FC2ブログ
   
01
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

大寒~兼題「雑煮」


一昨日は、二十四節気の「大寒」。次は、「立春」だから、最後の節気となる。
一年で一番寒い時期なのだが、今年は平年よりも暖かな日が続いている。それでも、今朝は今年一番の寒さとなり、小鈴の散歩道も、一面真っ白に霜が降りていた。ただ、予報されていた氷が張る程の寒さとはならず、届く日差しは、まるで早春のような温かさを伝えている。

斜面地の菜園の冬野菜もそろそろ終わろうとしている。それでも、寒さに耐えて育った葉物野菜は甘く、瑞々しい。
s-480IMG_7308.jpg

さて、今週のNHK俳句の兼題「雑煮」である。

雑煮は地域により様々。我が家は、丸餅に澄まし汁、それに雑煮大根(大振りの人参位の大根)と、濃い赤色の金時人参の輪切りが添えられる。朱塗りの椀に盛られたそれらは全て丸で、紅白の彩りと共に、新年を寿ぐに相応しい。

茅渟の海光満つ湖雑煮椀 .....akira
赤い実に来る鳥の居て雑煮椀 .....akira

柔らかな日差しに誘われるように、早春に咲く花達が蕾を膨らませ、冷えた空気の中で春を呼ぶように色香を放とうとしている。(akira)
スポンサーサイト



theme : 俳句
genre : 趣味・実用

小正月~兼題「雪女」


今日15日は、「小正月」。関西では、今日までが「松の内」である。
玄関のしめ飾りを下ろし、すっかり正月気分も抜け切る時期である。

玄関の飾り額も、正月の富士から梅へと変わり、1月も早や、後半へと入った。
s-480IMG_7076.jpg

さて、今週のNHK俳句の兼題「雪女」である。

古来、雪は、「雪月花」などと、冬の美しい物として親しまれてきたが、反面、雪深い地方では、恐い物として恐れられてきた。

一陣の風雪女の往きし径 .....akira

まもなく「大寒」。一年で一番寒い時期なのだが、比較的暖かな日が続いている。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

小寒~兼題「春着」


一昨日6日は、二十四節気の「小寒」。この日が、「寒の入り」で、節分までが「寒中」となる。

寒さはこれからだが、庭の草花たちは、しっかりと春に向けた準備を進めている。
葉牡丹や正月飾りの施された寄せ植えに交じって、桜草が薄桃色の花を開き始めた。
s-480IMG_6883.jpg

さて、今週のNHK俳句の兼題「春着」である。

揺れて来し春着の裾の緋の牡丹 .....akira

今朝は、春の嵐のような強烈な南風と激しい雨に見舞われたが、風向きが北よりに変わり、徐々にこの時期らしい天候に戻るという。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

謹賀新年


新年あけましておめでとうございます

s-480IMG_6721.jpg
≪野鳥舞う蓮池上空を染め、新春の空に昇る朝陽(今朝撮影)≫

穏やかなこの時期らしい正月の明け
皆様には、健やかに新年をお迎えのことと存じます

本年も、マイペース小鈴とのんびり夫婦の気ままなブログにお付き合い賜りますよう、よろしくお願い申し上げます

今年の我が家の年賀状です。
s-480IMG_6741.jpg

(小鈴ファミリー一同)

尚、今週のNHK俳句は、12月第5週のため、水曜俳句もお休みである。(akira)

theme : 日々の暮らし
genre : ライフ

年の瀬~兼題「霜柱」


今日は、朝から晴れの空が拡がり、この時期としては穏やかな朝となっている。

そして、今日はクリスマス。庭を1ヶ月に渡り華やかに彩ったクリスマス飾りも、今日で見納め。
s-480IMG_5918.jpg
クリスマスが終わると一気に年の瀬の慌しい日々がやってくる。

さて、今週のNHK俳句の兼題「霜柱」である。

最近では、温暖化の影響か、土の地面の減少もあり、霜柱を踏みしめて歩くこともほとんど無くなった。

吾子三歳霜柱踏む赤い靴 .....akira

今日は穏やかな晴れの天気だが、年末にかけては変わりやすい天気となりそうだ。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR