11
   

葉牡丹~


おはようございます~

朝から、雲一つないさわやかな日曜日です。

今日は、月に一度のの小鈴のシャンプーと洗濯機の掃除、お風呂の定期清掃日です。

ペットを飼ってるから仕方ないけど、結構ハードな作業で、半日はかかります。
ひと月の気持ち良い暮らしのために、コピット頑張りますよ~



先日、故郷の友から、懐かしい写真がPCに添付されてきました。我が故郷は、有名な「特別天然記念物~鶴の渡来地」なんですよ~
毎年10月になると、シベリアから舞い降りてきます。


sl-480-マナヅル

ホントは動画もあるのですが、動画をブログに取り入れるスキルを身に付けていなくて、残念、無念~



「鶴の渡来地」出水~荒崎田んぼにある田の神様(たのかんさあ)~祭りの法連飾りは、長老から編み方を教わりながら、その伝統が受け継がれていく~そこには、素晴らしい日本の原風景が延々と刻まれているのですよ~


何と、左の小山のすそ野には、私の生まれた村々までも映っていて、驚きましたよ~
今、故郷は、渡り鳥の「鳥インフルエンザ」の発生で、大騒ぎになっておりますが、被害が大きくならない事を祈るのみです




sl-480-田の神様(たのかんさあ)


家から12キロも自転車で、通学した田舎道も、こんなに綺麗に舗装され、面影すらありませんが~

当時の制服はスカートで、自転車を漕いで通うのですが、国道沿いを対向車とすれ違うものなら、スカートがめくれ上がり、左手で、スカートをおさえながらの登校でしたよ~狭いあぜ道には、雨上がりだとニョロニョロさんが、出没するし、
急ブレーキもかけれず、何匹も自転車の下敷きになりました。


それなのに、大人になったらニョロニョロさんが恐くって~時々遭遇すると、もう全身鳥肌です。



お正月の葉牡丹~去年の寄せ植えですが~・・・


sl-480-008-2_20141129130020eaa.jpg


その中の葉牡丹を踊り葉牡丹にしようと、頑張りましたが↓

sl-480-016_201411291307403ba.jpg


今は、こんな状態です。果たして、見事な色づきが見られるでしょうか?



片や、こぼれ種の葉ボタン~8月末に拾い上げて、ポットに植えてあげた分です~

sl-480-003_20141129130701459.jpg

これは、見事に成長しましたよ~

sl-480-028_20141129130743dfd.jpg


あんなにか小さかったのが、きれいな色の服をまとい、成長して思わず笑顔です~


sl-480-020_20141129130741e60.jpg


小鈴のシャンプーを終えたら、極早生新玉ねぎの、寒さ対策~やる事がいっぱいですが、体と相談しながらやっていくしかないですね~・・・(kumi)
スポンサーサイト

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

斜面地に居付いたシクラメン


夜半の強い雨も上がり、南からの風がもたらした暖かな空気が、低く垂れ込めた雨雲とは対照的に、穏やかな朝をもたらした。

斜面地では、今月の初旬から、ピンクの花を咲き誇らせていた皇帝ダリアの花がそろそろ終わりを迎え、わずかに残った花が、雨上がりの空に最後の雄姿を見せていた。
sl-480-011_20141129085544fb1.jpg

シンボルツリーのムサシノケヤキも次々と葉を落とし、その足元の冬枯れし始めた芝の上を落葉が覆う。

その落ち葉の中で元気に育った、地植えのガーデンシクラメン。
sl-480-001_20141129085539aa6.jpg
数年前、寄せ植えにしていたものを、花後に掘り上げた球根をこの場所にダメモトで植えたものだ。
あちこちに植えたのだが、この場所が合ったのか、毎年葉数を増やし、年を追うごとに大きく育っている。

乗った落葉を払うと、葉の中心部から花の蕾が顔を覗かせた。
sl-480-008_201411290855419b2.jpg
蕾はすでに淡いピンクの花色を見せている。
sl-480-009_2014112908554338f.jpg
葉の中心部を覗くと、下からも小さな蕾が数個育ち始めている。
sl-480-006_20141129085540da8.jpg

散りゆく花の傍で、新たな花のふくらみ、過ぎゆく風の中で、季節は止まることなく巡りゆく。(akira)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

京都には負けへんで~


おはようございます。

膝があんまり痛くて、庭仕事に支障をきたすから、早く治そうと、駅前のいつもの整形外科に行ったのですが~
久しぶりの無愛想看護師さんに、お目にかかってしまいました。

それはそれは、年の割には見目麗しい美形、スタイル良子さんなのに、切れ長の目のなんと冷たい眼差し~
言葉は優しいのに、愛が感じられません。やさしい物言いの語尾が、キューットうえ上がりの職業言葉
《愛想笑いの一つも欲しい》久しぶりに思ったものです。

果たして、我が娘殿も同じ職業~患者さんに、優しい態度で接してているのかしら?いささか心配になってしまいましたよ~

夕食の鯵の開きに添える大根おろしの辛い事~「ヒイヒイ舞子さん」どころの辛さではなかった~ほら、大根を怒りながらおろすと、辛いっていうでしょう。~でも、万事腹を立てた方が、負けっていうから、忘れましょう~

結局「ヒアルロンサン」の注射を、1週間に1回、5週間通う事にしました。

いろいろな用事を先延ばしにして来たのを、ブロともさんに感化され、歯医者さんの、検診の予約をとり、関西空港近くの総合病院で、10年以上、年に一度の胃のポリープの進行状況を調べる為の胃カメラ検診の予約を入れてみました。
主治医の先生から、去年から2年に1回でいいとの指示書が出てるとの事で、やれやれ~あの嫌な思いをしなくてもいいと思うと一安心です。



我が家のシンボルツリー「アカメソロ」の紅葉も、ここ2、3日がピークかも~・・・

sl-480-046_20141127192713dae.jpg


久しぶりの太陽の優しい眼差しで、黄色い葉っぱも輝きを増しています。


sl-480-048_20141127192715c15.jpg


やっぱり、空は青くないといけませんね~


sl-480-060_2014112719271722f.jpg


玄関のドアをガラガラ~っと開けると、飛び込んでくるこの色~幸せまでもが、胸の中に入り込みます。~


私にとっては、京都の紅葉にも負けてません~我が家の紅葉です


一方、北川斜面地にそびえる「武蔵野ケヤキ」~あ~あ、もうすでに枯れてる~


sl-480-028_20141127192712995.jpg

そう言えば、夫さんが、棒で葉っぱを落としていました。
暑い夏には、日蔭を作ってくれたり、小鳥たちの止まり木になったり~今年も大活躍だったのね~有難う


真向いの雑木林~

sl-480-001_201411271926392b4.jpg
葉っぱを落とした柿の木と、ハゼの木が、赤く色づいています~


こちらは、まだまだこれからなんでしょうか?


整形外科の先生が、『悪くなるのは、早いぞ!!ストレッチを30分でも40分でも増やせ』って言われる。
確かに、ここの所、腰の痛さに参り、腰を中心のストレッチを続けて来ました。

毎朝、テレビ体操だって、欠かさないのに、これ以上頑張れって~「ハイ!!努力します」としか答えられません。(kumi)


theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

オキザリス~きれいです


昨日もまた、朝から曇り空~気分も晴れませんよね~

足が痛くて、小鈴の散歩は、パスしました。夫さんにお任せですよ~「行ってらっしゃ~い、遠くまでいくんだよ~」

私は、その間に朝食の準備を~ソワソワソワソワ・・・・

『今朝のコーヒー風味がないなあ』・・・「あら、そうかしら?愛情をこめましたよ~」
「愛も賞味期限切れなのね~」二人で、高笑いしてしまいました。

毎日、毎日一緒にいると、愛情だの何だのの優しさは、とっくに失せちゃって、何もかもが、おざなりになってしまいますね~お互い様に・・・

新聞の広告欄には、「年末までに行う事リスト」「年内に着実に済ませて、新年を」な~んて、ソワソワするような見出しが踊る中、「大人の恋の話、ちょっと書いてみませんか?」なんて、募集もあります。

どうやったら、「大人の恋の話が、書けるのだろう?」~誰かにご指南頂きたいものです。愛の覚めたシニアの私たちには、遠い遠いお話となってしまいました。本当は、心のトキメキは、若さを保つ上では、必要なのにね~・・・



お友達から、お届け物が来ました。「気を使わないで下さいね」って、あれ程、念を押したのに~

sl-480-044_201411261532501e8.jpg

懐かしい故郷の鹿児島名産、明石屋の「かるかん」ですよ~

sl-480-043_20141126153249495.jpg

夫さんが、入れてくれたお茶で、懐かしい故郷の味を堪能しました。


曇天続きの中、今日のお届けは、「オキザリス」の可憐なお花です。お日様の時だけ開花するんです。

sl-480-031_20141126144953f98.jpg


曇りだと、お花を閉じてしまい、鉛筆の芯みたいに、クルクルに丸まってしまっています。

sl-480-042_20141126144955e8e.jpg


夏場の暑い時は、裏庭に置来っぱなし~土の上には、何にもないから、もうほったらかしたままなんですが、・・・可愛いものですね。時期が来るとこうやって、見事に緑の可愛らしい葉っぱに覆われ、綺麗なにお花を咲かせてくれるんですよ~

sl-480-034_20141126144954730.jpg


和室の前の青紫のオキザリスは、もう少しかかりそうですね~

sl-480-007_201411261450433a6.jpg


シクラメンのお花とのコラボは、お正月前になそうです。

sl-480-008_20141126145045519.jpg


北側斜面地では、少し大き目な「オキザリス」がちらほら咲きです。

sl-480-034_20141126145107c90.jpg

生憎の曇天でお花をとじていますね~

痛い足を引きづりながら、クリーニング店に行くと、(水)(木)はお休みになってました。あああ~悲しい
それほど、クリーニングとも遠ざかってしまったのね。

やけに、年を感じてしまうな~なのに、お友達は、またまた新年会のお話を
えい!!乘っちゃおうか?

人生楽しんだ者勝ちです~ 誘って、引っ張ってくれる友に感謝しましょう~(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

鎮守の森~兼題「七五三」


今週のNHK俳句の兼題は、「七五三」。

昨日の嵐のような雨は、未明には上がったものの、どんよりとした曇り空の朝となった。
蓮池も雨上がりの少し霞がかかった感じで、静かな水面に、秋色深まる奥山や、褐色に染まりつつある池の土手を写している。
sl-480-005_20141126083010151.jpg
池の向こうの家並が切れる上の方に見えるのが、この地方の氏神、波太神社の鎮守の森である。

以前京阪沿線に住んでいたときは、氏神を意識することはなかった。初詣も、伏見稲荷や石清水八幡宮など著名な神社まで出掛けたものだ。
ところが、ここに越して来てからは、地元の神社を意識することが多くなった。特に氏子になったわけではないが、近辺の新興住宅にに住む人もほとんどが、初詣には波太神社へ行くようだ。

氏神信仰は、稲作と密接に関係していて、自然に左右されやすい稲作の豊穣を願う気持ちは、自然の恵みへの感謝と併せ、氏神信仰の根幹になっているように思う。
最近では、初詣に参拝する位で、神社に訪れることも減ったが、鎮守の森は、都会化が進む中にあって、癒しの場所でもある。

さて、兼題の「七五三」である。

氏神に詣で、子供の健やかな成長を願う「七五三」も、また日々の生活に融けこんだ氏神信仰である。
生活のなかに融けこんだこうした行事や祭りは、日々の生活の糧となり、代々受け継がれてきた。

神妙顔揃いて丸し七五三 .....akira

七五三行き交う親子の誇らしげ .....kumiko

日々の暮らしの安寧を願う氏神信仰は、また自然への崇拝でもあると思う。(akira)

嵐が来た~



おはようございます。午前7時ころ、ものすい豪雨が通過しました。大阪湾の上空は真っ黒、関西空港も全然見えません~こんな光景は久しぶりです。
慌てて、傘をさして、菜園のチェックに行きましたが、よし!!異常なし


3連休の最終日、シニア2人、犬1匹暮らしの静かな暮らしに、~嵐が吹きましたよ~

久しぶり、お嬢のご帰還です~

『12時過ぎに出ま~す』・・・「はい、気をつけてゆっくりおいで~」
が鳴りました。~ドキッ!!「モシモシ、何かあったの?~」
『バナナある?』・・・「ウン、あるよ~」
『安いから、買っていこうか?と思って~』・・・「家のをあげるよ~、ね~お父さん」・・・『うん』

日頃、多忙なお嬢のご帰還に合わせ、昨日からコピッと、母親に返りました。

夫が買って来てくれた「紫芋あん」~私の大好物~またまた、あんぱんを焼きました。
毎度毎度の登場ですが、あんぱんが大好きなのです。紫芋あんは、この季節だけの販売~

sl-480-022_20141124174933104.jpg
ちゃんと袋に入れると、立派なお土産にもなるし~


おでんも昨日仕込みました。

sl-480-031_20141124174935bd1.jpg


夫は、ゴソゴソと、お持ち帰りの品物を用意してくれています。
「お父さん、バナナ、私たちのがなくなるよ~」・・・『俺らは、リンゴも柿もみかんもあるやろ~』
無口だけど、優しい夫さんに感謝、感謝


お昼は、久しぶりに「パエリア」~玉ねぎと、にんにくをオリブオイルで炒めた中に、バーナ貝、あさり、いか、エビ、メルルーサの具材を入れ、少し混ぜ、蓋をして蒸し煮して、塩コショウし、スープごと、お皿にとって置く。(魚介類を炒める時、白ワインを50CC加えて、風味を出しました。)冷凍のサフランライスを炒め、スープ50CCと魚介類の時のスープを加え混ぜておき、鉄板焼きプレートに綺麗に盛り付けて、蓋をして、180度の温度で5分間蒸しました。プレートだと、保温機能があって便利です。
白ワインが切れてたから、買いに行って来ました~タマネギもニンニクもたっぷりいれましたよ~

sl-480-004_20141124175008a8c.jpg
チョット、焦げ目が付いて香ばしい~美味しかったです。



何時もの、お造りと焼肉~ホントに少しづつです。

sl-480-008_20141124175010475.jpg

お造りのケンの代わりに、赤大根をスライスしたら、美味しくてきれいでした。


sl-480-009_20141124175012a5d.jpg
焼肉の添えは、刻みキャベツではなくて、キャベツ、キノコ、高菜を醤油麹で、炒めましたよ~
野菜炒めには、もう醤油麹が定番となってしまいました。



小松菜の胡麻和え~醤油の代わりに、醤油麹で和えています。


sl-480-010_20141124175013041.jpg


またまた、おでんをたっぷり作ってしまいましたが、明日も戴きましょう。
最後は、おでんのスープで、豆腐の卵とじをしますよ~ネギをたっぷりいれて~


sl-480-007_20141124175009ca0.jpg


食事の後は、決まって生協のケーキとコーヒー~朝から冷蔵庫で解凍すると、ホントに美味しいのです。


『しわがふえたね~』・・・「うん、それなりにね~」
『小鈴ちゃん、大人になったね~』・・・《?????》

他愛の無い会話をして、の小鈴をいたぶって、「嵐」は去って行きました~
滞在時間、わずか3時間~仕事半分、趣味半分のお気楽暮らし~せいぜい気張っておくれやす~


嵐が去った後には、テラスに出るリビングの窓辺に、もこもこスリッパが、置き去りに~やはり、DNAですね。"(-""-)"

お蔭で、冷蔵庫が何だかスッキリなりましたよ~

白ワインを買いに行くと、ついでにいろいろ買うものが増えてしまい、後ろに袋一つの野球少年がいたから
「僕、1個だから先にしてもらってもいいよ~」と言うと、『いえ、大丈夫です』と、気持ちの良い返事が、返って来ました。
しっかりしている男の子に驚いてしまいましたよ~

若者たちのしっかり振りを見たり、「しわがふえたね~」と言われたりすると、自分では気づかない間に、年を取っているのでしょうね~一日一日を大切に過ごさなくてはね・・・(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

夕陽に映えるストレプトパーカス~


ここの所、晴天が続き、外仕事にも、気合がはいりますね~

北側斜面地の「武蔵野ケヤキ」の落葉が、尋常ではなく、夫さんは、朝からあま靴はいて、子供のお下がりのベレー帽をかぶって、頑張ってくれています。午後からは、腰が痛くなったと、ぼやいているから、マッサージしようか?と言うと、すっ飛んで逃げていきました。首を絞める訳でもないのに、おかしな人です~。((ノェ`*)っ))タシタシなんでしょうかね。
心配しなくても、私、口だけですのに~長い事、一緒にいても、私の性格わかっていないのね。


ワイルドガーデンの「ストレプトパーカス」が、もう一月も咲き続けています。

sl-480-011_2014112316094603a.jpg

たった1枚の葉っぱの差し芽を、花友に頂いたのが、4年前~

徐々に増えてきましたよ~

sl-480-012_201411231609472ba.jpg
sl-480-015_2014112316095234e.jpg


ほら、アップにしてもこんなに、ビウティフル!!

sl-480-030_2014112316113851c.jpg


秋の日暮れの優しい光をあびて、とっても幸せそうです。


sl-480-014_20141123160950c35.jpg


「ストレプトパーカス」のお花は、葉っぱの途中でカットして、土に差し込んで置くと、元気に葉っぱの横から可愛いい新芽が(-。-)y-゜゜゜をだすのですよ~心トキメクお花です~



11月も、下旬に入り、お庭も着々と春ガーデンへの準備が、進んで来ました。


可愛いいピンクの小花をふわ~っと咲かせる「スパティッシュフラミンゴ」~


sl-480-069_20141123161208318.jpg

まん丸い器に植え込んで、来春への幕開けですよ~


フロントガーデンも、鮮やかなコリウスたちに別れを告げ、葉牡丹、ビオラ、オルレア、ナスタチウム、麦さん等々、新春を彩るお花たちが、待機しています。

sl-480-036_20141123161105f12.jpg


やってもやっても終わりのない、ガーデニングだけど、自分へのご褒美として、頑張りますよ~・・・(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

花柚子仕事~


今日は「勤労感謝の日」毎日が、お休み、祝日みたいな我が家には、ピンと来ませんが~
通勤地獄で、早朝から夜遅くまで、お仕事の皆様、どうぞ、ごゆるりとお過ごしくださいね~

あんまりテレビ見ないから、長野県白馬村の震度6弱の地震~今朝のテレビニュースで知りました。
被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申しあげます。

昨日は、久しぶりに夫さんは、難波の高島屋までお出かけでした~束の間の「鬼の居ぬ間」とは、昨日の事を言うのでしょうね~
だだっ広いお家の中の空気を独り占めできる~ウ~ン優雅~。
それも、ほんの一瞬~やっぱり、なんか物足りなく感じる物ですね。

一人だと、食事なんかどうでもよくなって、食べなくてもいいような気さえして来ます。

やっぱり、相手がいて、何やかやとうるさい小言も聞き流しながら、バカ笑いして、内心「今日の夜、何を作ろう?」と考え、朝起きたら、冷蔵庫のチェックをしたり、「あーもう少し頑張ってやり終えたいな~でも、食事の支度を」と相手に合わせて、暮らすという事が、自分を律する事にも繋がるような気がします。

束の間の「鬼の居ぬ間」に感じた事でした~

ポカポカ陽気の昨日~果樹コーナーの「花柚子」の色付きが気になって、仕方がありませんでした。

sl-480-032_201411221659042d8.jpg

梅ぼしを漬けたり、梅ジャム、梅ジュースを作って過ごす事を「梅仕事」と言うなら、私にとって、昨日は「柚子仕事」でしたよ~


可愛いの小鈴も一緒です。

sl-480-065_20141122165952b8d.jpg


ポカポカ陽気の中、裏の蓮池で戯れる「鴨さんと鵜」~ずーっと、眺めていたいなあ~


sl-480-007_20141122201623fbe.jpg


挟みで、「花柚子」を収穫する傍らで、小鈴も、そうみたいですよ~菜園の中辺りで、まったりと鳥さん達を見学してます。


sl-480-022_20141122165950914.jpg

柚子は柚子でも「小さな果実の花柚子」~です。

sl-480-021_20141122165949e37.jpg


普通の柚子よりも、香りが控えめですね~お隣さんに、頂いたゆず味噌の味には、ほど遠いでしょうね~ちなみに、頂いたゆず味噌は、10日のブログに乗せてますよ~あまりの、違いに驚かないでくださいね~

覚悟のトライです。


お隣さんは、圧力鍋を使うと教えてくれたけど~ゆずの歯ごたえが 、なくなりそうで、ネットで、あっちこっちのいいとこどりです。
一つ一つを丁寧に洗い、真ん中から、カットして種と果肉をはずして行きますよ~


sl-480-103_20141122165953c5a.jpg


半分だけ、ゆず味噌にするべく、皮を千切りに、果汁は容器に保存しました。


sl-480-105_2014112216595522a.jpg


刻んだ柚子は、沸騰したお湯で2~3分茹で、たっぷりの冷や水に晒し、苦みをとりました。~
味噌、砂糖、味醂、酒と刻んだ柚子を、焦がさないようにかき混ぜ、最後に果汁を少しかけて、出来上がりです。
分量だって、色いろ書いてあって、チンプンカンプン~だって、こちらは、花ゆずだし、ネットのレシピはゆずですよ~
ゆず何個って??じゃあ、花ゆずでは、何個になるか、図りにかけて、

刻んだ花ゆず350グラム、みそ750グラム、砂糖350グラム、味醂と酒 60~70CC位かな~焦げないように、弱火で混ぜながらコトコト~10分ぐらいかな~タッパに入れて一晩置いたら色がなじんで、美味しいゆず味噌の出来上がりって、書いてたけど~


sl-480-108_20141122170017151.jpg
味噌は、米こうじと麦こうじのあわせ味噌を使いました。頂いた美味しい「ゆず味噌」はもっとまろやかだったのに~

いただいたレシピは~
味噌1キロ、柚子大6~7、砂糖(きざら)700グラム、酒適量~
柚子を半分に切り種を取り汁も別にしておく。柚子の皮、袋、荒くきり酒、砂糖を加え、圧力鍋でジャム状にする。に味噌を加え、とろ火で練りこむ。最後に、絞った汁を加える。
やっぱり、このレシピの方が、サラーとしたゆず味噌に出来上がるのかも~来年は、こちらにしましょう~

ネットでいろいろ書いてあるけど、圧力鍋で、ジャム状にしてからの、頂いたレシピの方がサラーッとしたゆず味噌ができそうです。

結局、圧力鍋を使ったゆず味噌は、料亭の味なんです。なかなか味わえない味ですよ~。

来年度は、そうしましょう~と、「ゆず味噌」レシピを日記代わりにブログに記録する私~でも、便利ですよね。


sl-480-112_20141122170018fb4.jpg


残りの半分は、刻まずに1~1,5分沸騰したお湯で湯がいてから、水にさらしました。
しばらく水にさらした後、今度は、蜂蜜漬けにして、「柚子茶」として頂きましょう~


sl-480-122_20141122170019332.jpg


2、3日したら、粘りが出て、美味しい「柚子茶」の素ができるでしょう~
お湯で薄めておろし生姜を混ぜて頂く事にしましょう~♪

昨日は、膝が痛くて、庭仕事も小休止となりましたが、今日はコピット頑張らねば~そして、昨日、夫さんが、難波の高島屋百貨店で、買って来てくれた、「紫芋あん」で、あんパンも焼き、午後からは、美味しいおでんも仕込みましょう~♪

こうして、やりたい事が出来る~何て幸せな事でしょうか。有難い事です~・・・(kumi)

theme : 果樹栽培・畑作・稲作
genre : 趣味・実用

名残りの秋


今日は、二十四節気の「小雪(しょうせつ)」。北国から初雪の便りが届く頃で、陽射しが弱くなり、紅葉が散り始め、寒さが一段と進むという。
それでも、昨日から小春日となっており、この連休中は、穏やかな日和になるという。京都や奈良の紅葉もちょうど見頃となり紅葉狩りの人々で混雑することだろう。

我が家の庭でも、秋は深くなっており、季節の過ぎ往くのはあっという間だ。
心地よい秋の陽射しのなか、名残りの秋を追ってみた。

斜面地のシンボルツリー、ムサシノケヤキも、褐色となった葉を次々と落葉させ、葉数も半分ほどになった。
sl-480-006_20141121195233516.jpg
斜面地の裾で咲く皇帝ダリアの大振りの花も、そろそろピークを過ぎた。

斜面地の擁壁を覆うように育ち、今もまだ元気にピンクの花を咲かせる、蔓バラ「アンジェラ」。その足元では、対照的にユーパトリウムが、花の愕を残し、ドライフラワーのようになり、淡いセピア色の世界となっている。
sl-480-008_20141121195233acb.jpg

フロントガーデンでは、シンボルツリーのアカメソロがほとんど葉を落とし、褐色となった実の房だけが残った。
sl-480-019_2014112119523696e.jpg

ジューベリーの木でも、少なくなった色づいた葉が、淡い秋の陽光を透かしていた。
sl-480-023_201411211952593c5.jpg

ハナミズキの葉も残すところ2枚となり、赤褐色となったこの葉が落葉してしまうのも、もう間もなくだ。
sl-480-015_2014112119523503d.jpg

シャドーガーデンでは、縁取りとして植えられた、オタフクナンテンの葉が、艶やかに赤味を増した。
sl-480-003_20141121195231206.jpg

庭の落葉樹たちは、間もなく葉を落としてしまうが、その枝には、しっかりと来春に備えて新芽を蓄えている。
ただ、新芽は小さくて固い。冬の厳しい寒さに耐えた新芽は、春の温もりに呼応し新たな息吹となる。(akira)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

帽子のハンギング~


おはようございます。

昨日は、1週間ぶりの「元気シャッキリ体操」歩いて行きましたよ~
帰りは、いつものように、ジョリパスタにて、ピザをいただき帰宅~

ジョリパスタには、お年寄りの方々がいっぱい~その中にポツポツと若者たち・・・どういう関係?法事でもないし、同窓会でもなさそうだし~しばらくしてわかりました。デイサービスの方々・・・

和歌山ナンバーの大型車2台で、お昼を食べに来られたみたいですね~

和歌山からだと、ちょっとした遠足気分です。こんなデイサービスだったら、楽しいですよね~

日頃の生活パターンをちょっと変えて、外での食事風景、みなさん楽しそうだし、甲斐甲斐しく世話する若者たちも、気分を変えてお世話が出来るし~デイサービスの内容もこれからは、いろいろ進化して行くのではと、未来が明かるく感じました。


昨日も、前日に続きフロントガーデンにて、お花の植え付け作業開始~次は、帽子👒のハンギングですよ~

sl-480-016_20141120162931069.jpg


フリズルシズル~花びらがレースみたいになって、ちょっぴり豪華なパンジーです。

sl-480-017_2014112016293284b.jpg


らいおんももか~ピンクのお花が沢山咲きます。


sl-480-018_201411201629338d5.jpg


カシスイエロー~きれいな色の小花が、たくさん咲きます。


sl-480-019_20141120162935747.jpg


虹色すみれ~大人色のすみれですよ~

sl-480-020_20141120162958881.jpg


こんなに植えても、お庭には、まだまだ残ってます。
購入後、しばらくは、茎を育てるために、お花はすべて、摘み取ります。蕾が出ても出ても、摘み取られて、なんだか可哀想なんですが、沢山のお花を咲かせる為の、コツなんですって~


sl-480-039_201411201630029a0.jpg


枯れたお花と、お正月準備のお花、夏の名残のコリウスたち~この初冬の雑然とした庭が、ナチュラルっぽくて好きなんです。~


sl-480-024_20141120163001a73.jpg


正門左上には、可愛いお花を終えた、丸葉の「ミセバヤ」、今度は、葉っぱを赤く染め始めました。

sl-480-022_201411201629597ef.jpg


やってもやっても終わりのない、庭仕事です。
果たして、いつになったら納得のいく~「ヨシッ!!」~の声を出せるのでしょうか?
果てしない初冬の~ガーデニング~根性も気合もいりそうです。(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

ハートのハンギング


昨日の夕方のテレビニュースを見てから、夫がやたらと優しくなりましたよ~
2人で、青○化合○事件の、ニュースを見ていて、思わずニヤッと笑うふたり~「大丈夫よ、私はそんな事はしません」
「いくら、意地悪されても、耐えて見せます~]」

静かな阪南市も昨日の早朝は、けたたましいサイレンの音でしたが、きっと熊取町のこの事件が関係していたのでしょうか?久しぶりの騒音でしたよ~


北側斜面地のレモンの初収穫です~


sl-480-021_20141119224752977.jpg
実際は、2回目ですが~・・・東側の方から、色づいて来ています。


結構大きな、くまもんのマグカップのはずなのに、それに近い大きさの丸いレモンですよ~子供が、あんまり大きくて、形も真ん丸なもんで、不審がりますが、正直正銘のレモンでございますよ~


sl-480-025_2014111922475353c.jpg


最近、レモンにもいろいろな形や大きさがある事を教わりました。我が家のは、真ん丸ですが、道路を挟んだ崖の上のレモンは、グレープフルーツみたいにもっと、特大サイズ、下のほうでは、小さなレモン~収穫して、1週間ぐらい置いてから戴く事にしましょう~




久しぶりの園芸日和に、気合が入りました。1昨日配達して戴いた、大人買いのお花たち~


sl-480-024_20141119173330700.jpg


昨日は、いよいよハートのハンギングが登場~植え込み作業です。


まず、ジュートを切って、ビニールを入れ込む作業~・・・これが、実に手間が要ります。

sl-480-027_20141119173402c45.jpg

水の流れをつくる為に、ピコピコと穴を開け、ハンギング用の土を詰め込んでいきます。

sl-480-028_201411191734039b2.jpg
2個もあるから、結構な手間でした。


手間がかかった分、出来上がりには、満足ですよ~

葉牡丹、シクラメン、カル~ナ、白妙菊、そしてペアグラスは去年のを株分けしました。

sl-480-037_20141119173405aa0.jpg

同じ材料でも、サイズ色により、少し雰囲気が違います。

sl-480-040_20141119173407ed4.jpg

上↑は、華やか~下↓は地味に仕上がりました。カルーナのボリュームの違いですね。

sl-480-041_20141119173408865.jpg


最後に土を水ゴケで覆って、完成です。何だか「正月」って気になりましたね~

忙しくって、お庭も凄い事になってますが、これから少しずつクリスマス、お正月バージョンへの模様替え~

お掃除やら、菜園仕事、お花の植え替え~考えたらやる事がいっぱいです。
でも、出来るのは少しだけ~楽しく頑張れるのが、一番ですね~(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

光を写す~兼題「青写真」


今週のNHK俳句の兼題は、「青写真」。

今朝は、今年一番の冷え込みで、小鈴の散歩も真冬の格好で出かけた。
それでも陽が昇ると、柔らかな陽射しが白い綿雲を照らし、おだやかな初冬の朝となっている。

季節のうつろいに合わせ、時々刻々変化する蓮池の水面も、すっかり青や緑の色を薄めている。
sl-480-002_20141119082433801.jpg
水面は、無風の状態でも少しさざなみが立ち、鏡面になることは稀であるが、それでも、その季節の山の木々やの雲を写し出す。

さて、兼題の「青写真」である。

青写真といえば、基本構想を練るときに「青写真を描く」と例えられるように、設計図のイメージを持っていた。
建築科で学んだ学生時代、設計図は基本、青写真だった。トレーシングペーパーに鉛筆で図面を描き、感光紙に重ねて複写機を通すと、線や文字の部分が白く残った青い図面が出来上がる。
が、季語の「青写真」は、子供の頃親しんだ、いわゆる「日光写真」である。陽の光が恋しくなるこの時期、その陽の光を浴びながら楽しむ「日光写真」は、日溜まりの暖かさをかみ締める物でもあったのだと思う。

日が陰り一喜一憂青写真 .....akira

kumikomamaは、今回お休みである。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

絵手紙教室~


おはようございます。

「お父さん、豚まんの温め方、上手だよね~」・・・「それは、前にも聞いた」
「お父さんの入れたお茶、美味しいね~」・・・「昨日も言った!!

最近、同じ言葉が頻繁に飛び交うようになりました。ボケと呼ぶには、少し早いような気もしますが、褒めて怒る人はいないし、それで、より頑張っていただけたら、これ、幸いです。

昨日の午前中は、「絵手紙教室」~「フィットネス」も同じ時間なんですが~究極の選択~絵手紙を選びました。

課題は二つ~「身近な物を描く~日用品で」~

sl-480-019_2014111808004311b.jpg

手元に有るもので、それぞれに描く~楽しいですね。

先輩の描かれた「携帯電話」、とってもリアルで好きです~♡

sl-480-013_20141118080017429.jpg
とても、几帳面に丹念に描かれています。~・・・

もう一つの課題は、「国宝、鳥獣戯画と高山寺」~の絵巻物の模写ですよ~

sl-480-008_2014111808001497f.jpg

普段の筆遣いの練習の成果が問われますが~・・・

皆さんの模写の楽しさと、添えられた言葉がユニークで、個性が光ります。

sl-480-006_20141118080013aaa.jpg

上↑・下↓は、男性の作品です。~何だか、やっぱり男らしいでしょう~

sl-480-011_20141118080016b83.jpg

そして、とっても微笑ましい~穏やかな夫婦中が伺えます。

sl-480-005_20141118080012bac.jpg


私の「鳥獣戯画の模写とコメント」ですが、綾小路きみまろの世界だねって、先生に言われてしまいましたよ~

sl-480-008_2014111808011550c.jpg
きみまろワールド大好き~楽しい言葉は、いくらでも浮かびますよ~

最後は、先日の籠の作品のリベンジ、帰宅後に描きました。

sl-480-010_201411180801167a1.jpg

最近、絵手紙が楽しくなってきましたよ~

教室が終わったら、夫をほっといて、教室の先輩、そして先生もいっしょにお食事とお喋りタイムです~
10時から14時まで、またまた遊んでしまいました。

そして、「今日用」「今日行く」が実行出来た事に感謝ですよ~

今日は、庭仕事コピッと、頑張ります。・・・(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

契約農家さんからのお野菜~


おはようございます。今日から新しい1週間のスタートですね~

毎日が日曜日の私たちには、さほど関係あるわけでもありませんが~先日の旅行以来、後始末に追われ、睡眠不足も手伝って、身体が重いのです。

インフルエンザの予防接種の後の2、3日は、『身体がだるいですよ~』とは、言われていたけど・・・
もうとっくに過ぎているのにだるいんです。

体重計に乗ると、何と増えています"(-""-)"「あ~、だからか~」納得です。

最近仕事の効率を理由に、の小鈴の散歩を、夫さんに任せたりしてたものね~
散歩行く時間に、掃除機がかけられるし、朝食だって、早くいただける~夕方だって、早く夕食の準備が出来るんですもの~でも、毎日が日曜だっていうのに、効率なんてどうでもいい話~愚かな考えでした。
ダイエットも兼ねた犬の散歩、一緒に行くように頑張ろう


最近の頂き物で、エンゲル係数の数値が、グッと下がり気味の我が家~またまた、お得が来ましたよ~

sl-480-013_20141116205636211.jpg


毎週金曜日のランチでお世話になる中国料理「やぐら」さん~いただいたパクチのあまりの美味しさに~大きな声で、「美味しい!美味しい!」を連発してたら、お隣に栽培農家さんがいて、話がトントン拍子に進み、またまた届けて頂きました。
以前にも一度お世話になったけど、お値段の割に量の多さに、驚いたものです。

今回は、自称パクチ大好き人間のお隣さんの分も入れ、ダンボール箱2個の注文でした。

箱の中身、すごいでしょう~これで、何とひと箱¥1,000ポッキリ~

sl-480-015_20141116205639095.jpg

丁寧にお野菜の名前が記された、大学ノート~好感が持てます。

sl-480-014_20141116205638e01.jpg


お待ちかね「パクチ」~キンサイ(スープセロリ)も一緒~・・・さわれば、強烈な匂いですが、好きなんだな~♡

sl-480-022_201411162057115d8.jpg
街に出かけて、百貨店を覗くけど、売ってないときが多いんです。

甘いと驚いた人参の数々~・・・オレンジ、黄色、白~

sl-480-018_20141116205640e58.jpg
左の赤いのは、大根ですが、これかの温野菜料理には、最強だそうです~

そして大根も、3種類~普通の大根、緑のダイコンおろしにビタミン大根、紅くるり~中まで赤いサラダ用~

sl-480-019_20141116205708234.jpg


何だか、嬉しくて興奮しますよ~キャベツにター采

sl-480-021_20141116205709e58.jpg
このキャベツ、肉厚で、中の芯が、包丁で切れ目を入れて引っ張ると、ポコッととれたんです。
皆、ロールキャベツの時、キャベツの芯をどうして取るのかしら?と、いつも悩んでいましたが、これは凄い!!
ロールキャベツにまるまる1個使い切りましたが、甘くて、夫さんに大受け~


そして、大きなオレンジ白菜~

sl-480-024_20141116205712dd5.jpg

カットすると、真ん中が、淡いオレンジ色なんです~

種類だけで13~数にすると、16個~
野菜農家さんは、種類、肥料、味にこだわりを持ち、肥料から手作りされています。

中国料理「やぐら」のサラダが、自宅でいただけて嬉しいです。

白菜も大根もいくらあっても困りません~・・・
しばらくは、またまた冬野菜長者ですよ~お隣の奥様に、『また注文する時は一緒にお願いします』とリクエストされちゃった~「ハーイ、任しといて~」・・・「あ~、幸せ~」献立に悩まなくて済みます。(kumi)


theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

♬ど~こ~か故郷の~香りを乗せて~(^^♪


昨日15(土)は、同窓会旅行の報告を兼ねた反省会を、京橋駅上のホテルで、バイキングでした。

近くのコムズガーデンのお花の寄せ植えが、楽しくて思わずでパチリでしたよ~

sl-480-014_201411160815522d2.jpg
転がしたり、立てたりのビヤダルが、とても楽しくて♪・・・・・

反省点もいろいろあるけど、「実は、幹事の私は発案者の手のひらで、楽しく踊っていたのよ~」
あちこちの友に電話して、その気にさせる発案者の彼女は、名プロデューサーでした。
彼女は「石井ふくこ」、私は「橋田寿賀子」ってところでしょうか?

関東の同級生から、『細部に細かい配慮が行き届き、人生最後の修学旅行は、絶対気を抜いてはならないという、強い執念が感じられた、あなたは最高の幹事でした』~の強烈なほめ言葉に、またまた、天にも昇る心境ですよ~

11時30分~14時30分までの、時間は瞬く間に過ぎ行き、またまたお口がお疲れモードでした。

またまた、夜は手抜き~デパ地下で、夕食を買って、ルンルンで帰宅すると、「故郷からの宅配便」です。

sl-480-030_201411151712205d2.jpg

お芋、掘りたての土の香りが、画面からも漂ってくるでしょう~

sl-480-027_20141115171219da4.jpg
わが故郷は、有名な「鶴」の渡来地、おみかん&薩摩芋の産地でもあるわけなんですが~

両親をとっくになくし、家もなくなり、故郷に帰る機会もめっきりなくなってしまいましたが、故郷はいい~「友は宝」です。


そして、こちらにも懐かしい島根の故郷に帰省された、お隣さんから「故郷の香り」が届きました。

sl-480-025_20141115171217235.jpg
島根県の名産「宍道湖のしじみ」の佃煮(しじみ大好き)、利休饅頭、はやとうりです。
そして、菜園で収穫された「高菜」~待ってました!!

いろいろな、頂き物で、当分は飢え死にしないで過ごせそうです~

まだまだ、あるんです。どうしましょう~
私の留守に「珍しいから、絵手紙に描いて」と、依然暮らしていたご近所さんが、置いてくれました。
絵手紙のお友達にいただいた、大きな柚子と一緒に記念撮影をして~

sl-480-002_20141115171112874.jpg

絵手紙に描いて、報告ですよ~

sl-480-005_201411151711435ab.jpg
柚子は和歌山と描いてしまったけど、ホントは「箱作」の産まれです。和歌山の方が、暖かくかんじるでしょう~

木枯らしも収まり、今日、日曜日は何となく過ごしやすそうです。
曇り空から、届く少しだけの太陽の光~無理をせず、チョコットだけ、外仕事をしましょうかね~(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

小春②


今朝も冷たい風の吹く初冬の明けとなった。小鈴の散歩もコートが手放せない。
それでも、昨日の冬の黒雲は去り、乾燥した青い空が拡がっている。

朝の柔らかい陽の射しこむ庭で、我が家の小春を探してみた。

斜面地へ降りる階段の下で、鉢の中で育ったレモングラスの大株。
ひと月程前に刈り込んだのだが、切り口から葉を伸ばし、60cm程の高さに伸びている。
sl-480-001_20141115083049b95.jpg

こちらは、斜面地の中腹で大きく育った萩。
秋の花の盛りには3m四方に枝を拡げていたのだが、これもひと月程前に、地上30cm程の高さまで刈り込んだのだが、春のような新芽を吹き、褐色になりつつある斜面地のなかで、薄緑の輝きを見せている。
sl-480-003_20141115083050b95.jpg

レモングラスも、萩の新芽も、やがて北風に枯れてしまうのだが、束の間の温もりを演出している。

一方、春本番に向け、春の花たちの新芽も負けず育っている。

こちらは、ナスタチューム。
秋色の濃くなるフロントガーデンで、丸い葉を淡い陽の光の方に一斉に向け、緑の柔らかい光を返している。
sl-480-005_201411150830517aa.jpg

一方、庭の色は日に日に秋の色を濃くしており、フロントガーデンの奥で育つブルーベリーの葉も真っ赤に色づいた。
sl-480-038_20141115083053176.jpg

庭の落葉樹は次々と紅葉し、落葉し始め、芝は褐色になり、庭は少しづつ秋から冬へ移ろいゆく。(akira)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

紅葉を探しに行きました


寒い寒い季節が、来てしまいました。暑い猛暑をあんなにも嫌がっていたのに~
やっぱり寒いのよりも暑い方が、いいかな?人間(私)の欲望は、自分勝手です。

昨日は、午前中阪南市主催の「元気シャッキリ体操」に、2人で歩いてでかけました。
ほとんどの方々が、お車なんで、歩いて来たというと、驚かれます。

普段は、特別な運動をしてるわけでもないので、の小鈴の散歩、お買い物、本屋さん、どこへでも歩く事にしているのですが~これが、当たり前になっていて、別にそんなに驚くほどでもないと思うのだけど・・・。

おかげ様で、片足立ちは、余裕ですよ~普段、車ばっかりだと、便利だけどやっぱり足には負担がかからない分、その片足立ちは、すぐによろけちゃいますね。

帰りに、団地の入り口で、すすきがあまりにも綺麗だったので、帰宅してすぐにをもっての撮影へGO!!。

ま、紅葉を求めてというところでしょうか。

sl-480-029_2014111319283767e.jpg

今年は、天候がおかしいですね~紅葉の前に冬将軍が来てしまったようです。


それでも、2号公園の「イチョウ」は、ほんのり色づき、バックの青空とのコントラストが、何だか暖かくていいで~す。

sl-480-040_2014111319283806a.jpg

遠回りをして、蓮池を、別の角度でパチリ~

sl-480-057_20141113192840d04.jpg
我が家の北側斜面地です。真向いのブルーのネットは、ゴルフ場ですよ~これから、毎日落ち葉拾いにおわれます。

北風はきついけど、フロントガーデンは、東南の角に位置しているから、ポカポカ陽気です。


ジュンベリーの紅葉~葉っぱが、楽しそうでしょう~


sl-480-074_20141113192841c5c.jpg


真っ赤なコリウスも負けていませんよ~

sl-480-090_20141113192909052.jpg
暖かい日差しを受けて、一層彩りよく、真紅に染まって来ました。


シンボルツリーの「アカメソロ」の花穂~ほんのり色づき、かわいい実をつけています。

sl-480-091_20141113192911dd3.jpg


sl-480-093_20141113192912842.jpg
sl-480-097_20141113192914afa.jpg


寒々とした、冬将軍が居座る季節の高い高い~青い空~恋しいですね~(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

冬将軍さま~紅葉前線はまだですよ~


おはようございます。

鉛色の空~木枯らし吹いて、冬将軍の到来です。

昨日のこと、「インフルエンザ」の予防接種の人たちで、近くのかかりつけ医は溢れていました。
それもそのはず、接種後も20分は、経過観察の為に、待合室に待機しないといけないそうで~

当日申し込みで受ける人、私みたいに予約の人、接種済みの人、そして問い合わせの電話~受付の看護事務の方の対応が雑になって、無愛想になるのを、目の当りにしましたよ~

午前10時に行って、病院を出たのは、11時30分でした。もう、くたびれ果てて~お昼は手抜きです。

近所のスーパーの手作り弁当を買って帰りました。安い~手の込んだお惣菜がたくさん入ってるのに¥400未満~
夫もビックリしてましたが・・・『お箸はどうしましょう?』のお姉さんの言葉にいつもは「結構です」と言うのに、「2膳くださいね」~思考力ゼロでした~
と、・・・(いけない自然を大切にしないと)~と思い帰宅すると、夫はそのお箸をしまい、いつもの塗り箸を出してきましたよ~そんな、お箸が台所の引き出しの1箇所を占領しています。まだ、お正月のお箸だって沢山あるのに、ついつい、増えて行きます。

ナメクジさん退治に使うことはあるけど~引き出しに溢れるほども、使わないし~反省です。

お弁当は、のんびり暮らしの私たちには、少々味付けが濃いのかな?弁当だから、そんなものなんでしょうけど・・・



皇帝ダリアが、当たりをピンクに染めて、開花が進んでいます。バックは、やっぱり青い空でしょう~


sl-480-011_2014111215551319b.jpg


若い間に、こんなに綺麗なドレスまとった事あったかしら?ナイッ!!ナイッ!!

sl-480-014_20141112155514033.jpg
今だったら着れるけど~お化けですね。


蓮池をバックにしても、大きな池が隠れてしまいそうですよ~チョット大げさね。

sl-480-022_20141112155517238.jpg

久しぶりの青空と皇帝ダリアを楽しんでいたら、またまた太陽が、雲間に隠れてしまいそう~

sl-480-016_20141112155516334.jpg
シャッターチャンスって、長い1日でも結構タイミングが難しいのです。
大きなお花は、上からは写せないし、晴天すぎもダメ、直射日光はダメ、曇りもダメ、~早朝の青空かな?


蓮池の上の、斜面地の「ケヤキ」~大きく育ち過ぎました。ご近所の皆様、ごめんなさい
akirapapaが、そのうち剪定するそうですよ~

sl-480-001_20141112155511105.jpg

紅葉だっけ?枯れてる?~「ケヤキ様、きれいくないですが、あなたは、紅葉前線の仲間入りされてますか?」・・・・・
「今日は、冬将軍到来なんですよ~」~何て言っても、聞く耳持たず、綺麗な紅葉を見せる事なく、枯れ葉と散り、庭主の冬前の大仕事を作ってくれますよ~それでも、夏場はちゃんと日陰を作ってくれるのよね。

私の隣で、パズルに夢中のakirapapaさんが、『こういう木は、紅葉しないで、褐色になって散っていくだけ』と、彼の大好きな武蔵野ケヤキの代弁をしてくれました。



2階のテラスからの蓮池です。

sl-480-020_20141112155431da5.jpg

空の色で、コロコロ変わりますが、晴天の時はその色が池に映りこみ~心地よい眺めです。
お隣の柿、ご近所もそうですが、鳥さんが種を落として行きました。りっぱに成長して、風情を醸し出してくれますね。


こちらも、紅葉前線とは、無縁ですって~褐色になって散って行くのみ~そして、芽吹きの季節を迎えるそうです。


温暖なこの地は、山間部とは違い、朝晩の冷え込みが緩い分、目の覚めるような紅葉は期待出来ません。

でも、の散歩の途中では、綺麗に色づいたこの葉たちが、スキップしたり、木枯らしに追っかけられたりしています。チョコットだけど、晩秋の風情を味わいながら、冬将軍をお迎えする事としましょう~(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

小春~兼題「神の旅」


今週のNHK俳句の兼題は、「神の旅」。

未明に強く降った雨も上がり、雲間から時折陽の覗く小春日和の穏やかな天気となった。

蓮池下がりの稲田では、10月初旬に刈り取られた稲の切株から伸びた新芽が、30cm程に育ち、褐色の刈田を若緑色で包んでいる。
sl-480-004_20141112081355f6a.jpg
一見、春の草原のようだが、周りの畦では、草が褐色に枯れ始めている。
明日からは、ぐっと気温が下がり初冬本来の気候になるという。

「小春」とは、もともと旧暦10月の異名で、この頃には、春のような暖かで穏やかな日が続くことが語源のようである。

さて、兼題の「神の旅」である。

10月の異名と言えば、「神無月」の方が有名である。旧暦10月、やおよろずの神々は、男女の縁結びのため出雲に集まるという。

虚子編の「季寄せ」を見ると、この神々の「サミット」にまつわる季語がいくつか掲載されている。
10月1日出雲への旅立ちを送る「神送」、10月に吹く西風を「神渡」、「神の留守」等・・・
「神の旅」もまたそのひとつである。

鰯雲鯖雲も有り神の旅 .....akira

時を越え超高速の神の旅 .....kumiko

今年は閏9月が入った関係で、11月22日が旧暦の10月1日となったため、「神の旅」も先送りとなっているのかもしれないが、季節の営みは予定どおり過ぎて行く。(akira)

絵手紙教室&友の絵手紙


雨上がりの月曜日、心地よい秋空の下、昨日午前中は、歩いて4分「阪南市総合体育館」で、ミズノスポーツ運営の「フィットネス」へ生徒は、何と112名、講師の先生1人と助手2人。
その中に、貴重な男性はたったの3名です。勇気ある元企業戦士にエールを送ります。

久しぶりの結構な動きは、汗びっしょりですよ~

終わって帰宅~お昼を食べて、すぐにまたまた「絵手紙教室」です。
旅行シーズンとあって、生徒さんも休みが多く、静かな授業風景・・・授業???先生に遊んでもらっているような感じですが・・・


課題が2つもあり、お喋りができません。~まず「鳥毛立女屏風」の模写~筆使いの成果が試されます。
「鳥毛立女屏風」の絵を、筆でスーッと模写していきます。

sl-480-033_20141111074902525.jpg

こういうのは、その時の感情が現れるらしい~私の模写~

sl-480-036_201411110749036df.jpg
太めで何だか、恐いです~自分でもゾーッとしました。フィットネスで疲れていたのかも~


もう一つの課題「籠に入れた、花&物を描く」~あくまでも、主役は、かごですよ~

先生曰く~こんな時には、描きやすい籠を選ぶ事ですよ~「もう、おそいわ!!」

sl-480-046_20141111074908bb5.jpg
中途半端です。上に丸~るいとってが付いていたのですが、時間がないから、省きました。
再度、リベンジしますよ~


お友達の作品~

sl-480-040_20141111074905975.jpg

素敵に描かれ言葉も、この絵にピッタリはまってますね。


これは、男性の作品~やっぱり、男らしいです。いつでも、飾らなくて、サラサラと描かれますよ~

sl-480-045_201411110749064f3.jpg


昨日のブログで、早く食べたい開封したいと書いた「栗みそ~」帰宅後、描いてみました。

sl-480-006_20141111074938180.jpg
これで、やっと頂けるし、気がかりのお礼の手紙が投函できますよ~ホーッ!!


ポストに、同級生からのお礼状が届いていました。

sl-480-007_20141111074940204.jpg
「つわぶきの絵」と言葉~文字をわざわざ優しく表現したところが、巧な演出ですね。達筆で控えめな良妻賢母さんですよ~

週末に、関西の仲間たちと、反省会を兼ねて旅行のアルバムの表題を決めたりしようねと「ホテル、バイキング」の予定なのですが、頂いた絵手紙の言葉がいいですね~

緑寿の関西旅行~50年前の私に帰った日~なかなか、深い言葉ですよね。

提案してみましょう~・・・(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

季節の頂き物


昨日の事、毎年、梅雨入り前と、この季節に行われる町内の「一斉清掃」は、秋雨のため中止になりました。

最近の自治会活動は、遠のいて行かれる方が増えているそうですが、我が班は、そういうこともなく、この清掃の時は、ご近所の親睦を計るには、絶好の行事なんです。

8時からのスケジュールがぽっかり空き、外は雨だし、「同窓会旅行」の整理をしながら、コーヒーを頂いたりして、まったりと過ごしました。

ソファーに掛けていると、の小鈴がすり寄って来ます。

sl-480-002_20141109151538834.jpg
ずっと、膝枕していたいけど、そうはいきませんよ~

我が家の花柚子が、頻繁にブログに登場するようになり、沢山の実のいただき方で思案してる頃、お隣には、大きな柚子が今年は、大豊作だったそうで、「ゆず味噌」と「唐辛子の佃煮」が届きました。

sl-480-047_201411091516243e0.jpg
大きくて綺麗な柚子もいっしょですよ~

「ゆず味噌」~大きな、ゆずの皮の固まりが、何だかスルメの感触がして、その美味しいこと・・・

sl-480-046_20141109151622528.jpg
柚子風味のお味噌~ご飯に乗っけたら、いくらでも戴けそう~

「唐辛子の葉っぱの佃煮」も、優しい口当たりでした。

sl-480-045_20141109151621e48.jpg


お隣の奥様は、陶芸教室の先生もやられ、栄養士の資格もあり、洋裁だってプロ級~ご主人のサラリーマン時代のYシャツをアレンジして、お孫さんの「エプロン」に仕立てられたり~何にも特技のない私には、すごい刺激になります。

お料理には、必ず「レシピ」が添えられ、ホントに頭が下がり、爪の垢でも煎じて戴きたいくらいですよ~

近くにお手本となる人がいると、それに少しでも近づこうと、頑張れます。この地で暮らすようになって、お料理やケーキ、パン作りに興味が出たのも、その影響が大きいかもしれません。

そして、もう片方のお隣さん~こちらは、可愛いいキャピキャピの妹みたいなんですが、活発で、常に行動的、フィットネスにご一緒していますが、ご主人が栽培したという「かぼす」を玄関先に置いてくれていました。

sl-480-002_20141109161239532.jpg
とっても、水分が多くて、何にでも絞って重宝します。

銀杏は、セカンドハウスから帰ってきた、花ともさんからのお土産です。ご主人が、拾い集めた銀杏を、近くの川で綺麗に洗い、乾燥してくれています。銀杏をこんなにきれいにするって、大変なことなんです。
これだけあれば、来年のこの季節まで、もう「銀杏長者」ですね。ハハッ!


先日、同窓会の時、大阪市内のお友達に頂いたお土産です~「阪急百貨店」で、この季節だけしか販売されないという珍しい「丹波の栗みそ」~ご飯のお友に、酒の肴に・・・と記されています。

sl-480-068_2014110916295166f.jpg

さっそく戴きたいところですが、頂き物はまず絵手紙に~絵手紙に描いて、味わってから、お礼状を出したい~描いてから、開封したいけど、未だ絵手紙が描けず、未開封のまま~
早く、食べてみたいです。

ゆず味噌、栗味噌~この季節にピッタリの頂き物~湯豆腐にも、乗っけて食べれそう~チョッピリ手抜きができますよ~


秋は柿、みかんも沢山いただいて~これは、田舎の同窓生から送られた「故郷みかん」~

sl-480-003_20141109215631468.jpg
なんだか故郷の香りがしますよ~

季節にその季節の物がこうして味わえる~なんて有難いことでしょう。
皆様に感謝ですね~(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

7日の満月の月と白い山茶花


お早うございます。

1昨日は、満月でした。あんまり鮮やかなオレンジ色した11月7日の満月に、誘われを持ち出し、パチリ、パチリ~

sl-480-019_20141108171911f36.jpg

ヨウド卵光の黄身みたいでしょう~鮮やかな色の満月も午後9時には、空高く雲間で、ふつうの白い卵の黄身へと化しました~

~11月7日からの満月の頃には、気が充実して、行動力と表現力が優れて、何事にも、頑張れるらしいです。
11月7日から、始めた計画に従って積極的に行動に移しても、大丈夫なんですって~

なのに、①今日が雨との予報に、昨日の間に、洗濯しようと言っておきながら.、洗濯するのを忘れていました~。
②毎度の事ですが、自分の部屋履きスリッパを、どこで脱いだか思い出せず、ウロウロ探していたら、夫さんがすぐに見つけて来てくれました。(秘書手当も払ってないのに~悔しい)
③節電の為、真っ暗な廊下で、ドアー締め切っているのに気付かずに、思いっきり低い鼻をドアーにぶっつけてしまいました。

一体、私はどういう人間なんだろう~無神経なのか?愚かなのか?自分で自分がわからなくなります。

身体の機能は、年齢とともに、衰えが始まり、金属みたいに錆びついてしまい、油を注入しながら、時々錆を落とさないと
いけないのですね。

このまま、機能が衰えて、忘れっぽくなって、行ってしまうのかと思うと、何とかしないと~

人様に、「鈍感に生きた方が、幸せになれますよ~」なんて、言えた身分ではありませんね。



フロントガーデン中央の薔薇のアーチの足元に「真っ白い山茶花」が咲いています。

sl-480-022_201411081719134fc.jpg
シルクみたいな、やわらか~い感触を滲み出していますよ。

お隣との境目に植えたのですが、ちょっとずつ成長して来ました。

sl-480-029_20141108171916d80.jpg
小さな、蕾も沢山ついていますよ~

控えめな風情で、日本人にとっては、どこか郷愁を感じます。

sl-480-025_20141108171914829.jpg

偶然ですが、七十二候では、11月7日~11月11日までを「山茶始開」と言われ、山茶花が咲き始めるそうなんですよ~

和室側では、それ以前から咲き続けている、ピンクがかった山茶花が、順番に咲き続けています。

sl-480-036_20141108171917993.jpg


「山茶花」の花は、「椿」の花と間違われるのですが、「山茶花」は、花びらが散り「椿」は、花ごと落ちるそうです。

ハラハラと散るのも、お花ごとバサーッと落ちるのも、何だか悲しいですね~

11月の7日の満月に、あやかって、気の充実しているこの時期に、夢が叶うように日々の努力を積み重ねて、生きて行く事としましょう~ハラハラと夢が散ったり、バサーッと夢が壊れるのも、嫌ですものね、ましてや、洗濯するのを、忘れたり、ドアーにぶつかったりなんて、末恐ろしい~(kumi)




theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

花ゆずの実り


昨日は、二十四節気の「立冬」。暦の上では、これからが冬となる。
11月に入り、晩秋を通り越し一気に初冬の気候となっている。
朝の小鈴の散歩でも、すれ違う朝の散歩をする人も手袋をしていることが多くなった。

斜面地の中腹に移植してから初めて実りの時期を迎えた、花ゆず。
sl-480-008_201411080814486c3.jpg
摘果しなかったこともあって、枝によっては鈴なり状態だ。

大きさは、小みかんほどもあり、いい色に熟れてきた。
sl-480-012_20141108081450f23.jpg

形も、ゆず独特のごつごつした感じはなく、みかんの形に近い。
sl-480-010_2014110808144913b.jpg

花ゆずは、本ゆずと比べ香りが少なく、汁物やゆず大根のような、専ら香り付けとして用いるのには適さないという。
反面、香りの薄い分、ジャムやマーマレードには向いているようだ。
kumikomamaは、ゆず味噌にしようと思案中だ。

一方、斜面地の裾で、今年も大きな実を付けたレモン。
sl-480-007_2014110808144602e.jpg
すこし色づいてきたが、収穫はもう少し我慢だ。

花の少なくなるこの時期、柑橘の黄色い実は、斜面地を華やかにしてくれる。(akira)

theme : 果樹栽培・畑作・稲作
genre : 趣味・実用

菜園仕事~


おはようございます。

寒くなると、嬉しい事があります。「カメムシ」君が、いなくなるんですよ~

猛暑の夏が去り、チョットだけ涼しくなり始めた頃から、「カメムシ君」が、外に干した洗濯物に飛んできます。
山の近くで暮らすお友達は、それがまるで水玉模様みたいだって、言ってましたが(少し大げさね~)

夕方3時までには、洗濯物を取り込む事にしているのですが、時々それで夫と、小さないさかいが・・・
『ちゃんと見て取り込んだよ』と言うけど、家の中でたたもうとすると、いるんですもの~

服の裏側や縫い目に入り込んでいました。それが、移動して、1匹でも見逃すと、部屋中に「カメムシ君」の匂いがその臭さと言ったら、おなら以上~

だから、寒くなってくると安心するのですよ~

池の上だから、虫さんだって沢山よって来ますが、幸い今年は、くんに遭遇しなくてよかった~ホッ!!

しばらくお互い旅に出たり、後始末作業で、菜園作業を怠っていたら、「ソラマメ」の苗が大きく成長しています


「お多福そら豆」です~
sl-480-025_201411062142224c5.jpg
苦土石灰をまいて、1週間したら堆肥を漉き込まないといけませんね~

そして、「赤そら豆」~こちらは、もう少し猶予がありますが、ピーマン、ゴーヤの場所を解放しないと、植えるスペースがないのです。

sl-480-026_2014110621422424d.jpg


ということで、「子供ピーマン」の撤収です。

sl-480-001_20141106214313221.jpg

葉っぱも、つくだ煮にして丸ごと戴きましょうと楽しみにしてましたが、時間がなくピーマン君だけをちぎりましたよ~

sl-480-111_2014110621414830e.jpg

ゴーヤ君も、今年最後の1本となりました。大切に戴きましょう~

sl-480-110_20141106214147273.jpg

セッセ、セッセと働く飼い主をしり目に「小鈴」も、自分のおやつの隠し場所に余念がありません~

sl-480-007_201411062143158c5.jpg

庭の隅を掘っては埋め、埋めては取り出し、鼻の回りを泥んこにしますよ~

sl-480-008_20141106214316436.jpg


人間の3大欲求というけど、我が家の住人と言えば、シニア2人とペット1匹~食べる事が楽しみなわけでして、そうなると、より安全で、美味しいものがいいんですよね。
その点、自家菜園の収穫物は、安全で新鮮で美味しいんです。 「 ね、小鈴ちゃんそうでしょう~」(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

皇帝ダリアの開花


おはようございます。

菊薫る「文化の日」11月3日に、待ちに待ったダリアの皇帝~皇帝ダリア~の開花が始まりました~
さわやかな秋の紺碧の空を仰ぎ、存在感を示すように~それはそれは優々と咲いていますよ~

sl-480-018_20141106075306959.jpg


今朝の太陽の愛の雫を、お花全身で受け止め、それはそれは~優雅~です。
開花のお花の直径は、なんと20センチ、指の短い私の手のひらサイズですよ~巨大なお花です

sl-480-015_201411060753444f1.jpg

地面からの高さは、なんと4、5メートル~顔をあげても首が痛くなるのみ、テラスの下に植栽しておいてよかった~

sl-480-019_20141106075345936.jpg

蓮池を望むように、咲く~「皇帝ダリア」~

sl-480-021_20141106075347633.jpg

そして、2階のテラスに上がってを向けてみましたよ~

sl-480-028_20141106075349b6d.jpg

今年は、「これまでになかった大型台風」と騒がれ、準備万端、備えたけれども肩すかしにあったような優しさで、通り過ぎるといったようなお蔭で、皇帝ダリアにも被害が及ばなくて、ここまで成長したのです。

例年だと、台風でポッキリ折れ、その途中から脇芽が出て、逞しい太い枝で大きくなるのですが、今年はその影響もなく、モデルさんみたいに、スラッとしています。

「優雅」「華麗」~その花言葉を思う存分発揮しています。

これから、初霜の降りる頃までは、「皇帝ダリア」の美しさを堪能し、薔薇の季節以来の~「秋のお花見」の宴~を
堪能しましょう~・・・(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

冬支度~兼題「沢庵漬」


今日は、後の十三夜。171年ぶりのミラクルムーンだという。とはいっても、月に変りがあるわけでもなく、暦のめぐりあわせによるものなので、さほどの高揚感も無いのは私だけか・・・
それでも、綺麗な月を愛でるのは季節を問わず嬉しいものである。
だが、朝から雲の多い天気となっており、月見が出来るかは、微妙ではある。

そして、十五夜となる7日は、二十四節気の「立冬」である。
11月に入り、一気に初冬のような気温となり、慌てて冬支度に掛かっている。

我が家の菜園でも、そろそろピークを過ぎた薄を刈り込み、野菜の霜よけに使うべく、天日干しの最中である。
sl-480-027_20141105084017201.jpg

菜園の大根も、そろそろ肩を土の中から持ち上げ始め、
sl-480-029_20141105084018972.jpg
蕪も、漬物に丁度良い大きさに育って来た。
sl-480-030_20141105084019535.jpg

さて、兼題の「沢庵漬」である。

漬物は、日持ちのしない野菜を、できるだけ長く食べられるように水分を抜き、漬け込むことで保存性を高めたもので、同時に漬け込む素材には、塩や、麹・粕・味噌・糠といった醗酵食材が多く用いられる。
沢庵漬もまた、米糠が大根本来の旨みを引き出す大事な役割を果たす。
沢庵のポリポリとした歯ごたえと、独特の旨みは、白いご飯とよく合う。

鉄鉢の沢庵黄金色に盛る .....akira

おにぎりに沢庵の香あり空高く .....kumiko

寒風に天日干しされた大根の凝縮された旨みは、沢庵漬となり、より旨みを増す。(akira)




冬を迎えた上高地の旅


昨日、一昨日と昨年も訪れた、上高地へ出かけた。
例年、11月3日は、晴れの特異日であり、それを狙って日程を組んだのだが、あいにくの天気となってしまった。

先ず、初日は名古屋から、臨時運行された、急行「中山道トレイン」に乗車。最初の目的地の奈良井宿に向かった。
列車の中は、鉄道マニアで満員で、車窓からゆっくりと紅葉に染まる木曽路を楽しむでもなく、途中駅に着くと、カメラを持った撮り鉄ファンが通路をウロウロ。車外では、撮影スポットに陣取ったカメラマンの望遠レンズが一斉にシャッターを切る様子が車窓を流れてゆき、落ち着かない旅のスタートとなった。

奈良井宿に着くと、綺麗な紅葉が出迎えてくれた。
sl-480-002_20141104093344b12.jpg
スタート時は、曇り空だったが、散策の途中、時折霧雨が降ってきた。

奈良井宿は、旧中山道の鳥居峠の上り口から約1㎞にわたり町並みを形成する日本一長い宿場で、「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている。
sl-480-003_2014110409334548e.jpg
休日ということもあり、通りは観光客で賑わっていた。

板塀には、わらじやほうずきが自然体にディスプレイされ、当時の旅籠のイメージが醸し出されていた。
sl-480-012_20141104093346f88.jpg

奈良井宿を出る頃には雨も本降りとなり、その後予定していた、新穂高ロープウェイ行きも中止し、早めに宿入りした。
宿のフロントで聞くと、新穂高ロープウェイは悪天候のため運転見合わせとなっているという。以前から上高地を訪れるときは、ほとんど同時に訪れるのだが、運休したのは初めてであった。

夜になると雨足は益々強くなり、夜半には、雷を伴い激しさを増した。

翌朝、低く垂れこめていた雲は少し薄くなったものの、時折小雨の降る寒い、上高地行には適さない天候となったが、予定どおり上高地へ向かった。

大正池に着くころには、雨が雪へと変わった。

天気のいい日には、大正池の背後に悠然とそびえる焼岳も、殆どを雲の中に隠し、淡く雪を載せた裾野を少し見せていた。
sl-480-018_20141104093418455.jpg
いつもは出迎えてくれる鴨の姿はなく、鉛色の空を映した水面は、いぶし銀のさざなみを見せていた。

穂高連峰が在る方角も雲で覆われ時折雲の切れ間に、山裾を覗かせていた。
sl-480-020_20141104093419225.jpg

いつもは、穂高連峰の一番のビューポイントである田代湿原も、雲が垂れ込め、ただ雨に濡れ褐色の色を増した草原が拡がっていた。
sl-480-027_2014110409342190b.jpg

自然散策路の木道傍の小さな水たまりでは、3羽の鴨が、しきりに水の中に頭を突っ込み餌漁りの最中だった。
sl-480-032_201411040934226b0.jpg

霧雨が雪に変わったような粉雪は、上がった思ったらまた降り、時折強く降る。
sl-480-042_20141104093505399.jpg

梓川のむこうに見えるカラマツの林。
sl-480-045_2014110409350745a.jpg
紅葉の時期には黄金色の輝きを見せるが、その時期は既に過ぎ、すっかり葉を落した木々は、まっすぐに伸びた幹がきれいなシルエットを見せていた。

梓川の水は、雨の後とは思えないほどいつもの澄んだ流れを見せ、川底の白い石を見せていた。
sl-480-046_20141104093508738.jpg

白樺の並木は、白い幹を天高く伸ばし、雨に濡れた木肌はより一層白さを際立たせているようだ。
sl-480-049_2014110409351084f.jpg
いつ来ても、その白い木肌は、季節を問わず心を浮き立たせてくれるものがある。

連休中にしては、天候のせいか観光客は少なめだったが、さすが河童橋の周辺はけっこう賑わっていた。
sl-480-053_20141104093511644.jpg
河童橋に着いた頃から雪が少し強くなり、河童橋も霧に霞んだ様に見えた。
外気温2度。河童橋の袂にある、五千尺ホテルの売店で聞いたところ、今日が初雪とのことであった。

早めにバスターミナルまで戻り、2階の食堂で岩魚の塩焼きを酒の魚に熱燗を少し頂き、ほっと一息、その後帰りの途についた。
閉山前のこの時期に上高地を訪れたのは初めての事だったが、初雪に遭遇することが出来、貴重な体験だった。(akira)





theme : 旅行記
genre : 旅行

春ガーデンへの準備


風の強い「文化の日」となりました。

akirapapaが旅にでた、上高地周辺は、雨の予報でしたが、どうやら外れたみたいですよ~。良かった。せっかくの旅が、寒さと雨では、やり切れませんね~

久しぶりの一人生活を味わえると、のんびりの生活をしましょう~ご飯もまとめて作り置きしたら、手抜きができるかもと思い
「甲州名物のほうとう汁」を作り置きしました。

sl-480-011_20141102173647576.jpg

鍋ごと、冷蔵庫に入れて、食べる分だけ、温めると考えていましたが、やっぱり作り置きは、今いち~その都度、美味しいねと言いながら、食べる食事に勝るものは無しです。

一人暮らしの食生活は、大変でしょうね。ついつい、手間のかからない方へ、そして栄養も考えていられないような気がしますよ~こうるさいと、文句言いながらでも、食べる人が待っているから愛情をこめて作る~これが理想なんでしょうね。

居ない事を幸いに、また、目いっぱい働いてしまった~

お庭では、10月初旬に巻いた、春ガーデンの仲間が、大きくなりつつあるんですもの。

sl-480-137_20141102173620988.jpg

早く、定植してあげたいけど、順番まちよ~

sl-480-136_20141102173619588.jpg

ナスタチウム、オルレア、鈴姫、スパティッシュ・フラミンゴなどなどです。

8月末に、広い和室前で見つけた、か細い苗~今年のお正月用の葉ボタンの自生の苗ですが~拾い上げポットに植えていましたら~

sl-480-003_20141102173335383.jpg

ほら、こんなに大きくなりました。

sl-480-031_20141102173407688.jpg
お花が、葉牡丹に色づいてくれるのでしょうか


正門前の小さなスペ~スに所狭しと種をまきました。「オルレア」よかった~少し間引きが必要ね。

sl-480-131_201411021736173d1.jpg


大好きな「ジギタリス」来春も期待しましょう~

正門、左側~・・・

sl-480-157_20141102173545fa9.jpg
オルレアと仲良く成長しそうですね。


これは、玄関左横~ここにも、オルレアが~

sl-480-017_2014110217350977b.jpg
真っ白なオルレアに囲まれた、「ジギタリス」を連想したのですが、咲いてくれるかな?全部、自生の苗だから、ちと心配・



ポスト裏のコンテナでも~

sl-480-020_20141102173511f8f.jpg
ちょっと、窮屈そう~あんまり小さい苗だったから、くっつけて植えたら、大きくなっていますね~


まだ、あるんですよ~フロントガーデン突き当り~

sl-480-146.jpg
バラ「ロココ」の足元~

そして、その手前~
sl-480-148.jpg


ジギタリス、結構な数になりました。数えていないから???です。開花を期待しましょう。

近所の園芸店のチラシが競合していますね。
パンジー、ビオラなど、またまた寄せ植え、ハンギングも準備しとかないといけませんが、やりたい事いっぱい、出来ることほんの少しの日々です~(kumi)

秋の日の小花たち~

ワン!!ワン!!ワンワン!

な~んちゃって、お早うございます。の小鈴です。

sl-480-036_20141101134334d4e.jpg

どうですか~?私、昨日、あの嫌~なシャンプーしたのですよ~Te、無理やりに餌で引きずり込まれてですけどね~
綺麗でしょう

最近の私の相棒、akirapapaは、母さんを置いて、上高地とやらへ旅に出ました。可哀想に雨ですよね~
2人で行きたいのだけど、ほら、私が居るからね~家を留守に出来ないのですって~「申し訳ないですワン」

だから、しっかり母さんのお守と「番犬」のお仕事、頑張りますよ~
内緒だけど、そ~っとジャーキーくれたら、いつでもドアひらけますよ。

母さんはね、楽しかった同窓会のブログを書き込むのに、大好きな「相棒」と「ドクターX」のテレビ番組を見逃したんだって~akirapapaの留守中にノ~ンビリ見るのかな?

母さんに、代わって今日「霜月2日」日曜のブログを担当しますね~

最近すっかり夜明けが遅くなりました。雨の朝の蓮池の写真です。

sl-480-043_20141101134336c9c.jpg
ツルバラの「アンジェラ」~新しいランナーを、結わえないといけませんね~それに、大きく成長した、蕪のネットも、外して出しっぱなしです。

飼い主は、2人で仕事譲り合ってて、お仕事が、前に進みません。

おやおや、お隣の近くの「南天」段々色づき始めましたね~

sl-480-055_20141101134238ea6.jpg
「南天」は、もっとたわわに実をつけるんじゃないのかしらね~ま、いいとしましょう~


おうちの正面口、ポストの下では、「真っ赤なサルビア」ですよ。

sl-480-127.jpg
何だか、真夏よりも鮮やかです。

その隣には、真っ白な器に、「オキザリス」のピンクの小花さん~

sl-480-123_20141101134240100.jpg
沢山のつぼみを付けて、楽しみですね。もう、3年目の季節を迎えています。

おやおや、コスモスさんも未だ鮮やかですね~

sl-480-040_201411011342379de.jpg
ホントはね、お母さん、コスモスのお花が枯れて、散って行くのを見守っているんだよ~そしたら、また来年は、たくさんの芽が出て来るでしょう~「ま、ズボラなわけです


奥に進むと「ストレプト・パーカス」のお花も~

sl-480-005_201411011343310e6.jpg
「ズボラ」わかるでしょう~もっと、きれいに咲かせてあげて下さいね。葉っぱが、枯れ枯れでしょう~

ま、しんどいらしいから大目にみてあげましょうかね~

akirapapaの留守の間に、ゆっくりして頂戴私が、ついていると、100人力ですよ~

あ、誰か来た~「は~い、ここの主人は留守ですよ~」

sl-480-035_20141101134333b73.jpg

とってもお利口な「泉南小町」のの小鈴でした。(小鈴)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

ハロウィンの贈り物~


おはようございます。雨の3連休になってしまいそうですね~

しばらくぶりの現実!!、竜宮城から帰ってみると、わが庭もすっかり、秋模様の気配でした。

sl-480-159.jpg
シンボルツリーの「アケメソロ」の木の下は、落ち葉で溢れ返っていましたよ~ま、それも風情があっていいかな~とは思いつつ、気になってお掃除に追われました。

「ハロウィン」の最終日の昨日、山口県でケーキ店を営む姉から、届いた荷物で~す。

sl-480-014_201410312044366a8.jpg


「モシモシ、お姉さま~私、もう子供じゃありませんが~」お礼の電話入れると、『あんまり、かわらんよ~』・・・

10歳も年の離れた妹は、還暦過ぎても、子供扱いされていますようで~事あるごとに、宅配便が来ます。

「ハロウィン」の袋の中身~もったいないなあ~しばらく、ハロウィンの余韻でも眺めておくことにしましょう~
sl-480-072_20141031204439a2b.jpg


『同窓会の旅行に行くって言ってたでしょう、その時のおやつにしなさいね~』えー!!「行って、来たよ」

sl-480-010_20141031204435eef.jpg

姉のご主人の力作「パリマン」がいっぱいですよ~これは、冷凍できるからいいけど~

sl-480-078_20141031204511797.jpg

和でもない、洋でもないこの「パリマン」は、結構の人気製品~お使い物で重宝される看板商品です。

あと、荷物の中身は、新米と山口名物の蒲鉾、とっても美味しいからとの~・・・お店で使う煎りクルミの残り~

10歳も年上だから、えーともう〇〇歳~それでも、朝から夕方まで、頑張っています。なのに、私が遊び呆ける訳には参りませんね~

そろそろ、玉手箱のふたを開けて、現実に戻ることにしましょう~

今日は、月1回のメインイベント、可愛い小鈴ちゃんのシャンプーと洗面所&風呂場の大掃除の日です。

人間にもペットにも過酷な、1日ですが、それが過ぎると、1か月は、気持ちよく暮らせますよ~(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR