06
   

「そよ風君」と夏準備


久しぶりの晴天続き、いつものように、ラジオ体操を無事終えて、今日の健康に感謝・・・
小鈴との朝の散歩も、心地よい気分で、無事終了です。

でも、今日は、月1回の我が家の一大イベントが、待っております。(ー_ー)!!
そう、小鈴の、シャンプー日なのです。水の嫌いな小鈴を、無理やりお風呂場へ連れて行き、ゴシゴシ・・・・・
その時に、どうしても犬の毛が飛び散るので、お風呂場と洗面所の大清掃、小鈴専用のマットなども洗濯機でごりごり洗濯しついでに洗濯ドラムの洗浄、それから、家の掃除と・・半日がかりです。楽しんで、やりましょう。

昨日は、フロントガーデンの草刈を半分と、茂った草木の剪定を終え、鉢植えの模様替えを少しやって、チョットだけ、すっきり涼しげになりました。

玄関廻りも、なるべくスッキリ、緑を配置して・・・・・(#^.^#)
sl-480-043_20130630090548.jpg
斑入りの葉や、緑の濃淡のグラディエーションで、涼しさ、爽やかさを演出してみました。
sl-480-002_20130630090630.jpg

フロントガーデンの入口脇も、少しだけ、模様替え・・・
sl-480-018_20130630090634.jpg
茂り始めた、「コリウス」と、7枚の大小の葉を拡げるように成長した「おいらん草」をメインに、そのうち成長するであろう「インパチェンス」の苗を足元に配置しました。

夏は、涼しげが、一番一番・・・・・
sl-480-015_20130630090632.jpg

そして、昨年から、玄関前に置き始めた、人工のよしず「そよ風君」、
南東に面する玄関は、日当たりがよく草花の生育にはいい環境ですが、夏の暑い盛りには、風を通さないと熱がこもります。
sl-480-046_20130630090549.jpg
家の窓という窓を、全開し、玄関のドアも開けて、この「そよ風君」を、立てかけると、涼しい風が、通り抜けます。「そよ風君」のおかげで、夏場の日中も、エアコンなしで、快適に過ごすことができます。

まだまだ、これから、夏のガーデンへの準備は、始まったばかりです。 (kumi)
スポンサーサイト

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

ストレプトカーパス


夜明け前に降った雨もすっかりあがり、久しぶりに気持ちのいい青空です。
梅雨の不安定な天気で、なかなか出来なかった、庭の草刈が、やっと半分だけ出来て、ホッとしています。
~~「梅雨晴間」溜めた仕事に勢を出し~~

4年前に、花友から頂いた1株の、「ストレプトカーパス」、
葉っぱを挿せば、いくらでも増えるとのことで、地面や、鉢に、葉をカットしては、挿し葉をして育てて来ました。
アフリカ原産のこの花は、年中緑の葉を茂らせていますが、夏の日照りと、冬の寒さに弱いそうで、鉢植えで育てるのがいいとのことですが、
我が家の、「ストレプトカーパス」は、地植えにされても、しっかりと育っています。
ただ、冬の間は、葉先を茶色に変色させながら寒さに耐え、春になると、新しい元気な葉に更新します。

フロントガーデンで、鉢植えで育った「ストレプトカーパス」に、今年初めての花が、開花しました。
sl-480-004_20130629133243.jpg
去年の秋、地植えで育った「ストレプトカーパス」の葉を、またまた、挿し葉して、植木鉢で、育てて来ました。(^_^)/
ごわごわした葉とは対照的に、ほんとに清楚で涼しげな花です。

花は、細いラッパ状をしており、先端が、5つに裂けています。
花色は、薄青紫で、中心部から放射状に濃い紫の線が入ります。
sl-480-005_20130629133245.jpg
朝の雨のしずくをあびて、清涼感満点です。

ここで、挿し葉の方法を、ご紹介・・

先ず、元気な葉を1枚採取し、
sl-480-012_20130629133333.jpg
葉っぱを、半分にカットします。
sl-480-014_20130629133335.jpg
そして、土の中に、差し込みます。
sl-480-013_20130629133334.jpg
そして、そして、3か月後、
たくさんの葉が育ってきました。
sl-480-009_20130629133246.jpg

そして、こちらは地面に挿し葉したもの、
sl-480-010_20130629133248.jpg
葉を増やし、順調に育っています。

こちらは、ワイルドガーデンに、2年前に挿し芽した、「ストレプトカーパス」、
sl-480-011_20130629133250.jpg
クリスマスローズの実生の葉と競うように葉を茂らせています。花芽を付けるのも、もう間もなくです。

葉っぱからの挿し芽が、変ってて、最初、花友に頂いた時は、「ホントカシラ?」と、半身半疑でしたが、大きな緑の葉っぱから、小さな子供の葉っぱが出て来たときは、ビックリでした。

花友の、セカンドハウスでは、アプローチ一帯にたくさん植えこんで育てられているとのこと。
常緑の多年草で、冬の寒さにも負けず、緑の葉を元気に育み、春と秋には清楚な花を咲かせてくれます。
庭の縁取りとして、欠かせない花となりました。(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

ニンジンボク


今日も、どんよりとした曇り空、一時雨になるかもとの予報でしたが、結局降らずじまい・・
午前中は、阪南市の「尾崎公民館」で開催された、「健康体操教室」に、夫婦で参加しました。
素敵なM先生に、メタボリックシンドローム、ロコモティブシンドローム、認知症予防等の、お話を伺い、肩こり、腰痛予防のストレッチ、筋トレを、みっちり教えて頂きました。
帰りは、軽いストレッチのお蔭で、身体も軽快です。
日頃、園芸、家事、犬の散歩等で、身体は動かしているつもりですが、動かす場所がまた違うんですね。(#^.^#)

斜面地の中腹に植えられたニンジンボク。
冬の間、幹のみになり、低く切り詰められていたのですが、春になると次々と枝を伸ばし、1本の木とは思えないほど成長し、下に植えられたアカサスモリスをも抜きん出る勢いです。
sl-480-015_20130628162457.jpg

4年程前に、ガーデニングの先輩のMさんのお庭から、30cm程の細い枝を一枝頂き、挿し芽にして、植えたものですが、日当たりのよくない斜面地で、幹を太くし、しっかりと根付きました。
その、ニンジンボクが、枝いっぱいに、薄紫色の小花を咲かせました。
sl-480-006_20130628162454.jpg

葉は、柄が長くチョウセンニンジンの葉に似ている事から、「ニンジンボク(人参木)」と、名前が付けられたそうです。
ナント、「ハーブ」なんです。
sl-480-021_20130628162413.jpg

淡い青紫色の唇形の小さい花が、なんとも涼しげです。!(^^)!
sl-480-012_20130628162455.jpg

冬には、葉っぱも枯れ落ちる落葉低木なんですが、うっとうしい梅雨にも負けず、すくすくとしなやかに成長してくれた、ニンジンボク、
またまた、草木に元気を頂きました。(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

嬉しい事尽くめの一日


薄日はたまに射すものの、梅雨の谷間の曇り空、気分も憂鬱になります。
そんな気分を晴らせてくれる、嬉しいことが、次々とありました。

先ずは、私が絵手紙を始めるきっかけとなった旧友から、カシワバ紫陽花の絵手紙が、届きました。
嬉しい
sl-480-020_20130627123536.jpg
やっぱりー(-_-)/~~~ピシー!ピシー!線の力強さが、ぜんぜん違います。
八重の花もふくよかに、葉っぱもかしわの葉似の姿、そのものです。

お友達の家には、カシワバ紫陽花が、一重と八重と4本もあるそうです。
そして、花房を小さく育てる為に、苦労されるそうです。
ただ育てるだけの私とは大違い、奥が深そうです・・・(#^.^#)

そして、先日ブログに掲載した、「きゅうりのQちゃん漬け」も、さっそく作ってみられ、家族に大好評だったとのこと、ブログの記事が、少しでもお役にたつ事が出来、大変嬉しく思いました。


続いての、嬉しいい事は・・・・・
前に住んでいた近所のお友達が、50年物のぬか床を、少し分けてくれるとの連絡がありました)^o^(

そのぬか床は、友達のお姑さんの代から、長年大切にされ、水害の時も、ぬか床を頭の上にのせて避難されたそうです。

ぬか漬けを、あんまり食べなかった、akirapapaも、13年前、阪南市に引っ越してきて、彼女の漬けた水ナス漬けを食べて以来、大のファンになってしまいました。)^o^(

普通のぬか漬けとは、風味が違います。この季節には、山椒の実を入れたりと、いろいろと工夫されているそうです。

そんな、大事なものを、持ってきてくれる彼女の為に、青梅のジャムと、先日作った、南高梅のジャムからヒントを得て作った、梅ドレッシング、そして、杏仁豆腐のデザート、トマトピザを作りました。

南高梅のジャムからヒントを得た、梅ドレッシングは、梅ジャムにオリーブオイルと、ワインビネガー、醤油麹、白ごまを混ぜただけの、シンプル梅ドレッシングですが、完熟の南高梅の色と梅の甘酸っぱい香りが、食欲をそそり、ホントに、自慢の、梅ドレッシングなんです。)^o^(
サラダのドレッシングだけでなく、冷奴や蒸し野菜、シャブシャブ等のタレとして、最近は、この南高梅ドレッシングにぞっこんです。

50年物のぬか床は、友人が夕方届けてくれる予定です。何を漬けようか、今から楽しみです。(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

ベコニア


昨日の雨を受けて、大地が、みずみずしく感じられます。

でも、はっきりしない梅雨独特の天気で、曇ったり晴れたり蒸し暑いです。(ー_ー)!!

初夏から、元気に開花しているベコニアの花も,雨に打たれて、花柄が、(泣)
sl-480-001_20130627093208.jpg

北側、シャドーガーデンの、ウッドフェンスでは、真冬には、枯れ果てて茶褐色だった、3個のハンギングが、梅雨の雨にも負けず、綺麗に咲いてくれました。
sl-480-004_20130627093256.jpg
短い茎が、肉厚のつややかな緑の葉と花を、けなげに支えています。

蓮池側の、フェンスにも、3色のベコニアが、ハンギングに収まっています。
sl-480-005_20130627093258.jpg
真っ白い花は、よく見ると、可憐で、清楚・・・
sl-480-031_20130627093212.jpg
赤い色も、可憐で、華やか・・・
sl-480-024_20130627093210.jpg
春先に植えこんだベコニアの、紅白の花が↓
sl-480-023_20130627093209.jpg
今朝は、こんなに、こんもり、元気に咲いてます。
sl-480-007_20130627093259.jpg

先日ブログ掲載のハートのハンイングにも、その足元にも、ベコニアがいっぱいです。
sl-480-027_20130622081754.jpg

ベコニアの原種は、2000種類もあるそうで、花言葉は、「幸せな日々」。

赤、ピンク、白の3種類のベコニアを、1鉢づつ購入し、増やし続けて、早13年・・
冬の間は枯れて、忘れ去られても、春になるとしっかりと新芽を吹き、厚い緑の葉を茂らせ、毎年花を咲かせてくれます。
もはや、我が庭にとって、「ベコニア」は、家族も同然なのです。(#^.^#)(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

紫陽花の絵手紙


とってもよく降る雨でした。長引いた雨も、やっとレーダーから雨雲が消えたようです。(^_^)/
雨の1日、絵手紙の練習やら、遊印作りで、過ごしました。

ワイルドガーデンの、終りに近づいた赤い紫陽花を、雨の中から摘んできて、 絵手紙の練習台に・・
sl-480-001_20130626175705.jpg
唯一の批評家akirapapaに、葉っぱが不自然、紫陽花のこんもりさが出てないと言われながら・・・・(ー_ー)!!
そうだよね~・・・もうひと工夫いるな・・・・・頑張ります

こちらは、先日、友から頂いた、優しい気持ちのこもった絵手紙。
雨の恵みを受けた紫陽花が、生き生きと表現されています・・
sl-480-004_20130626175706.jpg

梅雨には、紫陽花とカタツムリが、ホントによく似合いますよね。(^_^)/(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

命の水


今週のNHK俳句は、「俳句さく咲く!」で、テーマは「飲む」。

早々に梅雨入りしたかと思えば、空梅雨、そして土砂崩れを起こすような、大雨。
農家や、趣味で菜園や園芸を楽しむ者にとっては、日々が一喜一憂の、今年の梅雨である。
こうして、雨のもたらす水は、人だけでなく地上に生きる動植物にとっては、生きていく上で、なくてはならないものである。

そうした雨水を溜めておく池は、昔から夏の渇水対策として、造られてきた。蓮池もそのひとつである。
田植え時期まで満水にした池は、田植えが始まると一気に水位を下げ、下に連なる田はその水を受け、広い水面を拡げる。
sl-480-033_20130626131450.jpg
そして、田に張られた水は、稲だけではなく、たくさんの生物を育む。

蓮池の水もまた、田畑の植物を潤すだけではなく、たくさんの生き物を育む。
池で育った魚や虫は、四季それぞれに水鳥を育む。
水位を下げた蓮池の中州では、鷺のつがいが羽を休めていた。
sl-480-039_20130626131451.jpg
また水辺では、時折、野鳥が水浴びしている姿が見かけられる。
雨が近付くと、つばめが、水面をかすめるように低空飛行し、水面の虫を捕獲していた。

水は、あらゆる生き物を育む、命の水なのである。

さて、今週の俳句のテーマ「飲む」である。

夏に飲むといえば、喉の渇きを潤す水である。若いころ、運動の後の水は冷えてなくても格別であった。また、ヤカンに入れられた麦茶も、何回もおかわりをして飲んだものだ。
そして今、酒飲みの私は、まずビール、それも、きんきんに冷やしたジョッキに注がれた、生ビールが思い浮かぶ。同様に、よく冷やした酒を、ガラスのぐい呑みでやるのも、またいい。

冷酒瓶遥かむこうの白き雲.....akira

野良仕事終えし名越の水を飲む.....kumiko

心の底から沁みわたる水は、まさしく「命の水」なのである。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

トレニア


朝から、降り続く雨
今日も、またまた庭仕事は、お休みです。

昨日は、花友が何人か来訪し、沢山のお花の苗を持ち帰りました。おかげで、お花やさんみたいに、花の苗であふれかえっていた我が庭は、少しスッキリしたかな・・・・・
そろそろ、本格的な、夏バージョンの模様替えに、スイッチONしなければ・・・・・(ー_ー)!!

フロントガーデンの入口で、ハンギングに収まった、3色のトレニアの「ムーン」、
我が家の花の主な調達先、「ひかりガーデン」にて、購入しました。
sl-480-009_20130626082703.jpg
まだまだ植えこんだばかり・・花が全体に広がって、ハンギバスケットを覆い尽くす日を、待ちましょう

例年は、それぞれに寄せ植えの中に植えこみ、脇役として楽しんでいたのですが、今年は、全部一緒にハンギングに収め、トレニアを主役として楽しむことにしました。

トップには、真っ白な「ムーン」です。
sl-480-006_20130626082658.jpg
花の芯から、一方向にのみ黄色く染めた、真っ白な花びらが、なんと愛らしく、清楚です。

左サイドには、黄色と薄紫色のツートンカラー、
sl-480-008_20130626082701.jpg
この色を育てるのは、初めてです。

右サイドには、大好きなブルーの「ムーン」
sl-480-007_20130626082659.jpg
真ん中の、淡いブルーに包まれた黄色が、薄闇に輝くホタルの光のようで、清涼感たっぷりです。
sl-480-011_20130626082616.jpg

そして、ウッドフェンスで、奇跡的に冬を越した青紫の「トレニア」、
sl-480-022_20130626082523.jpg
まだまだ、これからですね。

トレニアは、暑さに強く、真夏でも生育が衰えない、「夏花リストNO,1」の花です。

トレニアの花は、こぼれ種では育たないようで、毎年花の苗を購入しないといけないとの事ですが、その中にあって「ムーン」は、栄養系で、何とか、来年も元気で、育って欲しい・・

「ムーン」の苗に添えられたキャッチコピー~~月夜に集う小人たちがダンシング~~まさしく、その通り、ファンタジックで可愛くて、それでいて、たくましい「トレニア、ムーン」なのです。(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

野菜の黄色い花たち


梅雨の合間の薄曇り、昼からは少し雲が厚くなりました。

斜面地のベジタブルガーデンでは、野菜たちが元気に育っています。
そして、ほとんどの野菜の花は、なぜか黄色です。
この時期咲いている花を集めてみました。

一番手は、おなじみ、キュウリの花、
sl-480-045_20130625153952.jpg
次々と花を咲かせ、最近は、ほぼ毎日実を生らせています。
ただ、葉が病気にやられ、太く育った茎のみが、目立ち始めています。

二番手は、これもおなじみ、トマトの花、
sl-480-048_20130625153953.jpg
苗を地植えした段階から、次々と花を付けています。毎朝散歩から帰ったあとは、熟れた実を収穫するのが日課となっています。

三番手は、ゴーヤーの花、
sl-480-044_20130625153951.jpg
どの苗から伸びた枝かわからないほど、競うように蔓を伸ばし、次々と小さな実をつけています。

四番手は、ヘチマの大きな花、
sl-480-087_20130625154154.jpg
斜面地を降りる階段に植えられたヘチマは、ウッドデッキの手すりに添い蔓を伸ばし始めています。まだ、雌花と雄花の咲くタイミングが悪く、なかなかうまく受粉出来ません。

五番手は、メロンの花、
sl-480-014_20130625154155.jpg
これは、テーブルメロンの花。
菜園の一番上の段で、地面を這うように蔓を伸ばし、小さな実をひとつ付けています。

番外として、白いピーマンの花、
sl-480-060_20130625153954.jpg
大きな艶やかな緑の実を付けるためか、少しうつむき加減に、小さな花を咲かせています。

緑の茎や葉の間から咲かせる野菜の花は、次の実のりを期待させ、気持ちをわくわくさせてくれます。(kumi)

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

枇杷のデザート


嬉しい晴れて来ました。家の窓、全開して、風を通しましょう。
今日は、午後から絵手紙教室です。(#^.^#)

昨日、ご近所から、またまた、枇杷を、枝ごと届きました。
sl-480-032_20130624111853.jpg
とりあえず玄関に仮置き・・生け花のようです。!(^^)!この、季節、水が痛みやすく、生け花も長続きしません。
勿体ないけど、新鮮なうちに頂くことに・・

先日ブログで、枇杷ジャムを掲載すると、枇杷の実で、枇杷のコンフォート、そして、枇杷の種を使った杏仁豆腐が作れるとの、情報をキャッチ!!早速、インターネットで検索

まず、枇杷のコンフォート作り・・・・・
枇杷600g、白ワイン1カップ、グラニュー糖1/2カップ、レモン汁適量
材料は、手元にあったので、すぐに調理を開始しました。
皮をむき種を取った枇杷を、材料の中に、入れて、あくを取りながら、グツグツ20分煮詰めました。
sl-480-070_20130624111854.jpg
以外と手っ取り早く、出来上がり・・・

今度は、枇杷の種で、杏仁豆腐作り・・・
枇杷の種1個分、3粒、牛乳300cc、砂糖15g、スキムミルク大匙1杯、粉寒天1袋4g、水300cc

枇杷の種1個分3粒は、包丁で薄皮を剥き、細かくつぶした種、牛乳、砂糖、スキムミルクを、沸騰させないで、混ぜながら煮込む。
ふたをして、10分ほどおいて、杏仁豆腐の香りを出します。

別の鍋で、水のなかに、粉寒天を振り入れ、弱火で、寒天を煮とかします。
蓋をして置いていた、煮溶かした寒天を入れ、ゆっくり混ぜて、出来上がり

固まったら、好きなものを、トッピングして冷やします。
sl-480-073_20130624111855.jpg
今回は、枇杷のコンフォートと、冷凍していたジュンベリーの実、等をトッピングしてみました。

次は、ガラスの器に、杏仁豆腐を盛り付け、その上に、作り置きの抹茶ゼリーを併せ、また枇杷のコンフォート等をトッピング、斜面地で育ったミントの葉をあしらいました。
sl-480-080_20130624111856.jpg

ヘルシーで、冷たいお茶菓子の完成お茶の時間が楽しみです。(kumi)

theme : ハンドメイド
genre : 趣味・実用

アガパンサス


また、今日から新しい1週間は、雨のスタートです。でも、10時頃には、曇りになるとのこと

梅雨のなか、咲き始めた「アガパンサス」の花、
我が庭には、3ケ所に植えこんでいます。
年中緑の艶やかな葉を茂らせていますが、この時期になると、次々とねぎぼうずのような花芽を付けた花茎を伸ばし、伸びきった先の花芽を開くと、次々と薄紫色の細い百合のような花を線香花火のように咲かせます。

まずは、蓮池の堤防を見下ろす、斜面地の裾に、自生していた萱を引き抜き、植えこみました。
sl-480-002_20130624081931.jpg
美しく厚みのある緑の帯状の葉っぱから、長~い茎を蓮池の方へと伸ばし、薄紫の涼しげな花を、咲かせています。
イチジクと、レモンの大きな木の陰で、イチジクの葉から逃れるように・・
sl-480-007_20130624081933.jpg
日当たりがよくないためか、少し開花が遅れ、まだ蕾の花もいくつか見られます。
sl-480-052_20130624095741.jpg

そして、ワイルドガーデンでも、蓮池を見下ろすフェンス際に、杜仲茶の木の緑の葉影で・・・・
sl-480-015_20130624081937.jpg
涼しげな、薄紫色の、楚々とした花を、咲かせています。
sl-480-047_20130624095740.jpg

それから、フロントガーデン入口でも、他の元気な草花に埋もれるように咲いています。
sl-480-012_20130624081934.jpg
sl-480-061_20130624101717.jpg

この時期、あちらこちらで見かけるアガパンサス、
ちなみに、これは、昨日、光陽台2号公園広場で、撮ったアガパンサスの花です。
sl-480-025_20130624082018.jpg
ホントに涼しげな、まるでブルーの線香花火みたいですね。(#^.^#)

アガパンサスは、毎年花を咲かせる多年草で、立ち姿も優雅で、爽やかな涼感のある花を6月~7月に咲かせます。
別名、紫君子蘭(むらさきくんしらん)、花言葉は、「誠実な愛」、
病気知らずで、しなやかに茂った葉は、冬でも青々とした緑色で、ホントに元気を頂く大切な花です。(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

トマトの絵手紙


午後は、時々薄日の射す、良いお天気になりました。(#^.^#)

菜園で、熟れかけのトマトを、発見しました。
sl-480-008_20130623154755.jpg
あんまり、綺麗から・・・またまた絵手紙を、描いてみようと・・・・・

sl-480-049_20130623154756.jpg

習い始めは、とにかく、慣れること、題材を見つけたら、すぐに描く・・・・・
トマトは、へたの部分と、まるみ、そして赤い色の表現が、難しかった(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

そのうち、ブログの中で、下手な絵手紙の発表会が、出来そうです。!(^^)!
(kumi)

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

梅雨の合間の散歩


お早うございます。小鈴です。
sl-480-040_20130623092324.jpg
濡れるのが苦手な私は、少しでも雨が降ると散歩には行きません。運動不足気味ですが、体形は維持してますよー・・・

嫌いな、長雨が続いてましたが、ここ2,3日は、雨も、一休み・・・でも、油断は、出来ません。朝から、どんよりの曇り空です。
飼い主2人に、連れられて、今日は、光陽台3号公園への散歩です。

心臓破りの、坂の上に、リフォーム中のお家発見、普段から緑を大切にされる方で、リフォームの足場を避け、ゴーヤのフェンスを、垂直に立てて大切に育てられています。
sl-480-020_20130623092239.jpg

光陽台2号公園、自治会館下の広場の斜面には、「アガパンサス」の、薄紫色の花が、綺麗に咲いています。
sl-480-047.jpg

坂道を、飼い主に引かれて、歩くこと、20~30分、3号公園の前で、ワン友の「ラッキー」ちゃんに会いました。お久しぶりです。
sl-480-026_20130623092241.jpg

「ラッキー」ちゃん、大きいから、チョット、苦手です。
sl-480-028_20130623092243.jpg
「ラッキー」ちゃんは、毛並ふさふさで暑くないのかしら・・・

「ラッキー」ちゃんに、バイバイして、3号公園に着きました。日曜の朝の、公園は、静かです。
sl-480-036_20130623092244.jpg
3号公園を、一人占めって、感じ・・・

木々の緑も、元気、元気・・・
sl-480-038_20130623092323.jpg
空気もひんやりして、爽やかです。

「ラッキー」ちゃんとも、遊んで、疲れたから、坂道を下って、お家へ帰ろう・・・・・
sl-480-041_20130623092325.jpg
長~い、坂の向こうに、「りんくうタウン」から「関西空港」へと続く、「関西空港連絡橋」が曇り空に少し霞んで見えます。
kumikomamaは、ここからの眺めが、お気に入りみたいですよ。
天気のいい日は、、「関西空港連絡橋」のはるかかなたに、大阪の超高層ビル群が、臨めるんですって・・・・・

あ、いけない、雨がポツポツ降って来ました。早足~早足・・・
久しぶりに駆けると、やはり運動不足ですね・・足がもつれそうでした。(小鈴)

theme : 柴犬
genre : ペット

ハートのハンギングの衣替え


週末の土曜日は、やっと晴れ模様(^_^)/、たまった洗濯物を、屋外にいっぱい干しました。

寒い冬~春に、まだ、花の咲かない薔薇のアーチで、華やかさを演出していた、ハートのハンギングも、すっかり夏モードに変身中です・・・・・
sl-480-029_20130622081756.jpg
夏の花、ベゴニアを植えこみました。

ちなみに、これは、装い前の写真です。(4月9日撮影)
sl-480-029_20130622081718.jpg
薔薇の、ツルアイスバーグが、アーチで大きく育ち、花が咲き始める頃には、置く場所も、移動しました。

フロントガーデン、中央の白い椅子で、ビオラのハンギングに代わり、夏らしい庭を演出しています。
sl-480-027_20130622081754.jpg

夏の暑さに強いベゴニアの、いろいろな花色を、楽しんで、元気を貰いましょう。・・・(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

グアバの花


斜面地のウッドデッキの傍で、元気に育つった、グアバの木。

いちぢくの挿し芽を頂いた花友に、5年前に、小さなプラ鉢に植えられた苗を、頂いたものだ。
その後、地植えすることなく、ウッドデッキ傍の斜面地に放置されていた。

グアバは強い。その場所が気に入ったのか、プラ鉢の底から地面に根を伸ばし、その場所に居ついてしまった。
その後、どんどん大きく成長し、3年前から可愛い数個の実を付けた。

そして今年も、白い可愛い花をつけた。
sl-480-074_20130621194543.jpg
グアバは、沖縄などの亜熱帯でよく育つ植物で、通常花の時期は、4月末から5月のようだが、我が家のグアバは約ひと月遅い開花だ。

さすがにウッドデッキで陽が遮られている部分は、花付きがよくないが、陽のあたる部分には、たくさんの花をつけている。
sl-480-075_20130621194544.jpg

綿毛のようなおしべに、覆われるように咲いた小さな花は、しっかり育った厚い葉に守られるように、可憐な花を咲かせている。
sl-480-076_20130621194545.jpg

花は、5枚の花弁と、それを覆い尽くすように、たくさんの白いおしべが拡がり、綿毛のように見える。
sl-480-082_20130621194546.jpg

昨年よりたくさんの花を付けており、ことしもたくさんの実が生りそうだ。(akira)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

ゴーヤの初収穫


水無月、・・よく降る雨です。
「水無月というのは、どんな意味があるのかしら?」と、akirapapaに聞くと、「田に水が注がれるから、水が無くなるんじゃない?」と生返事・・・
季語辞典では、水無月は、旧暦の6月、新暦では7月を指し、「炎暑」の為、田の水が無くなる事を、いうらしい・・・・・?
ま、諸説あるようで・・どれが正しいか、わかりません(ー_ー)!!

斜面地に降りる階段を利用して、支柱を立て、育てているゴーヤたち、
右へ左へつるを伸ばし元気に育っています。
sl-480-043_20130621173501.jpg
雨の中、菜園を点検中、ゴーヤの一番果を発見しました。
緑に茂った、ゴーヤの葉っぱの下で、ブツブツの食べごろのゴーヤ君を、発見した時、思わず、トキメキました。

ゴーヤの初収穫を、まず、写真に・・・・・
sl-480-042_20130621173500.jpg

そして、毎度の絵手紙に・・
大笑いの「ゴーヤの絵手紙」(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
sl-480-040_20130621173459.jpg
現物とは、似ても似つかない・・・
思わず、自分の体形に、書いてしまいましたね。!(^^)!

素直な心で、と思いながら、なかなかうまく描けません。反省多々あり・・(泣)
でも、うっとうしい雨の中、皆様に微笑みを、お腹の底から笑って下さいませ。(kumi)

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

ハチジョウススキ


今朝は、梅雨のすき間をぬって、小鈴の散歩に行くことが、出来ました。
足の濡れるのを嫌がる小鈴を、なだめながらの散歩でしたが、途中で降りだし、一目散に帰宅・・
今の所、雨は、しとしとと降ったり止んだりしています。
温度は、さほど高くは、ないものの、湿度が高い・・・・・

梅雨の長雨に打たれて、庭の花達は、萎れたり、折れたり散々ですが、緑の葉っぱを、身に付けた草木は、息を吹き返したように、生き生きとしています。(#^.^#)

斜面地、階段下側で、鉢植えにした「ハチジョウススキ」、
いちぢくの大きな葉の、葉影で、白い斑入りの葉を茂らせています。
sl-480-028_20130621102538.jpg
通販で小さな株を購入したのが、7~8年前、それ以来、植えっぱなしです。
冬には地上部が枯れて無くなりますが、春には細い芽を垂直に吹き始めます。そして、この季節には、緑を濃くする庭にあって、爽やかな涼しさを演出してくれます。(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

元気の素


雨で、外の仕事から解放されると、家の中の事が、いっぱい出来ます。
ストレッチも、朝、昼と滞りなく済ませ、久しぶりに大好きな「嵐」のDVDも鑑賞できて、元気いっぱい

老後の二人暮らし、健康に気をつけた食生活になるよう、心がけています)^o^(
そんな食生活で、毎日食べる我が家のご飯には、特に気を使っています。
白いご飯は、滅多に食べません。ほとんど、雑穀ごはんです。
お米に、「十六穀ごはん」(写真下中央)と「黒米」(写真下右)それに、「梅干し」を混ぜて炊くのです。
時々は、もち米を、お米の1割ほど入れたりします。
sl-480-048_20130620160534.jpg
そして最近は、先日、城崎温泉の旅をした時、魔女友に頂いた「丹波産小粒黒豆」(写真下左)が加わります。
「丹波産小粒黒豆」は、酢につけたり、フライパンで炒ったりして、使っています。
今日は、酢につけた黒豆を、スープごと、入れて炊きました。
sl-480-070_20130620160535.jpg

「丹波産小粒黒豆」は、大豆本来の栄養素(タンパク質や、イソフラボン、大豆オリゴ糖)などに加え、体の酸化を防ぎ、老化防止を止める作用のある物質として、話題のアントシアニンを、豊富に含んでいるとの事です。

「十六穀ごはん」は、カルシウム、マグネシウム、植物繊維、鉄分もビタミンも、白いお米の倍ほど、含まれています。

雑穀ごはんは、固いから、よく噛まないと呑み込めませんが、30回噛んで、歯も丈夫に、脳も活性化、いいことづくめです
年寄り二人、のんびり、ゆっくりのスローライフです。(kumi)

theme : 料理
genre : 趣味・実用

今日の収穫


優しい雨が、音もなく降り続いています。
今日は、家仕事に当て込みましょう!(^^)!

でも、菜園では、降り続く雨で、ミニトマトにひび割れが(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
取り合えず、収穫をすることに・・
併せて、収穫適期を迎えたきゅうりと、ピーマンの一番果も・・
sl-480-055_20130620133205.jpg

ピーマンの栽培は、3本仕立てが、いいと聞きました。(^_^)/
ピーマンの茂りすぎの、枝も間引いて、今日のお昼に頂くことに)^o^(
sl-480-060.jpg
カットした葉っぱを、小さい実や、花も一緒に、フライパンにオリーブオイルを引き、しめじと炒めて、醤油こうじで和え、ゴマをトッピング・・・・家庭菜園だからこその、料理ですね。
sl-480-064.jpg
ピーマンの葉っぱは、個性のない、ふんわりやさしい、お母さんみたい(^_^)/な味がします。
「お酒のつまみには、最高だね。」と、akirapapa・・・

醤油麹は、昨年の夏頃から、気に入って作り置きしています。
保存瓶に、乾燥麹200グラム、醤油380ccを入れ、そのまま室温で、一か月ほど置いておく。生麹の場合は、生麹200グラムに対し、醤油300ccで・・・減塩醤油は、向かないようです。

ちなみに、私は、甘口の醤油と、菜園で収穫したニンニクの塊も一緒に入れて、作っています。(#^.^#)

これ一本あれば、野菜炒めや、ピラフにすごく便利なんです。

炒めて、醤油麹を、入れるだけの、簡単調理ですが、麹の減塩効果と、醗酵で生れたアミノ酸や、ブドウ糖が、料理に、ふくよかな味わいを与えてくれるような、気がします。 (kumi)

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

アマリリス



念願の、雨、雨、雨・・・・・

畑や庭の草花たちも、みずみずしさを、取り戻しました。(^_^)/
でも、夕べからの沢山の雨に打たれて、大きな花を付けた、「カシワバアジサイ」「タチアオイ」「アカンサスモリス」の花々が、重みで、頭を垂れています。(泣)
雨の止むのを待って、剪定に行こうとすると、また降りだしました。

でも、雨をものともせず、元気な花もあります。(#^.^#)
フロントガーデンの入口で、大きな薄紅色の花を咲かせた、アマリリス。
sl-480-008_20130620101318.jpg
真夏に向けて増殖中のコリウス達の中にあって、ひときわ鮮やかな存在感を、発揮しています。

数年前に、花友から頂いた球根を大切に育てて来ました。
昨年、秋に堀り上げ、春に鉢植えし、少し遅れての開花です。

花茎の大きさに比べ、不釣り合いに大きく2輪開いた花は、横から見ると百合の花の姿に似ていますが、正面から見ると、大輪のハイビスカスのようにも見えます。。
sl-480-003_20130620101316.jpg

六弁の大きな花に、艶やかに輝く雨の水滴を全身にまとい、華やかに咲き誇っています。
sl-480-001_20130620101315.jpg
う~~ん、「水もしたたる、いい女?」っぷりです。

ら~り~ら~り~ら~り~ら~調べは~アマリリス~
懐かしい歌を、つい口ずさんでしまいます。(#^.^#)

アマリリスの花言葉は、誇り、内気の美しさ、お喋り、虚栄、素敵・等々・・・・・
私には、似ても似つかないそれこそ「ない物ねだり」の花です。・・・(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

兼題「雨蛙」


今週のNHK俳句の兼題は、「雨蛙」。

我が家の庭では、5月の連休明け頃から雨蛙を見かけるようになった。
5月12日、朝の散歩から帰宅すると、kumikomamaが「蛙がいる!」と知らせて来た。
急いでフロントガーデンに出ると、大きく成長したジギタリスの葉の上に、小さな体にも関わらず、堂々とした面構えで鎮座していた。
sl-480-008_20130619193553.jpg
カメラを近づけても逃げようとしない。
シリコン樹脂で出来たような、透き通る前足の指を、まるでお辞儀するように、ハの字に構え、微動だにしない。
ただ、白い喉もとだけが、せわしなく波打っている。
背から盛り上がった目は、空を見つめたまま、まばたきもしない。
目の廻りは、金色に輝く縁取りがあり、番組の入選句でも、金縁の眼鏡と揶揄されていた。

我が家の庭の雨蛙たちは、5月末になると、梅雨を招くように、啼き始めた。あるときはフロントガーデンで、またあるときは、斜面地で、そしてときには高木の木立の上のほうで、突然啼き始めた。
鳴き声は、あの小さな体からとは思えないような大きな声で、1匹が啼き始めると、次から次へと啼き始め、合唱になる。
雨蛙は、あの小さな体で、広範囲を移動すると言う。
6月に入り、蓮池の下手に連なる水田に水が満たされると、いつのまにか鳴き声は聞こえなくなった。

さて、兼題の「雨蛙」である。

雨蛙喉のみ揺らし銀の露.....akira

つくばいの緑枕に雨蛙.....kumiko

やはり、雨蛙には、しとしとと降る梅雨の雨が似合う。
昼から本格的な雨となり、雨蛙も喜ぶ、梅雨本番となった。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

ランタナ


小鈴です。
昨日の夕方から降りそうで降らない、どんよりとした曇り空、湿度ばかりが高くて、不快指数100%・・
いつも、和室の縁側で、くつろいでいるのですが、家の北側にakirapapaに設置してもらった私専用のハウスが、結構心地よい事に気づきました。
sl-480-019_20130619102439.jpg
最近は、朝 の散歩が終わったら、この広い我が家で、しばし休憩するのが日課となりました。

我が家から見おろす北側の斜面地には、大好きな知ちゃんおきに入りの、「黄色いランタナ」が植えられています。冬の間は白い枝を残し、枯れたようになりますが、春になると、しっかりと枝葉を伸ばし、黄色の鮮やかな花を咲かせ始めています。
sl-480-001_20130619102436.jpg
緑を濃くする斜面地で、病気知らずの元気な小花を、頑丈な枝いっぱいに付けています。

「ピンク系のランタナ」は、どこのお家でも、見かけるけど、黄色は、珍しいそうです・・・・・
sl-480-018_20130619102528.jpg
よーく見ると、ホントにきれいです。小さい蕾が、外側から、開花してだんだん広がりながら、中央に向け、全体が開花して、大きくなっていくのですね。
sl-480-022_20130619102529.jpg

北側の斜面地は、午前中から昼にかけては涼しいけど、午後からは、西日が、あたります。
それに、ここに居ると、お家の様子がわかりません。退屈です。
sl-480-011_20130619102437.jpg
なので、昼からは、陽の陰った、和室の縁側の下に、移動です。

「黄色いランタナ」と「小鈴」でした。(小鈴)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

ほっこりかぼちゃ


午後、風が出て来ました。
いよいよ、待望の雨来てくれるのかしら(^_^)/だといいなあ

「魔女の宅配便」の、お礼に、魔女に、下手な絵手紙のお礼を書くことにしました。

愛情のこもった、ほっこりかぼちゃです。
sl-480-111.jpg

かぼちゃの丸みと、立体感を出すのが、難しかった(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
sl-480-113_20130618155047.jpg
「子供の頃の素直な気持ちで・・、下手がいい・・・」とは、絵手紙の先生のお言葉(ー_ー)!!
子供の素直な、心は、とっくに失いました。
でも、心を込めて、描きました。

魔女に、乾杯、そして感謝です。ありがとう!!(kumi)

theme : 日々のできごと
genre : ライフ

故郷からの宅配便~そして「梅仕事」~


夕方から、雨になるとの、天気予報・・・・・
雨になる前に、ポットに種から育てていたコーンの苗を、じゃがいもを収穫した跡に植えこみ、成長中の野菜の手入れ、と畑仕事に頑張りました。やれやれー(#^.^#)

昨日、鹿児島で農園をされている旧友から、また故郷の香りを乗せて、「魔女の宅配便」が、冷蔵便で届きました。
箱いっぱいの「サラダ玉ねぎ」と、「カボチャ」、
sl-480-044_20130618124701.jpg
それに、自家農園で有機農法により栽培された、甘~い香りの「南高梅」も、こんなにたくさん・・・)^o^(、
sl-480-051_20130618124702.jpg
あまりの、大量に感激がいっぱい、感謝がいっぱい、喜びもいっぱいです。

昨日と今日は、何をさし置いても、冷蔵で届いた香りいっぱいの梅の加工に、ほくほくで当たりました。(^_^)/
梅干しを漬けたり、梅酒を作ったりすることを、「梅仕事」と呼ぶそうです。
さしずめ、昨日と今日は、私の、「梅仕事」日和でした。(#^.^#)
魔女の話では、南高梅は、梅干しにするのが、一番いいとのことでしたが、私には、出来そうになくて(ー_ー)!!

先ずは、香りを生かして、「梅ジャム」に・・・・・
sl-480-057.jpg
南高梅の、品のいい高貴な梅の香がいっぱいに広がる「梅ジャム」となりました。
裏ごしをしたので、さらりとしています。ヨーグルトのトッピングや、生春巻きのタレにも使えそう

次に、「梅ドレッシング」作り・・・・・
ザラメと、合わせみそ、南高梅を、同量いれて、約1か月、暗い場所に保存・・・
sl-480-067_20130618124704.jpg
約1か月すると、全体が、混じり合い、茶色がかったドレッシングが、完成します。梅干しを取り出して、冷蔵庫にて、保管します。(これが、また美味しい、高級ドレッシングとなるんです)^o^()

ここまでが、昨日の作業・・

そして、今日は、畑仕事のあと、少し時間を要する「梅ジュース」作り・・・
梅1㌔、蜂蜜500グラム、水2リットルいれて、弱火で、40分・・・・・グツグツ煮て行きます。
レシピでは、実をつぶさないように、そーっとこすとなっていますが、こさないで小分けして、冷凍しました。
sl-480-103.jpg
半分は、煮沸した瓶に入れ冷蔵庫で保管、タッパに入れたのは、冷凍室へ・・・シャーベット状になります。

最後は、出来たての梅ジュースで、「梅ゼリー」作りです。
寒天をもどして、水で煮溶かして、裏ごしした中へ、「梅ジュース」と梅をいれる。
sl-480-108_20130618124738.jpg
冷蔵庫で冷ますと、甘さ控えめ、フルーティーな「梅ゼリー」の完成です。

台所が、南高梅の甘酸っぱい香りに包まれて、魔女の深い愛情にも包まれて、しみじみ嬉しい、そして、満たされた、「梅仕事」日和・・・魔女に感謝、そして多謝です。(kumiko)

theme : 日々のできごと
genre : ライフ

蓮池の梅雨晴間


6月21日は、夏至。
以前から夏至の朝日を撮りたいと思っていたのだが、天気予報ではどうも朝日を拝めそうにない。
夏至までの晴れの日は今日が最後のようなので、今朝は、頑張って早起きをした。

4時半に起床、蓮池側の雨戸を開けると、もう既に空は、白み始めていた。
池の中央部に現れた洲では、鷺のつがいが飛来し、餌を物色中だ。
sl-480-037_20130617200426.jpg

今日の日の出は、4時44分だが、太陽の昇る周辺には薄い雲があり、実際太陽が顔を覗かせたのは、5時少し前であった。
sl-480-006_20130617200425.jpg
久しぶりの日の出の輝きに感動、シャッターを何度も押した。

昼ごろには、太陽の日差しがまぶしい、真夏のような天気となった。
池の水は、先週頃から、稲田への配水のため、すこしずつ水位を下げており、
満水時は水没していた、池の中央に築かれた仕切りの突堤が、水面から姿を現している。
sl-480-003_20130617200424.jpg
池の水は、空の蒼い色を映し、すがすがしい青い水面を輝かせていた。

その水面から現れた洲では、川鵜が大きく羽を拡げ、日光浴をしていた。
sl-480-001_20130617200423.jpg

梅雨の晴れ間は束の間、夕方には燕の親子の群れが、水面を滑空するように飛び交っていた。(akira)



theme : 癒しと潤いのある生活
genre : ライフ

涼を呼ぶ寄せ植え


また、新しい1週間が、始まりました。
今週も、庭仕事の予定がいっぱい

今年の夏は、早くやって来そうな予感(^_^)/早めの、夏準備しとかなきゃー

フロントガーデン中央には、四角いテラコッタの鉢に、涼しげな寄せ植え鉢が、完成間近です。
sl-480-023_20130617082232.jpg

先ずは、主役の、タカノハススキ、
sl-480-087.jpg
冬を褐色の切株で過ごし、春になると新芽を切株の間から伸ばし、成長するに連れ、しなやかに伸ばした薄緑の葉に、横縞の白い斑入りとなります。

縁取りとして植えられたシルバーリーフ、(名前はワカリマセン)
sl-480-082_20130617094318.jpg
これも、昨年からの冬越し組で、春には淡い黄色の花を咲かせていました。

影の主役、プレクトランサス、
sl-480-016_20130617082155.jpg
sl-480-091.jpg
つややかな葉の裏側は、濃い紫色で、夏から秋にかけて淡いピンク花を咲かせる多年草です。
これも、この鉢での越冬組です。

後は、この夏からの新参組です。

先ずは、小葉のコリウス、
sl-480-094.jpg
昨年の摘み芽を部屋内で水耕栽培したものです。
シルバーリーフの陰で、カラフルの葉を着実に成長させています。

次に、赤紫色の千日紅、
sl-480-083_20130617094320.jpg
赤紫色は、今年初めて育てます。

そして、コスモス、
sl-480-088_20130617094322.jpg
斜面地に実生した苗を移植しました。
枝がしっかりと太く育つよう、時々切り戻ししています。

この夏も、この大きなタカナハススキの寄せ植え鉢と、色とりどりのコリウスで、涼しく乗り切れたらいいなあ
(#^.^#)(kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

きゅうりがいっぱい


昨日の恵みの雨で、菜園の野菜も元気に、成長しました。(^_^)/

きゅうりが、一気に大きくなったので、早速の収穫です。
sl-480-007_20130616162443.jpg

まず、1本だけを、絵手紙に・・・・・
sl-480-002_20130616162441.jpg
sl-480-029_20130616162524.jpg

ちょうど、1㌔だったので、きゅうりのQちゃん漬を、作ることに・・・
きゅうりを、輪切りにして、塩をする。
sl-480-011_20130616162444.jpg
醤油200cc、酢50cc、砂糖50g、みりん50cc、だしの素少々を、一度沸騰させる。
きゅうりの水分をふきとる。
sl-480-013_20130616162520.jpg
水分を拭き取った、きゅうりを、一度に鍋に入れ、再び沸騰させる。
sl-480-015_20130616162521.jpg
きゅうりだけを、ざるに取り出し、残りの調味料を、もう一度沸騰させ、きゅうり、だし、どちらも冷めたら、生姜の千切りと、いりごまを混ぜる。
sl-480-020_20130616162523.jpg

冷蔵庫で、保管すると、1か月位、日持ちします。
今年、初めての、きゅうりのQちゃん漬け、)^o^(、ゴマの風味と生姜がピリリときいた、食欲をそそる味に仕上がりました(^.^)・・・

雨あがりの、日曜日、「父の日」は、きゅうりでいっぱいの、ブログとなりました。(kumi)

theme : 日々のできごと
genre : ライフ

あんぱん



昼過ぎから降り始めた久しぶりの恵みの雨に、野菜もお花も、元気を回復しています。(^_^)/
そして、水撒きから解放され、庭仕事も一休み

明日、ともちゃんが、来るとの連絡があり、お持ち帰り用に、「食パンとずんだあんぱんどっちが、いい?」
と聞くと、「ずんだあんぱんがいい!」との返事(#^.^#)
そうだった、私に似て、お豆大好き人間だった

またまた、冷蔵庫から、高島屋の冨澤商店で買い溜めしていた、「ずんだあん」を取り出し、久しぶりのあんぱんづくりに、ひと頑張り・・
強力粉400グラムで、18個のあんぱんを作ることにしました。
sl-480-045_20130615173407.jpg
一部には、先日作り置きしていた、ジャムなどを入れてみました。

先ずは、茶豆いりの「ずんだあんぱん」、
sl-480-046_20130615173408.jpg
豆の風味のきいた、甘さ控えめのパンができました。

次は、びわジャムを入れた「びわジャムぱん」、
sl-480-049_20130615173409.jpg

同じく、いちごジャムを入れた「いちごジャムぱん」、
sl-480-050_20130615173410.jpg

つづいては、甘夏のママレードを入れた「ママレードぱん」、
sl-480-052_20130615173411.jpg

生地に、シナモンシュガーで、ほのかな香りを付けをし、くるみと白ごまをトッピングしました。
いづれも、シナモンとくるみの香ばしい香りが口いっぱい広がります。

愛情いっぱいの手作りあんぱん・・
喜んでくれるかな (kumi)

theme : ハンドメイド
genre : 趣味・実用

サルビアインボルクラタ(ローズリーフセージ)


お昼から、雨との天気予報、庭の草花達もやっと元気を取り戻しそう・・(#^.^#)
蒸し暑いけど。薄曇り直射日光の陽射しより、動きやすいです

庭の薔薇の黒星病の葉っぱを、取り除き、消毒と、薔薇の土の上に、堆肥を施し、アンプルの花の栄養を100本ほど、差しましたが・・・まだまだ足りなくて、いったいどれだけの花の数か、把握できておりません。
斜面地の、お花達には、別の肥料を施し、やれやれ・・・
午後になって、やっと雨が来ました。(^_^)/
とたんに、雨カエルの合唱が、一斉に始まりました。

斜面地の中腹に、地植えした「サルビア・インボルクラタ」、和名「ローズ・リーフ・セージ」が、開花しました。
sl-480-019_20130615131550.jpg
同じサルビアの仲間、青紫色のメドーセージに比べ、こちらはピンク色の花です。
sl-480-011_20130615131719.jpg
背丈も、80センチほど・・太い茎の先端にピンクのねぎぼうずのような蕾をつけます。
蕾は、最初はとてもサルビアには思えない丸い塊、宇宙人っぽい形をしています。
sl-480-010_20130615131718.jpg
その丸い塊がが徐々にほころぶようにして、次々とサルビアらしい細い筒状のピンクの花を咲かせていきます。
sl-480-007_20130615131640.jpg

しなやかに咲くメドーセージの花は、咲きながら散ってしまいますが、ずんぐりとコミカルに咲く「サルビア・インボルクラタ」のピンクの花は、丸い塊が、徐々にほころび開花するまで、長ーい間楽しむことが出来ます。


斜面地で、緑を濃くする草木の中にあって、あざやかなピンクの花で、存在感を発揮する、「サルビア・インボルクラタ」もまた、気になる存在なんです。 (kumi)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

ラズベリー


梅雨なのに、雨のない日が続いている。今日も雨の予報が出ていたが、曇っているものの、いまだ降りそうな気配すらない・・

ワイルドガーデンで他の草花に紛れながら育ったラズベリー、
sl-480-005_20130615101559.jpg
2年程前にお隣から頂いた株を、フロントガーデンの奥、モミジの木の傍に地植えしたものだ。
最初は、廻りには何も植えられていなかったが、その後、バラの苗が植えられ、ワイルドガーデンを造るため、たくさんの草花が植えられた。

そんな中で、廻りに負けず、株を拡げ育ったラズベリー、
その一枝に、幾つかの、愛らしい赤い実を付けた。
sl-480-003_20130615101558.jpg

熟れた赤い実は、葉影でひっそりと、鳥に狙われることもなく、つややかに輝いていた。
sl-480-001_20130615101557.jpg

実は、ジューンベリーのように赤い色を濃くして熟すのかと思いきや、ほとんどそのままで終わった。(akira)


theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR