた大雪となったようだ。が、こちらは、この時期らしい寒い日が続いているものの、ホワイトクリスマスにはなりそうにない。雪に苦しむ北国の方からすれば、不謹慎な話なのだろうが、雪が降ると積もることを期待してしまう。

この時期、外出のとき欠かせないのが、コートなどのアウター類。最近では、ダウンコートも手頃な価格となり、普段着としても、ダウンコートを着ることが普通になった。

今では、住宅も気密性が上がり、屋内でアウター類を羽織ることはないが、昭和の時代までは、「はんてん」を羽織り、こたつで暖をとるのは、一般的だった。
「はんてん」は、今でも売られているようで、結構愛用者も多いのかもしれない。

さて、兼題の「ねんねこ」である。

先日、いつもコメント頂く、「ピンポン久美」さんより家内宛てに「ねんねこ」の写真を送って頂いた。
sl-480-ねんねこ
「ねんねこ」は、もう過去のものかと思いきや、いまだに、現役で活躍しているようだ。
ネットで調べてみると、だっこにも対応しているようで、昔の綿入りとは違い、ダウンが使われているようだ。
形状も、はんてん状ではなく、ケープに近い。

昔の「ねんねこ」は、所謂「ねんねこばんてん」で、綿入りの大振りのはんてんで、袖があり、子をおんぶした上から母親が羽織る、母子共に暖かいものだった。

ねんねこに小猫包まれ根来坂 .....akira

ねんねこの髪引く児の手無心なり .....kumiko

ねんねこに包まれた記憶は、残念ながら残っていないが、暖かな母の背中の温もりに包まれ、冬の寒さ知らずだったに違いない。(akira)


theme : 俳句
genre : 趣味・実用

カレンダーの絵手紙~


昨日が「冬至」の日だという事すらも、忘れていました。PM5:30分には、あたりはもうすっかり暗闇の中でしたよ~お昼が一番短いと言うから、わかっていても、本当にビックリです。

penpen1goさんの、1昨日のコメントで、思い出した次第です~冬至の日に南瓜を食べて柚子湯に入ると、風邪を引かないとの言い伝えがありますが、竹馬の友は、「最近の風邪は、阿保でも賢い人でもかかるけど、あなたは、風邪ひいかないでしょうね~」と冷めたのか優しいのかわからないようなコメントをくれました。

そう言えば、ここ何年か風邪ひいてないな~風邪?と思ったら、すぐに≪葛根湯》を飲んでいますよ~引き初めに、撃退しています。
天は2物を与えずと言いますが、どうやら元気な身体の方を戴いてしまったようです。



南瓜の煮物~生まれてから、還暦過ぎるまで、ず~っと、お出汁で柔らかくなるまで似て、それから、砂糖と味醂をいれ、しばらくして濃口醤油で、味を調えていました。あるテレビ番組をみてから、もっと美味しいそして手早く出来る方法がわかったのですよ~

サイズに切って、ビニール袋に入れ、お砂糖をたっぷり入れて、揉みこんで、レンジで2,3分チンする
それを、お出汁を取ったお鍋にいれ、(お出汁は少々)醤油を入れて、落し蓋をして、5~6分煮込む~砂糖投入までの、時間短縮ですね。

何と、美味しい南瓜の煮物の出来上がりです簡単で、手早くて味の濃い南瓜の煮つけ~お試しください。



昨日の「絵手紙教室」~課題は、来年のカレンダーに個性的な絵手紙を描く~


sl-480-020_201412221717155e5.jpg


配られたカレンダーの空白に、大き目の絵を描いて、言葉を入れて行きます~



やっぱり、NO1、飼い猫大好きのお友達の作品です。
sl-480-021_20141222171716866.jpg
とってっも、リアルで好き~



アメリカでは、「けん玉」がブームだそうで、授業でもあるそうですよ~
sl-480-023_20141222171719437.jpg




そして、言葉に優しさと性格が滲み出ています~ほっこり、いいですね~
sl-480-025_201412221717431d6.jpg



コーラスで、大活躍の男性~生き方が、そのまま素直に表現されました。
sl-480-024_20141222171720651.jpg



何時も大胆不敵な美しいミセス~大好きなんです~無茶クチャ楽しそうでしょう~
sl-480-026_20141222171744452.jpg



色使いがとっても、お上手~お家は、緑が一杯ですよ~
sl-480-027_20141222171746520.jpg



絵手紙教室のアイドルおじさん~霧ヶ峰の旅の思い出の民芸品を描かれました
sl-480-032_20141222171747be4.jpg
男らしい~


最後は、私~いい加減な線が〇▽□※~???ですが、大好きなお人形を持参しましたよ~
sl-480-022_20141222171717462.jpg
これは、願望!!


でも、自分で描いたカレンダ~が、毎日見られる~きっと、落ち込んだ時には、慰めになってくれる事と思います。
自分だけのお部屋に飾りましょうか?


絵手紙展が、2月に開催される事になっている。課題もいっぱい~お正月開けたら、コピッと頑張らねば~
またまた、新しい作品との出会いが楽しみでもあります。~(kumi)

theme : 季節を感じる
genre : ライフ

真冬に咲く小花たち~


朝日新聞の昨日の「天晴人語」の欄に、「10年日記、4冊目は」という投書を差し出された、85歳の女性の事が、書かれていました。3冊目の10年日記が今年で終わるけど、新たな1冊を買い求めるかどうか思案中とか~・・・

凄い~85歳で、10年日記3冊目が終わるという事は、55歳から続けていらした事になります。

恥ずかしながら、2012年からスタートした、私の10年日記は、この秋から真っ白です。
しばらく旅行をして、その後始末に追われ、2,3日サボると、もうズーっと空白~記入されているのは、風呂上りに計測する毎日の代わり映えのない、体重と体脂肪のみ~

85歳の女性の方の、意思の固さ、継続する事の大変さ~頑張られた先輩に敬意を表します。
来年からは、何がなんでも続けるぞ~



裏の蓮池~12月の半ばになり、水が抜かれ始めました~
野鳥さん達は、浅瀬になった蓮池で、気忙しそうに、餌をついばんでいますよ~


sl-480-008_20141221192116767.jpg
「白鷺」「鵜」何だか、賑やかですよ~


クリスマスを前に、開花を続ける~エリカの花「クリスマスパレード」~筒状のピンクと白の色が華やかさと可愛さで、寒空のもと、メルヘンを感じますね~

sl-480-042_20141221192034c21.jpg


同じエリカのお花でも、こちらは、趣が少し異なる「ジャノメエリカ」~


sl-480-040_20141221192122c30.jpg
地植えすると、2メートルにもなるそうですが、小さな植木鉢の中です。


小さな鐘形のピンク色の可愛い小花がびっしりと咲いています~♪


sl-480-042_20141221192138b52.jpg
ピンク色の小花の中から、黒い葯(雄蕊の一部で、花粉を作る器官)が覗いていますよ~可愛いドレスをまとった妖精みたいですね。


片や、この冬枯れの庭に一際華やかさを醸し出す真っ赤な「シクラメン」~


sl-480-038_20141221192033637.jpg
真っ赤なガーデンシクラメンは、真冬のお庭には欠かす事が出来ません~有難いお花です。


ワイルドガーデン突当りでは、もう「姫立金花」が


sl-480-025_2014122119211969f.jpg
野生で、強くて、抜いても抜いても咲いているんだけど、このお花の少ない季節だけは有難いですね。


玄関横の「花トウガラシ」のお花~さすがに、葉っぱが寒さに負けそうです。


sl-480-019_20141221192118351.jpg
何年も、頑張ってるから「感謝状」ものですよ~


この時期になって、紫陽花の葉っぱの紅葉が見られます。


sl-480-029_20141221192121968.jpg
寒さの中で、日増しに赤く色づいて来ました。


今日12月22日は、「冬至」夜が長くて、昼が短い~冬至南瓜を頂いて、無病息災を祈りましょう~


寒空の下、何だかだんだん寂しくなって来た冬枯れのお庭~小さいけれど、健気に咲き続ける「エリカ」「シクラメン」「姫立金花」の小花たちに元気を戴き、今年の残された日々も頑張って行きますよ~(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

雨が降る前に~


昨日の土曜日、久しぶりの雨になり、晴耕雨読の暮らしを生きる私たちには、絶交の家仕事日和~なのに・・・

12月もいよいよ残すところあとわずかとなりましたが、読売新聞の漫画「コボちゃん」を地で生きるわが夫殿は、年の瀬の喧騒もどこ吹く風~の~んびり、ゆったりまったりしてますよ~

もう、その性格がわかっているだけに、セカセカと動く事も、申し訳ないようような気になり、同じようにまったり生活になじんだ「小鈴ファミリー」です。"(-""-)"

あかんやろ~二人でボケたらどないするん?赤ちゃん返りやで~


それでも、1昨日は、雨が降るのを予想して、お互いに別々の場所で、庭仕事に勢を出しました~

👴は山へ芝刈りに~ならぬ、北側斜面地の草刈&落ち葉拾い~おじいちゃん扱いするには、可哀想だね~
男の働く姿は、美しいのです。

sl-480-022_20141220192813273.jpg


👵は川へ洗濯に~ならぬ、フロントガーデンにて、たくさんの置き鉢の整理に~コンクリートがいっぱいのお庭では、少しの土の植栽の間に、置き鉢して、ボリュームを出しているのですよ~


sl-480-002_20141220184831671.jpg
よくも、こんなに、隠して植え込んだものです。整理する時に、フーフーなります。


寒いこの季節になると、流石に恐い恐い🐛さんんも、いないだろうと、思いルンルンでの土いじりですが~
「キャーッ、何なのよ!!、何でここにいるのよ!!」心臓に悪いです


sl-480-007_20141220184833cf6.jpg
「あんたも、迷惑でしょうが、私も嫌なのよ!!よそで冬眠して頂戴」
カエル君は、かわいいから許してあげる~でも、でパチリさせてよね~
カメラを向けると、くるっと背を向けるけど、逃げません~暖かい枯れ葉の中に、戻してあげました。


「ズズ~ッ」気持ち悪っ!!早く早く!!隠れてよ!!

sl-480-005_201412201848329b1.jpg
ミミズさんは、菜園仕事の強い味方だけど、気持ちいい事ないわ!!つかんでポイ!!土に放り投げるとクルクルッと入って行きました。


ひと昔前までは、ミミズさんが、大嫌いでした。飼い猫が、仕事休みの日曜日に朝寝坊を決め込んで、寝ていると外から咥えて来て、枕元に離すんですよ~「キャーッ!!」寝てなんかいられず、大変な騒ぎでした。それから、嫌いになってたんだけど、この地で、お野菜作るようになって、ミミズさんが、土をフカフカにしてくれると思うと、可愛くなりましたよ~


植木鉢の整理も、まとめてやると効率よくはかどります。


ごろ石はこのまま、翌日の雨に洗っていただきます。

sl-480-011_20141220184835477.jpg

中の根っこや土、ごろ石を取り出して、空っぽになった植木鉢も、雨に打たれてきれいになるでしょう~

sl-480-020_20141220184858354.jpg


こんなに、あったんっだ~
みなさん、今誰も来ないでよね~凄い事になってるんだから~

sl-480-022_20141220184859096.jpg


翌日の雨に打たれて、綺麗に洗ってもらったら、またまた、隠し鉢にして、お庭に彩を添えてもらいましょう

種をまいたまま、置き去りのお花の苗~

sl-480-019_20141220184837b7d.jpg
可愛い星型の花を咲かせる「鈴姫」ですよ~迷子の「アグロステンマ」「オオムギ」です。


雨の前日、こうして置き鉢の整理は終わりました。結局小さな🐛さんが3匹も、出没しまいした。雨靴はいた像の足で、チョチョイのチョイ!!だったけどね。


雨の前日の裏のゴルフ場の紅葉です。土いじりの後に見上げると格別な気がしました。

sl-480-010_20141220184749be2.jpg

どうやら、今日はまたまた頑張れそうですよ~

「小鈴ファミリー」もう少々ボケてはおりますが、これ以上ボケていられません。
コピッと頑張りますよ~・・・(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

大峰・熊野パワースポットの旅②


厳しい寒さも昨日、今日と一服だが、今日は、朝からどんよりとした天気となった。まもなく雨が降りだし、雨の後は、また、寒さが戻ってくるという。

先週の始めに一泊二日で出かけた、大峰・熊野のパワースポットを巡る旅。先週に引き続き、今日は、二日目の模様をお伝えしたい。

初日の模様は ⇒ こちら

先ずは、熊野三山のひとつ、「熊野本宮大社」。

鳥居を潜ると、白い熊野権現の旗が立ち並んでいる。
この鳥居から徒歩10分程のところに、大鳥居がある。もともと、その場所に本殿があったが、度重なる熊野川の氾濫で、現在の位置に移ったとのことだ。

石段を昇りつめると、大きな山門があり、既に来年の干支である未の額が掲げられている。
sl-480-039-13.jpg

境内は、平日にもかかわらず、参拝の人で賑わっていた。
sl-480-039-11.jpg

神紋に用いられる八咫烏(やたがらす)は、サッカー日本代表チームのエンブレムに描かれていることでも有名である。
八咫烏は、日本を統一した神武天皇を大和の橿原まで先導したという故事に習い、導きの神として篤い信仰があり、ゴールに導くとの願いからエンブレムに採用されたと、境内の看板には書かれていた。が、諸説あるようで、平安時代の貴族で蹴鞠の名人と言われた藤原成道は、 蹴鞠上達のために五十回以上も熊野詣でを行ったという故事によるとの説もあるようだ。

次に訪れたのが、急峻な山肌に祀られた「上倉神社」である。
sl-480-039-21.jpg

太鼓橋を渡りしばらく行くと急峻な石段が現れる。
sl-480-039-24.jpg
自然石を組み合わせて積み重ねた、源頼朝寄進と伝わる「鎌倉積み」の石段は、本殿まで538段続き、そのうちの最初の200段程が急峻となっており、岩山を登るように、手を付きながら登った。帰り、降りるのがまた大変で、体を横向きにし、後ろ手を付きながら降りたのだが、下に着いたときには、膝が笑う状態だった。

石段を昇り切ったところに、大きな「ゴトビキ(ゴトビキとは、熊野の方言でヒキガエルのこと。)岩」が現れる。
sl-480-039-22.jpg
この巨岩「ゴトビキ岩」がご神体で、寄り添うように朱塗りの本殿がある。
この巨岩は、熊野権現降臨の地とも言われ、日本書紀にある天ノ磐盾であるとも言われている。
岩の近くでは、弥生時代の土器も発掘されており、いにしえの昔から信仰の対象となっていたようだ。
今は、熊野速玉大社の摂社となっているが、地名にもなっている新宮「速玉大社」の元宮が「上倉神社」だという。

後ろを振り返ると、新宮の市街地と、遠くに熊野灘を望む絶景が拡がった。
sl-480-039-23.jpg

続いて訪れたのが、「上倉神社」の麓から、徒歩15分程のところにある、熊野三山のひとつ「熊野速玉大社」である。

写真では分かりづらいが、社殿には、干支の特大の絵馬が掲げられている。
sl-480-039-31.jpg

境内に入ってすぐ右手に、オガタマの木の大木がある。
sl-480-039-32.jpg
丸い実が生り、巫女が神楽舞のとき用いる鈴は、この実を模したものだという。

もうひとつ、境内にそびえる樹齢千年の「梛(ナギ)」の大木がある。
sl-480-039-33.jpg
ご神木で、古来から道中安全を祈り、この木の葉を懐中に納めて熊野詣をしたという。

最後に訪れたのが、日本最古の神社と言われている、「花の窟(いわや)神社」である。
sl-480-039-51.jpg

高さ45mの巨岩がご神体で、頂上から海に向かって綱が張られている。
sl-480-039-52.jpg

岩に張られた綱の解説が社務所に掲げられていた。
sl-480-039-53.jpg

神殿は無く、岩の前の囲いの中に、御幣が祀られているのみである。
sl-480-039-54.jpg

その傍の小さな囲いの中には、白い石の石絵馬が奉納されていた。
sl-480-039-55.jpg

神社から海に降りたところが、「七里御浜」だ。
sl-480-039-41.jpg
約22㎞に渡って続く海岸は、日本一長い砂礫海岸だという。
この海岸も「浜街道」として、世界遺産となっている。

パワースポットを巡る旅もこれで終わりである。
長いブログに最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。(akira)

theme : 季節を感じる
genre : ライフ

黒豆焼酎と大根のハリハリ漬~


日本海側の爆弾低気圧は、大変な事になりまして、降雪により甚大な被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

大阪湾に面して、大阪と和歌山に挟まれた、この地は比較的温暖な気候に恵まれ、方々のお家の庭では、今「レモン」が黄色に色付き、冬枯れのお庭に遠くからでも黄色いお花が咲いたみたいです。

昨日は、この地も雪になるとの予報でしたが、結局雪は少しチラついた程度で、積ることもありませんでした。


夕方、北東の空を何気なく眺めていたら、「あ~ら不思議」~沢山の🐑雲さんが、いそいそと北の方角から東へと流れていきます。

sl-480-001_20141218162602b36.jpg


先日描いた年賀状の「羊」さんの格好によく似てたのでをパチリ~・・・


sl-480-002_2014121816260354b.jpg




これから年末にかけ、いろいろな細かい用事が迫っていますが、体に気を付けて乗り切りたいと思います。



北摂seikoさんに教えていただいた「黒豆焼酎」
1合の黒豆を10分間炒って、700CCの焼酎につけましたよ~

sl-480-036_2014121814452760a.jpg


2時間以上漬けたら、おちょこ一杯をコップ一杯で薄めて飲んでいいそうです。とんまな私は、2時間を2週間と勘違いし、
待ちくたびれて、待ち遠しくて2週間、毎日眺めながら過ごしました。


sl-480-027_201412181447378cc.jpg


今は、毎晩食事の時にコップ一杯いただいています恥ずかしながら、焼酎の産地、鹿児島生まれですからね~黒豆の香りをかぎながらの「黒豆焼酎」~はまりましたね~

※黒豆は、イソフラボンとアンントシアニンが豊富に含まれた、栄養の宝庫ですもの~ご飯に黒豆、雑穀、黒米等を入れて炊いてますが、悲しい事に、夕食のごはんは50gのみ~1週間に4合しかいただかず、ほとんどがの小鈴のお口に入ります。

だから、黒豆焼酎だと、全部がいただけるから、美味しくて栄養があって、一石二鳥ですよ~


菜園から引っこ抜いて、ハリハリ漬け用に、テラスにぶら下げていた大根~

sl-480-154.jpg


寒さ続きで、1週間で、もうカラカラに萎びてきました~


sl-480-001_20141218144804546.jpg


10分ほど、水で洗い流し、ハリハリ漬けに~

sl-480-004_2014121814480500a.jpg

生憎、お酢の量が少なかったので、旭ポンズをお出しと味醂で薄め砂糖を加え、沸騰直前に火を止め、覚まして、刻んだ大根にかけました。
酢の苦手な夫さんにも、好評でした。私も、美味しいと思い、いくらでもお箸が進みますよ~



そして、ココナツオイル~お友達に頂きました


sl-480-001_20141218144647791.jpg

お友達との何気ない会話で、百貨店に「ココナツオイル」を買いに行ったけど、売ってなくて「ココナッツミルク」を買ってしまった~と悲しがっていたのですね~そしたら、チョット待ってと言って、すかさずくれたんです。
「こんな高価なもの、ただでは頂けないから、お金払うよ~」と言ったんだけどね・・・

↑このサイズで、¥3,000位かしら?結構高価なのです。

※ココナッツオイルの効能
中鎖脂肪酸が、ダイエットに効果があるコレステロール値をさげる糖尿病の予防
心臓血管疾患のリスクを減らすアルツハイマー予防体の内側から錆びない体へ
甲状腺機能の改善、代謝のアップ~等々
いい事ずくめなんですよ~

以来、炒めものにも「ココナッツオイル」ココアにも「ココナッツオイル」~パンにもバターの代わりに塗ったらいいそうです。


健康にいいと言う言葉に弱い~本当は「健康オタク」かもしれないですね~(kumi)

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

鳥さんに奪われた~


地球温暖化現象は、夏だけでなく、ここまで来るとは~ああ~「冬の嵐」恐いですよ~

台風並みの強い北風に、小さな雀さんは、飛んでも前に進めず、一斉降下、無事かしら?怪我はない?!!可哀想だね~


ぼ~っとしてると、前を歩く夫さんの帽子が、目の前に落ちて来ました「ああ~ふんじゃった~、知らないで踏んだんだから、怒らないでね」
うっかり歩いたら、何が飛んで来るかわからないから、犬の散歩も早々に引き揚げましたよ~


外の「冬の嵐」を知ってか知らずか、最近は、犬&(=^・・^=)の中間路線をひた走るの小鈴ちゃん~
まったりのお昼寝ですよ~


sl-480-002_20141217180245dfb.jpg


精根込めて栽培して、やっと食べられるようになった、菜園野菜が、大変な事になってしまいました。"(-""-)"
ブロッコリー~


sl-480-018_20141218075056fe3.jpg

これだけで勘弁してよね。


慌てて、黄色いネットで覆いました。
sl-480-020_20141217180101c6e.jpg



今度は、白菜も食べられています


sl-480-004_2014121718024775c.jpg


そして、レタス~・・・


sl-480-005_2014121718024847d.jpg


お野菜ばかりでは、ありません~
お正月のお花にと楽しみにしていた「南天」です。


sl-480-005_20141217180006f39.jpg


ところが、影も形もありませんよ~


sl-480-011_20141217180153d13.jpg
あ~あ、食べられちゃった~


今年は、お山に餌がないのでしょうかね~「小鈴ちゃん」寝てないで、鳥さんを追っ払て欲しいのよね~


野菜ばかりか、「皇帝ダリア」のお花のつぼみも犠牲になりました~すっかり、剪定しましたよ~

sl-480-005_201412171801512d3.jpg
この切り株をさし芽にしたら、沢山の後継者が出来るんだけど、もう限界なんですよ~


皇帝ダリアを剪定したら、見晴がよくなった、デッキです。


sl-480-003_2014121718015068d.jpg
「ウ~ン、眺望を独り占めだね」~


寒いし、餌もなくなり、野鳥さんたちには、本当に過酷な冬です。
そのうえ、眼下の蓮池の水も、排水の季節を迎えたら、渡り鳥さんの餌だって、心細くなります。


過酷な冬の寒波は、人間にも、鳥さんたちにも、厳し過ぎますが、どうやらクリスマスの頃には、穏やかになりそうですよ~


そんな中、夫婦2人、「元気シャッキリ体操教室」へ、出かけてきますよ~
槍が降ろうが、雪が降ろうが、行くと決めたらツキ進む~「それが、オバサンの生きる道」だよ~♫・・・(kumi)

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

こたつみかん~兼題「マスク」


今週のNHK俳句の兼題は「マスク」。

異常に発達した爆弾低気圧の影響で、日本全国荒れた天気となった。
当地域でも、時折薄日の差すものの、黒い雪雲が垂れ込め、冷たい風の強い朝となった。
今年は、早くからインフルエンザの流行が伝えられていたが、最近は、小康状態となったのか、ニュースでもほとんどとりあげられない。が、この寒さで、再び猛威をふるい始めないか心配である。
家内は、行政から補助を受けられる年齢になったと、早々に予防接種を済ませた。
当方は退職後、人混みに出掛ける機会もめっきり減り、インフルエンザのリスクも減ったこともあり、少し鈍感になったのかもしれない。
とにかく、この時期、外に出掛けないのが一番、「こたつでみかん」が体にはいいと勝手に思っている。日に中玉2個程度のみかんを食べると、風邪をひき難いとも聞いた。

有難いことに、今年は、みかんの頂き物が相次いだ。
最初に頂いたのは、11月初旬、まだ少し青味の残る大変みずみずしいものだった。
sl-480-001_20141216100136e9b.jpg
その後、次々と頂き、おかげで、買い求めることなく、こたつみかんを堪能している。

さて、兼題の「マスク」である。

先にも書いたが、最近は人混みに出掛ける機会も減り、マスクを使う機会も、マスクをした人に会う機会も減った。
マスクの予防効果は、気休め程度だという。マスクは、その人の表情までも隠してしまい、周りを拒絶しているようであまり好きではないが、人に迷惑をかけないためにやむなく使用する場合もある。

葱汁の香り漂い顎マスク .....akira

苛(いら)立ちをマスクの下でぐっと呑み .....kumiko

マスクにお世話にならざるをえない季節は、まだまだ続くが、せいぜいこたつみかんでやり過ごすことにしよう。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

冬の華(花)~♪


師走ってよく言ったものですね~もう、16日だなんて~師走は嫌でも、お正月は、改まった心構えが出来て好きかな?

昔からよく言われてる~「見ざる、聞かざる、言わざる」~それに、もう一つ付け加えるんですって~「思わざる」
愚痴、悪口、不平不満を心の中に持っていると、そこからどす黒いオーラが滲み出て来て、その人を包み込んでしまう。
だから、「思わざる」が大事。マイナスのことは、一切心の中で思わないようにしましょうね~ま、この年になると、実感しますがね~

そして、『たらは言うたらあかん』以前お世話になった、社長さんに、よく聞かされました。
あの時、こうしてたら~とか、ああすれば良かった~とか「たら」は禁句だそうですよ~ハイ!!がってんだ
自分で、自分を教育するこの頃です。



年の瀬も押し迫って来て、お庭のお花も何だか、ご無沙汰ですが~、菜園仕事をしていたら、「吾亦紅」の横で、寒菊が咲いていました。


sl-480-042_20141215170108899.jpg
これは、中輪のピンクです。


そして、可憐な白い小菊~


sl-480-040_201412151701074b0.jpg
お正月のお花に使えそうです。


菊のお花は、毎年差し芽で、増やさないと、絶えてしまうそうなんですが、我が家のも、だんだん少なくなって来ました。
春には、差し芽をする事としましょう~こんなに、美しいのですものね。


階段には、「匂いスミレ」も元気に開花ですよ~

sl-480-045_20141215170110712.jpg
いくらでも、横にひろがって、抜いても抜いても減らないけれど、お花の少ないこの季節には、やっぱり有難いですね~


そして、度々登場の「オキザリス」~ず~っと蕾のまんまなんですが・・・


sl-480-049_20141215170112bca.jpg
どうやら、暖かい太陽が照らないと、開花しない模様~


「らいおんももか」~何だか、ももいろクローバーZみたいな名前ですが~・・・


sl-480-050_20141215170113039.jpg
大人っぽい紫色がなんとも色っぽい~うっとりする、ビオラちゃんですよ~


踊り葉牡丹~最近の寒さで、ほんのり色付きが増して来ました。


sl-480-061_20141215170145f20.jpg
小さいか弱いお花だけど、ちゃんと自分の活躍の時をわかっているのですね~


真っ白い「ゼラニウム」~ワイルドガーデンの軒下で、元気に成長しています。


sl-480-055_20141215170143c2f.jpg
白も爽やかですね~


昨日は、お隣のご主人に頂いた「スナップエンドウ」の苗を定植して、植木鉢の薔薇を半分だけ、剪定しましたが、もう私、この忙しさに付いて行けません~歩いたら、足がポキポキ言うんですもの、まるで、ピノキオみたいですよ~
先生は音が鳴っても気にしなくていいから、運動運動って言います。

NHKのテレビ放送でも、痛くても歩いた方がいい~って言ってたけど~・・・朝も昼も夜も、足腰のストレッチ&ストレッチ~結構時間がかかるんです。これって、愚痴?ですか?

あ~クワバラクワバラ~負のオーラを出したらいけませんね~(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

塩レモン~


久しぶり電車に乗る時の、ひそかな楽しみ~それは「婦人公論」をゆっくり、のんびり読める事なんです。

どうしても、家事優先で家だと、本を読むのは、就寝前のベッドでペラペラめくりの流し読みになって、そのうち寝てしまうパタ~ンです。電車だと、社内の1時間がたっぷりと読書に専念出来て、極上の幸せですよ~

12/22、1/7日の合併特大号~「井上真央」ちゃんが表紙~可愛い人は可愛いです

あの朝ドラのナレ~ション『ご機嫌よ~』で一躍脚光を浴びた「美輪明宏」さんの、素敵な言葉がたっぷり掲載され、思わず
「ウン、ウ~ン」と納得、教えられました。

~新しい年も「ごきげんよう」と笑顔で言うために~のちょっとした、ヒントですけどね~

正負の法則」ですって~これを知っていると、日々の生活の中で少々嫌な事があっても、「これと同じ位良い事もあったはずだ」と考える事が出来る~あるいは、今はつらくてもいつか幸せがめぐってくるにちがいないと、希望を持つことも出来る。ですから心の平安が得られるそうです。


何気なく過ごしていて、気づかないことですが、心がけひとつで、日々の暮らしが、明るくなったり、落ち込んだりですものね


12月も半ばを過ぎると、さすがに「レモン」の色付きが黄色さを増して来ましたよ~


sl-480-127_20141214155256fdf.jpg


9日には、「レモンの蜂蜜づけ」&「塩レモン」を~・・・


sl-480-020_20141214155355779.jpg


塩レモンの作り方は、2014年8月2日(土曜日)の朝日新聞の掲載記事を参考にしましたが~・・・レモン2個分です。
レモンを洗って水けをふいて8等分に切る
下から、塩大さじ1杯、レモン1個分、塩大匙1、残りのレモン、これらを密封瓶に詰める
2週間おいて汁が上がったら完成

私は、レモンの2割の塩、それにレモンは刻んで入れましたよ~どうせ小さく刻むと思いましたので~


当日掲載の塩レモンのレシピです~・・・
豆腐と~「塩レモンのみじん切り」を載せて、1品料理に~・・・
お刺身と白身魚やホタテ、イカや生牡蛎に「塩れもんのみじん切り+液」を合わせて。オリーブオイルをか けてカルパッチョ風にも~・・・
納豆と~独特のくさみがやわらいで美味しくなる。さらに、オリーブオイルを混ぜ合わせると想像以上の美味しさ~・・・
豚または牛の薄切り肉を湯がいて「塩レモンの薄切り」を巻いて食べる。

塩レモンの優れものぶりは、よく耳にしてましたが、もう、醤油麹で十分と醤油麹にはまってましたよ~
それでも、流行には一度乗ってみないとね。出来上がりが待たれます。



そして、1昨日はまたまた収穫~です


sl-480-030_201412141554403fc.jpg


綺麗に洗って、お化粧して、電車に乗せられてお嫁入りですよ~


sl-480-074_20141214155441bf4.jpg


大きいのは、なんと250gも、卵5個分の重さですよ~あんまり大きいから、お嬢には、「気持ち悪う~!!」って敬遠されますが、無農薬で新鮮で、皮薄で極上なんですよ~

またまた、果樹コーナーの恵みに感謝感謝、そして、故郷の友の農園からもレモンが「魔女の宅配便」にて届く予定なんです。


レモンのビタミンCで、これ以上美しくなったらどうしましょう~(kumi)

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

Gospel Cristmas Concert


寒い寒い、日曜日選挙の朝です。

蓮池の上の、枯れ木を止まり木に、寒すずめならぬ、ブルブルの鳩さん~

sl-480-035_201412132306026ba.jpg
羽毛にくるまって、まだお休み中ですよ~


昨日は、大阪ド~ンセンターへ、娘の知ちゃんの所属する「ナニワブラックペッパーズ」のGospel Cristmas Concertを見に、久しぶりのネオン街へ出かけました。

の小鈴の散歩も2:00に終え、お出かけスタイルで整えて~気持ちもハイテンションですよ~


いつものように、京阪天満橋駅上ビルの「美濃吉」さんで、豪華?ではない~年金暮らしの夫婦にお似合いのお食事~

sl-480-084_201412132301134b7.jpg

2人現役の頃は、最低¥5000の懐石料理だったけど、今はその半分だよね~

京料理の雰囲気が、味わいたくて~Gospelの時には、いつでもここよね。お料理の上のカバーです↓

sl-480-075_20141213230111e94.jpg
お友達の、「柿」の絵手紙、これに使える気がしました。


小鉢に盛られた、この細やかな気配りと味、色彩~お勉強させていただきました。


sl-480-080_20141213230112aeb.jpg




コンサートは、ひざまづいて、イエス様へのお祈りから始まりました。


sl-480-088_20141213230115f71.jpg



先生の挨拶の言葉の一部ですが~『東日本大震災の年の宮城県気仙沼市でのゴスペルの時、身内7人を一気に亡くされた方が、ゴスペルを笑顔で、聞いて下さいました。その、悲しみの中で、笑顔が出せるってことに、こちらのほうが勇気をいただきましたよ~』



sl-480-099_201412132301161dd.jpg



本当に悲しみの中にいる時には、必死にもがいて、ただその日、その時を過ごすのに費やするから、本当の悲しみは湧き上がって来ない、~だけど、一歩離れた時、その悲しみの大きさにおののき、後悔したり、懺悔したり、夜も眠れない時だってある~それでも、生き続けなければならない現実がある。



sl-480-111_201412140922583f1.jpg



夜が明けると、悲しみを忘れ笑顔を作る。それでも、悲しみ、悩みは消える事はないけど、悲しみを隠し、笑顔で過ごすうちに、内なるエネルギーは、強い生命力に変わり、~その悲しみ、苦しみに打ち勝ち前向きに生きる強さとなるのかも~



sl-480-114_20141213230159d8b.jpg


悲しい事も苦しい事も自分次第、例え消える事はなくても、笑顔とバカ笑いで弾き飛ばそう~
そしたら、周囲も明るくなり、つられて元気にさせられる気がします


sl-480-153.jpg
一同で、「聖夜」を合唱♪やっと、唯一日本語の歌~一緒に歌えました


身内の方を一挙に7人も亡くされたにも関わらず、ゴスペルを笑顔で聞きにきて下さった方の笑顔は、必死に前を向いて生きようとする内なるエネルギーから、あふれ出たものだったのでしょうね。


sl-480-099_201412132301161dd.jpg



悲しみや苦しみは「パンドラ」の箱に閉じ込めて現実に立ち向かい、生き続けなければ~・・・

だから、「優しい笑顔の人、大好きなんです。」美しい笑顔の奥に、悲しい現実を仕舞い込んで、必死に生きようとする姿勢を感じるから~



ゴスペルの会場では、いつも「気仙沼」の海産物が並びます。必死に前向きに生きる姿を感じて、よく購入します。

サンマの佃煮は、娘の知ちゃんが買ってくれましたが、「ふかひれの姿煮」を買うように~と言ったけど、私のお肌は
太りすぎて、ピ~ンと張ってるから、必要ないね
sl-480-174_20141213230202e4c.jpg


結局、昨日の帰宅は10:30分、お風呂に入って寝たのは~あ^あ、睡眠不足ですよ~


今日は選挙の日~あんまりわからないな~でも、投票に行かない人間は国の政治をとやかく言う資格ないから、とりあえず投票して来ます~・・・(kumi)

theme : 季節を感じる
genre : ライフ

大峰・熊野パワースポットの旅①


今日は、正月事始め、京都では、舞妓さんが師匠への挨拶回りに訪れる様子が、例年ニュースで流れる。
正月の準備を始める日で、昔は、正月用の薪や、門松の材料などを山に採りに行く習慣があったという。

世間では、師走と選挙で慌ただしいなか、紀伊半島を北から南へと縦断する、パワースポットの旅に一泊二日で出かけた。
世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」が、登録されて10年経つが、近くに住んでいながら、訪れたのは今回が初めてである。

初日は、三つの参詣道の一つ、「大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)」に沿って、奈良から南紀まで紀伊半島縦断の旅である。

先ずは、「役行者(えんのぎょうじゃ)」開山とされる、天河大辨財天社(てんかわだいべんざいてんしゃ)である。
sl-480-038-11.jpg

草創は飛鳥時代で、大峰山系の弥山(みせん)の鎮守として祀られた。弘法大師が大峰での修行の拠点としたことでも知られ、神社向かいの寺には、弘法大師お手植えと伝わる、イチョウの巨木がある。この時期は、紅葉も終り、白い樹形を青い空に拡げていた。

拝殿は、杉の巨木に囲まれ、荘厳な雰囲気を醸し出している。
sl-480-038-12.jpg

拝殿に入ると、鈴緒の鈴が少し特殊な形をしている。「五十鈴」といい、この神社だけに伝わる神器だという。
この鈴の鳴らし方が変わっていて、鈴緒を振って鈴を鳴らすのではなく、ぐるぐる円を描くように回すと、不思議な共鳴音が鳴る。一説では、UFOと交信するような音だといい、この天河神社の周辺でUFOの目撃情報が異常に多いというが、真偽のほどは定かではない。

もうひとつ、拝殿へ昇る階段脇に、「天石」が祀られている。
sl-480-038-13.jpg
境内には、他にも二ヶ所に祀られているこの「天石」は、天から降ってきたという言い伝えがあるが、隕石かどうかは定かでない。

次に向かったのが、大峰山脈の南端に位置する標高1,076mの玉置山の山頂近くに鎮座する、「玉置神社」。

神社の近くまで道が整備されており、歩くのは15分程の予定だったが、途中道路がアイスバーン状態となっており、やむなく降りて凍てつく道を注意しながら登る事に・・・

やっとたどり着いた駐車場からは、大峰山系の山々の連なりのシルエットが幻想的であった。
sl-480-038-25.jpg

sl-480-038-24.jpg
そこから、通常、山道を徒歩で15分位で本殿にたどり着くのだが、この日は、積もった雪が凍結して滑りやすくなっており、注意しながら登ったため、20分以上かかった。

本殿は、苔むした石段上に鎮座しており、
sl-480-038-21.jpg

石段下の鳥居の足元には、門松の資材が桶に入れられていた。
sl-480-038-23.jpg

境内には、樹齢3千年級の杉の巨木が点在しており、高さ40m、幹回り10.5mの「大杉」を筆頭に、荘厳な雰囲気を醸し出している。
中でも、ひときわ存在感を感じさせるのが「神代杉」である。
sl-480-038-22.jpg
これでも、巨木群の中では小さい方だが、年月を重ねた樹肌は、歴史の重さを語っているようだ。

一日目はここまで、このあと、本日の宿、熊野川の支流大塔川の河原に湧く、川湯温泉へと向かった。

川湯温泉は、この時期河原に「仙人風呂」という、巨大な露天風呂が設営されており、広々とした湯船は、雄大な自然と相まって、誠に気持ちのいいものだ。
宿の客室にも、露天風呂が設置されており、宿の露天風呂と併せ、三つの露天を堪能し、山登りでつかれた体を癒した。

今日は、ここまで、翌日の模様は、次週にお届けしたい。(akira)

theme : 季節を感じる
genre : ライフ

つる薔薇の剪定~


昨日は、雨の中「元気シャッキリ健康体操教室」へ~

今年も余すところ、後2回の受講となってしまいました。阪南市は、市民の健康管理に力を入れており、市民が健康に留意して、いつまでも病気をしない、寝込まない、自分の足で歩くを目標に、そうする事により「健康保険料」の財政負担も減るように~頑張っているのですよ。

60歳になると受講資格がありますが、申込み者が多くて、年に4回の募集もすぐに溢れ、毎回抽選なんです。幸い私たちは、今年ず~っと、ついておりまして、毎回参加して来ました。その度にお友達が増えていきますよ~


ザ・ピーナッツの再来を思わせる、2人連れ、思わず「ここは、60歳以上ですよ~」と言ってしまいそうに若い若い~
やっぱり、この年になると若さの秘訣は、髪とあとメガネかけているか否かのような気がします。

ボブの髪型の美しさに惹かれ、髪の元気の秘訣を聞いてみました。
『トリートメントは、髪の毛の先だけに付けていますよ』~何て事でしょう、私間違えていましたよ。全体にトリートメント液をつけてましたもの~どうやら、トリートメントは、毛根を詰まらせてしまうらしい~


念願のつる薔薇の伸び切った枝の剪定作業が、無事終わりました

剪定前の擁壁ですよ~

sl-480-021_2014121113490489e.jpg


「アンジェラ」の枝が、菜園に出入りする度に、あたっていました。やっと、スッキリ~・・・

sl-480-006_20141211134940203.jpg


お隣の「ロココ」も剪定、擁壁のバラは残り「カクテル」だけとなりましたが、「カクテル」は、移植したばかりなので、今年はそのままに~・・・


sl-480-009_20141211134941573.jpg
後は、付近の部分的な土の入れ替えと、2月に「寒肥」をあげれば、またまた開花の季節を待つのみです。


一方、フロントガーデンの、「ツルアイスバーグ」と「テス・オブ・ダーバーヒルズ」を這わせたアーチ~

sl-480-004_201412111350209ec.jpg
「ツル・アイスバーグ」の枝が、かなり伸び切って、気になっていました。


sl-480-018_20141211135023041.jpg
すっきりしたでしょう~


アーチの左側、緑の固まりは、↑「カロライナジャスミン(黄金みずき)」ですが、NHK 「玉さん、庭を行く」のロケの時、玉崎先生に、剪定のやり方の手ほどきを受けました。


そして、フロントガーデン、突き当り↑のフェンスの向こうにコンクリートの団地が臨めますが、『目隠しの為、フェンスを緑で覆うと、奥行きが感じられるようになりますよ』~と教えていただきました。


春になると、「杜仲茶の木」が成長して、フェンスも隠れてしまう勢いなんですけどね。


薔薇の剪定枝~カットは夫さんのお仕事です。玄関先の日あたりのいい場所に置いとくことにしましょう~

sl-480-026_20141211135024b9c.jpg
気が向いたら、カットしてくれるでしょう~


先日の「亭主元気で留守がいい」の2日目ともなると、ウサギの餌もあきちゃいまして、お昼は「アボガド、ながいも、まぐろのづけ丼」にしました~

sl-480-017_2014121113490190e.jpg

「まぐろ」たっぷり入れました。

sl-480-020_20141211134903c5b.jpg


久しぶりの一人ご飯は、アボガドたっぷり~う~ん美味でござります。( ^)o(^ )


その夜帰宅した夫さんの、第1声は『👒&🎩をちゃんと重ねてしまってくれる?』~でした。やっぱり、小うるさいわ~・・・(kumi)

theme : バラが好き。。。
genre : 趣味・実用

家庭菜園は楽しい~♪


擁壁のつる薔薇の剪定をしていると、夫さんがノコノコと出て来ました。

1昨日、一人だけ温泉旅行に行き、熊野古道を歩き、足が痛い恥ずなのに~最近少しだけ賢くなってきた?頼まなくても手伝ってくれるなんて~以前からは、考えられない進歩ですよ。「偉いね~」

またまた~褒めて育てる~「ありがとう、助かります」~つる薔薇の茎は、太くって~紐を結えるのが、大変なのです。あっちこっちに棘がささり、作業着だって、こちらを外せば次はこっち~往生します。2人だと、楽は楽です。


この秋に、朝顔さんに頂いた「白菜の苗」~「私には、無理です。!!」って躊躇しながら、植えてみました。
毎朝、毎夕、青虫さん、なめくじと格闘しながら、なんとか育ち、巻きましたよ~


sl-480-014_20141210165557129.jpg
ホラ!!外葉は虫食い~これはいずこも同じはず~寒いから、白い部分を守るために、汚い葉っぱは、ガードマンです。


でもでも、私にも出来たのですよ~綺麗でしょう~

sl-480-017_201412101655583c5.jpg
私のこの冬の一番ですよ~


まっ白くて、つややかで冬のお空がよく似合います~

sl-480-019_20141210165559324.jpg
干して糠漬けにしたり、鍋物にと大活躍です。


お隣のご主人に頂いた「ブロッコリ~」も、収穫の時を迎えました。


sl-480-119_20141210165709613.jpg


そして、大好きな「水菜」も~


sl-480-024_201412101656020f1.jpg


ブログにも度々登場する、「蕪」


sl-480-023_201412101656005fe.jpg


好きなサイズで収穫可能~最近は、「ジブロップでかぶの千枚漬」に凝ってます。


sl-480-022_201412101657518c5.jpg
酢、砂糖、水を軽く煮溶かして沸騰直前に火をとめ、冷まし、塩もみした蕪をジブロップの袋にいれ、冷蔵庫で寝かし、半日から食べごろに~サラダ感覚で、美味しいのです。


冬野菜の代表~大根~いくらあっても困ることがありません~


sl-480-135.jpg
「小鈴ちゃんは、たべられませんよ~」


先日は、大根のハリハリ漬けにするべく、洗って、切ってテラスに干しました~


sl-480-155.jpg
干すことにより、甘味がまし、美味しいのです。鹿児島名物「つぼ漬け」~風味に味付けしますよ~


そして昨日の夕ご飯~スーパーで買ってきた「ブリの切り身」と一緒に、「ブリ大根」に~圧力鍋が活躍します。


sl-480-030_20141210165752a7b.jpg


種をまいたり、苗を植えたりの菜園ですが、最初はこれでいいのかしら?肥料はどれくらい?植え方の目安は?果たして成長するのかな?いつもわくわくドキドキなんですが、こうやって成長して、収穫の時を迎えると、その心配も吹っ飛んでしまいます。

今度は、菜園野菜に喜びと元気をいただけますよ~

仕事は、尽きる事ないけど、土いじりは、素の自分に帰れます。不思議な感触なんですよね~何年も昔の幼い心のままで、土と向き合える~「菜園暮らし、自給自足」~とても有難い生活です~感謝

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

野菜の滋養~冬至南瓜


今週のNHK俳句の兼題は、「冬至南瓜(かぼちゃ)」。

ここ数日穏やかな日が続いている。しかし、穏やかな天気は今日までで、明日は雨、その後はまた冬の寒さが戻ってくるという。

青物が少なくなるこの時期、厳しい冬を乗り越えるため、先人たちは、いろいろと知恵を絞った。
この時期、京都の千本釈迦堂、了徳寺などでは、無病息災を願い、大根焚きが行われる。大鍋で柔らかく煮込まれた熱々の大根を授かり、立ち上る湯気のなかで頂く。
我が家の大根も収穫時期をむかえ、先日、ハリハリ漬け用に程良く育ったところを収穫した。
sl-480-121_20141210081842ebe.jpg
鮮度のいい葉の部分も、浅漬けにして頂く。

昔から、浪速の商人(あきんど)に伝わる格言に、「冬至の日に、『ん』のつくものを7つ食べると体によろしい」というのがあるという。選者の宇多さんは、その7つとは、「だいこん、にんじん、なんきん、こんにゃく、ごんぼ(ごぼう)、みかん、りんご」と上げられた。どちらにしても、滋養のあるものを、多品種摂ることを推奨したものだろう。

さて、兼題の「冬至南瓜」である。

有色野菜の代表格である南瓜は、カロテンを多く含み、滋養の高い食品である。寒さが厳しくなる冬本番を前に、体にいいものを頂く、昔ながらの知恵であろう。

皺刻む細腕冬至南瓜喰う .....akira

大鍋に冬至南瓜の匂い立つ .....kumiko

積雪のすることのほとんどない我が家の庭では、冬野菜が元気に育っている。先に記載の大根を始め、ブロッコリー、蕪、水菜、白菜など。鮮度のいい野菜が安心して頂ける、家庭菜園のいいところである。(akira)

絵手紙教室~


おはようございます。寒波は少し和らいだ感がありますが、まだまだ季節は、半月分も先に進んでいるとか~・・・
週末には、またまた、寒波到来との事、今の内に外仕事片づけとかないと~・・・
と言いながら、夫さんの留守をいい事に遊びほうけましたよ~昨日は遊びすぎて、もう夕方には、眠たくなってしまいました。

今年最終の「フィットネス教室」~来年1月19日までは、自己管理をしっかりしてくださいね~と言われたけれど、お正月、おせち、雑煮が恐いな~


午後からは、絵手紙教室~課題は「楽しい年賀状をかく」~例により、パソコンから、来年の干支「羊」の
絵手紙を参考資料として、持参しました。


その前に、「鳥獣戯画の模写」から、スタートしましたが、~・・・


sl-480-004_201412081654151f5.jpg
画仙紙は、油断すると、墨が散ってしまいます。
いつにもまして、作日は調子が悪うございました。


そして、干支「羊」の年賀状です。


sl-480-026_20141208165446188.jpg


一人だけ、ずば抜けた作品を描かれるMさんの作品を、ご覧下さい~


sl-480-022_20141208165444198.jpg
sl-480-021_20141208165443bb0.jpg
sl-480-020_20141208165441acb.jpg


下手がいいと言うけれど、気持ちがいいほど、大胆で優しいのです。
デザイン画の経験があり、筆使いが、プロですね。


私、どうしてこうなの?何もかも、自分の体系になってしまいます。


sl-480-010_20141208165418494.jpg


そして、こんな賀状が届いたら、嬉しいな~~言葉が生きていますよね。


sl-480-012_20141208165420a5d.jpg



先生の作品~よどみない線の流れ、言葉、安定感があります。


sl-480-008_20141208165417faf.jpg


最後に、田舎の同窓生から届いた絵手紙~

sl-480-001_20141208165335977.jpg
和菓子、懐石料理の敷紙として、使えそうです。素晴らしい!!
第一、柿の葉っぱも柿自体も、この色を持って来ようと思いませんもの~

鹿児島は、絵手紙教室が盛んで、1っ歩抜きんでている感があります。


夫さんの留守の間のお昼~大根葉、チキン、コ~ン、きのこ入り、黒豆ごはんのピラフと、蕪の千枚漬け風味~
夜も、またまた、大根葉、わかめ、シーチキンのココナツオイル炒め&さつま揚げとゴボウ、豆腐の酒粕入りみそ汁と白菜の糠漬け~ご飯抜き~

昼も夜も、ウサギみたいな食生活でした。


リビングをうろうろしていると、何だか匂う?はてな?何だか男性のオーディコロンの香りが
夫さんは、居ないはずなのに~クンクン!
そうだ、昨日絵手紙の先生に頂いた、「羊の干支の置物」確か石鹸と言われてた


sl-480-010_20141209074725b5a.jpg
気が早いけど、カウンターの上に置いたのを、コロッと忘れてましたよ~
これが、石鹸だなんて、夫さんには、ナイショッ!!私以上に敏感な夫さんは、何と感じるでしょうかね~楽しみ


竹馬の友は、一人暮らしがしたくて、夫さんと別れ、子供を早く自立させて、『今が一番幸せよ』と言ってるけど、
私は、際限なくルーズになりそう~まず、食生活から、駄目になりそうな気がします。


でも、たまの一人暮らし~マイペースって、優雅だな~・・・(kumi)

クリスマスモード~


昨日は、二十四節気の大雪という日だったそうです。日本海側の地方は、一足早い雪景色で、四国の集落は、孤立状態になり、降り積もった雪の重みで停電になり、本当に大変な「大雪」の日となってしまいました。

そんな中、akirapapaは、一人旅に出ました。今回は、和歌山県の南に位置する川湯温泉だそうです。
もう、何年も二人そろっての旅行はお預け~の小鈴ちゃんが居るから、旅行は、かわりばんこですよ~
ズーットいたらいいのに、っと思いながら、「行ってらっしゃ~い、気を付けてね」

やれやれ、思いっきり大掃除が出来るぞ~、『あんまり、無理したらあかんで~』と、ブレーキをかける人がいないんですもの~



空を見上げると、大きなキャンパスに、青い色と灰色、白を塗り込んだみたいな、真冬色~大きく天まで届きそうな「ムサシノケヤキ」の枯れ木~神秘的で、勇気が湧きますね~雲の流れは早く、冬の空は、いろいろな模様をキャンパスに映し出します。寒冷前線が大活躍なんですね。

sl-480-133_201412071533568ee.jpg



真向いの「りんくうゲートタワービル」にのみ差し込む、真冬の夕陽~スポットライトを浴びたみたいに際立っています。


sl-480-167_20141207153424b94.jpg


クリスマスに向け、夜になると、客室のあたりは、照明が灯り、リビングからの景観もなかなかのものですよ~


sl-480-175.jpg


我が家も「東日本大震災」の前までは、クリスマスのイルミネ~ションを飾りつけ、楽しんでいました。
これは、最後の年の、飾りつけの一部なんですが~


sl-480-180.jpg


電力不足もかんがみて、今は2階の倉庫に眠ったまんまです。またいつか、飾り付ける事が出来るのでしょうか?


せめて、気持ちだけでもと、玄関に~・・・


sl-480-035_201412071535088a7.jpg


そして、階段上には、リースを~


sl-480-114_2014120715335537b.jpg


玄関口には、トナカイさんを~・・・


sl-480-158.jpg


「ポンセチア」の代わり~真っ赤な「サルビア」です~・・・


sl-480-159_2014120715342361b.jpg


シンボルツリー「アカメソロ」の枝には、大きなベルをぶら下げてみました


sl-480-046_201412071535105d4.jpg


不思議ですよね~寒空に真っ赤な色がこんなに映えるとは~・・・


今日の月曜日、午前中は、今年最後の「フィットネス」~午後は「絵手紙教室」~そして、お茶をして~
またまた、1日中、お口は大活躍しそうですよ~「今日用」「今日行く」の実行出来るこの有難さ~感謝感謝です~
行って来ま~す・・・(kumi)

葉牡丹の寄せ植え~(^^♪


12月最初の日曜日~冬将軍は、準備の出来ていない我が家を一気に、厳寒地獄へと~・・・雪こそ降りませんが・・・
ツル薔薇の剪定を控えたこの季節~あまりの寒さで、外に出たくありません。

膝が痛い、おやつは人並みに戴く、歩くのが億劫~悪条件が重なり、少し○ま○になったのでは?それだけは、絶対に嫌です。またまた、の小鈴の散歩に同行させていただく事とします。が、どうしても、痛みが気になり付いて行けません。

優しいさんは、ゆっくりゆっくり歩いてくれますが~「申し訳ない、ついて行くから先に行ってもいいよ~」それでも、犬って凄いです。野生の本能ってやつで、群れを外れた仲間を曲がり角でちゃんと待っててくれます。

~ドコモティブシンドローム~って最近、よく耳にします。~運動器症候群~運動器の障害により、要介護の状態になるリスクの高い事・・・例えば、信号を変わるまでの間に歩き終えれるか?片足立ちで靴下が履けるか?
身体の調子は、いまいちでも、今の所は、だいじょうぶです。でも、毎日の運動で、積み重ねて行かないと、このままでは、遠い将来の話では、なくなってしまいそう~


大好きな「瀬戸内寂聴」先生のお言葉~愚痴は、幸せも健康も遠ざける

負けへんで~気張って歩けるようになるんや!!



先日、集中して挑んだ、寄せ植えの数々~その中の葉牡丹(我が家で育てたのですが)


sl-480-044_20141206152851466.jpg


踊り葉牡丹の足元にも、植えこんでみました。


sl-480-069_2014120615292239f.jpg
お正月が来たら、この踊り葉牡丹に、金糸銀糸を撒き、お正月飾りを追加する事としましょう~


そして、ハンギング~


sl-480-081_201412061529233d2.jpg
真上にも、ビオラを植えこんでいるのですが、真っ白なバコパ、アリッサム、白たえ菊にかこまれて、葉牡丹が華やかになってくれるのを期待しましょう~。


先日、植えこんだ、ハート型のハンギング2個~

sl-480-045_20141206152853131.jpg


やっと、馴染んで来ましたね


sl-480-047_20141206152854aa3.jpg


薔薇のアーチの中辺りに、吊り下げたいのですが、つる薔薇の剪定、誘因作業が終わらない為、しばしの仮置きです。


sl-480-091_20141206152925e09.jpg


フロントガーデン、門壁の👒のビオラ~いい具合に咲いて来ましたよ~

sl-480-093_2014120615292610c.jpg
ここだけは、「もう春」ですね~


「妻肥満 ・ 介護になったら・ 俺悲惨」~シルバー川柳より抜粋
akirapapaとの小鈴ちゃん、気を付けるからね~(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

ギンモクセイの花


明日は、二十四節気の「大雪(たいせつ)」。
暦に合せたように、昨日から日本海側では、大雪(おおゆき)になっているようで、交通機関にも影響が出ているようだ。
こちらでも、昨日は時折霰の降る、黒い雪雲の垂れ込めた一日だったが、今日も同様の寒々とした雲の多い天気となっている。

フロントガーデンのウッドフェンス入口に植えられたギンモクセイ、我が家の庭では、数少ない常緑樹である。
狭い場所で、足元では、ヤブランやシモツケに囲まれながら、上からはモッコウバラに覆われ、手前からはコデマリが枝を伸ばし、夏には暑い日射しに葉を傷めながら、それでもけなげに育っている。
sl-480-024_201412060920369b1.jpg

そのギンモクセイに、たくさんの花が咲いた。
sl-480-025_2014120609203749c.jpg

枝から直接伸びた短い花径の先に房状に小さな4弁の花を咲かせている。
sl-480-030_201412060920381cb.jpg

ギンモクセイは、本来名前のとおり白花なのだが、我が家の木は、若干淡い黄色の入った花が混在していた。
ところが今年は、まるでキンモクセイのような色である。それでも匂いは、キンモクセイのように強くなく、近づけば、少しキンモクセイに似た芳香を放つ。
sl-480-031_20141206092039aed.jpg
調べてみると、ウスギモクセイという種類があり、花色は淡い黄色からキンモクセイに近い色のものまであるようだ。
でも、ウスギモクセイは、花後に、オリーブのような楕円形の実を付けると言う。我が家の木には、そんな実をつけたのを見たことがない。

ふと、下の方を見ると、名残りの淡い黄色い花が咲いていた。
sl-480-033_20141206092041853.jpg

再度調べると、キンモクセイも、ウスギモクセイもギンモクセイの派生種だという。また、オリーブも、モクセイ科に属するという。結局我が家の木は、何なのか釈然としなかったが、もしかして、オリーブのような実が生るかもしれないと思うと、それはそれでまた楽しみではある。(akira)

雪が降る前に~♪


選挙カーが、手を振りながら通り過ぎて行きますが、当のご本人は乗っていません~。こんな、田舎まで行けるか!!てなもんでしょうね~

先日、他界された「菅原文太」さんは、沖縄知事選の応援演説で『政治は、国民を飢えさせない事!!』『政治は戦争をしてはけない!!』~この2点を強調する、非常に短い演説で『終わり!!』っと潔い挨拶でした。まるで、自分の人生の潔さと一緒でした。

アベノミクス効果により、円安、ドル高傾向が続いております。「株」に縁のない我が家には、どうでもいい事なんですが、息子殿の会社の株価の動向は、さすがに気になりますよ~新聞で、最初に👀が行きます。「よし!!よし!!」~


株価の上昇とは裏腹に、今年最高の寒さで、関西でも北の方面では、積雪の予報でした。


そんな、雪が降る前に、1昨日は、家族で、庭仕事に頑張りました。もちろんの小鈴も一緒ですよ~
北側斜面地の、歩きにくい場所で、「ムサシノケヤキ」の落ち葉を拾うakirapapa~


sl-480-030_2014120417292066b.jpg
小鈴ちゃんも、うろうろ、お庭の点検です。


「お父さん、滑らないでよ~」ウッドテラスの上から、akirapapaの動きを目で追う姿が、可愛いです。


sl-480-042_20141204172949554.jpg



私は、反対側で、「空豆」さんの、寒さ、風よけのビニールを張り巡らす仕事に勢を出し、家族そろってのスローライフに満足です。


sl-480-040_2014120417294782a.jpg
見栄えは、悪いけど、これでそら豆さんを、強い風から守ってあげますよ~


小鈴は、またまた、蓮池の鴨さんに、ゾッコン~ここからは、よ~く見えるんだよね・・・


sl-480-039_20141204172923603.jpg


少しお日様が(-。-)y-゜゜゜を出した蓮池で、戯れる「鴨」さんたち~何だか長閑ですね。


sl-480-026_20141204172918319.jpg


私は、草いっぱいの極早生新タマネギにも、干し草をかける仕事です。まず、草を引いてから~


sl-480-022_20141204172809a20.jpg


先日から、干していた「カヤ」を被せて、土を乗っけました~


sl-480-025_20141204172827a46.jpg
もう、雪が降ってもだいじょうぶだよ~


小鈴は、菜園の油粕をチョイとつまみ食いしたみたい~お澄まし(-。-)y-゜゜゜だけど、証拠が鼻の下に付いてるもんね~
お母さんに、内緒事は出来ませんよ~

sl-480-035_20141204172921479.jpg


一緒に、外仕事をしても、二人同じ作業は、絶対に出来ません~意見の食い違いで、直ぐにぶつかるのですよ~
ほら、大雑把な私と、慎重派の夫さん~水と油なんですもの。
重たい物を運んだり、高い場所に手を出す作業だけは、手伝って貰いますが~・・・

それでも、こうして元気に土いじりが出来るって事に、幸せを感じますよ~有難い事です。感謝

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

ビオラのハンギング


12月になり、驚くような寒さに襲われる中、1昨日は大人買いのまま、フロントガーデンに置き去りにされているお花たちの「ハンギング」を作ってみました。

夏場に活躍したコリウスの根っこを引き抜き、新しいハンギング用の土を準備したり、器の下準備もまたまた、結構な手間暇仕事なんですよ~

sl-480-016_20141203162245397.jpg


器をきれいに洗い、スポンジを貼り付け、隙間にヤシ繊維を差し込み、土が流れ出ないようにします。


sl-480-018_20141203162247592.jpg


底にゴロ石を入れて、いよいよお花の植え込み作業の下準備が完了です。


sl-480-013_20141203162244a8f.jpg


同じ作業工程にて、5個のハンギングバスケットの下準備をし、ビオラのお花を植えこんでいきました。



この色が、一番好き~真夏の蛍みたいです。

sl-480-049_20141203162248604.jpg



紫いろと黄色の好対象が、こんもりして来たらどんな表情になるのでしょうか?

sl-480-050_2014120316225061a.jpg



全体がブルー一色の大人のビオラ、真っ白なアリッサムをセンターに据えてみたけど~

sl-480-053_2014120316231929c.jpg



これは、ごく定番です~でも、春になると一番春らしい色合いですよ~

sl-480-054_2014120316232045e.jpg



一つのハンギングに8個の予定で準備しましたが、急きょ1個ずつ残して、この中にまとめてみました。

sl-480-052_20141203162317308.jpg


強風で、寒くって、着膨れでビヤダルみたいな恰好で、頑張りました。
お昼を挟んで、みっちり4時間近く~葉ボタンの寄せ植えもやってしまったのですが、葉牡丹は後日に~・・・


その成果がこれ↓です。作品12個~我ながら、寒い中良く頑張りました。

sl-480-073_20141203162322cc8.jpg
しばらく、この場所に置いて、根っこを落ち着かせてから、定位置への移動となります。
しばらくして、ふんわりもっこりのビオラの競演~楽しみですよ~


帽子のハンギングの「シルシルシズル」~


どうやら、落ち着いてきたので、定位置にぶら下げてみました。

sl-480-074_20141203162323ea3.jpg
北風さんに負けないで、元気に育ってちょうだいね~



昨日は、ブロ友さん~アイハートブレインさんの記事をいただき、「ふわふわお好み焼き風」をつくりましたよ~
アイハートブレインさんは →こちら


材料は、お豆腐が300グラムでしたので、1、5倍の分量です。

sl-480-076_20141203182534b6f.jpg
豆腐300g、長芋150g、帆立75g、九条葉ネギ2本、キャベツ3枚、薄力粉75g、塩小さじ1、5杯


ちょうど、頂き物のつくね芋があったので、それを使いました。お多福ソースの代わりに「梅味噌ドレッシング」を使い、ネギは使い放題、入れたい放題です。


お好み焼き風だけど、お豆腐がたっぷりのふわふわで、私は2個、完食してしまいました。ホントに美味しかったです。
アイハートブレインさん、有難うございました

sl-480-081_20141203182536ac3.jpg


昨日は、「ヒアルロン酸」注射の2回目でした。前回の時、担当の看護師さんの態度に驚いてしまいましたが、今日は、わかっているから、出来るだけ好印象をもたれるように、おしとやかにしてましたよ~よかった愛想笑いはないけど、良し!!としましょう。~・・・(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

入選句が掲載された


今週のNHK俳句は第5週のためお休み。

12月に入り、小春の陽気が一転、冬本番となった。強い北風に木の葉もほとんど落葉し、その落葉は風に舞い、小鈴の散歩も、肩を竦め、手をポケットに突っ込み、急ぎ足で済ませた。

さて、またまた私事であるが、10月にNHK俳句の放送で、入選句として紹介頂いた、私の拙句が、NHK俳句のテキスト12月号に掲載された。
sl-480-IMG_20141203_0001.jpg
また、番組内では放送されなかった、選者の稲畑さんの「選者評」が掲載されたので、併せて紹介させて頂く。

< 選定句 >
優 秀 作
稲畑廣太郎 選
「谷越えてしじまを照らす紅葉かな」


(選者評)
山から谷へ張り出している紅葉が立体的に描かれています。紅葉の明るさによって、その他のものを明るく照らしているのです。「しじまを照らす」という表現で詩趣ある句に仕上げられています。


番組内では、出演者が「遠くから山を越えて来て紅葉に出会った」というような評価をされていたが、稲畑さんは、当方の意図をしっかり汲み上げて評価頂いており、改めて感激した次第である。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR