08
   

絵手紙展終了


熱帯低気圧の強烈な湿度と強風の中、26(月)から開かれていた絵手紙展の後片づけと、反省会に行って来ました。今回の展示を見たお客様の中で、一緒にやりたいと・・・また新しい仲間も増えたみたいです。

沢山の展示作品の中で、私が特に好きだった作品をご紹介します。

お花が大好きだというFさんの、たんざくのお花の作品の数々に魅了されました。
sl-480-026_201308311419122d0.jpg
柔らかい筆の運びと、綺麗な色に感動しました。

まあ、かわいい!そして涼しそう!と思わず感嘆しました。カエル君とめだかが大好きだという尊敬する
先輩Yさんの、絵手紙
sl-480-002_201308311419061fe.jpg
これも同じく先輩Yさんの、絵手紙
sl-480-009_20130831141907b8c.jpg
性格も朗らかで、絵手紙も楽しいです。

みんながそれぞれにかいた、ひまわりの絵手紙
sl-480-025_20130831141910573.jpg
同じ、ひまわりでもいろいろな表現に驚かされました。

~「暑いから散歩は遠慮します」~柴わん小鈴の絵手紙・・・お花の絵手紙が多い中で、文句だけはいいと言われました。
sl-480-022_20130831141909f47.jpg

私も絵手紙を初めて4か月、先輩方とも打ち解けて優しくして頂き、忙しい暮らしの中に見つけたオアシスです。
楽しい絵手紙をかいて、いろいろな人たちに出して、笑っていただけたらいいかなあ(希望)・・・(kumi)
スポンサーサイト

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

白いちじくの初収穫


蒸し暑かった後、突然の雷雨・・・小鈴が怖がって落ち着きませんでした。!(^^)!
雨は、振っては止み、止んでは降りを繰り返しています。
やれやれ、水撒きから解放されました。

昨日は、斜面地の白いいちじくの初収穫をしました。
sl-480-040_20130830160127dc1.jpg

5年前に花友から、小さなポット苗を頂いて、成長してくれるかどうか、心配しながら、斜面地の一番下に植えてみました。
この夏は、上へ上へとのびています。
sl-480-034_201308301601267d9.jpg

木の中央には、小さな青い実がたわわに、・・・・・
sl-480-028_2013083016012539b.jpg

白いいちじくは、熟れ頃の見極めがむずかしいです。もうしばらくかかるかな?と思い、収穫をのばすと、待ち兼ねた虫君(なめくじ、あり、カメムシ)たちの餌食です。

少し早いかな?と思う位で収穫しますが、中は甘くておいしい)^o^(
sl-480-003_20130830160041de0.jpg

いちじくのコンフォート、イチジクジャム等も作ってみたけど、皮をむいて、そのまま冷凍保存し、半解凍のシャーベットで食べるのが好きです。

いちじくの香りは、夏の香り、元気の素です。(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

白いカボチャ


久しぶりの体操教室で、ストレッチで身体を動かし、イタリアンで、昼食、帰宅してから、またまた絵手紙教室の会場で、ワイワイがやがや、お茶をしながらお喋りの花が咲き、初めての出会いもあり、先生も来られたり、・・・一日中、口が大活躍でした。

昨日は、お隣に真っ白いカボチャを頂きました。
sl-480-029_20130829184644291.jpg
とても、きっちり管理されているみたい、10個も出来て、頂いたのは9番目のカボチャでした。

種のタキイで、購入されたそうです。半分に切ると、中はふつうのカボチャ・・・
sl-480-036_201308291846481fb.jpg
でも、香りがまったり甘ーい気がします。

定番の味噌炒めにしても、皮が白いから、雰囲気が明るいかも・・・
sl-480-044_201308291846495c1.jpg

レンジで、2分かけても、甘いからサラダでそのまま食べられそう・・・

珍しい頂き物で、また元気を取り戻しました。(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

秋の気配~テーマ「スポーツ」


今週のNHK俳句は、俳句さく咲く!で、テーマは「スポーツ」。

スポーツに季節はないが、「スポーツの秋」という言葉に代表されるように、秋が似合う。
先日の豪雨の後、湿度が下がり、朝晩は凌ぎやすくなったものの、また、蒸し暑い夏が、振り返すそうで、スポーツが快適に行える秋は、もう少し先になりそうだ。
しかし、季節は着実に進み、秋の気配を感じさせる兆候が、現れ始めている。

シャカシャカと、夏の象徴だった、クマ蝉。
sl-480-069_201308281947569a4.jpg
最近は、すっかり鳴りを潜め、法師蝉が、ものうげに、夏の終わりを告げるようになった。

陽が西に傾くころ、茜空が似合う赤蜻蛉が、群れ飛ぶ姿が見かけられるようになった。

隣家の庭に、実生した柿の木に、今年初めて実が生った。
sl-480-025_20130828194757d02.jpg
渇水の夏を耐え、食害に耐えて、青い実を日に日に、大きくしている。

さて、テーマの「スポーツ」。

会社勤めの間は、スポーツとは無縁の生活をずっと送っていたが、
昨年、退職後は、妻の勧めもあり、阪南市が主催する体操教室に参加するなど、体を動かすよう努めている。
おかげで、中年のおじさんを代表するような体形も、かなり改善されたと思う。

スクワット踏み締む大地秋暑し.....akira

今週まで、kumikomamaはお休みである。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

花とうがらし


久しぶりの青空吹き抜ける風も、心なしか秋の気配・・・肩こりで、左腕が痛くても、心は前向き・・・久しぶりに窓を全開、掃除機をかけました。
綺麗に掃除すると、やはり気持ちいいですね。

沢山の雨で、すっかり元気いっぱいの庭のお花たちも、ご機嫌の模様です。

この青空には、花トウガラシの赤い色が似合います。
sl-480-013_2013082711210999c.jpg

5月末に種を蒔き、6月半ばに少し大きめのポットに移植
sl-480-019_201308271121484cf.jpg

あちらこちらの寄せ植え鉢に、植え込みました。ケイトウの花との寄せ植えです。
sl-480-002_201308271121056bd.jpg
少し、秋を感じますね。

次は、柊の中に植えこんだ、花とうがらし
sl-480-005_20130827112107167.jpg
やっぱり、赤い色は、元気になります。

一方、ブラックパールの中に混在する赤い色
sl-480-021_20130827112011984.jpg
秋の七草のひとつである「萩の花」と仲良く、3年目の秋を迎えようとしています。

猛暑の季節に終わりを告げ、いよいよガーデニングの秋の季節、そして畑では、冬野菜の植え付けの準備です。
花トウガラシの赤い色に、元気を頂き、無理をしないでボチボチと楽しみながら、頑張りましょう。(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

大盛況の絵手紙展


待ちに待った雨も、まとめてドッサリ頂きました。
水撒きと、犬の散歩がないという事が、こんなにもゆったり出来るとは・・・

今日は、絵手紙展の初日、当番で、午前中現場待機です。お客様来られるまでの時間にパチリ、パチリ・・・
ことの外、たくさんの作品が集まりました。
sl-480-011_20130826175940bf3.jpg

先生の作品は、さすあが~
sl-480-010_20130826175938e40.jpg
山ガールも凄い!
sl-480-008_20130826175937e46.jpg
何時かこんなお寺まわりも出来るのかしら・・・
sl-480-004_201308261759358d6.jpg
やっぱり、先生は凄いよなー、

家で、頑張って作った風鈴も上からぶら下がり、エンジョイ!サマー絵手紙展の演出効果バッチリです。
sl-480-039_20130826175941456.jpg

皆で、力を合わせて作った作品の数々に、たくさんのエネルギーを頂いた1日となりました。
絵手紙展に感謝です。(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

絵手紙展のお知らせ


久しぶりの恵みの雨、庭の草木や野菜も生気を取り戻しています。
私も、水やりから解放されて、やれやれ・・・

昨日は、雨の中、来週開催される。絵手紙展の飾りつけに行ってきました。

ここで、絵手紙展の告知です。(ローカルエリアの話題ですみませんm(__)m)
sl-480-IMG_20130825_0001.jpg
私が5月から通っている、絵手紙教室の展示会です。
近くにお越しの節は、是非お立ち寄りください。
8/26(月)、8/28(水)の午前中は、私も会場におります。

私の、ほとんどの作品は、ブログでも紹介済みですが、
ご来場頂けない方へ、展示用に特別に作成した、風鈴の短冊を2点披露させて頂きます。
sl-480-001-k.jpg

(kumi)



theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

処暑の蓮池


昨日は、二十四節気の処暑。
この頃から暑さが一段落するとのことだが、依然として、酷暑が続いている。

処暑の朝。久しぶりに、蓮池の朝日を見るべく少し早く起床。
白み始めた空を見ながら、朝日の出を待った。
陽が昇る紀泉山脈の上には少し雲が出ており、日の出の時刻を少し遅れて太陽が、顔を見せた。
sl-480-050_20130824085612274.jpg
陽が昇ると、気温も一気に上昇を始める。

曇りがちの、所によって雷雨に注意、との天気予報に、雨を心待ちにしていたが、その気配は一切なし。

昼になると、蓮池の上は、いつもの夏空となった。
sl-480-057_20130824085614f05.jpg
池の水は、随分水位を落とし、上流からの流入がほとんど途絶え、水も淀んでいる。

水鳥たちが休息していた、池の中央の突堤も、完全に乾燥し、夏の太陽が灼熱の光を照らしている。
sl-480-059_20130824085616793.jpg
池の魚もほとんどいなくなったのか、鷺や川鵜などの水鳥が飛来しなくなって久しい。

昨日の夜半から、待望の雨となったが、日本海側の豪雨とは、対照的に、おしめり程度のしとしと雨、これでは、池の水位の回復も望めそうにもない。(akira)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

新生姜(しょうが)とじゃこの佃煮


お盆前から、歯が痛くなり、なかなか予約が取れず、今日やっと歯医者に行きました。
が、歯の痛みはとっくに消え失せ、今度は、左腕の痛みで、整形外科通い(ー_ー)!!・・・

肩こりが、歯茎に炎症をおこし、ひどくなって、左腕の痛みに移行し、歯の痛みは治まったみたいです。

整形外科の先生は、すばらしい名医・・・サロンパスをたくさん使いすぎやと諭されました。
医療費節約の為、大切に使わせていただきます。(暑さの汗と痛みで、ついついたくさん貼ったなんて、言い訳しません。)

そんな中、お隣の奥様が、新生姜とじゃこの佃煮の涼しい味のレシピを、下さいました。

材料
新生姜・・・・・750グラム ちりめんじゃこ(中位)・・・・・80g~100g
sl-480-020_20130823134209c24.jpg

調味料
酒・・・100CC みりん・・・100CC きざら砂糖・・・40g うどんスープの素・・・1袋
淡口醤油・・・70CC はちみつ・・・大匙1

作り方
生姜は皮を削りむいて水洗いし、斜めに薄くそぐように切る。
鍋に水・生姜を入れ約20分湯がいたあと水に晒し、約10分浸けておく。
鍋に水切りした生姜、酒、みりん、きざら砂糖、うどんスープの素を入れ、中火で約5~6分炊き
淡口醤油、はちみつを入れ味見をし、好みにより、白砂糖、みりんで味を調整する。
更に弱火で約10分炊き、火を止める前にじゃこを入れ、絡めたら火を止める。

出来上がり・・・
sl-480-024_2013082313421092c.jpg

新生姜の甘酢漬けは、常備しているけど、また違った、何とも言えない優しい甘さの味)^o^(
食欲のない時、お箸が進みそうな一品です。(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

カラフルな芋虫


朝から暑い中、小鈴の散歩も短時間で切り上げ、菜園で野菜の収穫が日課になっています。
小鈴も、息のあがった体をクールダウンすべく、ウッドデッキでナデナデしてもらうのを楽しみにしています。

夏野菜もそろそろ終わり。
こちらも、そろそろ終わりの、ミニとまとを収穫していると、何か視線を感じ、ふと目線を移動すると、なんと、びっくり。
特大のカラフルな芋虫が、収穫の終わった大玉トマトの茎に、弓なりになりながらぶらさがっているではありませんか。
sl-480-020_2013082219453751c.jpg
全長15cmは裕にある巨体を、黄色の体を一部金色に輝かせながら、身に余る茎にぶらさがっています。

そして、こちらにも、
sl-480-018_2013082219452899b.jpg
こちらは、体は緑ですが、既に金色の斜め模様を付けています。
こちらもいずれ黄色い芋虫になるのでしょうか。

生育途中の野菜に附いた芋虫は、速攻駆除するのですが、あまりの大きさときらびやかさに、しばらく見とれてしまいました。
そして、どんなに美しい蝶が誕生するのか想像すると、思わずわくわくした気分になり、このまま観察してみることにしました。

ところが、午後になって覗いてみると、何処にもいません。隣のトマトの枝や、他の野菜も覗きましたが、見当たりません。
あれだけ、派手な芋虫、目ざとい野鳥がほっておくはずがありません。
残念ながら、二度と、あの派手な姿を見ることはできませんでした。(kumi)

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

兼題「朝顔」


今週のNHK俳句の兼題は、「朝顔」だった。

我が家の庭でも、朝顔が2ヶ所で元気に育っている。

先ずは、ワイルドガーデンの壁際で、
sl-480-001_201308211935434cc.jpg
数年前に種を植え育った跡で、毎年こぼれ種が芽を出し、常設状態のネットに勝手に絡み、特に手をかけないのに元気に育っている。
ただ、当初は、白い花や、大輪の花が咲いていたが、この青い花のみとなってしまった。

そして、フロントガーデンのウッドフェンスの奥で、
sl-480-007_201308211935457dd.jpg
こちらは、花後の枯れた蔓を撤去した後、仮置きしていた所で、実が弾け、落ちた種が育ったものだ。
特に支柱もない状態で自生した朝顔は、地を這いながら蔓を伸ばし、地面で花を付け、コリウスの為に立てた支柱にからみ、ウッドフェンスを越え、一段高い隣のフェンスにからみ元気に育っている。

さて、兼題の「朝顔」である。

朝顔は、昔から夏を代表する花としてなじみが深いが、秋の季語だという。
それでも、朝顔は、夏の青い空と積乱雲のムクムクとした白い雲がよく似合う。
そして、打ち水と、下駄の音が軽やかな、白地の浴衣を着た乙女の姿とも馴染む。

朝顔の花の碧さに白うなじ.....akira

今回もkumikomamaは、お休みである。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

グァバの青い実


朝晩、少し凌ぎやすくなったように感じる。それでも、最低気温は、真夏とほとんど変わっていない。
日の出の時間が少し遅くなった分、気温の上昇もゆっくりになったからかも知れない。

斜面地のウッドデッキ傍では、グァバの木が、たくさんの実をつけた。
sl-480-028_20130820143452fe4.jpg

6月の下旬には、たくさんの可憐な花を咲かせていたが、やがて花は散り、忘れていた。
(花の季節の記事は → こちら )
ふと気が付くと、枝にたくさんの豆粒大の実を付けていた。
その後、小さな実は、夏の太陽を浴び、日に日に大きく育った。

そして今、ピンポン大の大きさまでになった。
sl-480-026_201308201434496c3.jpg
青い実は、隣の実と大きさを競うように、肩を並べている。
sl-480-027_20130820143451cb3.jpg
はちきれんばかりの実は、つややかな地肌を青春の象徴のように輝かせている。

実は黄色く熟れると共ににもうひと廻り大きくなる。(akira)


theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

スプレーマム「セザンヌ」


あいも変わらずの酷暑が続いています。

斜面地の入口階段を降りたところで、鉢植えのスプレーマム「セザンヌ」が花を付け始めました。
sl-480-020_20130819144742bec.jpg
昨年、娘のともちゃんのお友達が遠路訪ねて下さったときの手土産として頂いたものです。
昨年フロントガーデンで花が終わった後、斜面地で枯れたように冬を越し、春には新たな新芽を吹き、昨年よりも大きく育ちました。
ほんとうは、適度に摘芯、剪定し形を整えるのでしょうが、自由に伸ばし、形は不ぞろいなものの、たくさんの蕾を付けています。
そして、直径2cm位の小花をたくさん咲かせ始めました。

花は、その名前とは対照的に、古風な印象で、どこか貴族の紋章のようにも見えます。
sl-480-051_20130819144744575.jpg
半八重の花びらは、ワインレッドに近い紫の周囲を白で縁取り、中央に山吹色のシベがこんもりとし、高貴な雰囲気を醸し出しています。

クマゼミのせわしない鳴き声に交じって、ツクツクボウシの鳴き声が聞こえ始めました。
暑い日が続きますが、秋も着実に近付いています。(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

酷暑お見舞い


小鈴です。
毛皮を纏っている私にとって、この酷暑に息も絶え絶えです。
水分をこまめにとって、熱中症にならないように注意しなくっちゃーねぇ

午前中は、風の一番通る、玄関ホールが私の定位置です。
sl-480-078_20130818110807dbd.jpg
kumikomamaが、邪魔そうに見ながら頭の上を通過していきますが、
テコでもこの位置は離れたくありません。

昼からは、エアコンが入ると、その下に移動・・・
お腹のうえを、ひんやりとた風が通り抜けてゆきます。
快適、快適・・・
sl-480-002_20130818110809e72.jpg
kumikomamaには、「あられもない恰好で!」と笑われます。
私も、アラフォーレディ、こんな格好お目に掛けたくありませんが、
この暑さ、格好などかまっておられません。

この暑い中、kumikomamaが「酷暑見舞い」の絵手紙を仕上げましたので、ここでご披露。
sl-480-003_2013081811081032c.jpg
モチーフの「いなご」、akirapapaは、若いころ、佃煮にしたものを食べたことがあるそうです。
なんと野蛮なと思いますが、昔は、貴重なタンパク源だったそうです。

今日は久しぶりに積乱雲が出ています。一雨来てくれないかなぁー(小鈴)

theme : 柴犬
genre : ペット

ブルーベリーの実


いつまで続くのか、この暑さ
小鈴の散歩も、このところは、短時間できりあげ帰宅で、飼い主共々運動不足気味です。

生い茂ったワイルドガーデンの一番奥で、ブルーベリーがひそかに実をつけています。
sl-480-014_201308171242465ac.jpg

春には、たくさんの釣鐘状の小さなかわいい花を付けていました。
(そのときの様子は → こちら)
鹿児島で農園を営む旧友からは、「摘花しないといい実が成らないよ」とアドバイスを頂きましたが、欲張りな私は、たくさんの実りを期待して、そのままにしました。
しばらくして、花は落ち、うまく受粉したものは、ゴマ粒ほどの実をつけましたが、花の数の半分にも至りませんでした。

その小さな実も半分は育たず、また青いまま虫に喰われ、残り少なくなり、生い茂った草木の陰で忘れ去られていました。

そして最近、残り少なくなった実がいい色に熟し始めています。
sl-480-019_2013081712424884c.jpg

粒は、小さいものの、青紫色をした実の表面に白く粉を噴いた容子は、まさにブルーベリーです。
sl-480-020_2013081712424909c.jpg

やっと実ったブルーベリーの実ですが、ことしは、野鳥の餌に、提供することにしましょう

来年は、ちゃんと地植えして、立派な実をたくさん実らせたいと思っています。(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

クレマチス


うんざりする酷暑もいつまでつづくのか・・・
「暑いですねぇ」との挨拶もマンネリ化してしまった今日この頃です。

2年前に花友からオベリスク付きで頂いたクレマチスの苗。
ワイルドガーデンに地植えしたものの、なかなか花が付かないので、短く剪定し、半ば諦め、
昨年は、園芸店で購入した、クレマチス「エトワール・ビオレッタ」の苗を、同じオベリスクの傍に植えました。

ところが、ワイルドガーデンの茂った草木の中で、いつのまにかクレマチスの花が咲いていました。
sl-480-016_20130816193722281.jpg
オベリスクには、しっかりとエトワール・ビオレッタの新しい蔓が、しっかりとからんでいるものの、花はまだです。
友から来たクレマチスは、隣にすっと育ちオレンジ色の花を誇らしげに付けていたユリズイセンの茎を支柱替わりにして、伸び伸びと育ち、細い茎にたくさんの花を付けました。

か弱わな花は、4弁の白い花びらの中央にしっかりとした黒い雄しべをたくわえ、なにか悲しげな雰囲気を漂わせています。
sl-480-018_20130816193725602.jpg

ユリズイセンを支柱ににしながら、最後には、古巣のオベリスクに蔓を戻し、頂上部にも花を付けました。
sl-480-017_20130816193723e62.jpg
そして、傍には蕾も・・・

ほったらかしにされても、頑張って育ったけなげなクレマチスに完敗、カンパイです。(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

タカサゴゆりがいっぱい


終戦(敗戦)記念日の今日、子供の誕生日でもあり、お盆でもある8月15日、早朝から、天王寺の一心寺へお参りしました。
平和の大切さを心に刻む大切な1日でもありました。

母の大好きな、真っ白いゆりの花が、庭のあちらこちらで、自生しお隣の庭にも・・・
名前がわからなかったけど、どうやら「タカサゴゆり」と言うらしい・・・

フロントガーデン中央には、特に集中して、1メートルをゆうに超えています。
sl-480-012_201308151633231df.jpg
真っ白い6弁の花びらで、花の長さは18センチもあります。
sl-480-013_20130815163325190.jpg
母が大好きな、清らかで、清楚な輪郭です。
sl-480-025_20130815163425078.jpg
↑は、薔薇のアーチの右側、↓は左側に元気に成長しました。
sl-480-015_20130815163331a98.jpg

ワイルドガーデン突き当り、紅葉の木の下にも・・・
sl-480-014_20130815163326f7a.jpg

北側の斜面地中央でも・・・
草引きをすると全部引っこ抜いてしまうakirapapaでも、さすがに「ゆり」の花だけは、わかったみたいで、無事でした。
sl-480-021_2013081516342380a.jpg
その上で、蓮池をみおろしながら・・・
sl-480-011_20130815163421ebc.jpg
お隣のお庭にも・・・
sl-480-023_2013081516342460c.jpg

この季節には、たくさんの「タカサゴゆり」の真っ白な花が開花して、あちらこちらのお庭を華やかに彩っています。皆で、喜んで楽しんでいます。
どうやら、ガーデニングの先輩Mさんが、何年か前に、向かい側の斜面地に、たくさん栽培されたらしいのです。その花の種が、風に吹かれて、近所のお庭に飛び散り、毎年増え続けているみたいなのです。
嬉しいことですね。有難い・・・感謝、感謝です。(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

胡瓜の馬と茄子の牛~兼題「送り火」


今週のNHK俳句の兼題は「送り火」。

お盆だというのに、猛暑はいっこうに治まりそうにない。天気予報では、まだ10日程は熱中症に注意が必要と言っている。
昔、田舎では、お盆には、盆棚を飾り、迎え火に始まり、送り火で終わった。
盆棚では、夏野菜が主役といっていいほど多用された。
特に、すらっと育ったきゅうりとぷっくりと実ったなすに、足に見立てた4本の割りばしを刺し、馬と牛に模した「胡瓜の馬と茄子の牛」は、その象徴だった。
ご先祖を、お迎えする時には早く来て欲しいから馬、帰りはゆっくりお帰り頂くために牛と云う配慮からとのこと。
他にも、かぼちゃや瓜、ほうずきなど、盆棚は、さながら夏野菜の収穫祭のようであった。
(ちなみに、我が家では、ほぼ毎日が収穫祭である。)
sl-480-008_20130814092400e8e.jpg

さて、兼題の「送り火」である。
先にも書いたが、お盆は、ご先祖さまが、迷わず家に帰って来られるように焚く道しるべとしての「迎え火」に始まり、あの世への道に迷わないために送り出す火としての「送り火」で終わる。
麻の茎の皮を剥いだ「おがら」などを夕方門口で焚くのだが、途中消えないよう燃え尽きるまで付きっきりで焚く。
最近では、京都五山の送り火に代表されるように、送り火にスポットがあてられる事が多い。
送り火には、ご先祖との別れを惜しむと同時に、過ぎゆく夏を惜しむ気持ちが重なり、焚火が消えるまで何か時間が停止したような錯覚を覚える。

送り火の燃え尽きる迄見つめ居る.....akira

今週もkumikomamaはお休みである。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

柴わん小鈴、真夏の散歩

こんにちは、小鈴です。
もうたまりません。怖い雷がとどろいてもいいから、雨が降って涼しくなって欲しいです。

食欲もあんまりありません。kumikomamaが、ささみと、ジャガイモをふかしてくれます。それと、豆腐、これだけは、何とかおいしく食べています。、ささみが混ぜてあると、私の主食のドッグフードも何とか食べられます。

朝、夕の散歩も出来ることなら、サボリたいです。が、飼い主二人に無理やりゲージから出されて、シブシブ後からついて行きます。

休憩が多過ぎと言われても・・・息があがります。
sl-480-038_20130813111043b7a.jpg

散歩の途中、栗の実がたくさん大きくなってます。秋はそこまで、来ているのかな?
sl-480-031_20130813111040ec8.jpg
もう、少しの辛抱だ!

体育館前の広場で、キョンキョンちゃんとトラちゃん親子にバッタリ出会いました。子供のトラちゃんは、チョット苦手、元気過ぎ・・・
sl-480-044_201308131110448be.jpg
私も負けてばっかり、いられないからね・・・

でも、はしゃぐと疲れるね、休憩、休憩・・・
sl-480-056_20130813111123628.jpg

akirapapaに、リードを引っ張られて、やっと歩きます。
sl-480-061_2013081311112526d.jpg

坂の途中で、タローちゃんのお家の前を通過
sl-480-062_20130813111126d49.jpg
タローちゃん、お散歩すんだー? 小鈴は、もうヘトヘト・・・

お家に帰ると、私の定位置で、ゆっくり休みましょう・・
sl-480-040_201308131109489bd.jpg
ああー、疲れた・・・(小鈴)

theme : 柴犬
genre : ペット

コーンの収穫


朝から、もう大量の汗かなりの湿度で、二人ラジオ体操しながら、汗びっしょり・・・
小鈴の散歩に行く前から、ばてています。

それでも、頑張って散歩して、ワン友とお喋り、朝食、洗濯、掃除すると、すでに2枚目のタオルも、汗びっしょりです。

akirapapaは、今日も斜面地の芝刈・・・、一応予定終了しました。

エジタブルガーデンでは、ともちゃんの大好物のコーンが、収穫の時を迎えました。
sl-480-073_20130812104516db2.jpg
これは、2回目に種まきしたコーンです。最初は、種を蒔いても、芽が出てきませんでした。

今年のコーンは、これまでの中では、一番の出来です。
sl-480-066.jpg
大好きだから、毎年トライするけど、こんなに大きくならなかった・・・

実も上まで、いっぱいついてる
sl-480-070_2013081210451586f.jpg

お盆休みの、子供たちの帰省に間に合ってよかったです。
sl-480-024_20130812104424c89.jpg

やはり、akirapapaが、深く耕してくれたお蔭かな?
すぐに、ラップで巻いて、電子レンジかけること、2分、シャキッと口の中に、甘さが広がりました。)^o^(

後は、子供たちに、畑で直接収穫してもらいましょう。
コーンは、採れたてを食べるのが、一番ですから・・・・・(kumi)

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

ハーブティー~レモングラス~


今日が、一番暑いそうです。午前中、斜面地の草刈終えて、お昼は、ピザにしました。)^o^(

ベジタブルガーデン広場に元気に育った、レモングラス
sl-480-022_20130811151550fb0.jpg

3時のお茶は、久しぶりにレモングラスのハーブティーにしましょうと、2本カットしました。
sl-480-025_2013081115155488f.jpg

きれいに洗って、10センチ位にカットして、夕食の準備の傍らで、2、3分お鍋にてクツクツ・・・・・
綺麗な、若草色のレモングラスティーの出来上がりです。
sl-480-033_20130811151556861.jpg

冷まして、氷を入れて・・・3時のお茶は、レモングラスティーとあっさり羊羹を頂くことに・・・
sl-480-043_20130811151557055.jpg
レモンの爽やかな香りと、ほのかな甘さ・・・ウーン久しぶりのレモングラスです。

取り合わせとして、ハーブティーに羊羹は、どうかなと思ったけど、合う、合う)^o^(

酷暑の午後は、まったりと過ごして、また、明日頑張りましょう。(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

ギボウシの花


飽きもせず、暑さの中、朝から、斜面地の芝刈り、暑いから小分けにして、毎日2時間以内と決めてるから、何日もかかります。でも、後1日で終わりそうです。(^_^)/

シャドーガーデンでは、春から緑の葉っぱをいっぱいに広げて楽しませてくれている「ギボウシ」の可愛い花が、開花中です。
sl-480-001_20130811111658b5e.jpg
あわいピンク色の六弁のはなびらを大きく広げて、真っ白なおしべも涼しげなんです。

夕方に大きく開花して、朝と日中は、花びらをとじています。
sl-480-003_20130811111700c11.jpg

毎朝、お風呂場からのぞいては、今日も元気か確認したり・・・
sl-480-005_201308111117010f8.jpg

外に出るとグッタリする暑さの中、ギボウシの爽やかな花の優しさに、癒されています。(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

真夏の庭


またまた猛暑の土曜日です。朝から、先日やり残した、フロントガーデンの芝刈り作業です。
予定は、2時間以内に終える事、この暑さの中、それ以上は、体に応えます。

私は、相変わらず、刈られた芝をかき集める作業・・・その間カメラをパチリパチリ
白い植木鉢の中で、珍しくガーベラが、綺麗に開花しています。
sl-480-005-2.jpg
春先に買ってきて、小さかったポット苗も、夏の暑さにも負けず逞しくなりました。

真っ赤なサルビアの花達、フロントガーデン正面では、背の高い他の花にまみれてしまい、チョット心配でしたが
sl-480-012_20130810112607eed.jpg
なんとか、元気にしているみたい・・・

普段は、薔薇のアーチの足元に置いている、ペアグラスとの寄せ植え、そして、アレカヤシの後ろでルンルンのサルビア
sl-480-021_20130810112608dac.jpg
これから、もっと元気に成長の予感です。

ワイルドガーデンの紅葉の木の根元、野生の百合の花の足元では、ジギタリス、ケイトウの花の新芽たちも・・・
sl-480-026_2013081011261084e.jpg
こぼれ種で、来年の春の開花に向け、少しずつ成長しています。

コリウスの整枝の為、摘芯した先端の枝を植え付けたシャドーガーデンには、日よけの為、傘をさしかけてあげました。
sl-480-034_201308101126119f1.jpg
コリウスは、10日もすると、元気に根っこを出して、またまた賑やかなコリウスガーデンへと、一歩前進です。

芝刈り作業は、予定より早く終わりました。
二人とも汗びっしょりなりながら、これ位がいいなあ・・・これ以上は無理、無理・・・

シャワーを浴びて、午後は、家仕事とお昼寝と読書三昧・・・
またまた、お金持ちより時間持ちの週末となりそうです。(^_^)/(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

ケイトウの花

今週は、日に日に、暑くなり、今日は、湿度がかなり高く、沖縄生れの小鈴でさえも、さすがにのびてます。

水分補給すると、すぐに汗となって、全身の毛穴から、吹き出してきます。水分を補給するのも、怖くなりそう(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

庭では、真夏が大好きな「ケイトウ」の花が、気持ちよさそうに、上へ上へ、高く高く咲いているというのに・・・・・
sl-480-003_20130809104053578.jpg
右側のオレンジ色は、コリウスとの寄せ植え鉢の中で、抜きん出て背をのばしています。
左側の赤い花は、地植えですが、すでに、インターフォンの高さを超えました。

フロントガーデン正面、ポストの前でも、小振りな枝を広げて、元気に咲いています。
sl-480-025_20130809104054b87.jpg

フロントガーデン中央では、いつの間にか、フレンチローズの薔薇の中に、はびこっています。
sl-480-026_20130809104056ddd.jpg
左側でも、柊、コスモスとの寄せ植え鉢の中から、グングン大きくなりました。
sl-480-029_20130809104132b96.jpg
柊、コスモスとの寄せ植え鉢の中のケイトウは、薔薇のアーチ横に蕾を持つ、野生の百合に追い越しそうな勢いです。

ワイルドガーデンでも、コリウス、イインパチェンスを置いて、またまた大きくなっていくのでしょうね。
sl-480-027_20130809104057ca1.jpg

花とうがらしとの、寄せ植えの中では、さすがに上ではなく、横に頑丈な茎を広げようとしています。
sl-480-031_201308091041338ff.jpg

これは、植えてあげたのではなく、この場所で、勝手に咲いているのです。
sl-480-032_20130809104135f75.jpg

3年前に小さなポット苗を、植えたら、毎年毎年、種が飛び、庭のあちらこちらで、芽をだします。
植えたい場所に移植してあげたら、そこで周りと調和して、上にのびたり、横に広がったりして綺麗な花を咲かせ、庭の至る所に、移植してないケイトウの花が、点在しているのです。
ケイトウの花に、乾杯感謝です。(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

みょうがの初収穫


この夏、最大の暑さと言われても・・・わかっていてもたまらない暑さです。

でも、ベジタブルガーデンのみょうがの周りは、チョットだけ涼しいです。お隣との境目で、直射日光の射す時間帯が短い為、みょうがの栽培に適していたと思われます。
sl-480-008_20130808092306239.jpg

こちらに、越して来た頃は、私もまだ仕事をしており、南海電車にて和歌山市内まで通勤してました。会社の行き帰り、和歌山市の「山本種苗店」にて、『タイムカード作りましょうか?』と言われる位に、入りびたりでした。(#^.^#)

そこで、1株だけ、購入して、ベジタブルガーデンの最上段の隅に植えた、みょうがが、数年で、株を増やし、毎年、夏と秋には、たくさんの芽を出してくれます。

今年も、頼もしくまるで、竹の子みたいに、あちらこちらで顔を出しています。・・・・・
sl-480-004_20130808092304226.jpg
この様子では、収穫は、まだまだと思っていたら、奥の方は、すでに花が咲いています。

あわてて、収穫しました。
sl-480-064_20130808092451b3f.jpg
みょうがの大好きな、お隣にもおすそ分けして、畑にも少し残して、この量です。

お味噌汁や、酢味噌和えの分を取り置いた後を、みょうがの甘酢漬けにしました。
sl-480-004_20130808092352f5f.jpg

甘酢は、酢と砂糖のみで、ゆっくり煮詰め、みょうがもちょっとだけ熱湯に通して、冷めてから、熱湯消毒の瓶に詰めました。熱湯にくぐらせる事で、みょうがのシャキシャキ感が残り、1年は、保存可能です。

「みょうがを食べると、物忘れする?!」昔からの言い伝えになっていて、一度は聞いたことがあるのでは?

昔、釈迦の弟子に周梨槃特(しゅうりはんどく)という自分の名前も忘れる程、物覚えの悪い人がいて、その人の死後、墓の周りから生えてきた草があったので、その草を食べると墓の主のように物忘れをすると言われるようになった・・・・・

落語の「茗荷宿」という宿屋の主人が、お客さんにみょうがをたくさん食べてもらい、大金の入った財布を忘れていってもらおうと企んだのに、翌朝お客さんは、宿代を払うのを、忘れていったそうです・・・

2つの説があるみたいです。

みょうがは、免疫力をあげる作用があるそうです。味噌汁、冷奴に少し加えるだけで、食欲が出て来ますよね。
もの忘れしない程度にいただきます。(kumi)

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

天然素材の籠~兼題「籠枕」


今週のNHK俳句の兼題は「籠枕」。

今日は、二十四節気の「立秋」、今日からの猛暑は、残暑となる。
それでも、気象予報は、ここ一週間ほどは、今年最高の暑さが続くとのこと・・・

猛暑は、どうしようもない。
それをいかに凌ぐか、自然に逆らうのではなく、自然をうまく利用して、暑さをやり過ごすことを、先人達はいろいろと工夫した。
籠枕もそのひとつ、自然素材の触感と、風の利用で涼しさを演出した。

自然素材の籠は、庭でも四季を通して、自然の厳しさを和らげる役割を果たす。
sl-480-026_201308071906017e5.jpg
特に夏は、地面からの熱を避け、風通しを良くする。

さて、兼題の「籠枕」である。

籐と竹でできた枕は、それだけで涼しげだが、遠い昔の記憶をたどると、あまり快適に使った記憶がない。
子供には、竹かごの固さと、汗を吸わない素材の触感があまり心地よくなく、昼寝においても、蕎麦殻の枕を重陽したものだ。
どちらにしても、夏のうたた寝の、すっきりしない寝覚めの象徴のようだ。

祇園会の囃子過ぎ往き籠枕.....akira

今月、kumikomamaはお休みである。(akira)



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

デュランタ・宝塚の花


高い湿度とキツイ日差しの中、木々という木々の繁みでは、蝉たちの気忙しい鳴き声が、響きわたっています。
うるさくもあり、心地よくもあり・・・無事に生を貫いて欲しいと、思うのみです。

そんな、朝・・・ワイルドガーデンでは、「デュランタ・宝塚」の紫色の花が、これもまた今を盛りに、咲き誇っています。
sl-480-005_20130806095653784.jpg
以前暮らしていた家では、植木鉢で育てていましたが、今の庭は、広いので地植えしています。

紫色の小花が集まって、房状に垂れ下がって咲く、美しい、そして強い「熱帯花木」なのです。
sl-480-061_201308060956141f8.jpg

隣の家の「時計草」も、たくましいデュランタの枝に絡みついて、両方の庭で元気に育っています。
sl-480-041_20130806095654af9.jpg

花の季節が、終わると、短く剪定するから、ま!いいかと、のび放題・・・
お蔭で、隣家のお庭も、我が庭も、時計草とデュランタの綺麗な花で、一挙両得・・・仲良く楽しんでいます。
(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

長ナスの初収穫


5月下旬、河内長野の旧友が、大量のいちご、ゴーヤの苗、そして小さなナスビの苗を、届けてくれました。そのナスビの、初収穫です。
sl-480-014_20130805201517453.jpg

長ナスとは、知らず植えて育てて来たので、ビックリでした。田舎でも、育てたことがなく、初めてです。
sl-480-017_201308052015181d1.jpg

焼きナスが、美味しいのだけど、友達に初収穫の報告も兼ねて、またまた絵手紙をかくことにしました。
sl-480-019_2013080520151980f.jpg

今日は、長ナスと、大きなオクラも収穫できて、夕食は、取り立て野菜の健康献立となりました。
友に感謝です。(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

ふわふわパンケーキ


相変わらず、蒸し暑い中、今日は、フロントガーデンの芝刈り作業です。

芝を刈るのは、もちろんakirapapaです。機械でやるので、私には無理!
刈り込まれた芝を広い集めるのが私の役目、汗まみれのakirapapa、申し訳なくて、ゴルフ用の大きな傘を、彼に差し掛けて、日陰を作りながらの共同作業でした。

午前中、大変な思いさせたから、お礼に、3時のおやつは、「ふわふわパンケーキ」を作りました。

sl-480-002_2013080519480958d.jpg

水切りヨーグルトを加え、卵は別立てにして作った生地はふわふわの焼き上がりです。
sl-480-005_20130805194811324.jpg

ふわふわに焼いたはずなのに、ホットケーキだねて言われてしまいました。(ー_ー)!!
今度は、もっとふわふわのパンケーキになるよう頑張ります。(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

絵手紙がいっぱい


あまりにも湿度が高く暑いです
外仕事は、ひと休みして、ひたすら読書と、絵手紙に没頭の一日でした。

近所のお家にたくさん咲いてる、鳳仙花の絵手紙が書きたくて、朝から1本頂いて来ました。
sl-480-013_201308041950291d6.jpg
描いたのが、これ↑右側です。左は、絵手紙教室の生徒間の絵手紙のやり取りで、頂いたもの・・・・・

そして、大好きな友からの百合の花「コンカドール」の絵手紙です。
sl-480-014_20130804195030601.jpg
やっぱり、タッチがちがいますね。勉強になります。

実は、絵手紙教室にて展示会があります。その時の準備もりだくさんの宿題。
夏に活躍する「花」たち! まずは、大きな紙に、「西洋風蝶花」
sl-480-019_20130804194941a7a.jpg
画仙紙とかってが違います。

それから、ひまわりの花、
sl-480-011_201308041950286a3.jpg
sl-480-008_201308041950271a7.jpg

近所のお花屋さんから、ひまわり買ってきましたが、暑くてチョット元気なしの「ひまわり君」、横から描いたり後から描いたり、今日は、たくさんの宿題が仕上がり、ひと安心です。ホッ! ヤレヤレ・・・・・

絵手紙は、ひたすら描くことが上達の早道・・・
描く材料があれば、直ぐに実行です。明日は、どんな出会いがあるか楽しみ!(^^)!(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR