06
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

秋色染まるコリウスガーデン


10月に入り続いていた夏のような蒸し暑さも、秋雨前線と共に去ったようで、昨日から一気にこの時期らしい気温となった。
今朝の最低気温も今年初めて20度を切り、小鈴の散歩も、長袖シャツ1枚では、肌寒い程であった。

泉南地域では丁度秋祭りのシーズンに入り、当地でも、蓮池向こうの「波太神社」の秋季例大祭が行われており、昨日は宮入、今日は、所曳きと神輿渡御が行われる。
昨日、蓮池下がりの黄金色に実った稲田の間を、ゆっくりと宮入に向かう地車(やぐら)の列が続いた。
s-480IMG_4465.jpg

そんな長閑な景色を背景に斜面地では、所かまわず実生で育ったコスモスが、あちらこちらで、桃色の花姿を秋の風に揺らしている。
s-480IMG_4032_20161008183932191.jpg

斜面地の裾では、十五夜には残念ながら開花が見られなかった芒が、小金色のか細い穂を四方八方に拡げ始めた。
s-480IMG_4271.jpg

相変わらずマイペースの「小鈴」だが、ここに来て、持病のアレルギーの症状が一段落してきたようだ。部屋飼い犬の宿命のようだが、飼い主の悩みをよそに、気ままな生活を送っている。
s-480IMG_4268.jpg

kumikomamaが、~秋のコリウスガーデン~と名付けたフロントガーデンも、深まり行く秋を迎え、朝夕の寒暖差でより一層葉色のコントラストが鮮やかになっている。
s-480IMG_4324.jpg
真夏には、暑さを遮るために布をかけ、丹精込めて守って来た多数のコリウスたち、そのkumikomamaの努力の賜物でもある。
s-480IMG_4338.jpg
夏の花も、まだまだ元気で、コリウスとの競演は、この時期ならではの美しさだ。
s-480IMG_4326.jpg
銅葉と真っ白い小花の対比が心地いいユーフォルビアチョコレートも、シックにコリウスと競演している。
s-480IMG_4333.jpg

突然訪れたようにやってきた秋の空気は、空一面に鱗雲を描き、澄んだ空気は、思わず深呼吸したくなるほど心地いい。
まもなく、心地よく響いてくる祭囃子が終わると、秋も一段と深くなる。(akira)
スポンサーサイト

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

コメリ・ガーデニングコンテストに応募しました


台風16号が過ぎた後も、依然として秋雨前線が停滞しており、すっきりとしない日々が続いている。
気象予報士泣かせの気まぐれな空は、明けて見なければ、晴れなのか雨になるのか分からない。
今朝も、曇り時々雨の予報だったが、少し雲の多いものの時折日差しのある朝となった。

今朝の夜明け前、蓮池の上空は虹色に染まり、それを映す水面も虹色に染め、タカノハススキの揺れる穂のシルエットと、時折拡がる水面の水紋とが、秋の訪れを告げるようだった。
s-480IMG_2599.jpg

台風一過のあと、気候も曇天の涼しい日が続いて、庭や菜園の住人達も精気を取り戻したようだ。

台風16号で、無残にもやられてしまった「皇帝ダリア」だが、2本を廃棄処分にし後は何とか生き延びている。11月上旬の開花に向け、そろろそ花芽を育む時期となっている。
s-480IMG_3838.jpg

菜園の夏野菜の撤収もほぼ終わりを迎えた。
唯一残された「四角豆」、種を採取するために残しているのだが、次々と薄紫色の可憐な花を付けている。
先日訪問されたkumikomamaが通う寄せ植え教室の先生も、その花の可憐さに、野菜とは思われなかったようだ。
s-480IMG_3835.jpg

凄い生命力を誇示している「アサツキ」。夏場は、見る影もなくなっていたが、夏野菜を撤収し陽当たりが良くなると、次々と細い芽を伸ばし、みるみる成長し、しっかりと茂ってきた。
s-480IMG_3839.jpg

斜面地で育ったグァバの実、毎日2~3個熟しては落下している。ナメクジに食べられる前に拾うのは私の役目、皮をむき、冷凍室に入れられ、収穫が終われば、まとめてkumikomama特製の逸品「グァバジャム」となる。
s-480IMG_3837_20160924140011b39.jpg

小鈴お気に入りの和室の濡れ縁廻りも、秋色に染まり始めている。
山茶花と食用菊にも、先端に花芽が付き初め、来たる自分の季節を待っている。
s-480IMG_3832_201609241400064e4.jpg

萩の花も盛りを迎え、楚々とした花を付けている。本来枝垂れて花を付けるのだが、狭い場所から拡がろうとする枝は、通行の邪魔となり、枝払いするもので、しなやかさには欠けるものの、やはり秋の花の代表格、秋の風情を醸し出している。
s-480IMG_3833.jpg

コリウスガーデンに気合いの入った今年の夏であったが、個人的にはこの赤い色がなんとも気にいっている。
s-480IMG_3848.jpg
s-480IMG_3830_20160924144348d88.jpg
朝夕の気温差が大きくなるこれからは、もっと美しい鮮やかな色を見せてくれるであろう。

ところで表題の件だが、ホームセンター「コメリ」が、公式ホームページ上で毎年実施している「コメリ・ガーデニンングコンテスト」
に、kumikomamaが、「小鈴ファミリー」として応募した。一人3件まで応募可能で、「春のフロントガーデン」「初夏の斜面地」「コリウスガーデン」の様子を投稿したもので、現在、ホームページ上で公開されている。
日本全国から、1,000件を超える応募数で、素晴らしいガーデン揃いで圧倒されそうだが、とりあえず参加する事に意義を見いだしている次第。公開エントリー、32枠のNO,439・440・441の3口を、時間があれば覗いて頂ければ幸いだ。(akira)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

夏から秋の装いへ


お久しぶり、小鈴で~す。
豪雨を伴った雨台風13号が通り過ぎると、すっかり涼しくなり、小鈴ファミリーガーデンにも、朝夕は秋の気配が漂い始めました。
夏バテ気味の飼い主も、遅ればせながら、やっと外仕事に本腰を入れて頑張る気モードになりつつあります。

久しぶりの涼しい朝の空気を肌で感じ、菜園へ行こうと催促しました。
s-480IMG_3133.jpg

やる気モードの中、北側の菜園の夏野菜を撤収し、種まきの時期を待っている所です。
s-480IMG_3213.jpg

久しぶり2階のテラスよりの庭の眺め~
s-480IMG_3216.jpg
s-480IMG_3210.jpg
緑の樹木は、この夏の猛暑にも、何とか持ちこたえてくれました。

酷暑の日照りにヘトヘトになりながら、かろうじて秋を迎えつつある「フロントガーデン」~
s-480IMG_3196.jpg
これからの朝晩の寒暖差で、その美しい葉色を期待して、束の間の「コリウスガーデン」と命名しています。

右奥に鎮座していた「ジュランタ宝塚」の大きな花の木~薄紫色が何とも涼し気でしたが、この台風の季節に入り、早めの剪定となりました。大きなトーチを連想させるハゲイトウも、そろそろ終わりを迎えようとしています。
s-480IMG_3174.jpg

先日の雨の後、裏庭の萩が一気に開花を初めていますよ~
s-480IMG_3128.jpg
萩の花を見ると、日本の和歌を連想し、そして秋への季節の変動を感じてしまいます。

小鈴ファミリーガーデンもいよいよ夏から秋へと装いを変え、冬野菜の植え付け、花の種まきの季節を迎え、気合いを入れて乗り切って行きますよ~と、気合充分のkumikomamaでした。(小鈴)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

彩り~コリウスガーデン


明日は、二十四節気の「立秋」、暦の上では秋に入るわけだが、夏のピーク、一年で一番熱い時期でもある。今日で暑中は終わるが、まだまだ長い残暑が続く。
今日も朝から風のない蒸し暑くなっており、昇る朝陽も水蒸気に霞み、それでも薄陽の当たる場所は既に暑くなっており、小鈴の朝の散歩も、日陰を縫うようにして、短時間で済ませた。

リオオリンピックが開幕した。午前中、ぼけ防止で通っている「昭和歌謡の会」もお休みにして、早朝からテレビの前に陣取り、開会式の中継を堪能した。お祭り好きの国らしく、華やかな開会式に見入って、少しは暑さを忘れられたようだ。

炎天下のなか、kumikomamaが毎日の暑さから守る為に、朝夕布をかけたり外したりして、丹精込めている沢山の「コリウス」たち。その甲斐あって、暑さにも負けず、日増しに葉色を美しくしている。
s-480IMG_1958.jpg

かなりの数のハンギングと鉢があるのだが、今日はその一部を紹介したい。
s-480IMG_1921.jpg

s-480IMG_1924.jpg

s-480IMG_1926.jpg

s-480IMG_1927_20160805155818d70.jpg

s-480IMG_1932.jpg

s-480IMG_1935.jpg
数株の苗から、ピンチし、差し芽で増やしたとは思えない程の数だ。数少ない種類の寄せ植えは、その取り合わせにより、千変万化し、鉢毎に様々な表情を見せる。今年は、例年にも増して、かなりの気合の入れようだ。

日陰の庭に挿し芽にして育てて来た「サフィニア」もいい具合に開花が進んできた。
s-480IMG_1925.jpg

s-480IMG_1928.jpg

元気な花々を眺めると、こちらまで元気を戴ける。
そんな健気に育つ庭の草木にとっても一雨欲しいところだが、遠くで膨らむ積乱雲を眺めてはため息をつく日々が、まだ暫くは続きそうだ。(akira)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

暑中~夏を謳歌する草花


今週のNHK俳句は、第5週のためお休み。

暦上の「暑中」も終盤にさしかかっているが、連日の猛暑日、人も犬も庭の草木もバテ気味だ。
関東、東北では、気圧が不安定で、突然の雷雨に被害も出ているようだが、当方では、久しく雨を見ていない。

猛暑の中、庭の草木も精彩を欠くが、それでも夏の似合う草花は、焼けつくような陽射しをものともせず、夏を謳歌するようだ。

お隣から頂いた「オキナワスズメウリ」が、可愛い実を付けた。
s-480IMG_1807.jpg
ウリボウの背中を連想させるその姿は、瑞々しい緑と白のコントラストが涼し気で可愛いい。

こちらは「アジアン・ハイビスカス」、これもお隣からの頂きものだ。
s-480IMG_1817.jpg
ハイビスカスと比べると、かなり小振りだが、太陽そのもののような赤い色と花姿は、情熱的で眩い。

先日来アップしている、「葉ケイトウ」2種。
s-480IMG_1814.jpg
s-480IMG_1812.jpg
最初は、殆どが緑だったが、中心部から色が拡がり、大輪の花火が開くように、カラフルな色へと変貌した。

熊本の被災地のお花屋さんが、仮設住宅に暮らす人たちの1軒1軒に配り歩いたという「ポーチュラカ」。
s-480IMG_1815.jpg
派手さはないが、暑さにも、乾燥にも強く、次々と花を付け、夏の暑さこそ栄養源と言わんばかりに、夏を謳歌する一番手だ。

反対に、木漏れ日と涼風が似合う、花もある。
「サマーポインセチア」、薄緑の涼やかな葉に包まれたオレンジ色がアクセントとなり、より一層の清涼感を醸し出している。
s-480IMG_1811.jpg

緑を濃くする庭の草木の中で、異彩を放つのが「ユーフォルビア・チョコレート」。
s-480IMG_1816.jpg
赤銅色の茎と葉裏の色の中で、線香花火のような白の小花が印象的だ。

こちらは、太陽に向かって咲き続ける「カリブラコア」。
s-480IMG_1818.jpg
朝顔を小さくしたような花姿だが、直射日光にもめげず、日々咲き続けている。薄紫の花弁と中心部の黄色の対比が印象的だ。

日中は、耐えられない程の暑さだが、庭の草木は、着実に次の季節への備えを進めている。空には時折秋茜を見るようになり、先日の夕刻には、蜩の鳴き声がした。(akira)

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR