06
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

夏至~兼題「蟇」


今週のNHK俳句の兼題は、「蟇(ひきがえる・ひき・がま)」。

今日は、二十四節気の「夏至」。一年で、昼間が最も長く、夜が最も短い日である。
暦の上では、夏の中日となるのだが、暑さのピークはまだまだ先で、梅雨の蒸し暑さが始まったばかりだ。
沖縄では、この頃に吹く季節風を「夏至南風」といい、この風が吹くと、梅雨が明けるのだという。
沖縄の梅雨が明けると、当地では本格的な梅雨の到来となる。

折しも、昨夜から降り続いた雨は、風を伴う豪雨となっていて、空梅雨となっていた雨量を、一気に取り戻す勢いだ。
雨を待ちわびていたかのように、雨蛙の鳴き声も勢いづき、一気に梅雨らしくなっている。
こちらは、先日の庭で、ジギタリスの大きな葉に溶け込んだように佇む、アオガエルである。
s-480IMG_2700.jpg

さて、兼題の「蟇」である。

選者の夏井さんの解説によると、一般的に「ひきがえる」は、「蟇」「蟾蜍」と書き、「ひき」は、「蟾」、「がま」は「蝦蟇」と書くのだが、歳時記では、「蟇」と書いて「ひき」「がま」と読ませることが多いのだという。

風澱(よど)む漆黒の沼蟇(ひき)の声 …..akira

蟇(ひき)の目の光りて蒼(あお)き手水鉢 …..kumiko

青葉の似合う雨蛙に対して、泥色に染まるヒキガエル、その風貌も含め、不気味で好意的に見られないヒキガエルだが、どことなく憎めない存在でもある。(akira)
スポンサーサイト

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

入梅~兼題「蛍」


今週のNHK俳句の兼題は、「蛍」。

前回の記事で、「梅雨入りも秒読み段階」と書いたその日に、関西地方は梅雨入りとなった。
そして、暦の上では、今週の日曜日11日が、雑節の「入梅」だった。
気象庁の梅雨入り宣言と併せ、梅雨の季節に入ったわけだが、ここ数日少し雲の拡がる日はあるものの、当分降る気配が見えない。
すっかり田植えの終わった田んぼも、水不足か水面の所々で底を覗かせ、せっかく勢いづいた蛙たちにも、酷な梅雨入りとなっている。
蓮池の水もかなり水位を下げているが、補充がないため、日に日にその水位が低下している。

雨が少ないのは、大陸の高気圧に覆われているからとかで、おかげで、この季節としては湿度の低い、比較的過ごしやすい日々が続いている。
行きつ戻りつする気候のなかで、庭の草木は着実に夏の色合いを増している。
今回の兼題の名を冠した「ホタルブクロ」も、緑を深くする草木の間で、楚々とした花姿を見せている。
s-480IMG_5743.jpg
この「ホタルブクロ」、名前の由来は子供がこの花でホタルを包んだから、提灯の古名「火垂る袋」が転じた名前、など諸説があるようだが、俯きながら咲くその花姿に、古くから親しみ慈しみ、愛され続けてきたのだろう。

さて、兼題の「蛍」である。

自然に生息する蛍の舞う様子を見たのは、子供のときの記憶でしかない。
田舎から大阪に出てきて、網で囲われた中で飛び交う蛍を見た記憶はあるものの、自然の世界で飛ぶ姿を見ることは無かった。
ところが、この近くの水路で自然繁殖しているのだという。一度は見たいと思いつつ、まだ実現していない。

濃紺の闇を灯せよ群れ蛍 …..akira

蛍舞う細道を行く憂い顔 …..kumiko

蛍にとっても恵みの雨露は、もう暫く先になりそうな空模様が続く。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

芒種~兼題「蜥蜴」


今週のNHK俳句の兼題は、「蜥蜴(とかげ)」。

一昨日は、二十四節気の「芒種」。芒(のぎ)のある穀物などの種をまく時期にあたることから、芒種と言われるのだという。
稲も、これに含まれるのだが、実際の稲は、既に苗代ですくすくと育っていて、田植えの時期を待っている。

昨日は、九州で梅雨入り、その雨が、未明には近畿にもやってきて、今日は朝から断続的に雨の降る梅雨のような天気となっている。近畿の梅雨入りも、秒読み段階に入ったようだ。
蓮池下がりの田んぼにも、水が引き込み始め、この週末ころには、一斉に田植えが行われるのだろう。
s-480IMG_2447.jpg

さて兼題の「蜥蜴」である。

蜥蜴、特に害があるわけではないが、あまり遭遇したくない生き物である。

瑠璃の尾を緑野に残し蜥蜴消ゆ .....akira

緑萌ゆ草葉の陰の青蜥蜴 .....kumiko

土色の体に、鮮やかな赤や青の差し色を併せ持つ蜥蜴。その差し色の鮮やかさは、深くなる草木の緑の中で一段と輝いて見える。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

夏の花~兼題「牡丹」


今週のNHK俳句の兼題は、「牡丹」。

5月も今日で終わり、暫く続いた晴れの日も、今日は朝から薄雲の拡がる蒸し暑い天気となっていて、週末にかけて少し愚図つくようだ。来週にも、梅雨の兆候が見え始めるようで、梅雨入りも間近だ。
初夏の庭を彩る薔薇の花もそろそろ終わり、梅雨から真夏を彩る花たちが咲き始めている。
ワイルドガーデンでは、ラバテラの花が咲き始め、その楚々としたいで立ちが、涼しさを演出している。
s-480IMG_5203.jpg

さて、兼題の「牡丹」である。

牡丹は、通常「ぼたん」と読むが、季語として用いる場合は、「ぼうたん」と4文字として用いる場合も結構あるようだ。
その高貴で豊潤な花姿には、「ぼうたん」のほうが、似つかわしいのかもしれない。

風を避(さ)け俯(うつむ)きて咲く牡丹かな .....akira

荒れ庭に老婆の形見牡丹咲く .....kumiko

梅雨間近の庭では、紫陽花の花たちが次々と開花し始め、梅雨の訪れを待っている。(akira)

theme : 俳句
genre : 趣味・実用

小満~兼題「青嵐」


今週のNHK俳句の兼題は、「青嵐(あおあらし)」。

今週の日曜日は、二十四節気の「小満」だった。陽気が良くなり、万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始める時期にあたり、山野の草木が実をつけ始め、走り梅雨がみられる頃でもあるという。
我が家に隣接する蓮池も、梅雨を前に、ほぼ満水となっており、青く澄んだ水面を包む緑の木々も、すっかり夏の様相となっている。
s-480IMG_4908-2.jpg

庭で育つジューンベリーもそろそろ色づき始めていて、木々の緑のなかで、赤い実を風に揺らしている。

さて、兼題の「青嵐」である。

「青嵐」は、青葉の繁るこの時期に吹き渡る強い風のことで、季語としては、「せいらん」とは読まず、「あおあらし」と読むのだという。
この時期の風の季語といえば、「大南風」があるが、随分と趣が違う。「あお」の言葉が齎す、潔癖なイメージは、強い風でありながら、清らかな心を宿す世界へと導く。

青嵐苔むす舳先(へさき)沼深し .....akira

汐の香も山の匂いも青嵐 .....kumiko

暫く続いた夏のような天気は、今日は一段落。朝から雲で覆われた空は、梅雨の走りを思わせる。(akira)


theme : 俳句
genre : 趣味・実用

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

当サイトQRコード

QR